フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

Jouluまで2日。 

本番が近づきました。
フィンランドはイブが重要ですので、「あと二つ寝ると」クリスマス。
クリスマスのアドヴェント・カレンダーも窓が2つ残るのみ!

子ども達が(大人もね)待ち望むプレゼントはメインの晩餐後、各家庭で開けるようです。
遅くても20時ごろでしょうか。

下は去年の写真。子ども達もう緊張ではちきれそう。
サンタ「歯磨きしてた?お父さんお母さんの言う事ちゃんと聞いてた?」
子ども達「うん!」 ←・・・ほんと?
d0093885_622551.jpg

今回も、有料サンタさんを呼んでます。

お向かいさんのゴッド・ドーター(kummitytto")のパパ。
20~30分で40ユーロだから、安くは無いけど、子どもをできるだけ大きくなるまでサンタを信じていて欲しいというのがこちらの主流なので、安くていい加減なサンタよりちゃんとした人なら少々高くても払うという人が多いよう。(おじいちゃんやお父さん、親戚がやる家庭もあるけど、子どもが4歳以上だとやっぱりだませないですね、もう)

小学校に入ると、上の学年の子や、お兄ちゃんやお姉ちゃんが、サンタなんて居ないんだ、と教えてしまう事が多いようです。
うちの子もいつまで信じてるんでしょうね。

プレゼントは、私も買いました。11月~ずっとネットであれこれ時間を費やしましたよ。

夫には欲しいといわれていたものを4つほど。
本、CD、ネクタイ、ヤフオクで明治初期の浮世絵(役者絵)。←日本から送ったけど間に合いませんでした!なのでネクタイはその代わりに。長男とヘルシンキのストックマンで買ったので、長男の目前ではあけてもらっては困ります。一緒に買った!とばれると、サンタさんの話がおかしいな、と思われてしまうので。

子ども達には、パズル、日本昔話のCD(ビデオだと、画面に注意を奪われて言葉を聞かなくなり勝ちなので)、知育積み木、ウルトラマンのDVD, ウルトラマンの本、を日本から。二人に半分ずつか、共同のオモチャです。
フィンランドで買ったのは、
長男:トランスフォーマーズ・ロボット、手品が練習できるマジシャンセット(子供向け)、家族でできるボード・ゲーム、旦那が自分が好きそうなレゴを子どもに買ってました。 ←自分が遊びたいんじゃ?(疑)

次男に何を買ったか、、忘れました。彼は何でも喜びますんで。それか、お兄ちゃんの持ってるものが何でも欲しくなるか。
あ、カラー・ドー(小麦原料のカラー粘土?)セットと、あとなんだっけ、、、思い出せない。
多すぎだなぁと毎年思うんですけどね。。。

私は初めてのバイオ・ジェル・ネイルのギフト・カードをもらえる気配。あとは内緒です。
一ヶ月経ったらどうしよう・・・70ユーロもかかって、伸びた後の処理ができなかったら無残だし、また70ユーロ自分で払うのもお金が勿体無い気もするし。←こんな人はお洒落する資格はありません。 
実は一昨日、時間オーバーで駐禁とられまして。35ユーロも市に”寄付”しました。ジェルネイルの半額じゃないですか!勿体無い。
という訳で、しばらく節約モードです。無駄なものは買いません!

えーさて、気を取り直して。
d0093885_615458.jpg


さて、クリスマスといえば、ジンジャー・ブレッド。
スウィーツ(この言葉、日本で定着しましたよね)担当の夫は一昨日晩にジンジャーブレッドの生地を作って、冷蔵庫で寝かせてました。昨日子ども達に型抜きをさせて、焼きました。
今日はアイシング。 30枚ほどで力尽き、残りは明日。

更に明日はクリスマス・タルトも焼きます。
手裏剣型の奴にプラムジャムを真ん中に載せるもの、といえばごらんになった方はわかるのでは?
d0093885_6241929.jpg

↑オーブンに入れる前。
この生地はですね、さすがに冷凍パイシートを買って来ました、Voitaikinaといって、バターをたくさん練りこんであるんでしょうけど、クロワッサンと同じような生地で、手作りするとなると何十回も伸ばして重ねなきゃいけないので多分無理。子ども達が大きくなったら、いつかやってみてもいい、、かな!?

d0093885_6151549.jpg


今週初めに、クリスマスツリーも買ってきました。2,3日は外の物置に入れておいて、今日天井につかえないように余分な長さをのこぎりで切り落とし、リビングへ。

イブイブに飾り付けます。(明日か)子ども達にやらせてあげるけど、・・・つまりちょっとバランスの悪い飾り付けになります。手が届く所にしか飾れませんから(笑)
後でさりげなく直そうと考えています。

イブの朝にやっとツリーを買ってくる家庭もあるようです。それぞれの家庭の伝統ですね。
田舎には森を持ってる人も多いから、(知人の森からとか)そこから切り出してくる家庭も。
そう、日本では、山を売る、という言い方がありますけど、フィンランドでは森がそれに当たります。「持ち森」!?
買うなんて!というのが田舎でしょうか。

そのツリーは国産か、セルヴィアあたりのトウヒ、もみの木を夏からもう冷凍し、輸入してくる物も増えています。アレルギーの人にはこちらが肌に優しかったりするそうで。
生育8年もの前後が一般家庭には多いです。

うちは、天井がそんなに高くないので7,8年ものでしょうか。
吹き抜けのおうちはもっと大きくて素敵なツリーが置けますが、星をてっぺんにつけるのも大変かな、立てる前に付けとくのかも知れませんね。はしごも使ったりして。

そして、プラスチックのツリーが環境保護だと思い込んでいるあなた!実は違うらしいですよ~。その石油使用量、製造過程などを含めると、かなり自然資源を使ってしまうものらしいです。

環境問題って一筋縄じゃいかないですね。裏の裏があることが殆ど。知識を要求されますよね。

いやはや、あっという間にクリスマスになっちゃいました。 そして
ひたすら食べる3日間が24日から始まります。。

d0093885_6262083.jpg


これは義理の両親宅、去年のテーブルセッティング。ハムはまだオーブンの中でした。
メニューは、
GraaviLohi(塩とディルをまぶしたサーモン),
Graavisiika(同じく白身魚のスライスに、岩塩とディルで塩味を馴染ませたもの)、SavustettuLohi(スモーク・サーモン), 
Sillit(ニシン酢漬け、マスタード漬けなど), 
Rosolli(赤ビート芋酢漬けを使ったこの地方独特のサラダ),シュリンプ・サラダ、マッシュルームサラダ、
Ma"ti(ニジマスの魚卵に、タマネギみじん切り、サワークリーム、故障で味付けしたもの),
クリスマスの甘めのパン、ライ麦パン、南部群島地域の黒パン(Saaristolaisleipa"),などが並びます。
以上が冷たいまま食べるもの。
この後お皿を替えまして、温かいお料理に。

ミートボール(ヘラジカのミンチを使うのが夫の家では多いです)+クリーム・ソース
ボイルド・ポテト(子ども達にはマッシュ、、かな?)
3種のキャセロール(ポテト、カブ、ニンジン。どれも少し甘めで大好きです!)
そしてメインの豚肉の腿ハムマスタードがけ。

毎年、おなかがはちきれそうです。

そしてサンタさんを待つ時間へ。



前置きがながーくなりましたが、こういうわけで過程行司に縛られておりまして、お仕事も年末にかけて少しペースダウンしています。
[PR]
by wa-connection | 2007-12-23 06:33 | finland in general