フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

初めてTurkuの群島地域に足を伸ばしました。
d0093885_431461.jpg

↑とっさきに駐車してある白いセダンが知人の車。一時間に二本の便なので、ぎりぎり乗り遅れたの図。

仕事だったんですけど、Lossiという昔で言う渡し舟ですか、今ではフィンランドで海と湖あわせて40数艇のみ残っているという、車でそのまま乗り込めるものにのって、小さな島Palavaに上陸。
d0093885_43495.jpg

そこまで行くのに、Poriから133km。
あー長かった。高速を降りてからカーナビが教えてくれる道が、近道なんだか、細くて曲がりくねった所ばかりで、スピードが出せず。

良いお天気で、もっと遊んで帰りたい位でした。
知人が運転してくれ、私は寝てもよかったんですけど付き合ってずーっと雑談をしていました。

現地では素敵なコテージを見せていただきましたよ。

朝8時にPoriを出て、夕方5時半にPoriに帰り着き、(自分で運転をあまりしていないにも拘らずこの時点で既にヘロヘロ)すぐ息子たちの半日保育グループの終了イベントに家族でGo!

これまで練習していたらしき歌や手遊びをいくつか披露してくれました。
家でもたまに口ずさんだりしていて、何の歌かなぁと思っていたのがやっと分かりました。
長男は結構ちゃんとやってましたけど(音程外れてるけど、でもよくがんばった)次男は奇声を発して、子ザルみたいでした。

次男は、長男と一緒に、この一ヶ月(週2回×4週)保育に通えたのですが、毎回残りたい、帰りたくないを連発。
8月からまた楽しんでね。今度は3歳児グループでちょっと退屈かもしれないね。

6歳の子とも対等に遊べたりして、あまり物怖じしない所が次男の楽な所。
長男は結構緊張する性質なので(親に似たんだな。私も高校生でも緊張すると動きがかなりぎこちなくなったりしましたから。)それをうまくコントロールできるように、大人になるまでに学んでくれればいいなぁと思います。先の長い話ですけど。

これで3年間お世話になった場所ともお別れ。
本人は案外さばさばしておりました。
翌日29日、フィンランドでも有名なビーチで最後の保育所とのイベント。
d0093885_4174277.jpg


風が強かったけど良いお天気で、砂遊びをしたり、走り回ったり、おにぎりも美味しく感じましたよ。
長男、私が次男の手を引いてえっちらおっちら歩いている間に、他の子たちとさっさと砂浜まで降りていて、見たら靴とソックス脱いでました。
でも尻もちつかずに済んで良かった・・・一応替えは持ってましたけど。

帰ってから、ズボンから靴から、砂が出るわ出るわ。さらさらさらさら・・・・
次男の耳の穴にまで砂が入ってました。
そういえば、帰りに斜面で3人ぐらいで回転しながら遊んでたっけ。

さーて仕事しなきゃいけないんですけど、(月曜締め切り原稿3本)頭が言う事を聞きません。
そろそろ取り掛かるか。


最後に、しつこく庭の花続編。 コンテナの残り、植えました・・・
d0093885_4161326.jpg

可愛いなぁ、と毎日眺めてにたにたしています。
[PR]
by wa-connection | 2008-05-31 04:19 | finland in general
d0093885_23373931.jpg


色の洪水がすごかったです。
20周年記念で、申込金を払った人にはショッキング・ピンクのロゴ入りTシャツがもれなくいただけました。
これを着て走ってる人が多かったです。

総勢1万1千人がこのジョギングイベントに参加。中部のタンペレまでご近所ママさん総勢6名で車にて泊りがけで。
5月24日-25日。(子ども達は皆でそれぞれの旦那に押し付けてきた。旦那達は夕方、子どもらを放し飼い、もとい遊ばせつつ道端で私達の結果について喋ったりしていたらしい)お隣、お向かい、斜め向かい、隣の通りの家、とほんと窓から見える家族のママさんたちばかりです。

Pyynikkiの競技場が出発&ゴールなんですが、なんせ人数が多すぎて15時にランナースタートだけどメガホンの声も全然聞こえないって・・・
距離は、5km、7.5km、10kmの3コース。

ランナーの後にノルディック・ウォーキングの人たち。
その後に5kmを歩く人たち。

でも皆ごちゃ混ぜで走って いえ、歩いている人も多くいました。

あまりの込み具合に最初は走れず、その後一度、ノルディック・スティックにつまづきかけましたがな・・・

中にはかつらや扮装、と仮装のグループもたくさん。楽しそうでしたよ。
夕方からのイベントで、一等表彰されたのは富士通系の会社の団体、ゲイシャ。↓ オイ・・・

d0093885_23412852.jpg


沿道には、妻や彼女、職場の女性たちを応援するグループや、スポンサー企業のテントなどが
ずらりと。

そして一番おもろかったのはこれ。↓

2km地点で何か叫び声が。
d0093885_23425877.jpg

バナナとターザンとゴリラ。

・・・ランナーたちからはあれこれヤジが。
年を重ねると皆さん余裕ですな。

ポリの平坦な土地に慣れていた私には、もんのすごい起伏がばんばん出てくるこのコースはかなりきつかったです、いやほんとに。
おまけに、睡眠不足とか忙しいのがちとたたったらしく、数日前に外耳炎になってたもので、抗生物質貰って、でも参加しましたよ!
このために練習していた10kmは諦めて5kmを他の二人と走ろうと決めました。

が、人が多すぎて指示板が見えない。わかりにくい。地図もいまいち。

真ん中辺りで、「4分の一マラソンの人は左へ」「その他は右へ」
というのがあったので、5kmと7.5kmを分けてないなと思いつつ右へ。

Nike+i-podの距離計(音楽はミカ・カウリスマキ監督作品の「ブラジル」のサントラ。)で5kmぐらいをさした地点で、バナナとジュースを差し出されたので、これが終わりかと勘違いしてしまったのですが、
まだまだ・・・

d0093885_23533268.jpg

上の写真はまだまだ余裕の3km前後。

最後はほんとうにきつかったです。
結局間違えて、私達3人は7.5kmコースを走ってしまったのでした。
(最後の方歩きました・・・)

お向かいのスポーツ熱心な家のママさんとその友達は10kmを。残りの一人は体重が重いから歩く、と言って5kmウォークを。

ゴールでは、なんと若くて(20代前半と思しき)ハンサム+適度に筋肉がついたお兄ちゃんたちが一人ひとりをぎゅーっと抱きしめてくれました。 ラッキー(こゆこともこの年になるといえるのですな)
お兄さん、汗かいてて悪かったね。彼らも2千人ずつ、ハグするのはさぞうんざりしたことであろう。
d0093885_0351746.jpg


16時ごろからは人工芝ながら競技場に座ってステージ上でコンサートなど、イベント開始。
SaarioinenのチキンサラダとKiisseliというベリーを砂糖とコーンスターチでとろとろにした甘いデザート、スポーツドリンクなどが皆に配られ、写真のようなものが入ったバッグも無料配布。
サーリオイネンなのでお味は・・・
d0093885_036113.jpg


でもこういう食物繊維だとか砂糖減量とか、カロリー内容重視で味は無視ですからねぇ。
自分では絶対買わないでしょう。
リンゴ・チップスはまだいいですけどねぇ。

そしてタンペレ名物、ムスタマッカラ(Mustamakkara、黒いソーセージ、肉に血を混ぜたもの)!
在住8年目にしてやっと食べました。
d0093885_0404820.jpg

Puolukkahillo(lingonberry jam)が無かったんですけど、無くてもできたてだったみたいで非常に美味しかった。仲間では、「ウェ~見たくも無い」という人も居ましたし、フィンランド人間でも好きずき。これならもっと早くにチャレンジしておけばよかった。

そして目玉はなんと言っても(?)Scandinavian Hunks!
要するに、ソフト・ストリップ・ショーです。

ドキドキして待ってたんですが(初めてだったもので)
なーんだ、、、という拍子抜けするほどの内容でした。
イケ面もいましたけど、リーダー格が中居君キャラで、髪の毛も長いし全く好みでなかったもので。

「衣装」は消防士、道路工事系、レザージャケットとパンツ、ポリス、、でしたかな。

こんな感じ。コンデジ持って行けばよかった。
d0093885_0464717.jpg

d0093885_047667.jpg


ステージ前には女性たち、群がっておりました。
まあ我々も割りと近くに陣取っていたんですが。
19時スタートだし、こんなもんなんでしょう。
最後の海パンになって数秒で退場。ズボンはマジックテープか何かでさっとはぎとれるようになってました。
ご近所ママさんたちは、去年のTurkuのランニングイベントでも彼らを見ていたそうで、内容は殆ど同じだといってました。へぇ~。

いったんホテルに戻り、シャワーと夜用に着替え。気合は言ってるママさんは背中の開いたトップスの上に黒いジャケットみたいなのとジーンズ、ごついベルトといういでたちでカッコよかったですよ。彼女は細くてサイズ34位ですね。日本で言う7号と9号の間位でしょか?(身長は165ぐらいでも足は私より20cm長い)

夜は地元出身のPopedaというオヤジ・バンドが出てたんですが、皆が「うげ~ポペダ~~?」というのでどんなにひどいのかと思っていたら、確かにアル中っぽいヴォーカルと長髪に黒Tシャツ黒ズボンなどのどうにかしてくださいというファッションのドラマーとか2年間髪の毛切ってないようなギタリストとかでしたが、演奏はすごくうまかった。
載せるのもうまかった。 kirosanaの量はすごかったですな、毎センテンスの半分は罵り言葉という感じで。まぁロックバンドなら普通ですか。

20年前はもっといかしてたのかなぁという外見ですが、ロックしてましたよ。
全然知らないのに私も「Kaaaasua~, Komisaario Peppoone, Peppone!」
などと絶叫しておりました。 ←乗りやすい

http://www.youtube.com/watch?v=dwZraDdPAWY
↑「Kaasua...」はここからお聞きになれまする。


夜はEuroVisionのファイナルだったので、ソコスホテルのチェーンレストランでドリンクと遅い夕食を食べつつ応援。フィンランド、まったくダメでした。
ほんとは、その地下のIlvesというクラブに行こうよと言っておりましたが、あまりに疲れているのでホテルの部屋で集まってユーロ・ヴィジョン続き。
Mikko Leppila"mpi(去年の男性司会者でとってもキュート♪)が出た時だけ盛り上がり・・・

寝たのは2時位でしょうか。

当たり前だけど子ども達が居ないので、蹴られたり押しのけられたりせず、ぐっすりと!一度も起きることなく7時間の睡眠を満喫~~~。これが一番幸せ!でございました。

また行きたいなぁ。

旦那には既に行く前から釘を刺されておりますが。 
「これ、恒例にはしないよね?ね?だよね?」 
うるさい・・・ほんとにウルサイ。

私はたったの一泊近場のタンペレですよ。
誰かさんは関東の山登り4日間ですよ??

この前後に、家を留守にするのが続くんで、お冠なんですなぁ。

他の旦那さんたちの裏話も聞いたけど、皆似たり寄ったりで、ちょっと安心。
こんな頑固で融通が利かないの(仕事はきっちりやってます、お客様がた!家庭内での話ですから!)ウチだけかと思いきや、
フィンランド人男はやっぱり頑固で言う事聞かないのですな。

もし素直でフレキシブルなフィンランド人男性をご存知の方、かなり貴重ですよ。
女性はまた色いろですかねぇ。

総じてとっても楽しかったです。
さてまた仕事頑張ろうっと。

ご近所家族は、来週から一週間弱、コペンハーゲンのレゴランドへ。
うちはいきません。お金ないですし、なにより旦那がこういう集団行動大嫌いなので。
次は夫婦でどこに行くかを義父母にまた子守を頼めとせっつかれております。
結婚10周年でどこかに行けたら良いですねー、再来年です。
一人ででも私はどこかにふらりと行きたいけど、言えない。

お客さんから海外出張の話が来ればいいのにと願っております。
[PR]
by wa-connection | 2008-05-27 01:00 | finland in general
を食べて参りました。

d0093885_126613.jpg


日帰りの仕事だったのですが、終わってから近くのHimalaya(だったかな)で
チキン・カレーを。

ナンがバターでツヤツヤしてふっくら、カレーとよく合いました。
ご飯はちとぱさぱさしすぎだったかな、日本人だからでしょうか、こういう風に感じるのは。


帰りの途中、10分休憩場所で。降りてストレッチを。
d0093885_127559.jpg

そよ風が爽やかでした。
曇って、小雨もぱらつきかけていたんですけどね。
ずっと晴れだったので、恵みの雨です。寒くなると、今丁度花盛りのベリー類の実が被害を受けるなぁ、、、、


先週半ばに、玄関前の鉢物、コンテナの花を半分位植えました、やっと!
(その頃から寒くなったんですけど、めげずに)
d0093885_131093.jpg

d0093885_1313770.jpg

d0093885_132921.jpg
d0093885_1324052.jpg

[PR]
by wa-connection | 2008-05-19 01:32 | others

自転車

長男、去年の春は誕生日プレゼントに16インチの自転車を貰って、自分で欲しいのを選んだくせに、乗りこなせなくて、ビービー泣いてました。
身長は十分あるのに、私に似て?足が短いのか、微妙に難しそう。
後自転車も重くてがっしりしたタイプだったので余計だったのでしょう。

弟に最初の12インチの自転車を譲ったのに、小さいのがいい、アレが僕のだといってなかなか大変でした。補助輪なしで乗れていたけど、急に止まったり、カーブしたりするとコケたり。何度泣いてるのを慰めた事か。

なので、今年は周りがいくら進んでいようが、20インチは買わないぞ、と決めていたのですが。
スポーツ大好きのお向かいが、航一の親友の4歳半の男の子に安かったから、とあっさり20インチを購入。
気にするかもなぁと思ってみていると、足が届かないなりにちょっとよろよろと乗りこなしている4歳児とうちの6歳児、楽しそうに競争してました。

で今日見たら、あれ?自転車借りてるじゃん。
d0093885_1145048.jpg


乗りこなせてるじゃないの~~!
(親ばか)

運動関係でなかなか褒める所が少なかった長男。
うれしかったです。今日の夕食時に、いい気になったらしく「僕もオリヴェルの大きい自転車欲しい~」

だめです。

せいぜい16インチを大事に乗ってあげてください。
来年武が4歳になったら、補助輪はずすだろうから(この通りでの慣習は3-4歳・・・・やれやれ)学校に上がる事だし新しいのを買っても良いかもね。
(あがれるのか~?)

8月11日からはいよいよ、6歳児が通うプレ・スクールです。14人前後の少人数グループ。
これは無料。ランチも出ます。いぇい!
おっと、朝8時半に出発だから、毎朝皆で7時に起きないといけないのか。
宵っ張りの母にはつらいなぁ。 ←朝早い職業の皆様済みません。

↓帰国してすぐのサッカーの試合で。ついていけてない息子。
d0093885_1255690.jpg

[PR]
by wa-connection | 2008-05-15 01:26 | kids

一息ついています・・・

d0093885_4102892.jpg

↑半分植えた庭用の花。横に、ツタかhumalaとか垂れ下がる系の葉物を入れる予定。

母の日ですね、あさっては。
母にプレゼントを見繕っていたのですがまだネットで購入していません。
今日やろうと思います。実家に滞在した時、父にはネクタイを買ったんですけれど、母に華にも要らないといわれ、でもなぁ、と思っていたのです。
奈良漬が大好きなので、それと、冷え性なので使い勝手のいいタートルネックか腹巻(!)をと思っています。

ああ、まだ親が元気なうちに、100万円(といわず、家を建て直すとか)ぐらいポンとプレゼントして好きに使いな~ぐらい言いたいナァ。
まだまだ余裕の無い弱小企業経営者でございまする。

やる事もまだたくさんあるんです。
あの人にメール、そういえばこの人にも日付の確認、この人にもう一度催促、来週行く取材のおさらい、道具類の準備、道順など確認、・・・


次男は、フィンランドに戻って週に二回の3時間保育を始めまして、お兄ちゃんと一緒のグループに今月だけ通う事ができます。8月の新学期からは、午前の3歳児グループ3時間に週二回。一人で通います。
でも今までいつもお兄ちゃんを送ってからか、もう家に帰りたくないと言い出すぐらい気に入って、保母さんたちにも甘えまくっている様子。
でも、昨日は長男が用事が有り、二回目にして一人での参加。
迎えに行ったら、ガラスのドアに貼り付いて(ブタの鼻になってた)待ってました。抱きついてきて、子犬のようにウーウーうなって。

保母さん達は「タケシは歌を歌ってくれて、色いろ説明してくれて、それはたのしそうにしていましたよ」とのこと。
ほっとして帰ったけど、夜寝てからが大変。5分置きどころじゃなく、一晩中うなされてました。
おかげで、夫婦のベッドで寝られず、次男の部屋に移動。絨毯の上に布団をかぶって寝たり小さなベッドに二人で横になったり、あれこれ試したけどあまりうまく行かずに朝を迎えました。

サービス精神旺盛で、人を喜ばせて、ハチャメチャななりに気を使ってたのかなぁ。
3歳児め。

私は肩こりというか寝違えのひどいのになったようで、朝ベッドから起き上がれませんでした。手で頭持ち上げましたよ。(おもたかった・・・)

運よく取れた予約で、背中と首のマッサージしてもらいに行きました。これであれこれしようと思っていた1時間半つぶれてしまったのですが、背に腹は変えられませんね。
d0093885_4135931.jpg



待合室で何故か撮ってしまった。

最近、気分的にも物理的にもお花づいてます。

d0093885_420487.jpg

これは、長男の誕生日会で、呼んだ男の子のお母さんが、お花屋さんで、私に、とくれた可愛いピンクの花束。芍薬とかバラとかピンクのカスミソウが私には勿体無いほど可愛らしいのでした。

d0093885_4272572.jpg

↑実家で母が作っていた寄せ植え。カゴは、近所のご主人が、山の蔓をとってきて、自分で編んで時々下さるという一点もの。カゴはいいのは高いですからねぇ。
花は、ペチュニア、フクシア(下部のピンク)、アリッサム(白い花。地植えするとよく育って広がる)後ろはラベンダー、アイビー(これが弱くて失敗したとか)、ビオラ、マーガレット、、、。


↓庭のスモモの花がもうすぐ満開。
今年はきっと豊作じゃ、うひひ。
d0093885_421969.jpg


ちなみに、タンポポもそろそろ満開。撃退せねば。御免ね、タンポポさん、花は好きだけど、綿帽子がね、種が庭に落ちるとまた来年すごい事になるのです。

息子達は最近タンポポを摘んで私に花束をくれるようになりました。アリガト。
d0093885_4493691.jpg



宴(先週の誕生会)の後・・・
d0093885_4502572.jpg

[PR]
by wa-connection | 2008-05-10 04:32 | others
それはそれはちっこいお仕事のお知らせです。

4月10日創刊号発売の「SELECTA」(オレンジ色の表紙)にちーさなコラムを書かせていただきました。他の国の「ワールド・トピックス」に比べると、とっても地味です。
4月25日には「ケイコとマナブ」で、これまたお稽古事情の取材をしています。写真も、100枚ぐらいとって3枚ぐらい使っていただきました。 室内、暗い冬の夕方、フィンランドは照明が数段弱い、動きの激しいエアロビクス系、写真を撮るには四重苦でした。
まだまだ勉強中!(一生勉強中といい続けて逃げる!?)うまい方ならもっと要領よく出来たと思いますけれどねぇ。

あと、知人が出ている雑誌があります。「月刊クーヨン」5月号。フィンランドの子育て特集です。
タンペレの友人家族の取材も詳しくされていて私も買いました!
知り合いが出ているとうほほーいと嬉しくなります。
[PR]
by wa-connection | 2008-05-05 04:33 | work