フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

職場で英語を使う

d0093885_2243378.jpg

写真は3/3(日)のHelsinginSanomat紙から。フィンランドの企業でもグローバル化が進み、外国人社員が増えて言語が平易な英語に取って代わりつつあるよう。
いやもちろん、ほぼ全員がフィンランド人の会社や組織だったら自然とフィンランド語でしょうが、大企業、中規模のみならず写真のGolla(デジカメやタブレット、携帯向けのバッグに特化したフィンランド企業)のような少数精鋭のところでは新しい国の市場に進出するたびにその国の言葉を母国語とする社員を雇ってきた結果、今8カ国の異なる言語を話すスタッフが集まっていや楽しそうです。写真のキャプションによると日本人もいるようですよ。
いいなぁそういう環境!

フィンランド人は英語が結構上手だと思いますが(スウェーデンやデンマークの方が言語的にも近いので発音はうまいように感じますが)、恥ずかしがる人もいまだちらほらいます。
また、フィンランド人にとってアジア人の顧客と電話で話す時、アクセントで内容を判断しにくいといったエンジニアに対する調査結果などあるようです。
インドも独特ですしねぇ。

日本人も間違いを恐れず、どんどん話せばいいんですよ。完璧な人なんてそうそういないですし。
大切なのはかっこ良く話すことじゃなくて商談なり疑問点なり言いたいことが相手にしっかり伝わってその回答を得る、これが成り立てばコミュニケーションはOKですよね。

良くないのは発音やイントネーションがうまくても内容で相手におもねたり「そうだよね、そうだよね~」、とYesばっかり言ってしまう場合だと思います。
これは非常につまらないのではないでしょうか。
(どうせ発言するならもっと内容のあることを言わないとという自省を込めて)
[PR]
by wa-connection | 2013-03-11 21:43 | finland in general