フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

カテゴリ:work( 189 )

d0093885_0592357.jpg


そういえば昨年末にご依頼頂いて、寄稿させていただいた号が発売になったとのことで、掲載誌を頂きました。6ページ分の記事で私たちの仕事内容、フィンランドについて、海外で働くとはどういうことか体験をもとに書かせていただきました。

月刊OLマニュアル。
海外ワーキングガール事情という毎号のテーマです。
「ガール」じゃないけど(笑)元ガールってことで、すみません。

読みどころがたくさんあるとても面白い雑誌です。
聞けば自己啓発をおもに扱っておられると。

日本で働いているときに読んでいたらよかったと思える内容がたくさんありました。
言葉遣い、コミュニケーション、今回の企画冠婚葬祭マナー、、
ふむふむと熱心に最初から最後まで通読させて頂いたところです。

研修出版編集部の皆様、貴重な機会を有難うございました。

こちらからお求めいただけるようです。



↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-03-06 00:56 | work
d0093885_4315818.jpg

毎年この時期にあるとあるランチ・ミーティングにて。
会計関連の内容が非常にややこしい。

デザートはラズベリーにホワイトチョコソースがけ。

先週は医者にも行って副鼻腔炎で抗生物質出され気分がずっと悪かったのですが体調がやっと回復してきました。

・・・のでデザートも食べたという。

毎日、目の前の仕事(事務関連)に追われなかなかやりたいことに手がつけられませんがそろそろ本格的に取り掛からなくては!

さて、弊社WaConnectionは次男が生まれる二日前に夫と二人で設立したのでした。(その前は長男が生まれてしばらくして個人で2年弱やっていました)
次男も週末で十歳、ということで弊社も十周年を迎えます。

いやー小さなことをこつこつと積み重ねてきたこの十年。あっという間でした。

翻訳、通訳、少しずつ始めた書くお仕事。それに伴って撮影や取材も。ムック本数冊に加え、共著で靴家幸子さんのお陰で初めての本を6年前に出しました。コーディネートも色々と。高校日本語教師も夫婦でやりましたし料理教室から、幼児から高齢者まで文化紹介、企業での講演、研修、コンサルティング、マーケティング、調査、、、
昨年は一年近くかかりましたが、評伝の出版翻訳の機会を頂きました。
これは今後も時間を作って取り組んで行きたいと思っていますが、十件提案して一件成立するかどうかですし、それだけでは残念ながら収入確保が難しいので今後もいくつもの仕事掛け持ちで行きたいと思います。

感謝したいのは数ある同業者の中からうちに声を掛けて下さった、数百名のお客様。そして出会いです。
単発もあればもう十年ずっとお世話になっている企業もあり、個人、研究者のご依頼も含め業種、分野も多種多様です。

好奇心も旺盛で知りたがり(知ったかぶりしてしまい易いのがマイナスです・・・いかんいかん)ですのでこの仕事は本当にうってつけかもしれません。
様々な分野の深いところにポンと触れさせてもらえる。その道の専門家や意思決定を下すレベルの方とお会いできる。
実際これまで何度も尊敬できるお客さまから薫陶を受けました。
また、お客様だけでなく、尊敬できる同業者とのつながりもフィンランド、日本だけでなく国をまたいでできてきました。

ああ、でも自分が十分成長できたかというとまだそこは疑問なのですが。

そういえば、来月受けるテストは語学の点では集大成的な意味合いを持たせてもいいかもしれませんね。
(というわけでもっと勉強しろ)

今から十年後どこで何をしているのかまったく分かりませんが、失敗や躓きで後退してもまた前に一歩を踏み出して前進を続けて行きたい、そうしなくてはいけないと考えています。

前には先輩達の背中があります。
まだ見上げる姿があるというのは、ありがたいことです。

今年は仕事内容をより磨いて行きます。
どうぞよしなに。。。


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-03-05 04:26 | work
d0093885_0284414.jpg

ええ、もうやっちゃいましたよ、略してキヨブタってんですか?(清水の舞台から飛び降りる・・・)
Yleisen kielitutkinto(略してYKI) 一般語学資格試験というのがフィンランドでありまして、
これはフィンランド語、スウェーデン語に加え全部で9カ国語、そのうち8カ国語(フィンランド語、スウェーデン語、英語、サーメ語、フランス語、ドイツ語・・・)で3段階レベルで受験が可能とのことです。
イタリア語のみ2レベルでの実施だそうです。
結論から言いますとタイトルの通り、申し込みしちゃいました。
しかも上級。

初級、中級、上級と3つにわかれていまして、それぞれで
読解力、リスニング、筆記、会話とみっちり。
私が移住したころ、移民向け語学コースはポリで当時開催されていたもので1コース3か月、そこでYKIの話なんてひとっことも出なかったんですよねぇ。
13年前ですかね(時の流れを感じる)。
今では、移民向け語学コースも長期になって、試験対策からなにから色々指導してもらえるようでちょっとうらやましい。

初めてこういう試験があると聞いたのは5年ぐらい前でしょうか。
介護士のコースで勉強を始めたチェコ人の友達が、今度これをうけると言っていて、私は顔中「???」
でした。

そのころは毎日の生活に必死で来る仕事をなんとかやりとげて子供たちを保育所と学校に送り届けて午前中2時間仕事できたら万々歳、あとは夜に睡眠時間を削って、、でした。
今もあまり変わってないところが悲しいですが。
でも諦めというか慣れてきたところはありますね。
これは子供たちが学校生活が続く限り変わらないというのがね。
(あと7,8年?)

で、時は流れ、力試しに去年も受けてみようかと思いつつ高いよなぁ、忙しいなぁ、で逃したのでした。
在住14年目で言葉を使う仕事をしていて今更初級、中級もないだろうとこういうところでたまに無謀さが出るので、いきなりの上級チャレンジです。

Ouluのカトさんのブログを先日読んだら落とし穴があちこちにありそう。
上級はポリでは開催されないので、大きい都市にいかなくてはなりません。
ヘルシンキやタンペレは申し込みも多いのか既に一か月前でいっぱい。
空いているところを探したら受験地はTurkuになりました。

担当者に問い合わせをして返事が来たのが休暇中のアルプス。
「今日中に印刷してスキャンして私に返送して!」
ええ~?
田舎の村のホテルでWiFiも切れ切れなんですけど!?

しかしホテルオーナーのヨーゼフに「滑りに行っている間に一枚印刷お願いします」、と。
オッケーだと。
帰ってみたら棚に一枚紙がぺらっと。
Danke!といいつつ開いたら、ヨーゼフ、紙の印刷の縦横の向き間違っとるやん!
申込書半分しか印刷されてない。
もう一度、サウナをあっためてもらうのと一緒にお願い。

今度はうまくいきまして、書き込んで、携帯で申込書撮影して返信。

ふー。

無事受理してもらいました。
そして費用は145ユーロ。
高いよ・・・

スピーキングのテストは面接官とのやりとりが録音されるので高くなるんですよね、でもこういうのでちゃんと試してもらっているのであれば結果にも文句無いですね、マークシートじゃやっぱり正確なところ分かりかねますしね。

というわけで試験は4月です。
結果もご報告しますよ、惨~敗~とかね・・・・(暗)

申し込んでから考える。これ意味あるのかなーとか。
どこか学校に入学するとか職場から要求されてるとかそういう訳じゃないですしね。
今までもこの資格なしでうまくいってましたしね。
しかしもう遅いです。こうしてここにも書いちゃったし。
無謀なうえに自虐的と申しましょうか。

準備しないといけないのでとりあえず図書館で問題集借りてきました。
・・・で、まだ一度も開いてません。
仕事もあるし練習問題を解く時間あるのかなぁ、、、

仕事より毎日の子供たちの宿題とピアノの練習(つまりほとんど次男のせいで)でいらいらしておりますが。
ああ理を説いて分かってくれる大人相手はなんて楽なんだろう。何度も言わなくていいってなんて素晴らしいんだろう。

というわけで、どどーんと失敗して一からやり直せ、と思った方も数少ないであろう心優しい頑張りなよ、と思ってくださった方もなるようにしかならないので(←おい)
↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-26 23:38 | work

Helsinkiグルメ撮影進行中

d0093885_0363248.jpg

タイトルの通り、某社さまよりご依頼いただきまして、
ヘルシンキで複数のグルメ取材を進行中です。

写真は某有名カフェの2月の定番、受難節のバンズ(Laskiais pulla)ジャム入りの方。これはアーモンド・ペースト入りが伝統ですが食べられない人やお子ちゃまはジャム入りを選ばれることが多い模様。私はどちらも好きですが、食べる日は運動しないとえらいことになりますです、はい。

この日は二日間で8件取材。

もうコーヒー飲み過ぎでカフェメニューはしばらく見たくないぐらい満喫しました。

まだまだ続きますが、第二弾で取材に行くのは2月末か3月初めかな、、

皆様にご覧いただけるのは4月以降かなと思います、またご報告しますね、に
↓エールのワンクリックをお願い申し上げまする。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-03 00:38 | work
d0093885_2385016.jpg


昨年クリスマス直前に納めたお仕事、出ました。
世界15か国の物価比較です。色々な物の値段を調べました。(記事自体は記者執筆ですよ〜)
ヨーロッパ3国のうちの一国として入れていただいていますが、北欧とはいえやはりいろんなものの値段が高いのが伺えます。しかも好景気でもないのに・・・(涙)

新聞なんて日刊紙が日本で150円のところ、426円ですからね。
昨年末はユーロ高だったことを勘定に入れても高いです、しかも新聞はほかのものに比べて付加価値税低いんですよ!?

いやとても勉強になったお仕事でした。
大特集「海外で働きたい 暮らしたい」自体もまさに個人的な関心としてはど真ん中です。
あと、「猫男子、猫女子〜」の取材記事も面白い!!独身で猫を飼う人が増えてるんですねぇ。
書店でよろしければぜひお手に取ってみてくださいませ。

今日もスパイク付シューズで走りましたよ、6.2㎞。この調子で週に3回ぐらい行けたらなと思います。

↓フィンランドでビッグマック583円なんか買ってられるか!にクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-01-20 22:57 | work
d0093885_1395578.jpg


そういえば、昨年11月にこういうお仕事もしていました。
今日郵送で掲載誌を頂いて思い出しましたよ。

評伝の訳者の片割れとして特集への寄稿を、ということだったのですが
悩んだ挙句オーソドックスにまとめてお送りしました。

ふたを開けてみれば、中学校の司書の方、そして講談社から出たボウエル・ウェスティン著のトーベ評伝訳者ゴールデン・コンビの森下圭子さん、畑中麻紀さん、そしてちくま書房の編集者喜入冬子さんと錚々たるメンバー。私だけ浮いてるじゃないか・・・

ムーミンへの「愛」あふれる皆さんの記事しっかり読ませていただきました。
中学生の感受性も素晴らしいなと司書をされている方の記事を読んで感じ入った次第です。

↓ほかの方の記事はとっても面白いですよ(爆)、にクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-01-14 01:37 | work

先月の通訳で

d0093885_5543762.jpg

伺った場所はヘルシンキでも絶好のロケーションにありました。
そこの方々、「こういう景色見てると仕事にならなくって」(副社長談)だそうです。
そりゃそうでしょうね、、私なら一日ぼーっとしてしまいそうです。

d0093885_5544041.jpg

12月末非常に寒くてこういう気温でした。仕事にモコモコダウンジャケットもなぁと着て行かずだったのですが幸い屋外ではほとんどいなかったので帰り道のみ、なんとかしのげました。
翌日からはまた暖かくなったんですけどね。
最近ずっとこうした寒暖の入れ替わる天気が続いています。
安定してマイナス5度ぐらいで適度に雪があればいいですけどね・・・。

d0093885_5544312.jpg

さて晩御飯どうしようととぼとぼBulevardiを歩いていたら新しいイタリアンバーを見つけてふらふらと入店。
いい感じでしたよ、CasaItaliaと言って美味しそうなチーズにサラミにオリーブオイルに!パニーノやワインと軽食も。白ワインとラザニア頼みました。
シシリアのカンノーロ頼もうとしたら「ごめんさっき最後の出ちゃった!」とミラノ近郊出身のお兄さん。
というわけでパネトーネを頼みました。大きくて満腹になりましたよ。

さて通訳先で頂きましたお土産、なんと
d0093885_5544634.jpg

ムーミンマグでした。
久しぶりだなぁ、前持ってたの全部三個とも割れちゃったし。
d0093885_5544959.jpg

名前はMuutto(お引越し)というマグです。
大事に使います。

この二日間も保育、高齢者福祉、潮力発電エネルギー、放射性廃棄物最終処分と幅広く弾丸のごとく訳しまくりました。電力会社の方々には日本関連で何かあったら頼むね、とあとでお言葉頂きました、いぇい。

半減期一回訳す時に言い忘れて失敗。
また次も頑張ります。


↓...ムーミンマグもう割るなよ〜にクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-01-13 05:39 | work
先に来月半ばの休暇のお知らせも。
d0093885_6574117.jpg

ブログ経由でご依頼いただくこともあるのですが、
フィンランド南部がスキー休暇に入るの8週目(2月14日(土)-21日(土))、全員健康であれば国外に行く予定でおりまして、物理的にフィンランドにおりません。

pcは持参してますし昨年も翻訳本の初校をイタリアのアルプスで、赤ペンで泣きながらゲロ吐く次男の横でチェックしておりましたし、メールのお返事は一日一回最低でも可能です。あ、そうか、というわけで元気でなくてもおそらく出発します、はい。

その週に体がフィンランドにないとできないタイプのお仕事、モデルとか(大嘘)、女優業とか(ジャローさんから苦情が来るな)・・・
通訳とか撮影隊の同行はこの週はお受けできませんこと事前にお知らせしておきます。

取り急ぎ・・・

写真は19時ごろ、食後に家族でAlias(物の名前を説明するゲーム)をやってお散歩兼軽いジョギングをしてきたときの朧月夜がきれいだったので。きれいに撮れていないのは私の腕のせいです、はい。


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-01-06 22:32 | work

2015年の抱負

d0093885_17501027.jpg

あけましておめでとうございます。

皆様にもどうか良い一年でありますように。

さて我が家は大晦日に友人家族にお呼ばれして丑三つ時帰還、
d0093885_17501629.jpg

(夜中1時ごろに出されたデザート)完食しました。

そして昨日元旦に日本人のお客様と大慌てで作ったお節もどきを囲んでにぎやかに楽しく過ごしました。
d0093885_17502026.jpg


こちらは昨日お出ししたティラミスとモカ・クリームのクッキーとジンジャーブレッド。

二日間、締切の仕事を寝かせましたよ、はい。今日締切なのでこれから頑張ります。

昨年を振り返ると仕事上でのいろいろなチャンスを頂きましたが、それを生かし切れているかというとまだ疑問があるところです。
いかんせん二人で営業していること、子供たちを最優先していること、夫の両親も他界し祖父母などの手を借りることができないこともあり、お仕事がお受けできない事もあります。
ただ夫も自営業の家系で育ち中小企業経営してきているので(実家が車のディーラー)理解があり、私が数日お客様と移動している間、家を守り料理を作り、子らの宿題やテスト勉強を見て習い事の送迎、音楽の宿題、学校との連絡もしてくれ、おかげで私も何度か家を空けて飛び回ることができました。
シングル親家庭だったらばこうした何日も留守にするお仕事は難しかったと思います。

私たちの業務では通訳、翻訳、執筆(少し撮影も)、コーディネートに加え、こちらでは日本関連のトピックの講師、市場の調査やコンサルティングといったいわゆるつなぎ役もしています。今後このコンサルティングの方で拡張していきたいと思いつつ頂く目の前の仕事に追われ(ありがたい事です)目立った行動を起こせずにいたのが昨年の反省です。
そういえばお料理教室や家庭で作るお寿司教室なんかも年2,3回やってますね、、、
万屋状態です。顧客に満足してもらうのが仕事ですからできることであれば何でもやるのは信条ですが。

原発関連の通訳も5年以上経ち、フィンランド語と英語で毎年新しい分野が(原子力発電は工学のデパートですね)目の前に現れ、化学や物理やシーケンスモデルといった用語に四苦八苦していますが、フィンランド側、スウェーデン側の原発担当者にもすごくいいじゃない、この道の北欧のベストだね、と言ってもらえたりもしましたが、まだまだなのは自覚していますし、私より上手な方がいるのも分かっています。
(ドイツ在住の方で工学分野にとても慣れているという方の話を先日聞きましたしね)

翻訳や通訳、執筆はいってみれば足し算の仕事ですよね、手作業、または口でやる集中力など肉体労働的要素を持っています。そして結果の範囲も想定できます。
比較ですが、研究開発で生まれる特許を取ってライセンス許諾をする、ということになれば市場可能性は数倍、数十倍で利益確保も一回限りではなく継続的なものが望めます。
いやもちろん文筆業でもスター作家なら桁は違いますが、自分ではその方向は考えておりませんし、初版から版を重ねるヒット作を翻訳するケースも稀ですし、ベストセラーの物語を紡ぎだす才能もありませんからね。(笑)

また、先日フィンランド在住一年目から45年以上のさまざまな方とお会いする機会がありました。
来週在フィンランド丸14年を迎えるのですが、果たしてこのままでいいのか(現状維持だけじゃいけません)まだ若い皆さんに私から何かできるのだろうかか、考えてしまいました。
老後も考えてしまいました、はい。

私もこれまで様々な先輩たちから手を差し伸べていただき、小さいながら様々なステップを経てきました。
先輩たちには本当に感謝しています。

そして、なかなか住み分けも気を遣う処です。昨年も同業者・友人との現場での”ばったり”があって「ああ、来てたんだね」、と互いに苦笑い。私もヘルシンキで仕事の時は多少気を使います。(多少なのが図太くなった証拠)
できれば、同業者や在住者同士で仕事を奪い合うのではなく、相乗効果で増やしていきたいと考えますし、
さらにフィンランドへの興味を呼び起こし、旅行者を増やし、投資を増やしてもらえるような情報やニュースの提供をしていきたいと思っています。提供だけでなくがっちりとそのプロジェクトの懐に食い込んでいきたい、と考えています。
ですから、ただこれをやりました、頑張ってます!終わり、ではなく何かもう少し繋げたい、広げたいという願望が渦巻いているところなのです。

ただまだまだ15年目、私も自分の会社の事、家族の事で手いっぱいな面がぬぐえません。まだ若い方やこちらに来られて間もない方々を助けられているかというと、これがまたまったくできていません、、、。
(だめじゃん)
手は二本、足も二本、口は一つ、そして昨年末はクリスマスカードもお客様宛は省略して二年、E-cardにてご挨拶のみさせていただいただけです。

皆様に不義理の程、心苦しい限りです。
8月に偶然の出会いで知り合いになった、私よりさらに十倍お忙しい方にロンドンから心こもった手書きのカードを頂き良心の呵責が。頭が下がる思いです。
これもトーベの生誕百周年の日に美術館の講演に日本人同士でそばに居合わせた、偶然の出会いというご縁でした。

さて、まずは今日締切のお仕事から・・・←おい
結局日々の、目の前の仕事に追われている現状は変わらずなのか?
いやでもこの現状打破をしたいのです!
それに向けて頑張りますよ!

↓...筆者励みのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-01-02 17:26 | work
中断していた出張編の続きです。
d0093885_1374432.jpg

さて移動日に午前が空いたのでスウェーデン人のコンサルタントの方がガイドを買って出てくれました。
ウプサラはストックホルムのアルランダ空港から急行で18分掛からないぐらいの近郊でした。
d0093885_137481.jpg

大聖堂は二百年近くかけて建造された(1200年代半ば〜)ゴシック風建築で典型的な尖塔、ロゼッタの窓、ステンドグラスなどが多用されています。
偉人聖人王族の墓所も多数。
d0093885_1375278.jpg

ドアが気に入ったので、
d0093885_137578.jpg

ディテールも。ドアノブ凝ってるの、好きなんです。

d0093885_138283.jpg

グスタフ・ヴァーサと王妃達の墓所が正面奥にあります。

d0093885_138555.jpg

唐草模様に分類されるのでせうか、美しいです。保存も大変でしょうな。。。

d0093885_138854.jpg

グスタフ・ヴァーサ王の棺下部にあるフィンランドにも関わる紋章。
この墓所の下に私の住むポリの街を起こしたカール・ヨハン三世の墓所もあります。彼はフィンランド公としてTurku(トゥルク)城を建て居住しており、ポリを開いたのが450年ほど前。
当時ハンザ同盟で貿易で栄えたウルヴィラ(Ulvila)の街から交易の中心を隣のポリに移したんですねー。
貿易品はこの辺で獲れる鮭やSiikaというホワイトフィッシュなど。代わりに香辛料や最先端の流行のものが中央ヨーロッパからもたらされました。

他の墓所にはヴァーサの隣に聖人エリックの遺骨(これを目当てにお参りする人が多かったとか)、近代分類学の父リンネが埋葬されているものが。

d0093885_1381163.jpg

この近辺はウプサラ大学の各学部棟も。これは何学部か見る時間なく移動。


d0093885_1381692.jpg

可愛らしいアマリリスとネコヤナギの飾りは教会そばのゲストハウス、アンナというところの玄関前にありました。
次はウプサラ城です。

↓...ポリの歴史はそんな事だったのね、あと続きを頑張って早く書けよ、にクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-12-26 23:34 | work