フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

91回目の独立記念日 12月6日

d0093885_5204074.jpg

昨日は独立記念日でした。
d0093885_53844.jpg

フィンランド国旗は90周年(独立後に正式な国旗が出来た為)だそうでしたね。
大統領邸のレセプションは、今年も沢山の人が招待されていました。
私が一番みたいのは、一番最初のマンネルヘイム元帥から勲章を受けた人たちの入場です。
7年前は数人の入場が見られましたが、健康を害していて参加できない人も増え、そして亡くなった方も、、今年はたった一人だけ歩いて参加されていました。
寂しいです。
Sotaveteraanit(復員軍人)は今では6万5千人ほど全国に生存しているとか。
平均年齢は87歳。

日本はどうでしょうか?私の祖母も88になって、まだ生きてくれています。
先日骨折したようで、母はまた手術の手配、入院、付き添いや世話と大変なようです。
そして私は自分の事ばかりで忙しくて何ーにもできなくて役立たずです。

前までは大統領邸の様子の生放送を結構かぶりつきで見ていたんですが、今年はなんだか熱が冷めたようで、前半3分の1ぐらい見て、子ども達の寝かしつけ時間8時にはテレビを消しました。ちなみに、今年のテーマはバルト海でしたね。
出された軽食にもニシンがたくさん使われたりしていたそうです。

さて、一番上の写真は、ポリ中央教会に戦死者の記念碑および戦死者の方々のお墓がありまして、毎年独立記念日には教会でのミサの後、ここで独立を勝ち取る為に命を捧げた人へ敬意を称する式典があります。今年初めて行って来たのですが、復員兵の会、戦死者家族の会、ロッタ(女性たちで組織されていた後方支援の隊のようなもの)の会、教区代表、市の代表、国連ブルーベレー隊など、様々な団体が自分達の旗を掲げ、十字架に献花と短い挨拶をしていました。
あとで声をかけられて気付いたのが、次男のGodfatherがブルーベレーの旗持ちでしたよ、、、そういえばよくこういうのに出てるらしく、奥さんが時々ぶつぶつ言っています。またいないのよ、って。いい事なんですけどね、飲んだくれて不在なのに比べたらずっと。

終わり近くにポリ男声合唱団が一曲歌ってくれ、前日の独立記念日前夜に同教会でのコンサートを逃した私には嬉しいひと時でもありました。長男も連れて行ったのですが(次男はスイミングに夫と。長男は兵隊さんが見られるときくと「行く!」)終わってから行って良かったねと何を感じたのか言っておりましたよ。

この日は、多くの家でちょっと普段より改まった食事などをするようですが、うちはシャンパンを開けて、3種のオープンサンド(虹鱒のイクラとサワークリーム、トリュフ入りフォアグラ、そしてスモークサーモンに西洋わさび入りチーズペーストを塗った2段重ねの寿司サイズ)をしました。あと以前頂き物で2年ほど眠っていた乾燥キノコのクリームベーススープ。
デザートは例のメレンゲのお店から買ったメレンゲで旦那が飾りつけたケーキでした。
d0093885_5304550.jpg

d0093885_531459.jpg



フィンランドが国家として91歳、おめでとうございました。
日曜日はすっかり普通の日の雰囲気でした。
d0093885_54221100.jpg

義父が、私達に「絶対最初のクリスマスの花だろうと思って。最初の人は覚えてもらえるらしいから!」と持ってきてくれたアマリリス。もう花が二つ咲き初めです。クリスマスまで最後のが持つといいな。
[PR]
by wa-connection | 2008-12-08 05:38 | finland in general