フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

クリスマスのご挨拶

d0093885_4523352.jpg

あっという間に一か月が経ってしまいました。

12月も有難いことに仕事に追われた月でした。
今年は去年作った名刺500枚がそろそろなくなるほど名刺はばらまいたことになるのですが、
「名刺」って名前で刺す、と書くんですよね。
渡しただけじゃ覚えてもらえない。
インパクトがないといけない。
でもはりぼてでも印象に残らない、ということでなかなか難しいです。

逆に私もスーツ軍団の皆様と名刺交換してると4人目以降がもう???になってきて3人目の名前を創作してしまいます。いかんいかん。2,3度お会いしてお話しているとしっかり刻まれるのですが。または視察通訳の場合3,4日ご一緒することも多いですし、そうすると間違いないのですけれどね。

そういえば11月の暗い時期にフィンランド発祥のSLUSHと言うスタートアップのイベント関連のレセプションに参加した時たぶん30名位と名刺交換をさせていただきましたが、この時は若い人たちとたくさん会いました。日本もまだまだいけるな、と熱気に接してとても心強かったですよ。

この一年で、いろんな方とのパイプを築くことができた手ごたえを感じています。来年はそれをより太いつながりにしていくことを目標にしたいと思います。
そして四方八方に伸ばしていたアンテナも取捨選択をしつつ進んできました。なんでもやります、でやってきましたが、2名でできることには限りがあります。
より得意な方面でやっていこうというわけです。
この基礎となるのが、やはり人とのつながり。
差し伸べられた温かい手に何度感謝したことか・・・

名刺の話に戻りますが、誰かと出会った時「人 対 人」で話すとき、相手はこちらが真実を語っているとそれをかならずしっかりキャッチしてくれるものだと
改めて感じます。ですから当たり前ですが、嘘はつかない。無理な時は伝える。代替案を出す。
そういう風にしています。

若い時から少しずつ、いわゆる“はったり”というんでしょうか、背伸びしつつやります、できます!といいつつ伸びしろを使ってきました。
個人営業の3年ほど、夫と一緒に切り替えた会社も10年経って時期的には節目でもあるのかなと思っています。
先日は、私の先輩にあたる方とお話し、自分が信じる方向性にあうお仕事は真摯に受け、合わないものは報酬につられてやるべきではない、という考えに改めて感銘を受けました。ただ、私たちのような場合、選り好みできるのかというとそうじゃない時も勿論あります。そういう時はご縁だと思ってありがたくお受けしています。

d0093885_4575454.jpg


また日本人で、フィンランドで起業する人たちも増えてきています。先日もそういう方々と知り合う機会があり、実に様々な業種の方がいてワクワクしました。ほかにもレストラン経営をする人や、現地企業で頑張る人たちも数多く、頑張れ日本人!と心から思います。駐在員の人たちも骨身を削って頑張ってます。単身赴任の人たちは本当に大変だなぁと思います。私なんてホテルに一週間でも、お客さん達と日中日本語をずっとしゃべって美味しいご飯を食べてジムに行っても狭い部屋で気分が滅入るのに・・・日本で残された家族も慣れるとはいえ大変だろうなと身につまされます。年末年始で多くの家族が時間を共有できますように。

さて、通訳、コーディネートの割合がかなり多かった今年ですが(夫の負担がかなり多い年でした、ごめんよ夫)、翻訳もやっています。
出版翻訳自体には結びつきませんが、書籍の紹介・提案は日本の方にほそぼそと続けています。
いかんせん、フィンランドで受けるものが日本で受けるとは限らないのが難しいところ。
面白い本や小説はたくさんあるのですが・・・

白鳥やあひるといった水鳥は水面では何もしていないように見えますよね。
でも水面下では一生懸命足で水をかいて前に進んでいます。
私もこうした努力を続けていくしかないなと考えています。
来年夏は面白い企画に参加させて頂けそうです。
その時期になったらご報告できるといいのですが。

1,2月も結構お仕事で塞がっていました。やるべきことは山積みで焦りもしますが、一つずつ解決していきたいと思います。

日本ではまだ一週間業務が続きますし、こちらも来週は一応数日平常通りになりますが、少し早目の年末のご挨拶とさせていただきます。
皆様、どうぞ健康で素晴らしい年をお迎えください。
[PR]
by wa-connection | 2015-12-25 04:59 | work