フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

ドイツ出張2016(その2)~Essen三日目~

d0093885_352357.jpg

さて、ドイツはエッセン三日目です。この日は半日強の予定で研修センター、シュミレーター(原子力発電所の制御室と同じコンピュータを設置し、オペレータさん達その他のトレーニングに使う)などを見学しました。
日本でいうヒヤリハットとか、工場内の安全規則やルールはいろんな業界でかなり細かく決められています。
製造業を始め様々な施設においてご存知の方は多いと思いますが人的ミスというのは多いのです。いくら機械の性能、精度が上がっても使うのが人間である以上、人為の事故はゼロにはならないでしょう。

その1で少し書きましたが、ドイツは機能に問題が無かった原発も順次廃炉になっていくので、職員のモチベーション維持が今後の課題との事。確かにそうですよね、今までずっとやってきた仕事が10年後なくなってまだあと定年まで10年という人は不安にもなります。今後は電力会社も配置換えをどんどん進めていくことになるようです。
d0093885_3543670.jpg

(会議で出されたクッキーです。お腹が空くので休憩で頂いて癒されました。)
ただし廃炉ビジネスそのものは1960年代から世界中にバンバン建てられてきた原発で寿命を迎えるものがどんどん出てくるのでチャンスではあると思うのですが。(特に日本企業に頑張って欲しいです。福島を逆手にとってきちんとした廃炉をできるような技術パッケージを確立したらいいのではと思いますが、、。規制は法律がかかわってきて政治的・財界の思惑も絡みますし、厳しくなりすぎるところもあったりなかなかすんなりいかなかったり、極端から極端に走ったりしているようで、こちらから経過を見守っていますが・・・)

いや本当に色々勉強になりましたし吸収できたと思います。
午後15時頃にはホテルに帰ることが出来、自由時間が数時間。お客様たちとは今晩は部屋飲みしよう!ということで合意。
d0093885_356337.jpg

(エッセンで様々な建造物を手がけた一家の人らしい。クルップさん)
その前に時間もあるので私はエッセンの街並みを見ながら30分弱のジョギングに行ってみました。
事前にホテルに聞いてみたら、古いホテルなだけにジムなどは無いこと、周囲も中央駅近くのど真ん中であまり緑や公園もないです、とのそっけない回答。
仕方ないのでオフィス+ショッピング街を横目に見つつ走ってみましたが、旧市街にはカトリック教会があったりさすが歴史を感じさせる部分でした。
d0093885_3573563.jpg

(エッセンの旧シナゴーグ。その隣にはカトリック教会が。現在このシナゴーグだった建物は文化関連の施設として使用されていて、エッセンでのユダヤ人文化、この地方におけるユダヤ人の歴史・・の常設展、などもあるそう。入らなかったのですが)
夕方6時前に集合して買い出しへ。市場らしきお店も出ていて、フィンランドよりやっぱり緯度が南だなぁという果物や野菜の品揃え。ハウスものとはいえ大きなイチゴなんて売ってましたし・・・

そして初日から目をつけていたデリカテッセン、おいしそうなチーズやサラミやわんさかありまして、テイクアウトもあったので、じゅうじゅうと脂したたるグリルした豚肉を5切れ、CurryWurst(ルール地方ですからね!)も購入。肉ばっかりなので、ビールとワインとサラダをデリで購入。市場のイチゴなども。お皿はデリで紙皿とフォークをさらにお願いしてクリア。
d0093885_359776.jpg

(ここで中年女性の店員さんに"What time do you open on Saturday morning?"と聞いたら英語わかんないと手を振ってもう一人に回されました・・・片言でドンタークのモルゲンのオッフェンで通じたかな、、、)

いやーレストランに比べてとても安くつきました。しかもお客様が美味しいケーキ屋さんから人数分のケーキも仕入れてきてくださって。
一番若い人で34歳~上はお孫さんがいる業界ベテラン世代と言う中高年(笑)の部屋飲みで楽しみました。
お客様の中に(珍しく)女性もいらしたので私も飲んで食べて笑って、楽しかったです。

私も含め中高年でもあり、皆さんお仕事も抱えているので22時過ぎに解散、寝る前にPCで急ぐメールのやりとりのみはこなしたもののワインもビールも少しですが美味しく頂いた為、0時前には寝てしまいました。
d0093885_414271.jpg

お客様たちは日曜にフィンランド移動ですが、私は一旦週末フィンランドに帰らせて頂くことに。ホテル住まいが続くと、やはり自宅や家族、子どもたちが恋しくなるものです。

昨年秋から一人でホテルや滞在先で夜を過ごすことが毎月一週間以上はあるので、単身赴任の人の気持ちを少しだけ想像できるような気もします。皆大変だろうなと思います。
勿論、子育ての方が精神的に大変だと思うこともあり、同時に仕事のほうが気晴らしになる部分もあるのですが、一緒に過ごす時間(苦労も含めて)を分かち合えないというのはやはり寂しいというかはがゆいものだろうなと。昼は同僚やお客さんとやり取りしていてもまた違うんですよね。
単身赴任の皆さん、応援してますよ。

さてデュッセルドルフ空港への行き方はもう覚えているので同じようにエッセンから電車の切符を購入して急行へ。4人席に座ったのですが、目の前に乗り込んできたのが二人とも結構体格のいいゲイ・カップル。これからバカンスでしょうか、とても仲がよさそうでした。
同じくデュッセルドルフ空港で降りるようで先にドア近くに行ったのですが、リュック一つ忘れて行ったので、2分後私も降りるときに「あれ、あなたたちのじゃないですか?」といったらとっても慌てて喜んで取りに行っていました。(一日一善)

荷物が何個もあると忘れやすいですよね。

デュッセルドルフ空港は割と大きくて、でもそれほど時間もないし仕事も山ほど抱えているのでラウンジへ。(いや普通の人が使うレベルです、ファーストクラスの人たちのゴージャスなのじゃなくて)
さすが日本人ビジネスマン多し!

11時ごろのフライトに乗ってヴァンター空港へ到着。無事スーツケースも出てきました。
もうこうした当たり前の事が嬉しい私。

中心部に出て電車でポリへ戻りました。
家族が迎えに来てくれてほっとするひと時。
帰って洗濯器まわしまくりました。

次は国内なので月曜日午後に出るところから。
[PR]
by wa-connection | 2016-03-07 04:01 | work