フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

は、こんな内容だそうです。

9月4日 
Japanese Identity

d0093885_3592285.jpg


面白そうです。
早く勉強しようっと。

訳すのはKにやってもらいます。(フィンランド語完璧だし)
当日のアドリブは私がなんとかしなければ。。。

電車が遅れないことを祈ります。
タンペレ乗り換えで2時間40分ぐらいでしょうか。
これで遅れたりしたらオジャンですから、、、自動車はちょっと自信がないし。
車でも、途中で事故があったりして交通がストップしたりしますけれどね。
[PR]
by wa-connection | 2007-08-27 03:59 | work

Yle Satakunta Kasari ohjelma

d0093885_3524234.jpg

カサリというのは、「片手鍋」でしょうか、ソース・パンの事です。これが料理番組のタイトルです。

YLE Satakuntaのサイト

去年やった2回目のレシピ集
フィンランド語です。


今日も来てくれたのはピプサ。Kの高校の同級生です。同じく法学部を目指して玉砕した当時の仲間だとか。
あと写真の後ろに写っているのは音声担当のカティ。彼女も去年も来てくれました。

d0093885_40024.jpg

この空調が無いらしい中継車の中で暑い中調整をやってくれました。
生放送じゃないのですがスタジオを離れると大変ですねー。。。

この放送は明後日木曜日のフィンランド時間16:35からです。ミラーリングでなんだかサイトからも聞くことが出来ると聞きましたが、恐らく我が家ではラジオの前に陣取る事になるでしょう。
恥ずかしいんですよね、自分の声を聞くって。前も気分が悪くなったような記憶があります。ケッタイな声だったもので。


さて、9月始めに通訳の仕事が入りましたので、そちらの準備と生け花の勉強も始めなければ。

でも、今日日本から荷物が届いて(母に感謝!)宮部みゆきの本4冊と以前買ったコミックが4冊届いたので、今日はゆっくりしようかな、、、

ちなみに、写真は携帯のカメラです。
撮ったのはKです。なれていないのでぶれまくりです。やれやれ・・・
私も美しく(?)写っていなかったので削除。
[PR]
by wa-connection | 2007-08-22 03:55 | work
去年もやったお仕事です。
YLEラジオのサタクンタ支局では、毎週木曜に料理番組があるんですが、去年私達は自宅で料理とコメントを録音してもらいました。

今年も中継車(中に機器が全部用意されている)が明日きまして、インタビュアーの女性がコードをぐるぐる家の中まで引っ張って、私が料理する間にコメントしたり、Kが日本の食文化などについて喋ります。
私に料理をしている間に喋らせるとめちゃくちゃなものが出来上がりますんで・・・

最近仕事が料理づいてますね。
来年3月には、この地方のカルチャーセンターでの和食教室3夜連続も決定。


ところで、図書館で予約していたハリー・ポッターの新作がやっと周ってきました。6月に予約したので、数冊購入したうちの4番目でしたね。意外と早く来ました。
はー、5日掛かりましたよ、読み終わるのに。夜しかないですしね、子ども達が寝てからは色々仕事関係でも用事も済ませなければならないし。

ああでもなんだか空虚です。終わってしまった。
週末ムーミンワールドやコテージに出かけていて留守にしていたんですが、その移動時間も読んでました。目が疲れますねぇ、小さい字だと。

Kは喜んでます。これで終わりかー、よしよし、もっとちゃんとした本を読めよ、と。

おかげで、新聞の山が又高くなりました。整理したら紙袋一杯です。もうあきらめて回収に出すべきか・・・


さて、9月21-24日のヴェネツィア旅行まで一ヶ月です。
旅行の予習もせねばなぁ。レストランや観光スポット。ムラノガラスの記事は丁度読んだんですよ。フィンランド人ガラス工芸家が70年代ごろからコンスタントにヴェネツィアで作品を作ったりしていたそうで。
今年春に没したティモ・サルパネヴァなどもそうです。

更に、中国などから入ってくるムラノガラスじゃないものまでムラノだといって売っているそうなので、ちゃんと調べてから買わなければいけませんね、もし買うとしたらですが。
[PR]
by wa-connection | 2007-08-20 19:57 | work
Kが関っているもので、必然的に翻訳のお手伝いなんかもしてまして、面白いなぁと思いましたのでこちらにも書いてみます。

d0093885_21244139.jpg


ポリには、大学センターや公立のヘルスケア・センターも入っている、Porinpuuvilla(旧紡績工場の赤レンガ建物群)が川沿いにあって、なかなかきれいな眺めなのですが、
他にも色々な企業や施設が入っています。ゴーカートリンクとか。室内ホッケー場とか、展示会場、中小企業、有名なダンススクール、、、などなど。

その中の一角を、様々な武道グループが今共同で借りていて、剣道部もそのうちの一つです。

うちの次男のGodfatherである、Kari Ruuhilahtiカリ・ルーヒラハティさん(5段)は、自らの卒論で東京の講談社が所有する有名な野間道場の床構造をテーマに選び、実際に2年前そこに行き、様々な関係者に話を聞いたり設計図を貰ったり(私達は翻訳手伝いました・・・)していました。
ちゃんとした道場の床には、踏み込みの時の衝撃を吸収するようにバネが床下に仕込まれているんですねぇ、その時初めて知りました。ついでに、野間道場についても、無知な私は全く知りませんでした。。余談終わり。

現在、240平米のスペースを借り受け、野間道場の伝統の様式にのっとって床の建設が進んでいます。こちらからご覧下さいね。

日本語ページも出来ていますので。

で、ご想像の通り、スポンサーも募集中だそうです。

もし!やってもいいよなんて奇特な方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。カリや会長のアリ(アルスカ)に伝えますので。
材料もろもろで、約1万5千ユーロのコストが掛かるようです。
うちも小口ながら会社としてサポートしました。のでスポンサーとして名前が載ってます。。。

本格的です。
野間道場は現在取り壊し反対運動が行われているようですね。
出版会の剣道大会が先だって行われたと新聞社の方に伺いました。

残せるものなら残して欲しいですよね。壊したら二度と戻せませんから。



さて、お仕事お仕事。

来月のベネツィア旅行のすぐ後にいけばなの通訳のお仕事が入りました。
緊張しそうですがしっかりお勤めして参ります。
今年は草月流の記念の年ですもんね。
ああ習って置けばよかったなぁ。(又出たこのコメント)

とおもいましたが、 今回のお仕事で学べるって事じゃないですか!
しかも日本からおいでの、師範の先生から。

おいしいお仕事です。がんばるぞ~。
[PR]
by wa-connection | 2007-08-16 21:23 | life in Pori

先週は遊びました

d0093885_4571619.jpg
いやはや、先週はばたばたしてました。
仕事って言うより、折角暑くなったので殆ど子ども達にどうやって楽しませるか、でレジャーにいそしんでおりました。


月 移動遊園地のTivoliへ。

火 Yyteri(フィンランドで一番きれいと言われているビーチです!)に子ども達を連れて行く。一時間で帰宅。帰る頃には駐車場は満杯。

水 朝 屋外プールへ 午後、子ども達を預けて、夫婦でRaumaのFestivoにて15時からコンサートを聴く  夕方ゴルフ場の打ちっぱなしへ

木 中日でゆったり。

金   午後からヘルシンキ一泊 子ども抜き レストラン エスプラナディ公園通りにある  
   Postresにて(最高でした。又ここについて書きます)

土 朝 買い物などを済ませ、EspooのGodParents宅に行き、長男を迎えて
   TampereとPoriの中間地点にあるコテージにいる義理両親から次男を引き取り、太陽の照りつける中Poriへ帰宅。

日  今年初のゴルフ・トーナメント参加。 
    結果は31名中18位でしたが、ウッドが今年初めてクリーンヒットで
   それは気持ちいい一日でした。パーもいくつかとって、でも一つのホールでバンカーにつかまって11も叩いた・・・ 新しい人とも知り合えて良かった。7月末の日本商工会のコンペは高熱が出てキャンセルしたのが悔やまれてましたんで、何かに参加できてすっきりしました。

Kは金曜から疲れが出て風邪気味でしたが、レストランではしっかり食べて楽しみましたよ。
    
画像は、FestivoRaumaで聞いてきたコンサートの会場の外見と内部。
d0093885_4573528.jpg


日本から関係者かな、と思われる素敵な親子の方も最前列で聞いておられたんですが、
「贅沢なコンサートですねぇ」と感心されてました。

レベルの高い演奏者を集めて、演奏者達から2mぐらいの距離で、会場もアット・ホーム。たった15ユーロで一時間の濃い演奏+コンサートの後、お茶とケーキが楽しめるんですから、、、

RomaniaのチェリストLaurentiu Sbarcea氏、日本の水谷川優子さんのチェロ、そしてアメリカのJohann Sebastian Paetsch氏の繊細なチェロ。

それぞれの個性があいまって、音が和をなすといいますか、とてもおいしいデザートを食べているような気持ちになりました。最初から最後まで100%満足、とは言えないんですが、
中でも2曲は本当にすばらしいと思えました。

すみません、言葉が見つからないんですが。
ピアノは、館野泉さんのお弟子さんRaunio氏でした。

ゴトーニ氏のバイオリンもご本人の喋り方と同様繊細でした。
「若者がキオスクに売ってるようなクズ・コミックを読んでばかりの世の中じゃ宜しくない、ちゃんとした中身のある文化も伝えて行きたい」というような事を冒頭に言われていました。
みるからに外国人も数名いましたが、フィンランド語オンリーで。
以前、能楽とのコラボレーションで演奏された時は大きめの会場だったので、英語でも話されてましたよ。

聴衆の殆どは、このコンサートをスポンサーした国民シニア会?のメンバーが多かった為か、60代~が多かったです。

さて曲目は、
●ドビュッシーのチェロ・ソナタ (sellosonaatti d-molli) <-難しそうでした...
●ショパン 二つのマズルカ (kaksi masurkkaa) <-知らない曲でした、お恥ずかしい
●ドヴォルザーク ピアノ三重奏曲3番へ短調 作品65 (pianotrio f-molli op.65)
                             <-ピアノのTuijaHakkilaさん素敵でした。
        みやがわさんはかなりダイナミックな演奏をされますね。外見のたおやかさと違って新鮮な魅力です。手首の動きが美しかったです~。

●グリーク ペール・ギュントからソルヴェイグの歌の部分 

●デヴィッド・ポッパー レクイエム 作品133 (3台のチェロとピアノの為の)
ー>この最後の曲が一番好きでした。

余韻に浸りたかったんですが、子ども達を迎えに行って、雰囲気ががらりと変わりました・・
息子達はシッターさん宅で彼女のお孫さんと遊べて楽しかったようです。


さて、9月からポリ・シンフォニーのシーズンも始まります。今年は1,2回は行ってみようかな。 
折角お手軽価格なので、楽しまなきゃ損ですね。
 
[PR]
by wa-connection | 2007-08-14 05:27 | life in Pori
この画像はカメラ付携帯で一週間前。ゴムボートで子ども達が湖に遊びに行く前です。
d0093885_4304732.jpg



さて、タイトルは、先週のお仕事です。
といっても、宣伝が目的なので、無報酬です。。。

ポリ市中心部(Kauppahalli、つまりマーケット・ホールの隣)にある、キッチン関係のギフトショップPaprika

ここにはもう何年も、プレゼントのアイディアに困ったら通って急場をしのいできたのですが、
オーナーのNinaが3年ほど前に、サタクンタ地方のオリジナル料理レシピを集めたクッキング・ブックを出版しています。
レシピ提供者は、地元出身の元大臣や、現・政治家、スポーツ選手、古くからあるレストランやお店の関係者、ポリジャズのアート・ディレクター、アート関係の人たちなど多彩。
彼らは写真付きでエピソードなどのコメントもつけます。

ただ、これだけでは物足りないとの事で、色々なレシピをパプリカから提供したり、他の地元企業からも集めていました。


さて、今年12月にVol.2が発売になるそうで、うちにもお声が掛かりました。
有名人では有りませんので、当然地味な方の枠です。
ですが、広告料なしで名前と企業名が入ります!
しかも本は残ります。

魚の煮付け
ほうれん草のおひたし、
シイタケの甘辛煮

を送っておきました。
この地方で簡単に手に入って、作り方も面倒ではなく、日々の食卓に使えるもの、という事だったので、こんな感じでいいのではないかと。

これで又少し、地元で寿司以外にも日本食があると分かってもらえるといいですねー。
巻きはともかく、握り寿司は自宅で作れるような簡単なもんじゃないということも・・・とほほ
[PR]
by wa-connection | 2007-08-13 23:31 | work

やってもた、、、

水没です。

はい、カメラです。

買って2年。

あと一年持たせたかったんですが、最近欲が出て色々広告を見比べていたのが、
カメラにも伝わってしまったのかもしれません、、、

なんて書いていますが、不注意です。
湖のほとりで子ども達を遊ばせていて、にストラップの金具がちょっと緩んでいるな、とは思っていたのですが、、、
その後、魚釣りをしていて、Ahvenがかかってさおを引き上げたら、代わりにカメラがケースごとぶくぶくと。
奇跡的に1GBのメモリ・カードは無事でした。

(反省)

・・という事で、この2,3日物色しています。
が、高い!
ユーロ高もありますが、大体関税とかなんだか掛かっているから、
日本でたとえば、
LUMIXの光学10倍ズームTZ3
が日本だとこの比較表の通り。3万円ちょっとですね。


フィンランドでこの値段
400ユーロだと、65600円ですか、今日の為替レートでいうと。
これなら一眼レフの型落ちが買えそうです。(Kがそんなの要らんと言い張ってますが)

アンッティラというチェーン店で329ユーロのセール価格で、一つ前のモデルTZ2が出ています。

家族が、たとえ荷物に隠して、荷札に書かなかったとしても、税関で見つかって(箱の中身を受け取りの際、あけますのでねー)結局同じぐらいとられるんじゃないかと言って、日本でネットショップ購入はするなと言います。で、来年まで待てと。

どうしようかなぁ。うーん。。。

周りの人たちはもう里帰り済ませちゃったしなぁ(人様を運び屋にしようかと一瞬考えた不埒な奴です)。

最近は書く仕事はあまり受けていないし。おいしいのが来たらスナップ程度なら執筆と一緒に引き受けるんですが。

考え中。
[PR]
by wa-connection | 2007-08-09 21:36 | others
はい、旬のものです。
ここ最近、皆さん方のサイトでおいしそうな画像を見てきたので、いつうちでは登場するかと待っておりましたらば、昨日Kが焼きましたよ。

d0093885_4252271.jpg


ただし、コテージの森から取ってきたのではなくて、市場から買いました。横着しました。(Kが)

焼きたて。
d0093885_4311381.jpg


口をあけたが思いとどまり、食べられてしまう直前。
これにホイップしたバニラ・ソースがかかりまーす。
d0093885_432461.jpg


おいしそうに見えないのは、私の撮影の腕が悪いからです!

生のベリーのデザートは、それは美味しいです。
マンマミーア! ハオ好!  ほっぺた落ちました。

これがですね、冷凍ので作ると全然味が違うんですよねぇ。

旬のものを食べるという意味を舌で感じる瞬間です。

雨もたくさん降ったし、キノコも豊作かな。

この間、コテージのそばに生えていたジャンボなポルチーニ(セップ茸)の画像もおまけに。
d0093885_4374855.jpg

[PR]
by wa-connection | 2007-08-02 04:38