フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

夏を振り返ってみた

仕事が少ない夏は、やっぱり夏休みしてました。

●夏だけ開園しているムーミン・ワールド(Naantali)にも行ったし・・・

d0093885_3542115.jpg

スナフキンがお話をしている所。フィン語かスウェーデン語かなので、それ以外の言語の外国の人にはツライ

d0093885_3555370.jpg

ムーミン、フローレンなどがでてくるどたばた喜劇

d0093885_3563229.jpg

迷路。長男脱出成功。


●あとは、フィンランドの子ども達にはおなじみ、
マウリ・クンナス氏作品のキャラクターのフィギュアや物語の中のシーンがセットになってが展示されている「Herra Hakkaraisen talo」(ハッカライネン氏の家)

にも2回目だけど行ってきたし。
Vammalaという所にあって、ポリから車で一時間位でいけるのです。

d0093885_45575.jpg

外観はこんな感じ。意外と小さいですが、中は良くできてます。

d0093885_43415.jpg

直筆イラスト。キャラクター達がそれぞれ肖像画になってて可愛い
クンナス氏はヴァンマラ出身。

彼は、有名な文学作品を子どもにも分かり易く解釈しなおした作品も多く出してます。
アレクシス・キヴィの「七人の兄弟」も、犬キャラで再現。
今の子ども達が、7人の兄弟の名前を全部ちゃんと言えるのは、クンナス氏の功績によると言われています。それより上の世代は、本を読んでないと(学校などでも読まされるそうですが)覚えてません。読んでても忘れますよね、7人も居るし・・・

私も読めといわれて、まだ途中です~。

絵本の絵のキャラクターだけでなく、背景や建物、風景も、時代を考慮して、実に正確な描写がされています。

「カレワラ物語」もありますし、サンタクロースのお話も。和訳されてるものもありましたよね。
アルファベットを覚えるのも、マウリ・クンナスの本がクリスマスプレゼントでよく買われていたり。数の本も勿論出ています。
宇宙の話しも出てますし、、、何を出しても売れるといってもいいかもしれません。

しかし、翻訳版を買おうとすると、高い!
友人のドイツ人家族にお土産に買おうと思ったら、マウリ・クンナスの「犬のカレワラ」が47ユーロもする!
断念しました・・・

さて、彼はクリスマス切手などもイラストを書いたりしていますが、児童絵本専門ではなくて、こんなファンキーなコミックも書いてます。↓ 元はこっち路線だったと思うんですが。
私も借りてみましたが、60年代頃のロック・バンドなどの事を熟知して無いと、笑えない、分からない・・・くやし~!(あの頃に青春を送ってその時代の空気を吸った人だけが心から笑えるんじゃないかなぁと)
言葉もかなり崩れた口語です。 (「どこ?」のMissa"がMisa" と書かれていたりするのはまだ分かり易いかもしれませんが・・)
d0093885_49329.jpg



d0093885_4125742.jpg

騎士の部屋には、プラスチックの剣や騎士衣装セットなども置いてあって子ども達も浸れます。

地下の階には、昔の商店を再現したコーナーがあって、良かったのは、子ども達が自由に触って試していいこと。なかなかこうは行きませんからね。

あとは、ポリにTivoli(移動遊園地)が来た時も、2日位行きましたね、息子達を連れて。

d0093885_416254.jpg

観覧車からのポリの眺め。ここからは綺麗ですねー。

ポリ・ジャズもあったし、ラウマのクラシックコンサートにも行ったし、後はコテージにも週末だけじゃなくて何回か行ったし、屋外プールにも通ったし、友人を訪れたり、招待したり。
会えなかった友達もいて、残念だったんですが、結構、遊んだんだなぁ。
あの2ヶ月弱は、充電期間だったわけですね。

クリスマス&お正月までもうひと頑張りしなきゃ!
[PR]
by wa-connection | 2007-10-20 04:18 | finland in general