フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

オンカロに入った仕事:7/9(月)放映済み、テレビ東京「未来世紀ジパング」池上彰シリーズ」第一弾

長いタイトルですが、先週月曜日、コーディネーターとして関わったテレビ東京さんの番組が放映されました。
(なんだか今検索してみたら違法?動画がちらほら引っかかりましたが...そのうち削除されるのではと。)
無事やり終えて、ほっとしました。

今回ももし3月末に入れなかったときみたいに事故か何か有ったらどうしよう、と最後までドキドキしましたが、トラブルも坑内での事故もなく、無事撮影クルーと池上彰さんと地下に潜り、出てくる事ができました。
池上さんはテレビで見るのと同じ、とても優しい色々な事をご存知の方でした。
Turkuで晩御飯を皆で食べて、気持ちいいお天気だったのでやっぱり夏は北欧だな~と言ってくださったのが嬉しかったです。6月後半、お天気崩れたりしましたから、運が良かったです(笑)

撮影クルーの命がけの映像撮りも側で見ていて冷や汗が。
高いところに登って手すりのない所に出て遠景の原発から近景にズームさせたものを強風吹く中、十数分撮っておいでで、しかも高所恐怖症だそうで。
この根性に頭が下がります。
放映でその映像が使われていてほっとしました。

地下400mの所は、要は工事中の地下トンネルなんですけれど、携帯も通じない(岩盤の下まで電波は通らないですしね)ところをヘルメットと緊急用酸素ボンベ(絶対使いこなせないと思った)を下げていくのはなかなか緊張感がありました。

様々な地質調査が行われていましたが、フィンランドも新規原発の建設が無くなればなと個人的には思っています。
政治的に発電を自分で行い自立性を確保することと、産業界のプレッシャーがこの国でも大きいのです。

原子炉といっても、単に原子に核反応させてその熱を使った蒸気でタービンを回すところで「発電」するだけなんですけどね。核反応を起す原子炉は高温&高圧になるので鉄の容器で何重にも覆って保護しなければならない。
9.11以降のEUの規制で、テロの攻撃にも耐えうる構造で無ければならない。
したがって分厚いコンクリートの壁を作らなくてはならない。
莫大なお金が掛かるばっかりです。

日本の原子炉は古いままで補強もせず、耐用年数が過ぎたものも多いのでは?
電力会社のサイトを見ると、どこのメーカーの原子炉か、さえ記載されていない所が多いです。
これで情報公開だなんていえますか?
可愛いだけのキャラクターを作って市民から名前募集して懐柔してるつもりならばかばかしい事この上ないです。

耐用年数が過ぎた(減価償却した)ということはやっと利益が取れるので動かしたい。
危ない綱渡りだと思います。

私は原子力発電は百害あって一利なしだと思います。
出てくる使用済み燃料すら処理できなくて困ってるんですから。

以上、脱線しましたが「オンカロに入れた」報告でした。
[PR]
by wa-connection | 2012-07-15 07:01 | work