フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

ポリでCreativeFutures会議

というのがありまして、今日明日、とその通訳をしています。
といっても、日本からおいでの先生は、ご自分で原稿も用意されていて、できるだけご自分で質問にも答えたいという意欲を持った方なので、丸ごとはやっていないんですが、、

やはり英語と日本語の間で、分かるんだけど、100%ではない、という所のサポートをしているといった方がいいでしょうか。
とはいえ、労力が少ないかというと、資料は全部読んで理解し、下調べもし、という事で体力気力は同じぐらい使っている気がします。。。

サイトはここ。CreativeFutures

前回は確かオウルであったんじゃなかったかな。

外国からのスピーカーはアメリカと日本からだけ。
でも使用言語は勿論英語です。

日本の先生が発表される内容がすごく面白いんですよ、ただの調査に終わっていなくて、提言もばしっと!
いいですねぇ、こういう先生に私も習いたかったです。今からでもE-learningで聴講生として受け付けてくれるでしょうか!?(笑)

明日のキーノート・スピーカーとして、世界でもただ一人といわれるトゥルク大未来学のウィレニウス教授
が喋るんですが、是非聞きたいですね。彼のことは新聞でも時々掲載されていましたし。

明日の準備をもっとしなければ、、、、


にしても、今日は市の職員との会議があって、何でだろうと思っていたら、彼らは自分達のやっているプロジェクトに関する知識だけを聞きたいという事で、日本からの先生達にはまったく専門外の事を聞き、コネを紹介してくれないか、、という事でした。

なんなんでしょう、しかもこの通訳費用は今回私を雇った会議開催の大学側に請求になってしまうんですが、筋が通らないです。
市側が払うべきなんでは?

すっきりしませんなー。
[PR]
by wa-connection | 2007-10-10 03:51 | work