フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

森にクリスマス・ツリーを探しに

d0093885_7493144.jpg

といっても、人の森に勝手に行ったわけではなく、親戚の森に、彼らと一緒に行きました。

マイナス6度位の丁度よい気温(スキーに行くのと同じ装備で行きましたよ、ダウンジャケットですが。靴はハイキング・シューズ。夫達は、裏ボアのあるゴム長靴。森ではこれが一番だそうで)
子どもたちも重装備。毛糸のソックス、スキーマスク、に防寒服、防寒靴。

木を切り出してある空き地から入りましたが、丘陵地帯で、上り下りが結構いい感じでした。
最近運動してなかったからなぁ。

6歳の従兄妹と7歳の長男は自分達ですいすい歩いていきますが、4歳半の次男と従兄妹は、根っこや木の枝に足をとられまくって、私と義妹は手を引きつつ、私はさらに欲張って片手にデジタル一眼レフ。
いけませんね、、子どもの安全を優先しないと。
で、カメラバッグにしまいつつ、懲りずに撮りました。
でも後ろからも歩いてくるので、ゆっくり構える暇は殆ど無く、一発勝負ですね。
それでも撮れないとね、、。今のカメラは性能がいいんだから。

d0093885_7505279.jpg

凍っていたリンゴンベリー。(コケモモ)
動物達は冬の間、これらを雪の中から探すんでしょうね。
これもベリーにはピントが合ってません(汗)。

d0093885_8101942.jpg

ヘザー(Calluna)も雪に埋もれててキレイでした。秋冬の庭の鉢植えに良く使われます。寒くなったら、そのまま凍って、枯れませんしね。元々北欧に広く自生している植物なので。

大きすぎる、小さすぎる、枝がまばらすぎる、、とああでもない、こうでもない、と歩き回った結果、

d0093885_7585927.jpg

やっといいの見つけました!
義弟宅と、我が家の計2本を違う所からギコギコ。
天井にギリギリ届く位の高さで(星を飾るから)、枝ぶりもよくて、バランスもいいというのは、なかなか難しいもんです。でもクリスマス・ツリー市場(いちば)で買うのと同じ位、枝ぶりもいいのが見つかりました、有難う、夫よ。 これで35ユーロぐらい、節約できました。(結構お高いです。以前、雨宮塔子さんのエッセイで、パリで買う本当のツリーは70だか80ユーロと書いてあって仰天した覚えが)

d0093885_7572790.jpg

ほっとして、足をずぼずぼ沈めながら苦労しつつ、焚き火の場所に戻り、
ソーセージを焼いてココアを飲む・・おなか空いてました。

大き目のバンを借りてきてそれに積んで帰宅。
寒かった・・・

d0093885_7532992.jpg

外気と屋内の温度差がかなりあるので(30度位)家の中で”解凍中”のトウヒ。 ドイツなども、もみの木ではなく、トウヒでしたっけ?この木にアレルギーがある人は松を使ったり、庭にツリーを立てたりも。
庭に、トウヒを植えている人も結構います。で、夕刻からライトアップしたり。

トウヒは、そこそこ寒い地域には大概生えていると思います。


あとね、ツリーと言えば必ずでてくる論議。
環境関連で、昨年あたりに読んだ記事を思い出しました。
自然の木を切り倒してツリーにするのは、環境破壊だとも非難されるんですが、
プラスチックのツリーも決して環境には優しくないんだそうで、、、。
どっちがいいのか。

石油を大量に使ってツリーを製造する事自体、かなりのエネルギーのムダ使いというか環境保護には全く繋がっていないとか。
そうすると、これはもう、どういう尺度で測るか、の問題ですね。
総合評価も難しい。

例えば、プラスチックのツリーを買ったとしても、何十年も?ずーーーっと大事につかう。

または、近くの森からツリーを切ってくる(か、近くから切ってきた人に貰うか、買うかする)ツリーを2週間飾る。終わったら、枝を切り落として、玄関先の足拭きに使う(ブラシみたいで雪を落とすのにいいんですよ、これ)。さらに、薪にするなど有効利用する(でも水分、樹液が有るともえにくいとか、暖炉にくべる木材にもヤニの有無などで、向き不向きがあったような記憶がありますが。
薪には白樺が一番良く使われるかな。
切り倒す場合も、間伐の意味で利用できるものを選ぶ。

ここまでしたら、環境対策バッチリかなと思います。
私達は車を使いましたし、そこで既に排ガスが出てますからねぇ。

都会ではよく、公現祭以降に、ゴミ捨て場に捨てられているツリーがあるそうですけど、なんとかならないですかね。少なくとも、のこで小さく切って、生ごみにする。そのままだと、恐らく埋立地直行ですし。
これまたドイツのニュースで動物園のゾウの餌に、と大量に集められたのでしたっけ。
枯れかけたツリーはあまり美味しくないかもしれないけど。

季節モノは、譲れない口なんですよね、私達、、、。

明日から少しずつ飾り付けに入るかな。
伝統的にはイブやっとに飾るんですけどね。 日本はお正月飾りに変えちゃうから忙しいけど、こちらは1月6日の公現祭(キリスト教での、クリスマスの正式な終了)まで飾りっぱなしですからね。
松の内みたいで、似ているところもやっぱりあります。

往復1時間半、森の中で1時間、気持ちいい外気をすっていると、本当に不思議なんですが、毎回疲れて眠くなるんです。みんなしてあくびが出ました。
きれいな空気を吸ってマイナスイオンを浴びて動き回ると、夜も良く寝られる気がします。
自然のパワーだなぁ。
久しぶりに仕事を何もしない夜でした。
テレビを何週間ぶりかに見ましたよ。
明日以降、また別のお仕事が来る予定。
うう・・・、有難うございます。

ちなみに、23~25日は完全休業させていただきます。
あと一回ぐらいは更新するかもしれません。
21,22日は地元でトゥオマスの市場の日なので。(ヘルシンキでもエスパで一週間前後やってますね)

夫にきつく言い渡されております。
上記の間ネットからは遠ざかります♪
[PR]
by wa-connection | 2009-12-21 08:19 | finland in general