フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

2015年の抱負

d0093885_17501027.jpg

あけましておめでとうございます。

皆様にもどうか良い一年でありますように。

さて我が家は大晦日に友人家族にお呼ばれして丑三つ時帰還、
d0093885_17501629.jpg

(夜中1時ごろに出されたデザート)完食しました。

そして昨日元旦に日本人のお客様と大慌てで作ったお節もどきを囲んでにぎやかに楽しく過ごしました。
d0093885_17502026.jpg


こちらは昨日お出ししたティラミスとモカ・クリームのクッキーとジンジャーブレッド。

二日間、締切の仕事を寝かせましたよ、はい。今日締切なのでこれから頑張ります。

昨年を振り返ると仕事上でのいろいろなチャンスを頂きましたが、それを生かし切れているかというとまだ疑問があるところです。
いかんせん二人で営業していること、子供たちを最優先していること、夫の両親も他界し祖父母などの手を借りることができないこともあり、お仕事がお受けできない事もあります。
ただ夫も自営業の家系で育ち中小企業経営してきているので(実家が車のディーラー)理解があり、私が数日お客様と移動している間、家を守り料理を作り、子らの宿題やテスト勉強を見て習い事の送迎、音楽の宿題、学校との連絡もしてくれ、おかげで私も何度か家を空けて飛び回ることができました。
シングル親家庭だったらばこうした何日も留守にするお仕事は難しかったと思います。

私たちの業務では通訳、翻訳、執筆(少し撮影も)、コーディネートに加え、こちらでは日本関連のトピックの講師、市場の調査やコンサルティングといったいわゆるつなぎ役もしています。今後このコンサルティングの方で拡張していきたいと思いつつ頂く目の前の仕事に追われ(ありがたい事です)目立った行動を起こせずにいたのが昨年の反省です。
そういえばお料理教室や家庭で作るお寿司教室なんかも年2,3回やってますね、、、
万屋状態です。顧客に満足してもらうのが仕事ですからできることであれば何でもやるのは信条ですが。

原発関連の通訳も5年以上経ち、フィンランド語と英語で毎年新しい分野が(原子力発電は工学のデパートですね)目の前に現れ、化学や物理やシーケンスモデルといった用語に四苦八苦していますが、フィンランド側、スウェーデン側の原発担当者にもすごくいいじゃない、この道の北欧のベストだね、と言ってもらえたりもしましたが、まだまだなのは自覚していますし、私より上手な方がいるのも分かっています。
(ドイツ在住の方で工学分野にとても慣れているという方の話を先日聞きましたしね)

翻訳や通訳、執筆はいってみれば足し算の仕事ですよね、手作業、または口でやる集中力など肉体労働的要素を持っています。そして結果の範囲も想定できます。
比較ですが、研究開発で生まれる特許を取ってライセンス許諾をする、ということになれば市場可能性は数倍、数十倍で利益確保も一回限りではなく継続的なものが望めます。
いやもちろん文筆業でもスター作家なら桁は違いますが、自分ではその方向は考えておりませんし、初版から版を重ねるヒット作を翻訳するケースも稀ですし、ベストセラーの物語を紡ぎだす才能もありませんからね。(笑)

また、先日フィンランド在住一年目から45年以上のさまざまな方とお会いする機会がありました。
来週在フィンランド丸14年を迎えるのですが、果たしてこのままでいいのか(現状維持だけじゃいけません)まだ若い皆さんに私から何かできるのだろうかか、考えてしまいました。
老後も考えてしまいました、はい。

私もこれまで様々な先輩たちから手を差し伸べていただき、小さいながら様々なステップを経てきました。
先輩たちには本当に感謝しています。

そして、なかなか住み分けも気を遣う処です。昨年も同業者・友人との現場での”ばったり”があって「ああ、来てたんだね」、と互いに苦笑い。私もヘルシンキで仕事の時は多少気を使います。(多少なのが図太くなった証拠)
できれば、同業者や在住者同士で仕事を奪い合うのではなく、相乗効果で増やしていきたいと考えますし、
さらにフィンランドへの興味を呼び起こし、旅行者を増やし、投資を増やしてもらえるような情報やニュースの提供をしていきたいと思っています。提供だけでなくがっちりとそのプロジェクトの懐に食い込んでいきたい、と考えています。
ですから、ただこれをやりました、頑張ってます!終わり、ではなく何かもう少し繋げたい、広げたいという願望が渦巻いているところなのです。

ただまだまだ15年目、私も自分の会社の事、家族の事で手いっぱいな面がぬぐえません。まだ若い方やこちらに来られて間もない方々を助けられているかというと、これがまたまったくできていません、、、。
(だめじゃん)
手は二本、足も二本、口は一つ、そして昨年末はクリスマスカードもお客様宛は省略して二年、E-cardにてご挨拶のみさせていただいただけです。

皆様に不義理の程、心苦しい限りです。
8月に偶然の出会いで知り合いになった、私よりさらに十倍お忙しい方にロンドンから心こもった手書きのカードを頂き良心の呵責が。頭が下がる思いです。
これもトーベの生誕百周年の日に美術館の講演に日本人同士でそばに居合わせた、偶然の出会いというご縁でした。

さて、まずは今日締切のお仕事から・・・←おい
結局日々の、目の前の仕事に追われている現状は変わらずなのか?
いやでもこの現状打破をしたいのです!
それに向けて頑張りますよ!

↓...筆者励みのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-01-02 17:26 | work