フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

カテゴリ:work( 189 )

d0093885_02272474.jpg
直近のお仕事の話も少し。

先週末から三日ほど、フィンランドでの核廃棄物に関するドキュメンタリー映画撮影のお手伝いをしていました。
つまりはフィンランドで使用済み核燃料がどのように最終処分されるかを原子力発電所に行き、担当者にインタビューし、調査研究施設であるONKALOを見せてもらうという内容です。
また自治体、市民への取材コーディネートもやらせて頂きました。

撮影は監督でもある島田恵さんが一人で。同行されていたのはNGO 原子力資料情報室(CNIC)のお二人。
彼らは日本での事故の情報の宝庫で、合間に少しですがいろんな話を伺いました。
島田さんは撮影を一人で全部こなされるので、映像メディアの場合はカメラ、音声、ディレクター、アシスタント、と数名で来られることが多いですしとても大変そうでした。

島田さん、そして製作中の映画『チャルカ ~未来を紡ぐ糸車』のサイトはこちら。
http://shimadakei.geo.jp/charkha


そういえば、以前オーストラリアのTV局の人も単身で来てインタビューも全部英語でやっていった人がいたな、と思い出しました。(同じ日に原発にいて、翌日同じ人にインタビューしてさっきはオーストラリアの人が来ていた、と取材先の人に言われたのでした)

原発では何度も会っている広報の部長さんと10回以上案内して貰っている視察受け入れのセンター長さんの二人とやぁやぁお久しぶり、といった和やかな雰囲気で、色々便宜も図ってもらえ、とても助かりました。
廃棄物処分を請け負う会社の方も知り合いの地質学者で「あー1年ぶりだねー」とご挨拶。
d0093885_02291008.jpg
(上は誰でも年間見学撮影可能なビジターセンター展示から)
そしてオンカロに入り、オルキルオト3号機の建設現場(箱ものはほとんど完成してます。あとは頭脳部とも言える一番大事なオートメーションを実際にインストールしていく段階ですね)見学。
オンカロにはもうなかなか入れませんので、通常は三号機現場と低中レベル最終処分場の見学になります。そこにオンカロ展示場もあります。

広報の部長さんは3年前にマスコミから転職してきた人でもあり、押し出しよくとてもにこやか。
以前はニュースキャスター、新聞社政治部でも勤めていましたが、その前はなんとアイスホッケー選手だった面白いバックグラウンドを持つ人です。
3年前、マスコミ対応の日に取材で行った時、彼が入社一週間未満で、「入ったばかりで、以前はここは取材できたことはあるけれど内部の人間としては相手するの初めてなんだよね~」と言っていて、見るもの聞くもの珍しそうでしたが、3年たって知識もついて、堂々としたインタビューでの回答ぶりでした。(笑)←とっても上から目線。

今回は日本語で私と島田さん、CNICの方がしゃべっているのを横で聞いていて「ちょっと」という日本語が頭に残ったらしく「チョットチョット」と連発していました。次回日本からオルキルオト原発に行かれる方、案内役に広報の部長がいると、「チョット」攻撃されるかもしれません(笑)

無事に終わって私はそのままヘルシンキへ、皆さんはそれぞれドイツなどへ。
翌日からは別のご一行と二日間、福祉分野中心に視察し通訳同行させていただいた週でした。

写真は原発でお昼ごはんの後出たデザート。
TVOの社員食堂はあまりおいしく無いですが(というより、スウェーデン三か所、フィンランドではここ、どこの食堂も味は中の下ではないかと)ゲストに出る方のオルキルオト原発の食事は北欧一番です。すべて体験した私が言うので間違いないです!ロビーサ原発はほとんど視察は受け入れませんので。

ビジターセンターがあるため、ゲストは食堂に連れて行かれないので、別メニューでRaumaのケータリング会社が調理・サーブしてくれます。
最近では私が来るとリストで分かるので、顔見知りのウェイトレスさんがランチお客さんと解散後に取っておくわね、と言ってくれるようになりました。向こうも、通訳が手つかずで残すと料理が無駄になりますし、食べられない時は言ってくれた方が助かるということですね。
これまで何回おいしそうなアスパラガスだとかスープだとかを手つかずで見送ったことか・・・
そのために通訳終日のときはバッグにはバナナとかチョコレート用意しております、はい。

今回はご飯食べる余裕を頂きまして、とても有難く一通り食べました!
(結局食べ物なのか・・・)

今回は定番コースでそれほど難しいテーマではなかったのですが、もっと勉強しなくては。
AC/DCとか(電流系統、弱いんです。実際の発電の方ではトランスフォーマー関連もありますし)、炉の構造の方、幅が広すぎて、まだまだ分かっていませんので。
まだこの秋も原発行きが入りそうです。


↓...宜しければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by wa-connection | 2015-09-13 02:25 | work

3週連続ヘルシンキ

先週末は久しぶりにゴルフのコンペがありましてヘルシンキ近辺でプレーして来ました。
楽しかったです、6月の悪夢が嘘のようなまぁ納得できるスコアでございました。

d0093885_2127641.jpg

そして火曜から2晩またヘルシンキに来ています。昨日は到着して半年ぶりにやっと和心さんのお寿司を昼ごはんに食べに行けました。
あまりの美味しさに咀嚼する間も涙が出そうでした。
鮭も4種類、普通の、炙り、塩麹、(もう一つ忘れた、、、)と手がかかっています。おおお・・・

d0093885_212988.jpg

夕方は仕事関連でとても面白い会合でした、美味しいケータリングを頂きつつなんとトーク6時間(でも23時解散しなかったらまだ続いていたと思われます)。やっと会えたという方々ばかり。
写真のケータリングはランチ・カフェMizuさんから。盛り付けもとても綺麗で味も保証付です。
カフェに食べにもちろん行けますが、こうしてケータリングも扱っておいでです。
日本人たちの間でも話題なのが、なかでも抹茶ロール。
d0093885_3264826.jpg

うわさ通りのしっとり生地。クリームも小豆か栗が入っていたよな。
またしてもあっという間にペロッと頂いてしまい、ほんと風情なくてすみません。
美味しゅうございました。

d0093885_21301127.jpg

帰る前に気づいた素敵なドアノブ。
ティモ・サルパネヴァのデザイン。

今日は買い出し(東京館やアジア食材、紅茶など)を留守番隊のために走り回ってますがまだ終わりません。
あとはデスクワークに専念しなくてはいけないのですが。一昨日依頼された仕事の資料が昨日昼に来たけど見る時間が無く。
明日は朝から少々離れた町で通訳で夕方ポリに戻ります。

来週はコーディネート自体は終わりましたが2日ずつまるまる4日家にいないので留守番隊が大変だと思われます。仕事ってことで許して欲しい。。。
d0093885_21312343.jpg

やっとランチにありつきました。ここは6番トラムのアレクサンダー劇場前からすぐ、デザインホテルIndigoの併設Deliです。魚のスープが美味しかった!
d0093885_21344357.jpg

コーヒーはセルフではなく、丸くてにこやかなお兄さんが手ずから注いでくれましたよ。(珍しい)

横のレストランBröd(パンの意味)は只者では無いです、宜しければぜひお試しを!

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-09-02 21:34 | work
d0093885_05532381.jpg
Lahtiに初めて来ております。
ポリから電車乗り換えること2回(タンペレ、リーヒマキ、そしてラハティ到着)3時間半でした。

6月のミッドナイトゴルフの時にサービスエリアだけLahtiに止まったんですけど、それはカウントしないことにして今回がまともな滞在なわけです。
仕事でミニゴルフ世界大会総会の通訳に来ました。
このお仕事は実は2回目。
しかも前回は2003年、ドイツのスパで知られるBad Münder。
在フィンの当時在住20年近い大先輩たちから紹介されたお仕事で、
12年前で、フィンランドから出た初めての海外出張でした。
しかも長男が1歳ぐらいで、姑や夫に「行ってらっしゃい!」と背中を押されてハノーヴァーまで飛行機で、そこからDBで電車に乗り、、とスマホもない時代でネットからチケットを何とかドイツ人の友人の力を借りて購入したことを思い出します。
(チケット購入の方で英語版が整備されていなかった)
数十か国が参加する大会で、使用言語は当時役員にドイツ語圏の人が多かったこともあり、ドイツ語&英語。
ブースにドイツ語を英語に訳す人が入り、私は誰かがドイツ語で話した場合はそれをヘッドフォンから聞いてお客さんに訳すという二段階を経た同時通訳でなかなか骨が折れました。

同時に非常に貴重な経験をさせていただきました。
お客様ご夫婦ともとても楽しい出会いで仕事の醍醐味は報酬ではなく、実は出会いが同じぐらい大きな比重を占めるのだと思った体験の一つです。
その2年後の世界大会では、オーストリア開催でしたが、次男が生まれて半年でとても出られる状態ではなく、知人を紹介し、その後近郊の国で開催がなかったのとお客様も会議に出られておらずご縁が遠ざかっていました。

引っ張りますが、もう少し。
この6月ごろに、今年の大会がなんとフィンランドはラハティ開催ということで、携帯電話番号とメールアドレスが変わっていた私をインターネットで検索し、隣町の柔道部で3度ほどやった文化紹介の生け花や茶道の写真から辿り、柔道部にメールを出して下さったり、郵送でお手紙を送ってくださったりして再び縁が繋がりました。
そして昨日一日早く伺い、夕飯をご一緒して積もる話をいろいろ伺いました。12年も経つと、こちらも子供たちが大きくなりお客様にもお孫さんが。いやはや、時はあっという間に流れるものです。
d0093885_13450478.jpg
お客様は日本ミニゴルフ協会の方で、本業は建築家、能ある鷹は爪を隠すの典型。
奥さまは日本画家の佐藤緋呂子さんで、当時も旅先の風景を小さなスケッチブックにいつも描かれていました。ドイツで見せてもらった風景の数々。
どうしてこんなに柔らかくて優しい風景に写し取れるのかと写真よりずっと楽しいなと感動したものです。
d0093885_05544309.jpg
緋呂子さんの描く女性がまた素敵で、見るたび生命力と躍動感を感じていたのを今回久しぶりにご本人にお会いして思い出しました。
d0093885_05564517.jpg
お会いしていない間にスケッチとエッセイを出されていて、今回それを頂きました。
そしてご夫妻の出身地秋田県の作家で芥川賞を受賞した石川達三さんの復刊本カバーにも緋呂子さんの絵が。

仕事が一段落したらこれらも大事に目で味わって読みたいと思います。

お土産で食べ物もですけど、本が一番うれしいですね。
(いやどっちも捨てがたい・・・)

肝心のお仕事ですが、12年前はドイツやスウェーデンやスイスの人たちの名前が聞き取りにくく、またスポーツ組織独特の構造や関連団体の略称、テクニカル・ルール、法令、など非常に苦労したのですが、今回は事前に資料も頂いて一応90ページ弱全部目を通すことができ、とても助かりました。
時代は変わって使用言語は英語のみとなり、その点でもとても楽になりました。

やはりドイツ語訛り、スイス語訛りの英語は慣れるまで数分かかりましたが(汗)朝食の時喋って顔つなぎしておいてよかった。

会長さんとフィンランドの代表で役員をしている人も「あ~何となく覚えてる!(私も31歳と若かったので老けたなと思われたことでしょう(汗)へぇ12年も経ってまた雇ってもらったの、良かったねぇ」、と。
別のスイスの人とは初めてしゃべりましたが、バド・ムンダーの時も通訳って女子学生だったんじゃないの?とかまたお世辞を・・・もう子持ちだったしそんな年じゃありませんでしたよ。。。でも有難う。あ、フィンランドは社会人学生も多いですし40代の仲間も学位また取りに戻ったりしてますけどね!
d0093885_13513952.jpg
というわけで会議も無事終了し、来年の横浜みなとみらい21でのアジア大会の宣伝もし、(横浜市のYouTubeでのPR動画結構いいのがたくさんあります!)
消耗しましたが、ほっとしました。
d0093885_05592018.jpg
写真は昨日の夜、ホテルの自転車を無理言って借りて、市内をぶらりサイクリング。朝~22時までだそう。週末は特に鍵をかけても盗まれるから、とのこと。
なのでどこにも寄らずに漕いで回るだけだから、と。
私の前に使った人が190㎝級だったみたいでサドルが一番上まで上げられてて足が届きませんでしたよ、、きこきこ下げる。
d0093885_13535810.jpg
ラハティは坂道も多く景色が綺麗です。
スキージャンプ開催地(画像にも遠くに見えます)で知られますが、建築物ではヘルシンキ中央駅を設計したエリエール・サーリネンが市役所を手がけています。トップの画像は正面扉のアルコーブ天井。とても綺麗です。
d0093885_06011219.jpg

d0093885_14075283.jpg
その市役所前にトーベ・ヤンソンの父、彫刻家ヴィクトル・ヤンソンのもう一つの「自由の像」があります。
有名な方はタンペレにある大きなものですが、こちらがもう一つの内戦後、戦勝記念の裸体男性像。ヴィクトルが好んだのは柔らかい線を持つ子どもや女性だったので、これは本当に日々の糧を稼ぐという意味で引き受けた仕事だったのですが、女性像やエスプラナディ公園の魚とあそぶ子どもの像の方がやはり自由気ままに愛しげなラインでいいなと感じました。
d0093885_21225910.jpg
トーベをモデルにしたヘルシンキにある「Convolvuls(コンヴォルブルス:セイヨウヒルガオ)」は父がトーベに指示したように天にまっすぐ伸びすぎていて(笑)そこまで好きではないのですが。
公園通りの反対側にはこれまた対照的な労働者の銅像がありましたよ、よくあるフィンランドの構図。

日曜は会議後、世界大会の練習風景を見せてもらいました。
d0093885_13562573.jpg
ホテルから徒歩10分ほどの場所にフェルトコースとエタニート・コースの二種が。
d0093885_13571868.jpg
パターの練習用だったミニゴルフがスウェーデンに入って発達したので、スウェーデンが非常に強いそうです。フェルトコースはスウェーデン発祥だそうですし、スウェーデンチームの練習を見ていても素人からしてもとても上手だなと感心しました。あとはドイツ語圏勢ですね。基本は各レーン合計18レーン、ほぼホールインワンしていかないと上位にはなれないようです。難しい・・・
d0093885_17230893.jpg
日本は女子が毎回上位に絡む闘いをしているそうですよ、男女ともに応援したいですね!
あ、フィンランドもね。(まるでとってつけたような言い方・・・)

二年後は世界大会はクロアチアで開催です。
以上自画自賛日記終わり、失礼しました~。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by wa-connection | 2015-08-17 05:51 | work

夏休みだけど・・・

子どもたちが夏休みになってあっという間にもう一か月半経ちました。
d0093885_2313395.jpg


7月ももう後半です。

仕事も夏休みかといいますと、自営業なのでそういう訳にはいきません。
一応コンスタントにお仕事もご依頼を受けているのですが、日中は子どもたちをあちこちに連れて行ったりご飯を作ったり、たまに家族でまったりゴルフをしたり、何か月も夏休みにやろうとため込んでいた物置の掃除やら、テラスの洗浄&塗り直し(塗る方は子どもたちにやらせる予定)やっていると、もう夜は読み聞かせしたらヘロヘロで自分もベッドに倒れこんでおしまい。

出かける仕事はなんとかこなしましたが、そのほかじっくり座ってPCでやらなくてはならないものがどんどんダムのように溜まっていっております。いやそろそろ決壊しそうです。

お友達親子を迎えた楽しい先週にも、最終日急な依頼で国会の大委員会(または拡張委員会)の記者会見の中継を某メディアに実況中継ならぬ小分けにしてサマリーを送信し整合性を取るというお仕事をやっていました。これは国会閉会中に法制度に関することを決定可能な各党の代表が数名ずつ任命されているものなんですけどね。
ギリシャのブリッジローンの関係でフィンランドも立場決定したというわけです。(まぁつまりはドイツと同じ路線なわけですけど)

お友達お見送りできませんでした・・・。

同じところから4月の総選挙の時もご依頼頂いて、緊張しながらも楽しい経験だったので、またお声掛け頂いてこれはとても嬉しかったです。

こういうその日にやらなくてはならないスポットのお仕事や、メールのやり取りいくつかをこなすのがやっとで締切がまだある仕事はどんどんたま~る・・・(汗)

今日はとある雑誌特集記事で取材に行って参りました。
写真は取材先で出迎えてくれたコリーのロビン。
d0093885_2465986.jpg

男前で、私が近づくとすぐ尻尾を振ってあいさつしに来てくれました。

今晩第一弾の記事をまとめられるよう夜は寝ないようにしなくては。
そして6月に取材・撮影させてもらった邸宅の記事も書かなくては・・・
来週月曜締切の翻訳も取り掛からなくては・・・・・・
来月の通訳の予習は後回し。
9月のお仕事二件については今週中に返答しなくては・・

To Doリストたまってますが、でも、とても有難いことです。

でも、たまーに、いわゆるサラリーマン、定職というものに憧れたりもします。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-07-21 02:47 | work
フィンランド語検定(YKI)上級の結果が到着しました。
※下にある結果は分かりにくいとのことで加筆しました。(5/25)

受験時は2カ月ぐらいで結果を送りますといわれたのですが、ブログで受検の記憶を綴って間も無い一カ月半で郵送されてきました。

昨日のことで、母の日にやっちゃった捻挫がようやくましになって腹筋やら開始し、自転車に2日ほど乗って図書館に行った帰り今度は腰痛に。。。
何ですかわたしゃ本当にもう体ボロボロのおばあちゃんですかいな、、、もうがっくりですよ。
木曜は通訳で半日留守にするのに水曜にこの体たらく。

鎮痛剤を飲んでタブレットでメールなど返事をして提出物を納品。夫の予定はここ2週間私のために延期中。。。そろそろと直立不動で移動しつつ車で
駆け込み寺のように信頼してるマッサージをしてくれる人に朝一で運良く三十分取れたので処置してもらうも、マッサージ台から起き上がって体が固まって痛くて動けなくなりました。
非常に不安ながら客先へ。

往復2時間運転して現地では社員用の内部駐車場にギックリであることを話し駐車させてもらえました。
ラッキー・・・
もう捻挫やら腰痛やらでエレベーター、手すりの存在がほんとにありがたいものであることをひしひし実感しますよ。

打ち合わせ1時間+2時間の通訳を終えて、車で太陽にじりじり1時間焼かれつつ帰宅。

話を引っ張りますが、忙しく子等の宿題、明日の用意、習い事送迎する夫が、テーブルの上をアゴで指し示す。

?大判の封筒が。
d0093885_155175.jpg

ロウソク、じゃない松明?のロゴ。
どっかで見たな、、、ああ、春にユバスキュラの人たちとお会いした際、数名が大学スタッフだったので名刺にもこの図案が。・・・これって検定の結果じゃない?
応用言語学センターって書いてあるし。

仕事とは違うドキドキを胸に(←幾つやねん)開封。
ちなみにペーパーナイフなんて使わず指でびりびり破りました。

証書が一枚だけ。
d0093885_15523710.jpg

これが本物である証明シールというか特殊印刷というか。

幾つか単語と数字が並んでます。おおー、、、
はいすみません、いい加減引っ張り過ぎですよね?

上級は段階でいうと5と6の数字で合格ということになります。
中級は3,4で合格です。

証書の裏に各レベル説明があります。
上級の5,6はこんな感じ。
d0093885_1694284.jpg


6 困難なく様々な分野の会話、文章を理解できる。微妙なニュアンスの違いもほとんど問題とはならない。非常に流暢に、その場の状況に合わせて書き、話すことができる。自ら微妙な表現を用いることができる。文法、語彙をほぼすべての状況でうまく操ることができる。また小さなミスなどもほぼないと言っていい。(C2レベル)

5 普通のスピードで話される会話をほぼ理解できる。時にその分野またはその事象が新しい(知らない)ものであれば理解に努力が必要なことがある。構造的、言語的に複雑な文章、現代の文学も理解する。明確にそして流暢に様々なテーマについて会話し、書くことができる。しかし珍しい語彙、複雑な文章構造を使いこなすにはまだ至っていない。(C1レベル)

ブリティッシュ・カウンシルの比較表があったので掲載します。
d0093885_16201425.jpg



d0093885_15534086.jpg

というわけで、上から

リスニング(聴く) 6
スピーキング(話す) 6
リーディング(読む) 6
ライティング(書く) 5

晴れて合格です!

が、しかし、、、ががーん、ライターもやってるのに書く力が5って・・とショーック!でしたが、
そういえばフィンランド語での書く力であって、私はフィンランド語では公には文章は発表していないのでご容赦頂ければ。
ええ、言い訳ですとも!


ラジオやテレビでは数回喋っているところを取り上げていただきましたが。そして仕事でも大量の文章には毎日触れていて和訳・邦訳はしていますが、フィンランド語に訳すのは弊社でも夫のキンモの役割なので私がタッチしていないわけです。英語ではロンドン大学の時に何度もエッセイ(短い論文)や修士論文は書いたけど、でもまだ分かりやすい論文形式の構造はマスターしているとは言い難いですし。
弱点として今後補強していきたいと思います。

夫のコメント:大して準備してなかったのに(2回ほど文法問題添削してもらった)それにしちゃいい点で合格したし良かったんじゃないの?

私もそう思います。
ほっとしました。・・・でもやっぱり悔しい。

次のステップは書く力も身に付ける。都会にはYKIのコースがあるらしいですね、エッセイコースとか通ってみたいなぁ。とつぶやいたら夫にすごい顔をされたので当分こういう願望はしまっておきます。
我が家では妻が思い付きでこういう行動するので、ますます夫の自由時間が減るんです。

「俺の人生は子守りにおさんどんかぁ!」と時々雄叫び上げてるんで・・・日本の専業主婦のご苦労をよく分かるフィンランド人です。兼業主夫ですけどね。
来週以降夫にはたまった色々な出張や用事を済ませてもらわなくては。

読んで下さってありがとうございました。

なんだよ、こいつ落ちて一から謙虚になってやり直せばよかったのに、と思われた方も多いことでしょう!

私も自分でまだ全然、なっちゃいないことは自覚しています。これはただ一度の検定ですし、実地でどれだけ使いこなせるかが大切ですから。
どれぐらいの位置にいるのかの実験でしたが、時間を見てもっと多様な文章を読みこんで表現力もつけていきたいと思います。

追記:フィンランド人に、あれ大まかに6段階しかレベル分けが無いし、そんなに難しい訳じゃないんじゃ?と言われました。そうかもしれませんね。
もっと厳密な分け方も出来ると思いますし、その方が合格したけど下の方とか、はっきりするでしょうね。
もし次受けたら優秀賞取るくらい頑張ってやる!!

気を取り直してほかのブログを読みに行こうと思われた方は↓下の「フィンランド情報」からすぐ飛べます!
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-05-23 16:03 | work
d0093885_2203093.jpg

すっかり忘れていましたが、4月はお寿司体験コースもポリでとある企業に開催しました。
一年前にもそこから問い合わせがあったんですが、その時はスケジュールが合わず、見送ったんでしたっけ。

今回はちゃんと開催できてほっとしましたよ。
場所はポリの一族経営で4代目のファッション・デパート。ここはフランス名誉領事もやっています。
やはりファッションだからですかね~、オーナーの娘さんたちもサークル・デ・フランセーズで役員やってます。
(フランス好きが集まるクラブ。私たちは食べ物目当てだけで参加してますが、フランス語はできましぇん)


参加者は16名ほど。

とうことで前日から材料を色々買い出し。
トップ画像のサーモンは市場に行ったらたまたま入った天然ものが!これは買うしかない!2kg購入。
天然はEUの定めた漁獲量が決まってしまい、夏の初めに少しだけ出回るので、そこを逃すとフィンランドでは残念ながらなかなかお目にかかれなくなってしまいました。普通サーモンといえばノルウェーの養殖サーモンです。沿岸部の町なので魚買うのにスーパーなんかには行きませんよ。
手前の鮮やかな朱色の魚は養殖ニジマスのフィレです。

握りと巻きを両方やりたいとのことで。両方のために材料を。
あとベジタリアンがいるかもしれないから、ということでズッキーニとナスを予備に買う。

d0093885_2231881.jpg


当日デパートに到着し、駐車場から荷物運び入れて会議室と厨房を見せてもらう。
(ここはカフェ併設なので、そこの業務用キッチンを使わせてもらうことに)

参加者、元オーナーの78歳だけが男性であとは妙齢の女性でございました。
服屋さんだけあって皆さんそれなりにおしゃれ。フィンランド人もおしゃれになったなぁと(職場がこれだから単純比較しちゃいけないけど)感じ入りました。

まずは日本酒で乾杯した後、これまでも何回か使った日本の食文化のスライドを見せて、コメがいかに大切かを力説。
一粒に7人の神様が~!もしっかり覚えていただく。

そして厨房へ移って分担を分け、米とぎと卵焼きは皆に体験してもらいます。
しかし魚のフィレを切れない人が多い。
だまってやらせるとがしがしのこぎりみたいな切り方して身がつぶれてしまうので思わず(汗)私も上手じゃありませんが手を出してさくに切り分け。

きゅうりを巻き寿司用に切り、ナスとズッキーニを炒め、卵焼きをまん丸いロールにならないように指導し(なぜか小判型でなく円形に作るフィンランド人多し)、サーモンを切り、イクラも出し、海苔を軍艦用と巻き用、握りの卵用に太さを切り分け、酢飯の作り方は皆に見てもらって、仕込み完了。
ここからは時間はそんなにかからないんですよね。

長いカフェのテーブルに全部材料を並べて、巻きチームと握りチームに分かれる。
つたない見本をお見せし、あとは自分で食べるものをやってもらう。
d0093885_228739.jpg


わぁわぁキャアキャアそれは楽しかったですよ。
職場でも普段息の合う集団なんだろうなぁということがよく分かりました。

中腰の人も多くてかなり真剣です。

皆ソーシャル時代らしく、携帯やタブレットで自作の盛り合わせを激写。
インスタグラムやフェイスブックなどで公開されたことでしょう。

d0093885_22122644.jpg



私も許可を貰って撮りました。
そして会議室へ戻って試食。というかお腹いっぱい食べました。
d0093885_2281081.jpg


とても楽しかったです、行く前はちゃんとできるかなぁと毎回緊張する料理教室、食べることはやはり心の緊張を解いて、胃が喜び、自然と笑顔になるものです。

普段はコーディネート、通訳、翻訳がメインですがお料理教室も年に2、3回やってます。
依頼があればまたぜひやりたいです。

でも食べるなら、当然ですが自分で握るんじゃなく里帰りするか、ヘルシンキの和心さんに行きたいものです(涙)。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-05-19 21:57 | work

出稼ぎ月間

d0093885_2401548.jpg

5月は名付けて出稼ぎ月間の様相です。

4月はあんなに内勤ばかりの仕事内容だったのに(本当に歯を食いしばって情報収集してpcにパチパチ(そろばんじゃ無い)打ち込みまくった月だったのですが打って変わって月初から出てばっかり。奥さんじゃなく外さん(さむっ)。

というわけでシングルファーザー化した夫にはストレスが溜まってます。
二三回映画とか行って貰ってるんですけどね。こっちは泊りがけもあるんで足りないみたい。

トップ画像は某所で通訳後に食べさせて貰ったお昼のサンドイッチ。
お客様がたは別の車両で先にお帰りになったので。
訳してると食べる暇ない事もありますしね。そこの顔馴染みのカフェの人が今日は食べられて良かったね〜!とコーヒーお代わり入れてくれましたよ。
(おなかの虫がないてお客さんが気を遣って食べたら?と言って下さるときまったくといっていいほど遠慮しない私ですが。)

d0093885_2401747.jpg

そのあとラウマの旧市街でお気に入りの食材ショップで熟成チーズなどを買って、好きなパン屋さんでパンも買って、歩き回ってバス時間待ちをしてる間にまた小腹が空き、、、
市場前にある、今まで試していなかったアジア風レストラン(斜め向かいの市場前のCafeSaliが経営母体)であるLungiに行って見ました。
d0093885_240308.jpg


んーまぁまぁだけど、、まぁお客様に勧めなくてもいいかな。。。一週間ラウマに滞在でもう他の外食を食べ飽きたらいいかもしれない。インテリアは結構感じがよかったですよ、ラウマはその辺うまいんですよ。ポリの半分の大きさなのにおしゃれなお店の数は倍です。つまり人口比でポリの4倍ぐらいある気がする。羨ましい限りです。

d0093885_2401935.jpg

そしてやっとジョギングもまともに行き始めて、、、近所のルートでおがくずも撒いてくれていました。

そして間に母の日が。

美味しい朝ごはん持って来て貰って、本をプレゼントに貰って子供達には手作りのあれこれを貰い、嬉しかったんですが、

d0093885_2402158.jpg

じゃ家族でサッカーしようと遊んでて熱が入り母ちゃん足首ぐねっと捻挫。いてて、、
念の為月曜医者に行ってレントゲン撮って貰い、予想通り捻挫で2ー4週間かかるからと。
病気休暇証明出して欲しい?と聞かれる。
そんなー自営業で休みなんて、と鼻で笑うしかない悲しさですよ。まぁ幸いそこまで大きい怪我や病気はしてないか、、、
ん?3年ぐらい前に柔道で膝の靭帯一部切った時も通信社のお客さんと、肘で支える杖を借りて原発歩き回った記憶が。あの時もなんとかなったんでした。
学生時代、ゴルフの団体戦で林の中に打ち込んで、木の根っこのそばにあった穴に足突っ込んでかなりひどい捻挫をしたことがあって、(試合は最後まで続行して地方選ですけど女子団体3位はとった)結構トラウマになっていたので、気を付けて歩くようにはしてたんです。
ジョギングでもアスファルトの状態が悪いところなどに踏み込まないようにとか。

サッカー等はやはりダッシュとか方向転換とか色々中年にはきついものがあるのかなぁ。。。
ジョギングは同じ方向に規則的な歩調ですもんね。
気を付けなくては。(こればっかり)

そしてその二日後車で一時間のところで通訳をしに。これはフィンランド語でした。
車は夫のAT車で。左足をまったく使わずに済み助かります。こういう時はMT車だとつらいですね。

d0093885_2402299.jpg


下は会場の近くの教会。
綺麗な中世のもの。
横の墓地もきれいに手入れされていました。

足が元気だったら中覗いたんだけどな〜(しつこい)。


d0093885_2402495.jpg

そしてポリへ一旦帰宅後、用意しておいた荷物を昨夜ヘルシンキへ電車で移動。
空いていたので足をシートに上げさせて頂きました。

その翌日(今日)はヘルシンキでまったく別の分野の通訳。こっちは多国籍企業なので英語。皆さん非常に上手。
そして日本側も素晴らしく上手な方が増えて来てます。日本から出向の方も美しい有能な女子が多くキラキラ輝いてて眩しかったです!きゃー。
若いし実力もバリバリで素敵な女性が増えてて頼もしいです。

今日もなんとかかんとかお勤めして終了。会議室から下の眺め。

d0093885_240255.jpg

広々として人も多く活気がありました。

d0093885_2402748.jpg

帰る前に中央駅近くのマッカラタロの二階の和食Ayaさんで牛丼。ご飯はやっぱりほっとする瞬間であります。
ストックマンと駅の間にあるので時間無い時はここばかりです。

和心さんのお寿司に行く時間無し。

また来週は地方で通訳入りそうな予定です。
一ヶ月前に依頼頂いた記事もそろそろ締め切り。
しっかりこなしていかなくては。
ただの近況報告ですみませんが、アップさせていただきまーす。


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-05-14 02:08 | work
d0093885_20283928.jpg

先日行ってきた某、国を代表する建築家の自邸。

このお仕事はまたいずれ形になった時にご報告致しましょう。

d0093885_20284044.jpg

こちらはその日の朝食べたSis+Deliの朝食サンドイッチ。建築家のY子さんに教わった場所で三店展開してる中でもここだけは平日と土曜にビュッフェやってるんですけど、食べる時間が無く断念。

次は早めに行く決心(こういうことは結論早い)。

↓...宜しければ励みのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-04-10 20:24 | work
さて昨年末にご依頼頂いたこのお仕事、やっと第一陣完了しましたのでご紹介します。

皆さん、旅行するとき色々なガイドブック、サイトを参考にされるのではないでしょうか。
人気ある旅行先の情報を調べられるトラベルコちゃんというサイトがあります。(ご存じの方も多いかもしれませんね)

こちらは大好きな和心さんの取材画像。思い切り個人的思い入れが・・・。
※↓サイトからのスクリーンショットを掲載しています。
d0093885_19575834.jpg


トラベルコちゃん旅行ガイドサイト一覧

上は各国、各都市の一覧です。
ヨーロッパからヘルシンキを選んでいただきますと、ホテル、グルメ、観光の記事が数十件見つかります。
そのうちグルメで15軒ほど担当させていただきました、てへ。
私の担当部分はこちらをクリックください。


たとえば、蚤の市で有名なヒエタラハティ広場前にある、屋内マーケットの肉屋さんならではのハンバーガーとか。
ここはヘルシンギン・サノマットの毎週金曜の別冊特集でヘルシンキ2位に選ばれたところです。
(※こちらもトラベルコちゃんサイト該当レストランの画像スクリーンショットです。)
d0093885_20266.jpg


これもお兄さんにちょっとポーズして!と撮らせてもらいました。
「え~俺日本の雑誌か何かに出るの?」(ごめん、雑誌じゃないよ、旅行サイトですよ~と説明しておきました)

宜しければ、ご旅行のご参考になさって下さい。
同じグルメ担当ではヘルシンキ在住の朋子さんが25件の豊富な記事を投稿されてます。
彼女も本職ですからね、とっても詳しいです!

また、ホテル、観光情報も数多く掲載されていますよ~!

いやー今日は強風ですね、停電になりませんように。。。
↓...宜しければ励みのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-04-08 20:04 | work
d0093885_2521139.jpg

こちらはフィンランドでテキスタイル大好きな人には(そうでなくても)一目でわかるあそこです。

グルメ取材第二弾やっと敢行致しましてその関係で今回も数箇所行って参りました。

交通費も格安バスで節約しつつ(最近不景気で経費の出ない仕事もあるのです)
弾丸一泊二日のヘルシンキ、予定ぎっしり詰め込んでなんとか完了です。
勉強会のような場にも参加し新たに数名の方々ともお知り合いになることができました。
ただ日本はもうすぐ年度末、何人かの方が帰国されると聞いてとても寂しい気分に。

戻られても逆カルチャーショックが少なく済みますように。皆さんが日本のいいところを存分に楽しめますように。またお目にかかれますように。

d0093885_252159.jpg

これは好きなカフェに滑り込んで撮影に行く前にシード入りクロワッサンとカプチーノを朝ごはんに。
仕事離れると好きなとこに行きたいもんです。似たようなpc持ち込み仕事人が結構居ました。(笑)


あとは画像まとめてキャプション付けて納品です。

今週末こそ訳したいがために売り込む本のリーディングに手をつけられるかどうかというところです。書いているまさに今定期便の翻訳のお仕事が。ああ〜!!

私はこの売り込みたい本は日本でもそこそこ売れると信じてるんですけどコスト面で二の足を踏まれる可能性があると伺っています。さぁもう少し魅力的な紹介をしなくては。

そしてヘルシンキ二日間で夕食ビュッフェ形式かなりの量を食べたので2kg増えた!がーん、今日は図書館に集中し籠もって3時間(休憩二度、バナナ2本を食す、、、)運動しなかったので明日はなんとかしなくては。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-03-19 19:26 | work