フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

お寿司コース開催 Sushi-kurssi Porissa.

d0093885_2203093.jpg

すっかり忘れていましたが、4月はお寿司体験コースもポリでとある企業に開催しました。
一年前にもそこから問い合わせがあったんですが、その時はスケジュールが合わず、見送ったんでしたっけ。

今回はちゃんと開催できてほっとしましたよ。
場所はポリの一族経営で4代目のファッション・デパート。ここはフランス名誉領事もやっています。
やはりファッションだからですかね~、オーナーの娘さんたちもサークル・デ・フランセーズで役員やってます。
(フランス好きが集まるクラブ。私たちは食べ物目当てだけで参加してますが、フランス語はできましぇん)


参加者は16名ほど。

とうことで前日から材料を色々買い出し。
トップ画像のサーモンは市場に行ったらたまたま入った天然ものが!これは買うしかない!2kg購入。
天然はEUの定めた漁獲量が決まってしまい、夏の初めに少しだけ出回るので、そこを逃すとフィンランドでは残念ながらなかなかお目にかかれなくなってしまいました。普通サーモンといえばノルウェーの養殖サーモンです。沿岸部の町なので魚買うのにスーパーなんかには行きませんよ。
手前の鮮やかな朱色の魚は養殖ニジマスのフィレです。

握りと巻きを両方やりたいとのことで。両方のために材料を。
あとベジタリアンがいるかもしれないから、ということでズッキーニとナスを予備に買う。

d0093885_2231881.jpg


当日デパートに到着し、駐車場から荷物運び入れて会議室と厨房を見せてもらう。
(ここはカフェ併設なので、そこの業務用キッチンを使わせてもらうことに)

参加者、元オーナーの78歳だけが男性であとは妙齢の女性でございました。
服屋さんだけあって皆さんそれなりにおしゃれ。フィンランド人もおしゃれになったなぁと(職場がこれだから単純比較しちゃいけないけど)感じ入りました。

まずは日本酒で乾杯した後、これまでも何回か使った日本の食文化のスライドを見せて、コメがいかに大切かを力説。
一粒に7人の神様が~!もしっかり覚えていただく。

そして厨房へ移って分担を分け、米とぎと卵焼きは皆に体験してもらいます。
しかし魚のフィレを切れない人が多い。
だまってやらせるとがしがしのこぎりみたいな切り方して身がつぶれてしまうので思わず(汗)私も上手じゃありませんが手を出してさくに切り分け。

きゅうりを巻き寿司用に切り、ナスとズッキーニを炒め、卵焼きをまん丸いロールにならないように指導し(なぜか小判型でなく円形に作るフィンランド人多し)、サーモンを切り、イクラも出し、海苔を軍艦用と巻き用、握りの卵用に太さを切り分け、酢飯の作り方は皆に見てもらって、仕込み完了。
ここからは時間はそんなにかからないんですよね。

長いカフェのテーブルに全部材料を並べて、巻きチームと握りチームに分かれる。
つたない見本をお見せし、あとは自分で食べるものをやってもらう。
d0093885_228739.jpg


わぁわぁキャアキャアそれは楽しかったですよ。
職場でも普段息の合う集団なんだろうなぁということがよく分かりました。

中腰の人も多くてかなり真剣です。

皆ソーシャル時代らしく、携帯やタブレットで自作の盛り合わせを激写。
インスタグラムやフェイスブックなどで公開されたことでしょう。

d0093885_22122644.jpg



私も許可を貰って撮りました。
そして会議室へ戻って試食。というかお腹いっぱい食べました。
d0093885_2281081.jpg


とても楽しかったです、行く前はちゃんとできるかなぁと毎回緊張する料理教室、食べることはやはり心の緊張を解いて、胃が喜び、自然と笑顔になるものです。

普段はコーディネート、通訳、翻訳がメインですがお料理教室も年に2、3回やってます。
依頼があればまたぜひやりたいです。

でも食べるなら、当然ですが自分で握るんじゃなく里帰りするか、ヘルシンキの和心さんに行きたいものです(涙)。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-05-19 21:57 | work