Arabia Oma-sarja lautanen22cm mustikansininen

arabiaからでているOmaシリーズのお皿。
クリスマスプレゼントに数枚もらいました。

実家から送って貰っていた和三盆のお干菓子をいくつか懐紙なしで。

ブルーベリー・ブルー(mustikansininen)という色のガラス。
Omaシリーズのデザインは若手ながら既にあちこちで引っ張りだこの
Harri Koskinen。

22cmは大きめですが、デザート用に主に使うと思います。
アラビアなので、(イイッタラ・グループだけど)アラビアのシールがしっかりくっついてました。
でも透明シールでロゴ色がお皿と同じだった為、最初気付かずに食器洗い機で洗ってしまったんです。
熱で糊部分が固まってしまったかと焦ったのですが、何とかきれいにシールをはがせました。フィンランドで(i)シールがついたままの食器を使う家庭が多いのですが、未だに理解できないナゾです。
イイッタラって分かるのになんでだろう?

あと日本語でイッタラと表記されている所がほんとに多くて、すっきりしないのです。
インテリア物の記事を書いたときも編集部でイッタラに修正されましたがな。。。

バイオリンとヴァイオリンどちらを使われますか?BとV。
Iittalaもイイッタラかイーッタラか。
主観が色々入っております。
私も自分の苗字が表記としては間違っているかもしれません。
苗字にVの文字が入っていますが、バ行の文字として戸籍にも登録してあります。
夫が日本にいた時代に全部それで通してたのもあったんですけど。
こういう方、他にもいるんじゃないかな。

■  [PR]

by wa-connection | 2009-01-10 00:36 | finnish design | Trackback

トラックバックURL : http://japani.exblog.jp/tb/9180129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ポリ市での教育現場視察の計画  氷の花(jääkukka) >>