フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

究極のフラワーアレンジ―世界のトップフローリスト10人が教える (エクスナレッジムック)

出ました!(Amazonなどでも販売)
d0093885_1982073.jpg


3月から交渉を開始して、取材は5,6月。
執筆は年明けからすぐ一ヶ月ぐらいのやりとりで。
フィンランドの大物3人の作品と取材です。
ヨウニ・セッパネン(キミ・ライッコネン結婚式とか、元ミスのカリタ・マッティラの結婚式も担当。蘭の専門家としても知られてます。チベタン・スパニエルのブリーダーもしていて、自宅には30匹をくだらないワンちゃんがいました。)
エリゼ・アンッティネン(ミカ・ハッキネンの結婚式とかイベントのフラワーコーディネート多し。 ユーロ・ヴィジョンの花関係も彼女がやったとか)
ピルヨ・コッピ(国際コンペでペアを組んだティーナさんと優勝や上位入賞経験多し。イベント、結婚式など多数。昨年、彼女のアレンジメントを表紙にした別の雑誌社からのフラワーアーティストの本も出てます。取材自体はうちが先でしたが、本はあちらが早かったのでした。)

の3人で、ヨウニさんが師匠で、二人はそれぞれ弟子やパートナーだった時期が数年あります。
フィンランドのフローリスト業界も狭くて濃いですね。

ヨウニ氏は、ヘルシンキのルーネヴェリンカトゥにある、Runeberginkukka Dan Wardに行けば時々見られるかもしれません。ご本人は店頭には出る時間が殆どないのでフィンランド・カップ優勝者などのお弟子さん達がブーケを作ってくれるそうですよ。

あとの二人は、アトリエを持っていて、ショップはありませんが依頼すれば個人向けにアレンジもしてくれます。

撮影は、プロでは有りませんが、玄人はだしの知人の方に(さちこさんを通じて)お願いし、私は取材と執筆のみやっています。正直、もし写真がもう少し上手だったとしてもこれはカメラマンを立てないと不可能な仕事の濃さでした、、。

1995円もしますが、もし宜しければぜひどうぞ~!

私は他国の有名フローリストの作品を観るのが、楽しみです。
へぇぇ、というアイディアが色々あって、素人でもすぐ取り入れられそうなヒントをたくさんもらいました。

売上が伸びてほしい事情(製作に普通のムックよりかなり費用が掛けてますから)もありまして。
心苦しいんですがお花好きなご友人にも薦めていただけたらな、とおもっとります、はい。(汗)
[PR]
by wa-connection | 2009-02-27 19:10 | work