フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

本を読んでくださった1人の女性におめもじしました

d0093885_471993.jpg
一年ちょっと前に、靴家さちこさんと共著で本を出したのですが、いやはや、ほんと紆余曲折ありました。

面白かったといってくださる方もあれば、あんなの誰でも書けるよねぇ、というご感想の方もおいでのようです。(幸いな事に、面と向かって言われた事はありません、やっぱり言われたら悲しいかも。はは)
アマゾンのレビューにも一喜一憂したり(笑)。


ま、それは本筋とは関係ありません。
この夏に、日本で本を読んだという方がお手紙をくださいました。
なんと私と同じ、広島県出身で、彼女が卒業された大学が、私が出た高校と同じ、岡山のカトリック修道会という事(学長をされていたシスターも当然ご存知で)と、更にこの10年ほど親しい友達がいるので療養も兼ね毎年フィンランド(しかもこのポリ!)を訪問されている、といくつもの共通点が重なってとても親しみを感じてくださったようでした。
私の書いた部分では、滞在した事があるポリでの生活の話だったのでそれも良かったんでしょうね。

わが家にお茶にお招きすることができまして、初対面ながら本当に楽しいお話を聞く事ができました。
写真はその時お出しした、ポリの有名なメレンゲ・ベーカリー(Annan marenkileipomo)の3段ケーキにホイップクリームとベリーを挟んだ定番デザートです。
グーズベリーは庭から、ラズベリーとビルベリー(野生のブルーベリーの事)は市場で買ってきました。
相変わらず、美味でした。

私の両親より年上の方でしたので、満州から命からがら帰国された戦時中の体験談も話してくださり、もう涙止まらず。
それに比べてなんて私は傲慢なことかと反省しました。
(しかし、もうまた普段の図々しい自分に戻っている)
子ども達とも、遊んでくださり息子達、仮面ライダーの武器など見せて(自分の大事なものを見せる→好意を持っている証拠、、動物か?)かなりなついていました。

その方によると、私は日本語で喋っている時と、フィンランド語のときとで全然雰囲気が違うそうです。
言葉によって確かに違う面が出ているかもしれません。
どれも、自分ではありますが。
フィンランド語で話しているときの方がリラックスしている気がするなぁ、やっぱり私にとってはこっちの方が気楽ってことでしょう。
元々、好きで引っ越してきましたしね。
ここがどうしても合わない、イヤだって言う場合もありますし、大スキー!な方もおられるし、色々ありますね。


さてさて、長らく夏休みで何も動かなかったフィンランドも、8月に入って殆どの人が仕事復帰。

今日8月11日(水)から、小学校も始まりまして、長男は2年生。
次男は今日はプリスクール・グループに混ぜてもらう(同じ場所、同じ先生、でも子ども達は全て新顔)慣らしの一日でした。次男はまた来週から週に3回半日保育に通います。22名のうち、ただ1人の5歳児(あとは全員今年6歳になる子達)ということで、一年早いんですけど、プリスクールの事を色々いっしょにすることになるとか。彼は多分、友達などもなんとかなるでしょう。

長男、まだ2年生とはいえ、色々がんばってもらわないとね。
柔道も白い帯に赤いリボン3本になったんで、次は黄色い帯の昇級試験がクリスマス前に待ってるよ!
柔道週2回、それに加えて学校のクラブ活動(この1,2年で補助金が出て、各地の学校で複数のクラブが復活しているようです。5.6年前はお金がないってことでポリ辺りでは皆無でした。学童保育は必須でしたけどね)

ドラムを習いたいと春には本人のたまっておりましたが、まだやりたいのかしらん。
ドラム、難しいよ~。リズム感ないともうアウトじゃない。しかも手だけじゃなくて足も使う!
音痴の夫一家の血を引いていて、音楽できるかなぁ。

明日は次男の音楽サークル(6歳までは色んな楽器に親しんで歌ったり踊ったりが主)のグループ分け確認日。音楽院はママ達子ども達で溢れます。

で、わたしは仕事漬けです。先週も今日も、ゴルフに申し込んでたのですが、仕事が立て込んでいけなかった。
まだ一ヶ月はフィンランドでゴルフはできるのでなんとか後数回楽しみたいところです。
今年、まだ3回しか行ってないし。
夫ももともとの家業関係で色々引っ張り出されて、かなり多忙です。
がんばろう。
というわけで、仕事からの逃避、終わり。
また4件、キャパシティ・フル状態 継続中。
[PR]
by wa-connection | 2010-08-12 04:13 | work