フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Akiさんのブログで見つけた記事の大体の訳です。細かい所(日本語がおかしいなど)どうか気になさらずに読んでみて下さい、、、

フィンランド語の原文はこちらから読めます。↓
http://elisa.net/ruokajaviini/uutiset/2520.html

<日本人のグルメ・ツアー客にとって、ベリー摘みはすばらしい体験>

北部カルヤラ地方の森の中では、秋になるとベリー摘みツアーを体験する日本人たちに出くわすかもしれない。
フリーで働く福田パイヴィさんは、2003年から日本人グループをフィンランドへと案内している。
中でも、一番好評なのはベリー摘みやキノコ狩りだという。
フィンランドで国民誰もに保障されている森へ入ってキノコやベリーを好きなだけ採取していいという権利は、日本では無く、また日本では森の中まで行く為には遠かったり、渡してある丸太の上を歩いたりと面倒な事が多い為、一般の日本人は森の中を歩きなれていない。よって、フィンランドでのベリー摘みの間には時々面白い事も起こる。「絶え間なく誰かが沼地でつまづいたりするんですよ」と福田さんは言う。

日本人旅行者達はケスティキエヴァリ ヘッラニエミというところに宿泊し、その場所の台所を利用して自分達でフィンランド料理に挑戦する。
カレリアン・パイ、ライ麦パン、ヴァトリューシュカ(パイ風のもっちりした手のひらサイズのパンで、東フィンランドで作られる)、ベリーを使ったデザートなど味わうだけでなく自分で作る楽しみもあり、自然の中でのゆったりした経験が、日本人をフィンランド・ファンにしているようだ。福田さんによると、こうした旅行への需要はまだまだありそうだという。

お土産にはカルダモンとマンナ穀粉

フィンランドの食べ物は日本人の口に合うと福田さんはすぐに気がついたとか。魚料理はグループの中でも人気が高く、例えば、スモーク・サーモンは日本人には新しい味覚と捉えられている様子。日本では乳製品の種類が貧弱なため、フィンランド滞在中に様々な製品をしっかりと味わってもらう。オーブンを使うキャセロール料理やパイ、ペーストリーなども日本ではまだ馴染みが無いもののようだ。

自然の平穏さ、そして焚き火で沸かすヤカンでのコーヒーとプッラ(菓子パン)はなんともいえないすばらしい経験で、日本人達の心に長く残る思い出となる。
お土産には、カルダモン、マンナというプーロに使う穀粉(ファリーナとも言うようです)、バニラ・シュガーなどが定番。中には、夫のために、と電動のこぎりを買った夫人もいたとか。
福田さん自身日本には20年以上住んでおり、北カルヤラ地方の食文化は母親の故郷イロマンツィを通じて親しんできた。
彼女は、織物教室をメインに旅行の企画を始め、最初は彼女の生徒達が旅行に参加していたが、現在では福田さんの日本人の友人が旅行参加者を募っている。

グルメ旅行の参加者は10~20名、年に2回実施されている。参加者は女性で年齢層でいうと30~60歳代。
期間は一週間で、そのうち現地で2,3日キッチンにこもり、残りは観光したりそのほかのフィンランド的活動を楽しむと言う内容。
(Finfoodより)
[PR]
by wa-connection | 2006-11-30 01:05

頑固

「男の子って何でこうなの?」
と思うことは今までもたびたびあったが、男の子の親の寿命が平均2年程度短めというデータも昔新聞で読んだのも納得できる位、肉体的にハードな毎日である。

4歳半の長男。120cm位、23kg。体もごつごつしてきて、頭突きやら、こちらがソファにどーっと倒れこんでいる時にジャーンプ!と飛び掛ってこられたりしたらもうこっちもかなりダメージを受ける。押さえつけられるのも後2,3年か。。。

1歳半の次男。88cm位、14kg程度かな。
まだ上に乗ってきても軽いし、やわらかいので気持ちいい(ついぎゅーっと抱っこしてしまう)が、朝私が眠くてたまらない時に顔の上におしっこたっぷりのオムツに包まれたお尻をどーんと乗っけてこられると鼻が曲がり、いや曲がります。抱っこで歩き回るにはつらいけど、歩かせるとこけるし遅いので、つい抱きかかえて移動。→背中や腰が痛くなる、という循環。
噛み付き癖あり。私もあざだらけになるなぁ。

家の中が色々めちゃくちゃになる。
男女でも個人差勿論あるだろうけど、なぜ毎日毎日雄たけびを上げなければならないの?
なぜどこかにぶつかって痛くて泣くまで、汗かいてぐるぐる走り回らなければならないの?
なぜやっちゃ駄目という事を何度もやるの?
どうして喧嘩するの?
どうして棒を見たら拾って振り回さずにいられないの?(私もそうだったなぁ)
どうして君達はいつも同じおもちゃに同時に気がつくの?→取り合い
          →互いに押したり噛み付いたり。次男も負けてない。

d0093885_7501326.jpg

次男へどうして、あたりかまわず登りまくるの? 落ちたら痛いのわかんないの?
どうして噛み付くの?(歯がかゆいんだろな。後何本生えるのかな、、)
どうして一晩中寝られないの?
どうしてオムツはずしたとたんにおしっこちーが出るの?しかも、オマルに座った時は出ない、、、

二人へ 
どうして手を離しちゃダメ、車が来るから、という所で手を振り放すの? 街中で肝冷やす事多し。

もう言葉が見つからない。(あ、これマンガ「毎日母さん」の盗作だな。あれ、結構いいとこ突いてます。)

・・・と私としては、物心ついた子どものように「どうして」のオンパレード。
答えはまあ分かってはいるんだけど。何万回でも言わないと頭に入らない。本当に経験するまで痛いとか怪我をするとか分からない。無事に育ってくれるでしょうか。
かーさん、ちょっと疲れ気味です。
親がパソコンの前でカタカタしていてもいけないんですけどね。

いわゆるSOHOは、実情「めちゃくちゃ」です。私が請求書起こそうとしている小さな部屋のすぐそばで、上の息子が「はさみー、はさみ~チョキチョキする~!」と主張、床に紙くずが散らばり始め、次男もやりたい(鋏持てないくせになぁ)、でもじぶんでできないから幼児用はさみを私に押し付けて「あー、あー!(切れ)」と要求する。こういうことは子どもがいるときにやっちゃ行かんですな。子供がいるときはメール受信・読むだけでやめるべし。

この数日、雨が降っていて、外で遊べないので、家の中で怪獣ガメラとゴジラはエネルギーもてあまし気味。もとい、もてあましすぎ。

早く雪降ってください。そしたら外で発散できる。
プラス6度なんて、11月の気温じゃないよ~。温暖化に個人レベルで対処すべきですな。

あ、今のうちにジョギング行けばいいのか。

明日は肩と腰のマッサージにやっと予約が入れられたので、リラックスしてきます。
[PR]
by wa-connection | 2006-11-24 07:52 | kids
11月23日
追記:翌日、「彼がこんなに手間が掛かってしまって申し訳なかった、自分が最初にちゃんと説明できなかったミスだった」と謝ってくれまして、気持ちよく和解できたと思います。
ああよかった。


木曜日にヘルシンキに一泊して、お仕事して来ました。
帰ってきたら、私に翻訳を回してくれているフィンランド人から、
『君がいない間に、「一件小さい仕事やっといたよ」』とのこと。
へえ何かな、とおもったら、、

お客宛に、オンラインアンケートを頼む手紙文で、最初に

「拝啓
 貴社ますますご清祥の事とお喜び申し上げます。
~~」
と書いてある。

嫌な予感。これ、個人宛じゃないよね? 会社宛だよね?個人のお客さま向けだったらちょっと違うんだけど?

・・と返事を返すと、どんぴしゃでした。
彼は、フィンランドでは、一応「日本通」ということで仕事している。会話力は、
観光ならなんとかなるんじゃないかな、、という程度。だとおもう。いつもは英語でやり取りしているのだけど、時々メールに打ってある日本語の単語から推察するに。

あんた、日本人でもビジネスレターは山ほどマニュアル本がある(需要がある)位なのに、なんでこんなことしてくれるの、、、
私は確かにこの二日PCで仕事できないとはいったけど、せめて携帯に電話かメールしてくれれば済んだ事なのに。。。

昨日のメールから、既に10件、私と彼の間でやり取り続行中。今も2,3分間隔で、「だからあちらはこうしろ、金曜朝までに欲しいっていって、Tはいなかったじゃないか、だからやったんだ」から始まって、私もキレようかとおもいました。
メールの下書きに「じゃああなたは次の、しっかり言う事を聞いていつでもReadyな翻訳者を探した方が良いね」と書きましたが、ちゃんと消しておきました。30代のせめてもの分別と申しましょうか。(書いたら終わりですね)

いますね、フィンランドにも謝れない人って。
相手に勝つ事に焦点がいってしまってる。大事なのは、まだ修正が間に合うかどうかじゃないのかね?お客に、手違いでこういうことがあったから入れ替えさせてくださいって言えばいいのに。

次に直したがった点が、
拝啓~敬具のあとに、「ありがとうございました」を入れたがったこと。
敬具の後は、そういうこと書かないんだってば、、、、
これを説明するのに、3回メールが必要でした。

そういうことも分からないなら、手をつけるないで欲しいなぁ。

今晩は他のやり残した事をやろうと思っていたのに、子供が夜9時半に寝た後の貴重な1時間半をこっちに使ってしまったじゃないか!(怒)
もうやめよう、とさっき終わりました。

今、これを実際に彼から請求できるものかどうかか考えたけど、だめだろうな、、、

もっと生産的なことに時間使いたいものです。

23時15分。もう寝ます。
[PR]
by wa-connection | 2006-11-19 06:18 | work

日本の技術に感動

一応機密保持で、といいつかりましたので詳しくは書けません。
が!私は言いたい。


日本の技術はすごい!


何がって、某大企業での通訳に同行して来ました。この二日間、タンペレ工科大にて70人の学生さん前に一日、二日目は誰もが知ってる企業に行き、ベンダーさん付きでエレクトロニクス分野の技術説明、です。

ナノミクロンが単位。
目に見えませんわ。見えるもの、食べられるものが世の中の全てと信じたい私としましても、こういう様々なものが組み合わさっていつも使っているものが出来上がっているんだなぁといまさらながらにじっと機械を見つめてしまうわけです。

しかし、訳す方としましてはつろうございました。
基板とか溶剤とか電極とか、化学も物理も避けて通ってまいりましたが、お仕事となればそうもいきません。足りない所はなんとか誠意と熱意で補いたい所です。

勉強になりました。

さて二日間家を留守にし、パートナーKは子守ですっかりやつれておりました。しかも私が出た日の午後から中部から西にかけて大雪。
メインの道路も、長距離トラックがスリップして道に横たわり、タンペレからは移動がかなり難しい二日間でした。
今日もお客さん、タンペレ発の電車が動かず一時間以上足止めされていたそうです。
なので、私は復路、タンペレを通らざるを得ない電車は避け、バスで。でも40分遅れましたね。
無事帰って来れたので良しとしましょう。タクシー待ちで、もう一人の人と相乗りしてきました。同じ方向で助かった。

帰りのバスはもう辞書もプレゼン書類も何も出さずに、ピーター・メイル(プロヴァンス系の本を出した人です)の「Hotelli Pastis」を読みながら4時間以上過ごしました。バスが遅れたおかげで100ページ近くまで進みましたよ。

今日はもう寝ます。

明日はまた急ぎの翻訳です。
請求書も起こさなきゃ。

来週はうってかわって、茶道紹介(袱紗の裁き方もう忘れてる 汗)を地元の人にします。
また着物かー、、、二日置いて、中学生100人(20人弱が7グループだからもっとか)相手
にお箸の使い方を教えるイベントも。学級委員みたいなことをやってるサポート役の生徒達です。
来週も体力勝負だなぁ。
皆さんも、しっかり睡眠とりましょう。
[PR]
by wa-connection | 2006-11-02 06:00 | work