フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

göteborg イェーテボリ(ヨーテボリ)滞在終了

d0093885_2254677.jpg

イェーテボリ中央駅前の高級そうなホテルClarionの前に立っていた「見ざる・言わざる・聞かざる」オブジェ!?

d0093885_22541728.jpg

中央駅。電車は使っておりませんが中も歩いてみました。ジョギング中にここにスタバがあるのを見つけて(閉店するとこだった)翌朝の開店時間を確認して、最終日の朝いってきました。
そして空港に行く前にお土産買出しに出て朝一(8時開店)でタンブラー買っちゃいましたよ。
実は、3年ぐらい使っていた前のタンブラーを真冬に落として壊しちゃったんで。
d0093885_22554149.jpg

にこやかな女の子達が応対してくれました。注文すると名前を聞いてくれるじゃないですか、「Takakoだよ」(書き取って)「これ合ってる?(にこっ)」あってるあってる!
とっても感じがいいです。

d0093885_22554636.jpg

シンプルなこういうの。今まで使った中では、スターバックスのこのタイプが一番断熱が良いのではと思います。冬、フィンランドってさむいんです・・・コーヒーやラテを買って持ち歩いてると普通のタンブラーだとすぐ冷めるんですっ!
(力説)

d0093885_2254316.jpg

さて、これは二日目にお一人様ディナーで入ったdinner 22というレストラン。
(サイトはこちら)

イェーテボリのLorensberg地域にあります。住所はSödräVägen通り22番地というSvenska Mässen国際会議場近くの小洒落たレストランやカフェがかなり並ぶ通り。

イケメンのウェイターさんがメインに合わせて勧めてくれたグラスワインはイタリアのMonte Garbi Ripasso。
「ステーキ食べてみようと思うんだけどそれに合うワインお願いできますか?」と聞いたら「いいのあるから持ってきてあげるよ」、とウィンク来たー!(夫よごめん)
渋みがちょうど良くて赤身の肉によく合って美味しかった。

そうそう、スウェーデンにはクラッカーみたいな薄い硬いパンがあるんですが、売ってるの見るとこれかなり大きいです。穴あきの丸いタイプで半径30-40cmありそう。
パン屋さんで売ってるのはバリんて割った感じでまな板サイズ!
どやって持って帰るの?と思いますが(更に割るんだろな)フィンランド語でも同じ言葉のナッキレイパnäkkileipä というのがあるけどかなり違う。フィンランドのはもっと小さいし色の薄い分厚い手のひらサイズのがよく食堂に置いてあってあまり食欲そそりません。前置き長くなりましたがスウェーデンのはごまなどシードとか混ざってて香ばしくて美味しい。
d0093885_22545386.jpg

メインだけ頼んだのですが、黒くて角のない牛(ブラックアンガス)のステーキ。とうもろこしの焼き加減、ポテトの揚げ加減、キノコのソースも好い味付けでした。
肉は大きいから胃に少し重かった(魚にすればいいのに、、、)けど肉汁たっぷりで良かった。

d0093885_2255748.jpg

それで、やめればいいのについ「チーズはどんなのあるの?」
とイケメンに聞いてしまうお調子者の私はいい年して何をやってんだ、、。いやいい年してるからこういうことも言えるようになったか、、(夫よごめん:再び)。

スウェーデンのが色々あるよ、4種類にする?と言われて「いや三種類で、、」と自己防衛本能が働いて正解。
チーズ一切れが大きいですよ・・・。
フィンランドなら一種類だけ出すレストランも多いですよ、、これは3種類で30krx3という値段でしたけどね。

手前が上にも書いたナッキレイパ。スウェーデン語だとNäcksというそれこそ擬音のパリって割る音なんじゃなかったかな。黒パンもナッツ入りで美味かった。チーズは左手前から奥へヤギのチーズ、スウェーデンのブルーチーズ(ゴルゴンゾーラみたいなのだよと説明されたがそれより美味しいと思った)、グリュイエール。ジャムも美味。
あーお腹パンパンになったよ、、、イチゴと一緒でさっぱりした後味が宜しい。
夏はフィンランドでもぜひチーズにはイチゴ添えやろう。
帰りは1.5kmほど歩いて帰りました。せめて腹ごなしに。
ぜんぜん運動量としては足りなかったですが。

d0093885_22552117.jpg

これは通勤路(三日間だけど)沿にあったノルウェーの家という建物。云われは・・・スウェーデン語で読めませんでした(爆)


d0093885_22561478.jpg

3日間の仕事終了でスナックと飲み物出てましてチケット頂いて一杯。
はー同時通訳は本当に今回はピンチヒッターで、お引き受けする時も荷が重いのでベストは尽くしますが、と申し上げましたが難しかったです。サポートといっても結局は交代でやるんですしね。
次に繋げる(また依頼をいただける)仕事をいつも目指していますがこれは繋がらなかったと思います、、、残念ながら。
フィンランドでトレーニング受けられないかな、、でも右耳の聴力が不十分なのでヘッドフォンの調子が悪かったり片方しか聞こえなかったりするとそれもアウトなので同時通訳はやはり厳しい気がします。
お客さんにとっては居ないよりまし、と思って頂ければいいですが。

今ネットで調べてみたらTurku大学で会議通訳コースを1年半やってる模様。
残念ながら2010年から財政難で開催していないそうですが、集中講座でもやっていればな。
問い合わせてみるか・・・

d0093885_22571854.jpg

えーとにかく私の見たイェーテボリは(ヨーテボリ)綺麗な所でした。
d0093885_238407.jpg

これは駅構内にあった像。泣いてる女の子という題のもの。可哀相に、泣かなくていいよ。

d0093885_238496.jpg

これはイェーテボリと言えば、の有名な遊園地、Liseberg。

行っておりませぬが、仕事やってた場所のすぐとなりにあったので写真だけ。
いろんな写真は、ジョギング中に撮ってます。

d0093885_23983.jpg

最終日の朝はホテルの朝ごはんがあまり美味しいもので無かったので(ホテル自体はこじんまりして、余分なものは何も無いけどアットホームで快適なところArenaでした!)
街に出て自腹でブランチをやっている美味しそうなベーカリーで。でもクロワッサンは硬かった、、(残念)。あとはちょうど良かったです。野菜不足だったのでフルーツたくさんでグー。ケーキも二種類出ていてもちろん両方試しました。
帰宅して図ったら1kg体重が増えてました、毎日外食だとしょうがないか、、。

d0093885_2395085.jpg

私が最初の客だったのですが、その後どんどんお客さんが増えました。
ブランチしながら涼しくて街並みの景色もよく可愛い大きなワンコもお散歩で何度か通ったし幸せ。

うまいもんばっか食べてるな!とおっしゃる向きもあるかもしれませんが美味しくなかったりした仕事の合間の掻き込んだご飯や軽食は載せてません、悪しからず。
テイクアウトしたタイ屋さんのパッタイはニラが効いてとてもおいしかったけど写真削除してしまいました。

d0093885_2310716.jpg

朝ごはんを食べたベーカリーの隣の花屋さん。紫陽花が綺麗。
目の保養になるなぁ!

ジョギングは夜に二回行きまして(5kmと8km)大分街の位置関係がその範囲内で把握できました。
d0093885_23103955.jpg

これは迷子になりつつ(大げさ)あ!わかったぞとちんたら走ったコース。

2月末原発訪問時に滞在したホテルはもっと中心部で大通りの劇場近くだったのがすぐそばまで行って当たり前ですがここも真冬と初夏で全然景色が違うな・・・というのが分かりました。
d0093885_1272559.jpg

これは仕事の最終日のランチに、メインの通訳の方がこれをネットで見つけて、一緒にどう?と誘ってくださってご一緒に。アスパラガスのスープとベーグルのセット、スープにはおそらくフェンネルが効いていておいしかった~。ベーグルはハーフにしておきました、食べてばっかりだからね・・・。トーストした後にチーズ塗ってサラダが乗ってきました。

⇩町の紋章。
d0093885_23112353.jpg

どこに攻撃するの?と言いたくなる、なかなかアグレッシブなやつですね。

土曜日、帰るだけの移動日です。
空港ではフィンエアのカウンターの仕事が遅くて30分以上チェックインに並ぶ羽目に。オンラインにしておけばよかった。
しかしセキュリティチェック終わって中に入って、1時間ちょいのフライトではエコノミーでは飲み物しか出ないので、(しかもマリメッコのカップとペーパーナプキンではありますが、コーヒー自体はあまりおいしくない)今回美味しいコーヒーと軽食買って持ち込もうと決心していたのでエスプレッソバーからコールドスモークサーモンのベーグルサンドとラッテをスタバのタンブラーに注いでもらい(そこまでするか)ました。

ここのカフェの男子がニコニコしてて良かったですよまた。(またかと思われた方、すんません。夫よごめん三掲)いや、一口にイケメンと言ってもね、愛嬌がなきゃ絶対ダメですよ!女子も同じです。
客と注文の合間に会話を楽しんでくれるとなお宜しいです。
今日もそういう感じで「ベーグルあっためるよね?」と聞いたあとに私が「ラッテもテイクアウトね」、と頼んだら「ごめん、あっためるんだったよね!?」と(寝ぼけてたのか、、)今度はラッテを注ぐ前、紙コップに入れる前に蓋を渡そうと思ったらしく「そうそうあれちゃんとあげるから待ってね、ほら、あれって(英語で)何だっけ、、」私が察して蓋(Lid)だよね?と教えると「なんて言うの?L、 I、D?そう言うのかー、僕ぼけてるねー(苦笑)」でタンブラーに結局入れて、「テイクアウトだったよね?」(いやだからそうだって!)「機内持ち込みするから、紙袋下さいな」というと、「いいよーちょいどいいのがあるから持って行って!」
「じゃあ"Have a nice day!"」と送り出してくれようとするので「まだお金払ってないよ!?(笑)」と。
私の次の順番を待っていた年配の男性もう爆笑、「このカフェ安いね、10人に1人が多分無料なんじゃないの?」と。
イェーテボリのLandvetter空港セキュリティチェック後すぐにあるすわり心地よさそうな椅子がたくさん置いてあるカフェ、
Espresso Houseです。
無料になるかどうか試してみてください(笑)。

まぁ、ベーグルは本当なら(NY風なら)トーストしてからスメアを上に塗って、なのではと思うのですが、もう出来上がって袋に入ってたしな、、ですからこれに関してはうるさく文句言ってないですよ!?ベーグルフリークでもないですから。

うーむ、ここの売り上げがちょっと心配ですが一生懸命なのは好感もてるし、笑えるのはいい事です、落ち込んでたりした時にすっと気分も上がりますしね。

にこやかイェーテボリ男児たちほんと有難う!
貴重な経験をさせてくださったお客様にもお礼申し上げます(ご覧になっておいでではありませんが)。

私も仕事もっと頑張ります。いいサービスしてもらえるにふさわしいお客であるように。

以上で二度目の滞在終わり。
またイェーテボリに来る事はあるのだろうか。。。

残りのスウェーデンクローネ、取っておこう。
[PR]
by wa-connection | 2013-05-24 20:34 | work