フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

月曜~金曜毎朝5時~7時の早朝に放送されている「WAKE UP TOKYO」のなかで、BeatCheckerというコーナーです。
25~35歳のビジネスマン、OLさんが対象だそうで、朝早起きして自分の時間を持ち、バリバリ人生を楽しむ人たち、というイメージですね。
すばらしいですね、私も早起きしなければ、、といいつつ、宵っ張りが多いです。

●番組のサイトはこちらから。


サイト中のスタッフやSachaさんのブログはこちらから。

Sachaさんは日独ハーフだそうです。

実は、生放送ではなくて、あと3時間で収録の為のお電話を頂く予定です。

ちょっとドキドキです。
しかし、東京なので実家の家族には聞いてもらえないでしょう、あと時間も早いし、、(あ、両親はとっくに起きている時間ですが)。


お仕事がたくさんです。
6,7月の静けさがうそのようです。でもこれでなくては困ります。

この4半期から業績挽回じゃ~!


============

さて、プライベートでは;
火曜日早朝にベネツィアから戻りました。
4日間、楽しかったです!ゴンドラも乗ったし、ムラノガラスの作品たくさん見て目の保養をしたし、ブランド物をお洒落に着こなしたイタリアマダム達を千人以上?見てきたし。あんなにブランド物をたくさん見たのは何年振りでしょう。日本でもこんなにいないのでは?と思ったほど。

外国人もあれほど見たのは久しぶり。
私達もその中に含まれますが、、、

アメリカ人が、やはり戦争を戦った場所だったからか、多かったですね。
ヘミングウェイの通ったHarry's Barでベリーニも飲みましたよ。一杯15ユーロもしましたけど。
物価も高かったですが、レストランは厳選して3晩毎回フルコースを食べました。でもデザートが入らなかったので、フルとはいえないですね。高いのでその分昼は殆ど抜きに近い形で。
(でないとディナーが胃に入らない!)

イタリア人のサービスはムラが有ると思いましたね・・・機嫌がよければどんどんサービス度もアップ。落ち込んだりしてるととたんに不機嫌。
Kはやっぱり日本が最高、と再認識しておりました。

街中では車を一台も見ず、いつも移動はバス(フェリー)だったので、空港に戻って駐車場と自動車を見たときは不思議に感じました。


=============
子ども達は、自宅に帰りたくない位おばあちゃんちが楽しかったようです。
おじいちゃんおばあちゃんもよく面倒を見てくれました、感謝・感激。

でも長男は、英語のプレイスクールが大嫌いになってきたみたいで。
やっぱりフィンランド語がちょっと遅れてるから、軽く見られてるのかも。
来月末からスピーチ・セラピーに通います。市のサービスで無料、人員が二人しかいませんから月一度がやっとかな、と思います。RとLの違いが弱いらしいです。
私自身が耳が出来上がっちゃって、聞き取れませんからね、書き取りをする際は・・・

意外と、近所のお子さんとか、知り合いの3男坊も通ってたりします。(フィンランド人家庭の子ども)

長男はやさしい子だし、ちゃんと発達もしてるので、大人になったら誰もこんなこと覚えてないと思いたいです。今のうちに、出来るだけの事はしてあげたいものです。

火曜日一日、子ども達とべったりして(次男は夜も何度も目を覚まして私を探しに来ました)、今朝子ども達にタクシーから手を振りつつ、バスでヘルシンキに出発してきた兼業ママなのでした。
[PR]
by wa-connection | 2007-09-27 02:55 | work

ウルトラマン

が大好きな息子達。

ついウルトラマンCD2枚組みを買ったのが去年。

いまや次男(2歳半)でさえ、「ウートアマンダーイナー、ダーイナー(ウルトラマン・ダイナ)」
とか、今年40周年の「テブン、テブーン、テブーーーン(セブン、セブン、セブン)♪」
を毎日毎日、朝から晩まで絶叫している。

私の頭の中もセブン。気が付くと「諸星ダンの~名を借りて~♪(ちなみに2番)」と口ずさんでいて怖い。

長男も歌ってる。
「レオー、ウルトラマン!」とか「ウルトラの父が居る~、ウルトラの母が居る~そーしーてータロウが・・」とか。
なぜかクラシックの方がお気に入り。

ダイナは帰省時にDVDを借りて何度も見ていたので、その歌も大好き。ポーズつきでやってる。

心配してたけど、成長したなぁ。
次男は特に発達が著しい時期で、お兄ちゃんの真似ばかりしている。
毎日、「これ何?これ何?コレナニ???」の100連発。

長男はこのプロセスがあまり無かった。なので、今でも言葉探しに苦労しているよう。
根が優しくて、あまり主張できないのも、心の中に気持ちを溜め込んでいるようで、かわいそうなような、いじらしいような。。
3時間保育でも、女の子にちょっかい出すのに、普通に喋らずに嫌がることをしたりしてる。
興味があるんだろうけど、うまく遊べないみたい。
語彙をふやしてあげたい。
大丈夫かなぁ?

でも弟と張り合う毎日、家の中では内弁慶でボクが僕が!と連発。
うるさい事この上ない、、、
とりあえずサッカーを習わせているけど、ボールを人と取り合うのに興味が無い。取られると腹が立つみたい。それがゲームなんだよっていってもいまいちわかってるんだかないんだか。

小学校に上がったら好きなスポーツに変える予定で、夫は柔道を考えているみたいです。
将来は剣道を習ってくれたらいいなと思ってるみたいだけど。
自信が付くものなら何でもいいかな。


5歳4ヶ月と2歳半かぁ、大きくなったよね、産まれたときに比べたら。
言葉も、ゆっくりながらも発達してるもんね。

長男へはもう少しゆったり相手をしてあげたいのだけど、いかんせんばたばたしているのと、次男がまとわり付いてくるので、ついついお兄ちゃんに我慢をさせている事が多いと思う。
悪いなぁ。

もっとやさしくしてあげないとな。
今の私はただのガミガミ母さんになっている事が多い気がする。

細切れ時間でも、ちゃんと向き合ってあげなきゃ。
[PR]
by wa-connection | 2007-09-13 04:22 | kids

議事録作成の仕事

来週月曜ー火曜とヘルシンキに一泊してきます。
同業者の通訳さんについて、録音と議事録作成(英語→日本語)です。

日本からの視察団がフィンランドなどをまわられるようです。
勿論内容は申し上げられませんが、間違いなくお堅いです、はい。

今月はもうこれ以上は受けられませんね、この状態では。

ちなみに、
17,18日 ヘルシンキ一泊
21-24日 ヴェネツィア (休暇! 息子達を預かってくれる夫の両親に大感謝)
 25日早朝 ヘルシンキから飛行機でポリへ

26-27日 ヘルシンキ一泊 生け花デモの通訳

28日  日本についてのレクチャー 10人のフィンランド人のグループ向け。
                   (世界技能大会が秋に静岡県で開催されるのでそこに出発する                   選手団?が基本的なことを知りたいと。)

<調整中>月末から10月始めのどこかで  取材アテンド!?


これに加えて、毎月の翻訳も後半に来るはず。
仕事がバラエティに富んでるのはいいけど、移動などで時間が取られるのがやはりマイナスですね。田舎に住んでいるからなんですけど。首都圏に住んでたら、泊まりの数も減りますけどね、、。
ヘルシンキからの電車では、パソコン広げて仕事が出来るスペースを予約しましたよ。(値段は一緒!)
Tyo"skentelytilaっていうやつ。この前PC使えるオープンスペースを取ったら、音楽とかガンガンイヤフォンで聞いているオタクっぽい人達のスペースだったんで。うう、、

来月はどうなるでしょう。
とにかく今月を乗り切ります。
誰も病気にならないで~。
[PR]
by wa-connection | 2007-09-10 23:04 | work

面白かったです

ハメーンリンナでは、とっても素敵な方々にお会いできました。

色んな人に出会えるのも仕事の醍醐味ですね。

講演のテーマは、「余白の美」について。
あえて空白を残すのは観客に想像力を働かせて欲しいから、そして藤原次郎さんがズームを使わないのは、ズームする事によって、対象が見え見えになってしまう事を避けるためだそうです。

琵琶を演奏されているとある御宅の開け放った夏座敷から庭が見えて、日本人の原風景みたいなものを感じましたね。吹き抜けるそよ風、風鈴の音、木の葉のそよぐ音。。。
もう15分の映画を観ながら、目がうるんでしまいそうでした。


忙しい日々が続いています。
仕事ばかりじゃないんですよ。

子どもの行事も多いし、長男のサッカーへの送迎と付き添い、次男のTelinevoimistelu(室内でバーを使ったりジャンプしたり、登ったり、色々。。。)の送迎と付き添い、長男の保育への送り迎え。

毎日の家事もやり残しがたくさんあって見ないようにしている家の内部が何箇所も!
たまりにたまった新聞の山、どうするんだ。。。
日本に里帰りした後の6月の新聞もまだあったような。
あきらめて捨てるべきか、、いやしかし、こういうところで色んな情報をキャッチして仕事に生かせるので、やはり捨てられない。


並行して進めていたのが、ライター仲間の靴家幸子さんがもってきてくれたコーディネーションの仕事です。
「エクスナレッジ」誌にカントリーハウス特集だそうで、
めったに無い物件を紹介しました。
今月末~来月初めに撮影です。日本人のフリーのライター兼カメラマンの山上ゆうみさんがスペインからいらっしゃいます。

私は撮影も書く方もしなくていいのですが、写真サンプル集めと電話やメールでの依頼が当たり前では有りますが、結構手間がかかるものです。その為に謝礼も頂くわけですが。
形になったらそれだけに嬉しいですね。楽しみ。
お天気になりますように。

物件は、ポリ近郊にある、1800年代後半に建てられたマナーハウスと、同じ敷地内にある1700年代の木造の建物を紹介しますよ。
(ここに住んでいる人が、私のマタニティ・ヨーガの先生だったので知り合いだったのでした)

さて、後は生け花の勉強を本当に始めなければ。

ヴェネツィアもせまってきました。
体重もちょっと落として、イタリアサイズの服を買えるぐらいにしなければね。
(以前、フィンランドのサイズと同じ番号のイタリアメーカーの服を買ったら、一サイズ小さかったのでショックを受けた事がありました、、、)ほっぺたもすっきりさせたいですしね、、折角行けるんだから。
[PR]
by wa-connection | 2007-09-07 20:09 | work