フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

納得がいかなかった・・・会議の仕事は終わり

会議自体は明日11日まで続きますが、私は今日までで失礼しました。

今回は、10日水曜日だけ、といわれていたのが、前々日に9日のプレス・リリースも出て!と言われ、午後に二つ小さなミーティングが入っていてそれは恐らく私は不要だろうと思っていたら、(お弟子さんにも伺ったら、大丈夫でしょうとの事でしたが)やっぱり居てもらった方が、と日本側の先生からリクエストが有り、そして二つ目のミーティングは全く今回の会議と関係ないお話で、??がたくさん飛び交った仕事でした。

別件の会議では、公務員のなんだかいい加減な仕事ぶりが垣間見えて、納税者としては腑に落ちません。
詳しいことは勿論書けませんけれど。

さて、火曜日はこなせたと思います。
が、通訳をする先生と、呼吸の合わせ方が足りませんでした。喋るのはどちらかだけの方が良かったのかもしれません。遠慮と、引き方の兼ね合いというか、、、
これは今後もっとしっかりしないと打ち合わせをしなければいけないな、と感じました。
(通訳を使うのは慣れておられないようでした) 私の確認不足ともいえます。

そして今日の発表では、先生はご自身で原稿を読まれて、私は何のためにいるのか自分でも良く分からなかったです。居てもいいのか?いつまで必要とされているのか?が明確でなかった為です。雇い主がフィンランド側なので、フィンランド側も、どこまで必要なのかわかっていなかったりして、ニーズがかみ合っていなかったというか、、、

先生がご自分で原稿を読まれるというお話は月曜日に到着された日、伺ったんですけれどね。

そして肝心のQ&A(今日はここだけ必要とされていた訳ですが)で、二つ目の質問では回答が満足のいくものではなかったようで、質問者は不満げ。
私が質問を訳す前に先生にもお分かりになったようですが、私はこのとき一つの単語が頭から吹っ飛び、真っ白になった一瞬がありました。

その質問者には、後で日本の教授に回答を再度確認し、その場でワークショップ準備中で、伝えられなかったので、メールで回答フォローをしました。

これでも彼女が不満という事なら、意見が異なるという事で決着でしょう。

私も不完全燃焼です。

午後はワーク・ショップが二つありましたが、ずるずる同席するのも請求額がいたずらに増えるだけなので、先生にお伺いし、失礼しました。
勿論、図々しく居続けて、最後まで同席した分のお金を大学側に請求する事もできたわけですが。


数日間夜中まで準備しても、このように焦る瞬間とか、納得がいかないと感じる時はあります。ただし、過ぎた事はきっちり次回に生かして、早めに切り替えるしかない、と言い聞かせています。

幸いな事に、滅多にはないんですが。

例えば、仕事で失敗があった場合、「次が無い」場合という事もありますが、その場合は新しく開拓するしかないですね。


よし、また頑張るぞ!
[PR]
by wa-connection | 2007-10-11 01:26 | work