フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

muskari (musiikkileikkikoulu) 子供向け音楽教室

d0093885_23455012.jpg

赤ちゃんの習い事で3ヶ月ぐらいから、スイミングだとかムスカリという言葉がよく聞かれるようになるんですが、まぁ7,8ヶ月ぐらいまではどちらかと言うと親の自己満足ですよ(今になっていいますが、私はそうでした!)。

1歳、2歳、と物心が少しずつ付くにつれ、特に音楽が好きな子ども、リズム感がある子供など色々個性が出てきますね。

うちは、上の子には3ヶ月から1歳まで一緒に音楽遊び教室に通いました。
下の子にはそういう時間が取れなくて、運動もどきを1歳から3年位、去年からは、長男、次男ともにTelinekoulu(よりジャンプや跳び箱や鉄棒などが遊びに混じる。長男のいる5-6歳児グループは既に子ども達+指導者たちで、前転、側転、助走をつけてのジャンプ、平均台での動きなど結構やらせる)体操サークルのようなものに通わせてます。

長男は、前も書きましたが上に加えて柔道と剣道(両方とも、まだ遊びが主体ですが)。
次男は体操に加え、音楽教室、そして剣道、土曜日朝に水泳。4つもあったのか・・・

二人とも全日保育じゃないので、まぁいいかなぁと。親は言い訳しております。
次男は、秋にサッカーを始めるなら、体操をやめることになるでしょうね。できるのかなぁ、、ちょろちょろ落ち着きが無いタイプみたいだし。

運動系ばかりだった次男にも、文化系をなにかやらせてあげたかったなぁという罪悪感がずっとあったんですけど、姑が年明けに、「空きがあるらしいよ!」とパルムグレン音楽院の音楽教室の広告を見せてくれました。

ここの音楽教室は赤ちゃんのレベルから既にウェイティング・リストができるほど人気があります。
というのも、どこの国の親もでしょうけど、学齢に達する頃から本格的に楽器関係(声楽もありますね)をこの音楽院で習わせたいと言うことで、小さい頃から入っていればよりテストに合格し易いのでは?という親心=思惑ですね。

ピアノやヴァイオリンはやっぱり多いですし、3歳ぐらいからなら、こうした歌や楽器に親しむ音楽遊び教室(musiikkileikkikoulu-略してフィンランドではムスカリと呼ばれることが多いです)から入るようですね。
d0093885_23521683.jpg

1月の初回、今まで音楽教室に行ったことがないので、と見学させてもらいました。
それが上の風景。
写真右端にある、小さなカンテレも順番にポロン♪と触らせてもらっていましたよ。

3歳児のクラスで、4-5名。保護者抜きで40分間。
子ども達が、鈴やタンバリン、トライアングルなどで合奏もしていました。「雪だるまの歌」かなにかで、順番に合図があったら鳴らすというものでうまいなぁと感心しました。

その間、ママたちは廊下の椅子スペースで情報交換やらお喋りやら。
私も何とか参加してます。(いやー結婚前と比べて10kg太ったとか4サイズ今と違うとかツライ話題もあって。あと乳児健診で体重が少なすぎると保健士にいわれたとかで、自身も看護士のママさんが文句ブーブーでした。)
ダイエットの話題ですが、二人ほどが産後余分な贅肉が残ったようで。(←私もです!)

ずーっと聞いていると、それぞれの性格や力関係らしきものも見えてきますんで面白いです。
人間ウォッチャーか?私は。上の看護士さんは性格がきつめですね。失言しないよう、
要注意です。はい。

40分というのは、買い物を済ませるのもちょっと中途半端な時間だし、今度溜まった新聞でも持っていこうかな。(適度に話題には参加しつつ。虫がいいですかねぇ)


習い事関連で言うと、次男は今年ひよこ組に行けるときは通う事になりました。
第一回の今週末はいけないんですけどね。

ヘルシンキにある、日本語補習校のスペースを使って開催されている4歳児~のクラスです。
隔週開催で、こちらの都合が付くときだけなので、年間で3分の1もいけないかと思いますが。
長男も7,8回かなぁ、当時楽しませてもらい、でも日本育ちの子達やしっかり毎回通ってる子に歯が立たなくてひらがなカルタで負けて泣いたりしてましたっけ。
幼稚部からは毎週で、とても長男は通わせてあげられませんでした。
家でたまーにかたかなとかひらがなの書き方とかやってます。
数ヶ月ほったらかしでしたが、またしまじろうのワークブックを思い出したように出してきたのが先週。
これをチャンスに一日おきに色々やってあげたいと思います。(3月殆ど子育てできなかったんで)

長いですが、最後に。
昨日は、子ども番組(国営放送系チャンネルの夕方の番組、小さな2番と言う意味の、Pikkukakkonen)ででてくるTuttiritari(おしゃぶり騎士)のコンサートに行ってきました。。。
PSYLという中高の体育館一杯になるほど、数百名の家族連れで大盛況。
私達は前列(と言っても座り込んでますが)で。従姉妹達も一緒で、息子たち楽しんで踊ってました。
こういう巡業も大変だろうなと思った次第です。
d0093885_0573447.jpg

d0093885_058337.jpg


土曜日は午後最初に次男とムーミンのコンサートも行って、夕方からはポリ劇場で子供向けにアレンジしなおした「カレワラ叙事詩」を観て非常に楽しませてもらいました。これについてはまた今度。
[PR]
by wa-connection | 2009-04-03 00:32 | kids