フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

カテゴリ:music( 13 )

ヘルシンキから戻りました。
d0093885_19262187.jpg


今回はやっとJAZZファンなら必須、ヘルシンキのあのDigelius詣でに行けました!ああお財布の紐が緩むのをなんとか我慢して(今回はね)。
d0093885_19262991.jpg


オーナーにはポルヴォーで夜会えましたよ。
ちょうどネットからJukkaEskolaのボサノバ新作も買っちゃったし。
d0093885_19262719.jpg


こういうのも欲しいな、、、
(どこに貼るかはさておき)。

夫はLPのオーディオセットを夢見ております。いつになるやら、、、

そしてPoriの家に戻ったら。
↓になってた。あーもう!
d0093885_19262575.jpg

[PR]
by wa-connection | 2013-09-16 18:53 | music

1st Porvoo Jazz Festival 2013

d0093885_2332899.jpg

So I've heard about this newest & Finnish 'cosiest ' festival from the art director and wonderful drummer André Smelius first time in August when I contacted him asking about one of his bands “Tonight at Noon”.
At that time I thought, "Oh, sounds pretty nice though we won't make it, it's so far from Pori and we've got boys."

d0093885_2252196.jpg


And one month later yesterday, Porvoo, there we were!

I planned this for my husband secretly and he did not know until one hour before we leave for Porvoo!

Courtesy visit to the said-to-be father of Finnish literature and poetry. 
Hullo Mr. Runeberg.

We've got a child sitter for boys, thanks to our older son's god parents and their daughter.
Tickets, yes. I booked tables for two of us from Restaurant Timbaali and Zum Beispiel.
d0093885_22523398.jpg

First we went to eat restaurant Timbaali. AND enjoyed live jazz by Cesar Joaniquet trio. This is the feeling we like.
Cosy, relaxed and good swinging music accompanied by good food and someone to share this with.
Double base and drum played by Finnish musicians.
Always we get to know new players' style and music. We liked the way Jori Huhtala from Jyväskylä played double base very much! Brilliant solo.
Cesar’s sax sounded charmingly and my husband wondered does his style resemble younger Sonny Rollins or not. (just meaning positive, no offense!)
Sorry, I forgot to ask Mr. drummer's name... Fortunately we could listen to him at jam session later.

d0093885_22524956.jpg

Timbaali is well-known with their escargot-dishes. Pity that Markus Aremo's menu was not available anymore.

d0093885_22525291.jpg

d0093885_22525610.jpg

d0093885_22531857.jpg

In Finnish, “hyvä miljöö” (nice surroundings).

d0093885_22534790.jpg

Hubby chose Tarte Tatin with pear sorbet, if I remember right.
Looks yummy.

d0093885_225443.jpg

Mine, I was starving before coming here. After this rich chocolate dessert, I was quite satisfied.

d0093885_22544998.jpg

Venue: The Grand.
Address: Piispankatu 28, Porvoo. Just beside the bus station.
Art director himself speaking before the concert starts.

d0093885_2255345.jpg

First programme was KVR (Kannaste, Viinikainen and Riippa), though guitarist Viinikainen had fever and Mikko Helevä (soon Dr. Hammond Organ!?) came to cover.
K"H"R for one night?
We have the CD of KVR so the style was close but a little bit different since Jussi Kannaste decided to perform ballads from the beginning till the end.
Why not, I love ballads. Joonas Riippa used varieties of different instruments including Mokugyo (the wooden fish that Buddhist monk uses while chanting a sutra monotonously). At the same time when he used wooden fish, my mind was taken back to the scenery in my childhood. The feeling of scents and chanting in the temple, with visual memories from childfood of mat-golden statues…. In one moment the sound of Hammond organ took me to the universe…

We liked it!
Especially I liked the song Jussi Kannaste composed in NY, “My darling, New York”. He said he took a slight distance from Finland last year for a few months.
My husband said “quite understandable”. (oh, well…)

During the creative break in between, we bought 2 CDs from Digelius' owner.
One is of Riitta Paakki's first CD. We've got her Onion , this was reliesed much earlier. She is a talented jazz pianist and very charming small lady though she plays powerful music, too.
I once had chance to talk to her at Kulttuuri Kulma (live houose in Pori) when she came to cover someone else. "Silla sipuli" is my favourite.
Another one is André Smelius' own CD.
Cannot wait listening to them at home.

d0093885_22553357.jpg

Second set was Spanish duo of Perico Sambeat (sax) and Albert Sanz (piano). Piano is my favourite instrument on jazz, too. Naturally I enjoyed a lot this time!
I’m so jealous that people can play so well…and so they are so young, too.
Last two tunes were then joined by André Smelius (dr) and Antti Lötjönen (bs).
Our 8yo boy liked the drumming of Smelius at Pori Jazz Festival free consert and he started drum lesson this fall. And our older son maybe starts saxophone lesson if everything goes well. Tonight at Noon did affected him.

My husband said Perico Sambeat played so lyrically that the difference from younger generation (more energetic) was noticeable but at Jam Session Sambeat from Valencia also showed his energetic part with Manuel Dunkel for instance!

d0093885_22564620.jpg

Right after the concert of the Grand, we headed for Zum Beispiel where jam sessions were supposed to be held.
d0093885_2257466.jpg

d0093885_22572518.jpg

d0093885_22582014.jpg

There our table is in a good place as was promissed to follow jamming, however, all the time there was a queue to order food and drinks in front of us! Next time I will choose and ask different place, I learnt something.

d0093885_22583079.jpg

There Manuel Dunkel joined, Timo Lassy was waiting but we had to leave to catch the bus (0:00 from Porvoo). We cannot get everything at one time.
Wonderful day.

I could say that the Zum Beispiel was one of the most jazz-musicians’ concentrated place per square meter in Finland at least yesterday. We don’t remember when we were following jam sessions last time. Have I ever been to jam session? Probably not.
11 years have passed with kids.
I chose this festival partially because of my own taste which my husband pointed out, but both of us enjoyed a lot. Next time, we can take boys to the warm-up and the main concert. Jam session itself can wait for a while.

Porvoo Jazz Festival, last long and prosper!
(and be the better one than Pori Jazz Festival, which is nowadays too big to be cosy.)

Thank you for those who organised all this.
This was a rare occasion when we could eyewitness the birth of new sophiscated jazz happenning!
[PR]
by wa-connection | 2013-09-15 07:33 | music
ポリにも、市のお抱え楽団がありまして(みんな補助金もらいつつでお給料も高くないし大変なんだろうな、、)、
夏はお休みですが、9月からまたシーズン開始です!

Pori Sinfonietta

今月は、Pekka Kuusisto(有名な若手ヴァイオリニスト)、Iiro Rantala(ジャズピアニスト。子供向け映画でも曲を出したり、ポリ・ジャズ・キッズにも来てくれてた、ファニーフェイスで面白いお兄さん)、来月はチェロ協奏曲、美術館で土曜日の午後に室内楽(ヤナーチェックがプログラムに!「1Q84」読んだ人はピンと来ますねー)、と盛りだくさん。

実は、イーロ・ランタラのピアノを聴いてみたかったんですよ、クラシックだと彼、どうなのかなと思って。
そしたら、、何と今日シンフォニエッタのサイト見たら、病気のためキャンセルって、、、がっかり。

はぁぁ、、、全然聞いた事のないロシア系のピアニストのお姉さんが代役で弾きに来てくれるそうですよ。
モーツァルトのピアノコンチェルト、、、

仕方ないか。
かわりに本領発揮、1992年の彼のPoriJazzでの演奏を聴いて口直しする。
Trio Töykeät
http://www.pori.fi/sinfonietta/index.php ここからリンクに飛べます。ブログに映像が貼れなかったので、すみません。
あとYLE TEEMAチャンネルのネット版で、”Iiro Irti”(思い切り意訳:「イーロ全開!」なんちて。直訳と違うとか言わないでね、私こういう訳し方好きなので。ヤパニ(Japanのこと)さんという姓名の人が居たら、”あえて”「大和さん」と訳したくなるひねくれ者ですから)という番組があり、そこで偶然、超・有名指揮者サラステさんと弾いている場面が見られました。3週間位、再放送後に見逃した人のために見られるようになってるようで、こういうの助かりますよ。

一応、一枚彼のCDも持ってます。
まぁ、彼よりいいな、と思ってるジャズピアノストも居まして、これは女性で、
すごくいい感じ!夫がCD買ってきて知りました(彼はTEEMAチャンネルで今年前半にやっていた北欧ジャズシーンに関するドキュメンタリーを見て知ったらしい)。

Riitta Paakki(リーッタ・パーッキ)という名前で、トリオやってます。
この人、もっと人気でますよ!

Riitta Paakki Trio

上のMy Spaceの彼女のリンクからCD onionの曲がいくつか聴けますので是非どうぞ!

Joona Toivanenもいいなと思いましたけど、名前の上ではもっと知られてるLeni-Kalle Taipale(レニ・カッレ=タイパレ)はそこまで好みじゃないです。うまいけど、、、ん~。
やっぱり好みって分かれますね。

日本人ジャズピアニストでは山中千尋さんもいいなーと。

趣味の音楽の事書いて、興味のない方にはは~?と思われるでしょうが、お許しを。
長男がもっとドラムのレッスン進んだら、家で二人でデュオなんてできるかも。てことは、次男をコントラバス弾きに育てなくては。いや、管でも勿論。トランペットとかサックスとか、、むふ。
かーちゃんも練習し手もっと上達しなきゃ!(素人レベルですから)
[PR]
by wa-connection | 2010-09-19 06:45 | music
11月末に、姑とポリでポリ交響楽団の演奏を聴いてきました。

客演で、指揮者はフィンランドの巨匠の一人、ラルフ・ゴトーニ氏。ポリのお隣、ラウマの出身です。
(現在はヘルシンキ拠点かと思いますが)

彼はピアニストであり、腕前も素晴らしいのですが(ゴトーニ氏のシベリウスは、小品も含め、泣けます)、指揮者であり、作曲家でもあります。(すみません、彼の作曲は実は聴いた事は無いのですが・・・)

今回プログラムは二曲。(曲数少なめできましたね、、3曲を期待してましたが)

ベートーベン ピアノ・コンチェルト第3番  弾き振り

シューベルト 交響曲 第6番


ピアノ・コンチェルトの3番は日本であまり有名じゃないかもしれませんね、
でもとてもベートーベンらしい骨太な大作です。他の作曲家ではありえない
旋律(と勝手に私は感じています。やはりドイツですなぁ)、ガッシリとした
骨組みながら血肉となる部分が繊細でスムーズでもうとろけました。

ポリ交響楽団は、一流オーケストラではないかもしれませんが、こじんまりとまとまった、
個々が才能ある奏者達で構成されていると思っています。(ベルリンフィルなどには比べられませんが、、)
女性も多くて北欧らしいです。
コンサート・マスターは20代後半と思しき男性、第一ヴァイオリンの中にご近所さんがいます。(ルーマニア人で、自分の楽団も結成してて、娘さん達がピアノとヴァイオリンの若手演奏家)
で、このオーケストラが、ゴトーニ氏の指揮で隅々まで余すことなくもてる力の全てを発揮し、素晴らしいひと時になりました。
私は第一楽章(下でも聞けます)の弦楽器で始まる長めの主旋律の出だし、ピアノが入って両手で主旋律を強調する所、そして第一楽章後半から、鍵盤を低~高音まで行きつ戻りつする部分(ピアノソナタでもよく出ますが)とか、好きなところがたくさんありました。

第二楽章で盛り上がり、ロマンチックにまとまり、
第三楽章で、どことなくバロック的な出だしでピアノとオーケストラが合わさり、
大きな波になっていく。ピアノと互いに音を紡ぎながら最後に向かっていって、、

いやもう、心臓わしづかみでした。
しかも弾きながら指揮。
一粒で二度美味しい、ですか?(表現が貧困ですみません)

レストランに行って、いきなり煮込み料理のメインにボルドーかスペインの赤が出たような気分でしたよ。

こちらにルービンシュタイン80代後半の演奏を貼り付けます。
彼も大好きなピアニスト(母の影響です。若い頃クラリネットをやっていて、音楽全般が好きで。スピーカーのセットも、家に不釣合いな一枚板で作った大型のがありましたっけ。あれ湿気でだめになったんですけど、勿体無かったなぁ。そういえば、私の子供時分にソニーの555もへそくりで買ってましたっけ。あれも音が良くて良かったなぁ。やはり苦労してでもヘソクリはするべきですね。決心。)

ピアノコンチェルト 第三番 第一楽章


宜しければ、第二、第三楽章もどうぞ。

そして休憩時間。

市の補助金などで何とか経営が成り立っていますが、定期コンサートには、やはり人数が少ないようなのですが、この日は巨匠って事で結構人が入っていました。
お茶やケーキも喉を通らないほど胸いっぱいで。
席に戻って(前から5列目を取ったのです、うふ。咳が出たら、と最前列付近を取る勇気はなかった)

そして二曲目、シューベルトの交響曲第6番。

アダージョからアレグロへと進みます。
最初はドーンなのですけどね。

これも2,3,4楽章とありますので、お時間が有る方はどうぞ・・・

この曲、当時ウィーンに吹き荒れたロッシーニ旋風にかなり影響を受け、ベートーベンらしさ(スケルツォでベートーベン・チックに執拗な繰り返しが入ったり)も盛り込んだ、シューベルトが作曲家として独り立ち(お金が何とか入ってき始めた)頃の作品だそうで、いかにもイタリ~な軽やかさもある緻密に設計された感じでした。プリンチペ~(王子さま)♪。
・・・と誰に向かって叫ぶんだ私は。
Cの長調だし、明るいですね。

シューベルトの短調も大好きですけど。

この曲は、木管楽器がソロもあり、大活躍です。でもフルート第一さんがちょっと音が裏がえり気味だったようにも思いました。気のせいだと思います、恐らく。私そこまで聴力は良くないので。
第4楽章まであり、30分程の演奏。

味わいとしては口解けの良いスフレを口に含んだような。(特に第二以降)

とはいっても、こじんまりしてもやはりシンフォニー。
改めて聴くと、そこまで軽いわけでもなく、しっかりと中身のある素晴らしい曲なのですが、しかし、一曲目で昇天してしまった私は地上に戻るのに時間がかかりました。
昇天したまま、天上の音楽を聴いていたような心持ち。

なんといいますか、最初にメインを食べてしまい、、口直しが来て・・・
このほうが消化は良かったのだと思いますが(音楽の頭とココロでの消化)、
やはり美しい曲線で徐々に盛り上がり、メインを迎えたかったよう気もしました。
贅沢な我が侭ですね、きっと。

ピアノは改めて男性の為の楽器だと。(あの大きさだし!)
同じ位の体格があればいいですね、女性でも。しかし特にアジア人女性ピアニストはスタイルもうるさく言われるから皆細くてキレイ系で腕も折れそうな・・・(汗)それで鍵盤だけじゃなくて、底につながってる弦を鳴らす所まで音が引き出せるのかというと、腕と肩のトレーニング、必須ですね。
フジコ・ヘミングさんは面白いですけれど。

あ~それにしても、地元でも素晴らしい演奏を聴く事ができて幸せでした。
クラシックを語れるほど理論をきっちり勉強しておりませんので、あくまで主観に拠って書いています、あしからず!

るんるんさん他、詳しい方、お気づきの点に関して訂正をお願い出来ればと思います!


ちなみに、巨匠は、とっても若い魅力的なヴァイオリニストと再婚してます。(エリナ・ヴァハラで、ラウマの室内楽フェスにも毎年来ています。)
息子さんと同じ位の年。
やっぱり若い人とくっついて、エネルギー吸収して創作意欲を盛り上げなきゃ♪
ルービンシュタインのようにあと30年現役で頑張っていただきたいと思います。
[PR]
by wa-connection | 2009-12-06 08:27 | music

Five spot after dark



ああ、旦那がよくいう「僕は生まれるのが遅すぎた」がわかるなぁ。
こんな演奏、生で聞くことが出来た人たちがいたなんて、羨ましすぎる!!

たまたま村上春樹の「アフターダーク」を読んで、懐かしくなって検索したらいるわいるわ、コメント欄は
ムラカミファンだらけです。英語、スペイン語、フランス語、、色んな言葉に翻訳されてるのね。

私自身は、ムラカミ両氏のファンと言うわけでは有りませんが、手に入れば読みます。

別にYouTubeで、1959年の音源をまとめたのがありまして、これもいい。50年前がどれだけジャズ・シーンで華やかだったかが良く分かります。


これらも持ってるのばかり。(殆どCDだけど)
アナログでは雑音が、、という人が稀にいますが、その雑音がいいと思う。
その場の張り詰めた空気が伝わってくるような気がするし、なにより「生の音」だもん。
子ども達が大きくなったらレコードプレーヤーを買いたいねぇと話して数年。
まだまだですな。

今、ジャズで本当にすごい人(若き日のマイルスのような。そして往年のルイ・アームストロングのような。エラ・フィッツジェラルドのような!)ってそんなにいないよね?
うまい人ならいますが。

巨匠たちはもう殆どいない。
あちらの世界でジャム・セッションしてるんだろうか。

まぁ、嘆いてばかりでも仕方ないので、生きている人でうまい人をちょっと集めてみようかと思っています。
日本人のジャズピアニストももっと知りたいなと。

ピアノは確かに男性的楽器で、クラシックの大作など、女性では物理的に太刀打ちできない
ものが多いですけど、(手の大きさ、指の開きからして足りない事も多いし。でも女性ピアニストは外見を求められてキレイじゃないと売れないってことも多いし。間違っとる・・・)同じ曲でも女性、男性でまったく響きも音量も違う事もあるし、、、コンサートホールではピアノの大きさにみあう体格、筋肉は必要だなと)
でも、ジャズは、女性もうまい人がいて、そして似合うとおもうのです。スパゲティ・ストラップのドレスで退廃的な肩のラインなんかいいですね。ピチピチで、フレッシュな若さは似合わないのよ!

様式美でいいますと、タバコは普段は嫌いですが、ジャズ・クラブでの葉巻の紫煙なんて、最高ですね。
バスの弦の響きがびんびん伝わる位の近さで聴きたいなぁ。
ああ、長らく行ってないなぁ、そういうところ。

こちらは1960年の(ビリー・ホリディが亡くなったの59年だった)、Waldronの(彼の弾いたのじゃなきゃだめ)
”Left Alone”



ちなみに、先週はベートーベンとシューベルトに浸っていたのに、今日、またジャズにはまってしまいました。
クラシックの巨匠についても書こうとおもっていたのに、試験の採点や仕事で忙殺されておりました。
そういえばオペラのことも書いてなかったなぁ。
やはり理屈抜きに愛しているのはジャズです!!

ポリジャズ、来年はどうなるんだろう。(アート・ディレクターが変わって一回目となる。若手イケ面氏になるけど、彼はヘルシンキのFlowもプロデュースしててそっちの雰囲気だと純ジャズにはならないな、まず)


BGMですが、車で出かける時、好きなCD選べと夫に言われて、↑上記のようなリストをあげると「眠くなるからだめ!」と却下される。
事故になってはいけませんからね、ヘルシンキに行くときなどは元気なロックやサザン、ジブリの音楽や、むかしばなしやなんかを持っていくわけです。

でも家にいる時は一日中ジャズをかけていますが。(夫が特に。アイロン時も、料理時も。)
この時期、ジャズは良く合いますよ。
暗いフィンランドの晩秋にもいい点はあったのだ、むふ。

とにかく、これ以上YouTube貼り付けるとあまりにうるさいのでやめます。
今晩は語ってしまいました。
[PR]
by wa-connection | 2009-12-02 06:08 | music
Rauma Festivoに今年も行ってきました。
Festivoは小規模な一週間にわたる室内楽フェスティバル。ラウマにぴったりです。
サイトはこちら。

Rauman Raatihuone(町議会が機能していた場所) 市場の前に建っています。こじんまりして素敵。
d0093885_5245049.jpg


でもね、夫と長男がコテージに魚釣りに泊まりに行っていたので、急に思い立って今日しかない!とシッターさんに急遽お願い、引き受けてくれたので夜”一人で”行ってきましたよ。

あ~シアワセだった。息抜きは必要です、はい、絶対。 夫をご存知の人、内緒ですよ!

夫が余りクラシックに興味を示さないので、、、去年は一緒に来てくれたんですけどね。今年は
忙しくてちょっと無理じゃない?で終わり。

Festivoは今週日曜日まで続きます。今年は25周年だったかで、初代芸術監督の巨匠Ralf Gothoni氏もピアノを3つのコンサートで弾くとか。 彼の演奏を聴いてみたかったです。CDは2枚ほど持っているんですが。
マンション(Kartano)でのスパークリング・ワインやスナックが出るアフタヌーンコンサートもあったりして優雅です♪

私が行ったのは、ラウマ大聖堂のコンサート。
駐車場が離れてたり、最初間違った所に行ったりして(勘違いです)一曲目の途中に到着。二曲目から入場しました、アホ。。。
しかも、もうチケット係の人が不在で、二階に20ユーロを握り締めてうろうろ、着席した所でバッチをつけた人を発見。その女性に近づいて、「ごめんなさい、遅れてしまって。。今払っても良い?」と質問したらtoiminnanjohtajaだった(イベント代表ですね、)、、、恥ずかしい。しっかり20ユーロを担当者に取り次いでくれました。

もう満員御礼で、二階の席に行きましたよ。音は良く聞こえるけど、演奏が見えない。
d0093885_533364.jpg


休憩後、一階の最後列に立ち見で陣取りました。
Ralf Gothoniの息子さんで、現在の芸術監督であるMark Gothoni(ヴァイオリニスト)
と結婚されているチェリスト水谷川優子さんも常連です。
d0093885_5464380.jpg


プログラム。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Felix Mendelssohn (1809-1847)
Sinfonia jousille No. 12 g-molli
I Fuga Grave-Allegro
II Andante
III Allegro molto

Johan Sebastian Bach (1685-1750)  ←この二楽章は絶対誰でも知っているはず。
Konsertto kahdelle viululle d-molli BWV 1043
I Vivace
II Largo ma non tanto
III Allegro

Solisteina:
Elina Vähälä, viulu
Mark Gothoni, viulu

* * * * *

Antonio Vivaldi (1678-1741)
Konsertto kahdelle sellolle g-molli RV 531
Allegro
Largo
Allegro

Solisteina:
Marko Ylönen, sello
Yuko Miyagawa, sello


Edward Elgar (1857-1934) これ聴きたかったんです、良かった。
Serenadi jousille op. 20
I Allegro piacevole
II Larghetto
III Allegretto

Gustav Holst (1874-1934)
St. Paul´s Suite op. 29 nro 2
I Jig
II Ostinato
III Intermezzo
IV Finale, "The Dargason"
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

楽団は、EU室内楽団。 とてもとてもレベルが高かった!
シルクかベルベットの手触りのような、そして技術の高い奏者達の音が乱れることなく
合わさり何倍にもふくらみのある音となって教会内に響き渡っていました。
うまいってこういう事なんだ、と改めて実感。
弦楽器って、下手だととてもじゃないけど聴いてられないガラスを引っかくような騒音でしかないと思うんですが、(特にバイオリン)美しかったです。

一つ残念だったのは、この日しか行けなかったのでしょうがない事なのですが、
私が一番好きなのはピアノ。なので、ピアノがテーマの日に本当は行きたかった。
が、贅沢は言えません。また来年、かな!?

シアワセ気分で帰路へ。21時過ぎで、まだ明るいです。

ラウマ大聖堂。
d0093885_5535770.jpg

ラウマもサマージャズ、そして今回、とそれ以前にも何回も行っているので、大分詳しくなりました。
市場には今年から雨避けの屋根が建設されて、地元新聞でも賛否両論だったんですが、それがこれ。

d0093885_5544322.jpg

ポリにはこういう屋根は無いですから。高い屋根で良い感じですが、景色がさえぎられる。正面からはRaatihuoneは見えなくなりましたねぇ。

世界遺産のラウマ旧市街はとても素敵。何度歩いても飽きません。
石畳の細い道と小さなお店たちがポルヴォーに少し似ているかな?
でも西海岸地方なので、坂道は殆どありませんけれどね。
[PR]
by wa-connection | 2008-08-07 22:22 | music
今日アリーナの初日行ってきましたよ~!
何がって、やはりジャズの中の伝説の一人、チック・コリア達をみるために。
はい、アップです。3列目に陣取ったから音がすごかったです。耳栓忘れた。
d0093885_558427.jpg


フュージョンはあんまり好きではないんですが、指捌きがすごいって母からも聞いてたりしましたんでね。。。

↓ハエのように群がるカメラマンさんたち。超・望遠レンズでフジ、ニコン、キャノンをぶら下げた人たちが数十人。
d0093885_601052.jpg

25年ぶりに再結成されたReturn to Forever.

メンバーは
Chick Corea(p)
Stanley Clarke(bs)
Al Di Meola(gr)
Lenny White(d)

アル・ディ・メオラさん、ギターなんですが、すごかったです。ギターがないてましたよ。
夫は彼の昔のテープを持ってるというんで、今度聴き比べて見ようと思います。(テープってところが夫の性格が出てるね)
オリジナル・メンバーのベーシスト、クラークさんもチック・コリアとのセッションがいい感じでした。

ただね、、、3列目に陣取ってしまい、耳栓をショップでも買わなかったので体全体にボンボン音が響き渡って,近くで葉巻とか紙巻タバコを吸う人が多かったのも相まって、気分悪くなりました。ああ勿体無い、折角の二人でのお出かけだったのに。14時前に入場して、15時からコンサート開始。3つ目のバンドのとき、19時過ぎには退散しました。
フュージョン、ジャズロック(ってなんじゃ?ジャンルにはそう書いてあるが)
音響がものすごいです。
来年こそは覚えておこう。

北欧の夏の野外コンサートでは、楽しむ為にポイントがいくつかありまして。

1.日差し避け。 好天なら、キャップかコットンのスカーフなどは必須。女性なら、日焼け止めや薄手長袖シャツがあれば日焼けもきにならないでしょう。
2.午後に始まって夜遅く続く事も多いので、防寒対策も必須。フードがついたジャケットなどなら、いきなりの小雨にも対応できて便利です。ショートパンツだと間違いなく寒すぎです。調節できる方がいいでしょう。
3.スナックとドリンクは持ち込み可なら絶対持ち込むべし。 エリア内は値段が激高です。後好きなものを持っていけるしね。
4.前方の木のベンチに座る場合は、お尻が痛くなるので、ミニクッションとかちいさなおざぶが快適です。

こんなところでしょうか。

そして、出演バンドをよくみて、耳栓をもっていくかどうか決めてください(来年覚えておくべき私のポイント)。去年も前の方に座ったんですけど、エレキ系のサウンドは一つのバンドだけだったんで忘れてました。。。その後はクラシックのコンサート2,3回ぐらいしか行ってなかったし6月末のラウマもここまでの音じゃなかったし。

今日の最初のバンドは、シベリアのビッグバンド(蝶ネクタイしてたよ~、あとリラックスできてない感じで、昔のソ連を彷彿とさせました)+Ann Hampton Callaway(vocal)。

彼女、白人で(こう書くと差別ですが、ほんとにいい声をした白人のジャズシンガーって居ないから)なっかなかのアルトでジャズしてました。
でもね、ジョークで、サラ・ヴォーンとかエラ・フィッツジェラルドの物真似してましてね。
自分の個性で勝負できないから物真似するのかと感じられて、なまじ歌がうまい分すごく残念でしたね。
自作の曲"I'm too white to sing Blues-Blues"はそりゃそうだよな、というタイトル。
やっぱり魂から出てくるものがあると思います。

フィンランド人が演奏するシベリウスが(技巧の点だけでなくて)心を打つように。

チックコリア達は、飛行機が待ってるからという事で2番目の登場だったのですが、3版目はマイケル・ブレッカーの弟(兄でしたっけ・・すみませんうろ覚えで)のランディ・ブレッカーがトランペット。15年目のバンドでこちらもフュージョン。
ああ、ベーゼンドルファーのコンサートピアノがきっちり調律してあるのに、シンセですか。
チックコリアは一応後半、2,3曲他の皆もアコースティックに持ち替えて、彼もまともにピアノ弾いていましたけどね。

ランディ・ブレッカーが演奏中に、チックがとことことステージに。??
カメラ持ってる。
二人でツーショット撮ってる・・・
d0093885_625639.jpg


こんなリラックスしたステージでしたよ。
このあとチックたちはスタッフに肩を押されて会場を後にしました。

ハロネン大統領も来てましたよ。疲れた顔のご主人と秘書とガードマンを連れて、チックコリアの演奏中に登場。私達は通路側に座っていたのですぐ傍を通っていきました。おもわずパパラッチしてしまいました。
[PR]
by wa-connection | 2008-07-18 06:36 | music

Pori Jazz Kids

ポリジャズには、大人だけでなく、子どもを対象とした立派なイベントもあります。

d0093885_540415.jpg

それが、このPori Jazz Kids、今年で4年目です。早いねー。
7/12-16まで5日間、盛り上がりました。
d0093885_540288.jpg


アリーナが出来る前まで、このステージで全ての野外メインコンサートは行われていたんです。
収容人数が限界に来ている、小さすぎる!との声で、アリーナへ。そしたら、今度は観客は、前の方が雰囲気があってよかった、と文句たらたら。うまく行きませんねぇ。

おっと脱線しました。
子どもに人気の童話や映画のキャラクターがバンドとして出演したりもします。
長靴下のピッピは何度か出てますね。
今年の新キャラはリスト・ラッパーヤ(ラッパー・リスト)。
d0093885_540579.jpg

ノポラ姉妹原作の児童文学シリーズが、映画化され、舞台化も(ポリでね!)され、とても知名度の高い赤毛の男の子です。
20代のお兄さんが扮してました。注目すべきは、フィンランドのジャズ・ピアニストで(また?って言わないでね・・・フィンランドのジャズ・シーンはとっても豊作なんですよ!)イーロ・ランタラが伴奏してましたよ~。
彼はRisto Räppääjäの映画でも作曲、出演しています。
長男と夫が観てきたんですけどね。
d0093885_5433481.jpg

Iiro Rantalaのサイトは左から。

この日は月曜日(7/14)で一番人出が多かったんじゃないかな、と。
翌日もまた行ったんですが、ワークショップで、アコーディオンを子ども達が体験できるというんで蒸し風呂のようなテントに入ってみました。
汗が滝のように流れ出ました・・・10人ぐらいの子どもを相手に一人のイントラじゃ、大変でしたよ。。。ごめんねイントラさん、写真取るのに夢中で余り手伝わなくて。
d0093885_549348.jpg

次男もやりました。楽器が大きすぎて本人あごが無理やりアコーディオンの上にのっかってました。

あとUppoNalle(ウッポ・テディベア・・・ですかね)という熊のコンサートも。まるではめるんの笛吹きのように、子ども達が後をずらずらついて踊っていました。
お向かいさんの3人の子どものうち、一番下の3歳半が、迷子になってステージからお母さんが呼び出されてました。。。「金髪のスザンナ、3歳、ピンクのワンピの子がここにいます、おかあさ~ん」
d0093885_5533413.jpg


Kidsのコンサート5日間は全て入場無料です。
こうでなくっちゃね!(フィンランド人化してる!?)
[PR]
by wa-connection | 2008-07-18 05:54 | music

Rauma Summer Jazz 2008

ポリジャズ真っ最中の今ですが、6月末に行ってきた初体験のRauma Summer Jazzについてもご報告を。
d0093885_16391626.jpg


良かったですよ、こじんまりとしてて!
サイトはこちら Rauma Summer Jazz

3日間だけのイベントで、今年で5回目。
ラウマ中心地で、川沿いのラウマ劇場のガーデンエリアにステージを設営。

このイベントはですね、ラウマのディープなジャズ・サークルが主催しているんですが、この代表がMCをしてまして、20代半ばと思われますが、声も良くてすんごく面白い!
なまじのラジオのDJなどより、よっぽど鋭くてユーモアもあるトークでした。
一例。
「このジャズ・イベントは、フィンランドのフェスティバル系で唯一屋内トイレを楽しんでいただけるという素晴らしいもので・・・」
(注:ラウマ劇場の敷地内に設営しているから、トイレは劇場のを使えるんですよね、・・・確かに普通は”ぼっとん”です)

初日に行ったのは、JoonaToivanenトリオのため。↑上の写真は彼らです。
色白の北欧って感じの3人でしょう。若いですが、いい腕してますよ~~!
ピアニストのヨーナとコントラバス担当のタパニは1歳違いの兄弟で1981年,1982年生まれ。

正式メンバー名は、
Joona Toivanen (p)
Tapani Toivanen (b)
Olavi Louhivuori (d)

ヨーナ・トイヴァネンは現在ストックホルム王立音楽大学でも勉強を続けています。
ドラムのオラヴィ・ロウヒヴオリもヨーナと同い年でトイヴァネン兄弟と同じくフィンランド音楽院の
ジャズ部門卒業。今はシベリウスアカデミーで勉強中、色んなバンドで演奏していますが、自分のバンドもあり。彼のバンド、Oddarrang(オッダラン)は今年5月に日本でも演奏しています。聴いて見たかったなぁ~・・・


彼らは日本でも大阪の澤野工房からCDを出してます。

「Numurkah」2000 ←日本でも売ってます。録音時、みな20歳前後です。
「Lumous」2002
「Frost」2006

の3枚が出ていますが、
彼らの演奏後にサインを貰いに行きまして(ミーハー)持って居なかった二枚を買いました。
秋には新作が出るようですよ!
弟のタパニの作曲も披露してました。抑えたながらも綿密なリズムという感じ。
彼らの演奏は、スモーキーなジャズクラブで聴いてみたい、と思わせます。
ロンドンのロニー・スコッツなんていいんでは?
日本でもぜひやってもらいたいですね。
ブルーノートだとチケットが高すぎるかな。。。

YouTubeで検索してみたら、Olaviのソロが見つかりました!
これもすごい。ディスプレイを前にして夜中に拍手してしまったぐらい。


残念ながらこのトリオでの来日ツアーは実現して無いようで、
検索してみたら、衛星ラジオのレビューにも掲載されてました。
8月10日の方まで下がってみてください。

トリはLeni-Kalle Taipaleらで、もっと有名かもしれませんが、ベビーシッターさんを頼んでいたので、余り遅くなっても申し訳なくて、22時には帰宅の途に付いたのでした。。。

あ~素敵な夏の夕べでした。
それを邪魔したのは近くのテーブルで雑談に熱中していたラウマ人達!
地元社交は別の所でやっちくり~~~(怒)
[PR]
by wa-connection | 2008-07-16 17:15 | music
この人が居なくてはポリジャズはありえない!
Ted Curson
d0093885_6534536.jpg


彼は、ポリジャズの第一回目に招待されて、二回目からは勝手に来てしまって常連になったというとてもお茶目なジャズマンです。
おひげがチャーミングでしょう?
98年に初めて聴いてから、毎年彼のコンサート(日中無料のステージが毎日ある)を聴いています。コレが無いと、ポリジャズだという気がしないぐらい。

サインも旦那がもらってきてくれました。ソコスホテルにたたずんでいた彼にいきなりお願いしたそうで。気さくな人なので人気が有ります。

ポリジャズスタートの一ヶ月前からポリに滞在して色んな事をして居るよう。

子ども達には1時間のコンサートが長い。でもトランペットやドラムにはちょっと興味を示してました。 しめしめ・・・
d0093885_654878.jpg

嬉しい一週間の始まりです。

プログラムなどはこちらから。

とりあえずは、来週木曜日のアリーナコンサート(予想集客数2万人)にいって、チック・コリアとか聴いてくるか、金曜のメインコンサートで3万人と共にサンタナを聴くか。木曜に傾いてますが、金曜には日本人ヴォーカルをゲストに迎えたフィンランドのジャズ・ボサノヴァのグループが居て、迷ってます。

PoriJazzKidsはまた今年も盛況でしょう。
月曜日午後に、リスト・ラッパーヤのコンサートが。これはフィンランドの姉妹で描いている児童文学シリーズが、ヒットして映画化や舞台化されたものですが、その中の曲を聞けるのでしょうか。長男とは、ポリ劇場でこの舞台のものは見ているので家族でピクニックに行こうかな。

でも明日はコテージ。折角久しぶりの好天なのです。やっと温まった湖の水で泳げるかもしれません。
[PR]
by wa-connection | 2008-07-13 06:50 | music