フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

ドキュメンタリー映画撮影

d0093885_02272474.jpg
直近のお仕事の話も少し。

先週末から三日ほど、フィンランドでの核廃棄物に関するドキュメンタリー映画撮影のお手伝いをしていました。
つまりはフィンランドで使用済み核燃料がどのように最終処分されるかを原子力発電所に行き、担当者にインタビューし、調査研究施設であるONKALOを見せてもらうという内容です。
また自治体、市民への取材コーディネートもやらせて頂きました。

撮影は監督でもある島田恵さんが一人で。同行されていたのはNGO 原子力資料情報室(CNIC)のお二人。
彼らは日本での事故の情報の宝庫で、合間に少しですがいろんな話を伺いました。
島田さんは撮影を一人で全部こなされるので、映像メディアの場合はカメラ、音声、ディレクター、アシスタント、と数名で来られることが多いですしとても大変そうでした。

島田さん、そして製作中の映画『チャルカ ~未来を紡ぐ糸車』のサイトはこちら。
http://shimadakei.geo.jp/charkha


そういえば、以前オーストラリアのTV局の人も単身で来てインタビューも全部英語でやっていった人がいたな、と思い出しました。(同じ日に原発にいて、翌日同じ人にインタビューしてさっきはオーストラリアの人が来ていた、と取材先の人に言われたのでした)

原発では何度も会っている広報の部長さんと10回以上案内して貰っている視察受け入れのセンター長さんの二人とやぁやぁお久しぶり、といった和やかな雰囲気で、色々便宜も図ってもらえ、とても助かりました。
廃棄物処分を請け負う会社の方も知り合いの地質学者で「あー1年ぶりだねー」とご挨拶。
d0093885_02291008.jpg
(上は誰でも年間見学撮影可能なビジターセンター展示から)
そしてオンカロに入り、オルキルオト3号機の建設現場(箱ものはほとんど完成してます。あとは頭脳部とも言える一番大事なオートメーションを実際にインストールしていく段階ですね)見学。
オンカロにはもうなかなか入れませんので、通常は三号機現場と低中レベル最終処分場の見学になります。そこにオンカロ展示場もあります。

広報の部長さんは3年前にマスコミから転職してきた人でもあり、押し出しよくとてもにこやか。
以前はニュースキャスター、新聞社政治部でも勤めていましたが、その前はなんとアイスホッケー選手だった面白いバックグラウンドを持つ人です。
3年前、マスコミ対応の日に取材で行った時、彼が入社一週間未満で、「入ったばかりで、以前はここは取材できたことはあるけれど内部の人間としては相手するの初めてなんだよね~」と言っていて、見るもの聞くもの珍しそうでしたが、3年たって知識もついて、堂々としたインタビューでの回答ぶりでした。(笑)←とっても上から目線。

今回は日本語で私と島田さん、CNICの方がしゃべっているのを横で聞いていて「ちょっと」という日本語が頭に残ったらしく「チョットチョット」と連発していました。次回日本からオルキルオト原発に行かれる方、案内役に広報の部長がいると、「チョット」攻撃されるかもしれません(笑)

無事に終わって私はそのままヘルシンキへ、皆さんはそれぞれドイツなどへ。
翌日からは別のご一行と二日間、福祉分野中心に視察し通訳同行させていただいた週でした。

写真は原発でお昼ごはんの後出たデザート。
TVOの社員食堂はあまりおいしく無いですが(というより、スウェーデン三か所、フィンランドではここ、どこの食堂も味は中の下ではないかと)ゲストに出る方のオルキルオト原発の食事は北欧一番です。すべて体験した私が言うので間違いないです!ロビーサ原発はほとんど視察は受け入れませんので。

ビジターセンターがあるため、ゲストは食堂に連れて行かれないので、別メニューでRaumaのケータリング会社が調理・サーブしてくれます。
最近では私が来るとリストで分かるので、顔見知りのウェイトレスさんがランチお客さんと解散後に取っておくわね、と言ってくれるようになりました。向こうも、通訳が手つかずで残すと料理が無駄になりますし、食べられない時は言ってくれた方が助かるということですね。
これまで何回おいしそうなアスパラガスだとかスープだとかを手つかずで見送ったことか・・・
そのために通訳終日のときはバッグにはバナナとかチョコレート用意しております、はい。

今回はご飯食べる余裕を頂きまして、とても有難く一通り食べました!
(結局食べ物なのか・・・)

今回は定番コースでそれほど難しいテーマではなかったのですが、もっと勉強しなくては。
AC/DCとか(電流系統、弱いんです。実際の発電の方ではトランスフォーマー関連もありますし)、炉の構造の方、幅が広すぎて、まだまだ分かっていませんので。
まだこの秋も原発行きが入りそうです。


↓...宜しければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by wa-connection | 2015-09-13 02:25 | work