フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

日本ビジネス・マナー講習

追記: フィンランドの女性社員が日本人男性の対応で困っている点を下に追記しました。

d0093885_4132578.jpg

・・・というのを本日原発関連の企業に依頼されてやって参りました。
今日はその企業で丸一日講習会で、さまざまな広報に関するテーマをやっていた模様。
私のは一番最後です。
着いた頃に、2月にも会った現TVO広報で、元民放テレビ局のディレクターが、古巣の経験を元に「メディア対応」をテーマに喋っていました。
どうやってメディアはニュースを作るか、何に対して準備をしておくべきか、意地悪な質問にも動揺しないために・・といった感じ。

その企業は、使用済み核燃料の最終処分関連で、日本からのビジターが非常に多いので、一応色々文化的な違いも知っておきたいとのことでした。
今までの私の経験からも(夫にも資料をまとめるのを手伝ってもらい)気付きを含めて話しました。
まぁ彼らは、これまでもちゃんとやっていましたので心配はないんですけれどね。

行く前、多少緊張しましたが、15名程度でしたし、今まで広報の人たちとも何年も協力してきたので数人知っているし、リラックスした雰囲気だったものでついべらべら余計なことまで喋ってしまいました(またか)。

広報のマネジャーから、「日本からのお土産は何がいいか聞かれたら、僕にはウィスキーって言っておいて!」という希望まで出てましたよ。
余市かニッカが好きだそうです。みなさん、Posiva広報部長にはウィスキーを!

和菓子が好きな人もいましたよ。(これは日本に何度も行ったことがある人)
お土産は難しいですよね、どこに持って行くにしても。

ただこれは書いておこうか迷いましたが、女性で20代でしっかり仕事をしている人たちが、私が担当だと言っているのに、私ではなく横の男性の同僚に質問がいくのが腑に落ちないとのこと。
若く見える女性が同席してるとアシスタントだと思っちゃう男性未だに多いんですね。。。
フィンランドはとても組織がフラットです。社長自ら部屋に案内してくれコーヒーを出してくれたり(中堅などからケータリング会社が会議用軽食は用意しますが)します。
誰が担当か分かったら若く見えてもちゃんと専門知識を持ってる人たちですのでまっすぐ目を見てコミュニケーションして下さいね。
私は幸いもう年齢を経てそういった扱いを受けることは殆どございませんが。(おばさんだなーとか言われてるとは思いますけど!)

d0093885_4133332.jpg

ここはこの企業のオフィスの一部もあるエウラヨキのヴオヨキ邸。
Vuojoen kartano サイト
オルキルオト原発からは車で15分ほどの位置、Pori-Raumaの間にあります。

今日はこの建物ではなく、右端にある会議室でやってました。
ギャラリーや、イベント、コンサートにも良く使われます。
西フィンランドをお通りの際はぜひ夏にお立ち寄り下さい。
レストランも開いています。


d0093885_4134873.jpg

しっかり名刺交換~。貰ったの3回目の人もいますが、まぁ練習ですから。
Posivaのロゴは、オンカロそのまんま、地中にずーんと潜ってる感じがよく出てますね。
(空調シャフトはこういう感じでまっすぐ下に入ってる)

さーあさってからヨーテボリで3日間絞られてきます。
公衆衛生医療分野の国際会議の同時通訳サポート(もう一人の方がメイン)です。
本当に大丈夫か私。
いつも最後にじたばたするのは小学校の頃から変わってません。
この年になって情けないですけどきっと死ぬまでこのままでしょう、、

先週末から夏日だったのに、また雨模様だし最高気温12度だし、夜は8-9度と寒そうなんですけど・・・(汗)
スプリングコート持っていこう。
ジョギングシューズ持っていくつもりですが、なにか?
一回も走れずに終わるんじゃないかって?ジムがないホテルなのでまぁ様子を見てみましょう。
[PR]
by wa-connection | 2013-05-21 04:12 | work