フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

なのですが、まだ引っ張ります。
ネット禁止令3日間厳守しまして(誇らしげに語るところがまだ青いですな)、解禁後すぐ寝かせて熟していた仕事にとりかかり、クリスマスの様子はアップできていませんでした。
ブロガーの皆さんもご報告されているので、もう良いかなぁとも思いつつ。
保存版も作ったクリスマスのあれこれを載せます。

d0093885_7325084.jpg

ジンジャーブレッドクッキー、コーティングしました。
長男頑張ったんですが、チューブの穴が太くて難しかったみたい。次男、力が足りず挫折。また来年ね。

今年も義父母の家に食べに行きました。(自分で作ってないって8年もいて恥ですね)
d0093885_7404088.jpg

義弟家族も来てました。総勢10名、うち子ども4名、そりゃもう賑やかでした。

d0093885_7435498.jpg

d0093885_7445863.jpg

d0093885_7452792.jpg

d0093885_7554885.jpg

d0093885_738201.jpg


そしてたらふく食べた一週間(3日食べても残ったので)、食事以外にも子ども達が寝付いてから映画を観たりしましたよ。1960年代のフィンランドの映画。二人で観たの久しぶりだなぁ。普段、私はPCの傍なので。

そうそう、イブには今年もいらっしゃいましたよ、この方が。
d0093885_814672.jpg

今年は子ども達も頑張って、一緒にヨウルプッキとクリスマスの歌やキラキラ星を3曲ぐらい歌いました。
貰ったものをこうやってバリバリと・・・
d0093885_748928.jpg

長男は6歳。小学校に上がるとある所ではサンタなんていないんだ!と上の子が教えてしまったりするようですが、知人の小学2年生はしっかり信じている子も数名。後何年信じていられるかな!?次男はですね、結構疑い深くて、言う事を聞かないときに「トンットゥがさっき覗いてたよ!」というと「ホント?」と窓まで覗きに行きます。こいつめ・・・
サンタは信じてるんですけどね。

さて、しっかり増えた体重をどうやって落とすべきか。
毎日屋外人工スケートリンクに行ってるんですが(西海岸、雪が申し訳程度にしか降ってません~残念)、いかんせん、滑ってる時間・距離が短いと思われます。
次男の面倒見たりも多いんです。でもうちの3歳児、スケート履いて歩ける(「滑る」じゃない)ようになったんですよ!ホッケーのスティックもってパックも打ったりできます。(親ばか)
長男もすごく上手になりました。私と長男でリンク上にて追いかけっこしてます。

もうすぐ大晦日、今年はおせちどうしようかなぁ。
[PR]
by wa-connection | 2008-12-29 07:22 | finland in general
d0093885_995428.jpg

結構綺麗だなと思いつつ普段は車で通り過ぎてましたが、雪化粧をしていた夕方、パチリ。

d0093885_9131272.jpg

早くしないと良いのが売れてしまうかもということで、早めにツリーを調達。
旦那の家族は中央フィンランドに森をもってますが、片道4時間弱はツリーを切りに行くだけには遠すぎる・・・・・・のでポリのスウェーデン領事館&スウェーデン学校となりにあるツリー市場から毎年物色します。
相場は20ユーロ~。
小さいのも売っていて、子供用に買う家庭も有るよう。または小さめのアパートだと1mぐらいで十分雰囲気が出るかもしれませんね。

さて、ジンジャーブレッドクッキー作ります。(夫が)
生地作ってから一晩寝かせなきゃいけないのを今年も当日思い出して、子ども達はクッキーの型抜きが一番楽しみなので(食べるのが一番だけどその次にね)ブーブー。
お父さん「ごめんなさい」連発。
d0093885_9181068.jpg

砂糖にバターに・・・いやいやカロリーは考えちゃいけません。

という訳で、日曜日焼きました。長男も次男も結構集中してやってました。
静かだと思ったら途中から次男(3歳半)が抜いた後の生地の端切れを全部もぐもぐ。
生地作りの段階から味見させろとうるさかったのでこれは確信犯。

月曜日(今日だ)にアイシングしまする。
これもねー、女の子が居るうちは、銀色のシュガー飾りやら緑やらピンクのアイシングでねぇ、色々デコレーション気分が楽しめるんですよ。うち夫が頑としてゆずらない。
買い物リストに書くときも、「白、真っ白ね!」(洗剤の宣伝のごとく・・・)。
生地は手作りですが、アイシングは買ってきました。

あとはタルトも焼かなきゃね。

あと三つ寝ると~♪クリスマス。
[PR]
by wa-connection | 2008-12-22 09:21 | life in Pori
d0093885_1345086.jpg


ええ、この時期痩せろっていう方が無謀ですよ、アナタ。

上のタルト(パイ)は、地元ポリの由緒あるSarpi(サルピラ家はもう経営には直接タッチはせず、メーカーに名まえだけ残ってます)のクリスマス時期に売られるものです。
星型のヨウル・トルットゥはご存知の方が多いと思うんですが、こちらは、生地もよりしっとり感があり、プラム・ジャムも中に挟まれていて乾燥しないため一口はさすがに無理ですが3口もあれば胃に収まってしまうほど。生地のバター比率が高いんでしょうかね。

さてクリスマスも来週に迫ってきましたよ。
毎日子ども達が担当しているクリスマス・カレンダーも残す所、窓が6つ。天使やクリスマス・ツリーなど雰囲気ある絵柄が毎日出てきます。

・・・なのにお仕事は日本からガンガン戴いております。いえね、春からの仕事がようやく完了を見つつあったり、5ヵ月ごしの2月末にデッドラインのものも今月末までに3分の1は進めたいし、あれやこれや交錯しております。
そしてペーパー・ワークもありますね。
ほんとにありがたいことです。
ポリでも解雇されてる人が数十人以上居るんですよ、このクリスマス前という時期に。

夫には家事と子育てに支障をきたさないように仕事しろと言われますが、片付けなどに支障が既に出ておりますよ・・・仕事のことを頭で考えていて庭の子どもが出したおもちゃが暗くて見えずそのまま朝まで出しっぱなしだったり(今は寒波じゃないですが、プラスチックなんかも急激な温度変化にさらし続けると一気に劣化しますので)。「僕が全部やれば良いってことか?」とお小言くらいましたよ、はい。

フィンランド人のパートナーはもうクリスマス・モード全開。つまりお仕事モード半減です。それでもこれはどうしても!とお願いして進めてもらってますけれどね。こういう時期に仕事優先なんかするとそれこそリコン一直線ですよ、はい。

私ももっと効率を上げねば。
かくして夜中の仕事が増えるのでした。
[PR]
by wa-connection | 2008-12-19 01:32 | finnish food
d0093885_5204074.jpg

昨日は独立記念日でした。
d0093885_53844.jpg

フィンランド国旗は90周年(独立後に正式な国旗が出来た為)だそうでしたね。
大統領邸のレセプションは、今年も沢山の人が招待されていました。
私が一番みたいのは、一番最初のマンネルヘイム元帥から勲章を受けた人たちの入場です。
7年前は数人の入場が見られましたが、健康を害していて参加できない人も増え、そして亡くなった方も、、今年はたった一人だけ歩いて参加されていました。
寂しいです。
Sotaveteraanit(復員軍人)は今では6万5千人ほど全国に生存しているとか。
平均年齢は87歳。

日本はどうでしょうか?私の祖母も88になって、まだ生きてくれています。
先日骨折したようで、母はまた手術の手配、入院、付き添いや世話と大変なようです。
そして私は自分の事ばかりで忙しくて何ーにもできなくて役立たずです。

前までは大統領邸の様子の生放送を結構かぶりつきで見ていたんですが、今年はなんだか熱が冷めたようで、前半3分の1ぐらい見て、子ども達の寝かしつけ時間8時にはテレビを消しました。ちなみに、今年のテーマはバルト海でしたね。
出された軽食にもニシンがたくさん使われたりしていたそうです。

さて、一番上の写真は、ポリ中央教会に戦死者の記念碑および戦死者の方々のお墓がありまして、毎年独立記念日には教会でのミサの後、ここで独立を勝ち取る為に命を捧げた人へ敬意を称する式典があります。今年初めて行って来たのですが、復員兵の会、戦死者家族の会、ロッタ(女性たちで組織されていた後方支援の隊のようなもの)の会、教区代表、市の代表、国連ブルーベレー隊など、様々な団体が自分達の旗を掲げ、十字架に献花と短い挨拶をしていました。
あとで声をかけられて気付いたのが、次男のGodfatherがブルーベレーの旗持ちでしたよ、、、そういえばよくこういうのに出てるらしく、奥さんが時々ぶつぶつ言っています。またいないのよ、って。いい事なんですけどね、飲んだくれて不在なのに比べたらずっと。

終わり近くにポリ男声合唱団が一曲歌ってくれ、前日の独立記念日前夜に同教会でのコンサートを逃した私には嬉しいひと時でもありました。長男も連れて行ったのですが(次男はスイミングに夫と。長男は兵隊さんが見られるときくと「行く!」)終わってから行って良かったねと何を感じたのか言っておりましたよ。

この日は、多くの家でちょっと普段より改まった食事などをするようですが、うちはシャンパンを開けて、3種のオープンサンド(虹鱒のイクラとサワークリーム、トリュフ入りフォアグラ、そしてスモークサーモンに西洋わさび入りチーズペーストを塗った2段重ねの寿司サイズ)をしました。あと以前頂き物で2年ほど眠っていた乾燥キノコのクリームベーススープ。
デザートは例のメレンゲのお店から買ったメレンゲで旦那が飾りつけたケーキでした。
d0093885_5304550.jpg

d0093885_531459.jpg



フィンランドが国家として91歳、おめでとうございました。
日曜日はすっかり普通の日の雰囲気でした。
d0093885_54221100.jpg

義父が、私達に「絶対最初のクリスマスの花だろうと思って。最初の人は覚えてもらえるらしいから!」と持ってきてくれたアマリリス。もう花が二つ咲き初めです。クリスマスまで最後のが持つといいな。
[PR]
by wa-connection | 2008-12-08 05:38 | finland in general

人間関係 いまむかし

筆不精や日常に追われて、疎遠になっている人がたくさんいます。

連絡を取り続けようとは思っていても、ブログは更新出来て複数の知人に近況を知らせられて便利なのですが、個別のメールはご無沙汰な私の事、これまでも色々粗相をしてきました。

3年前にPCを買い替え、古いものは物置にしまいこまれています。いくつか手帳に書き写していないアドレスがそちらに入ったまま、、、(このままではいけない)

その間、新しい人とも知り合ったり、友人になれたりと深められた関係もあってそれはとてもありがたいことだと思っています。やっぱり顔を見て付き合える関係はいいですね。ネット上だけだと便利だけれど、どうも物足りない。
外国へ引っ越してしまった友人とも会えるよう努力をしないとなかなか何年も続けるのは難しい。
残念な事ですが。

間隔があいても続く信頼関係ができているかどうか等、色々要素はありますけど、年賀状やクリスマスカードだけでも長年続いているのは、やはり高校、大学時代の友人でしょうか。
そういえば職場の同期とは一部Mixiなどで連絡を取っています。これはネットのおかげ。
二番目の会社の先輩もブログを読ませてもらってその活躍に励まされています。(満を持して独立、東証レポートに中小企業紹介ページでインタビュー掲載!私も鼻高だかです)

身近でも、本当はもっと人を呼んでお茶したりしたいけど、なかなか家で仕事部屋があって
子ども達もいて、となると他のママさんがやっているように素敵なブランチだとか旦那さんを追い出して食事会、なんてこともままならなくて歯がゆい事もあります。
こういうのをやっている人は旦那さん不在度高し、ですね。

夫はは夏になったら一晩子ども達をつれてコテージにいってやるからそのときにご近所ママさんに何かやっといたら?と言ってますが。
今年はそのチャンスを逃したまま既に年末なので、来年かな。冬にコテージに泊まるのは寒いですから

たまに夫が一晩ヘルシンキに出たりすると鬼のいぬ間にちょっとシッターさんを呼んで街中に出たり、と息抜きもします。

子ども達の誕生会にも、義理があって呼びたい人もいたのですが(こちらが呼んでもらっているとか)夫と話し合いでMax何人まで、と言う所でばっさりカット。
私もそこを押し通せずヘタレです。自分が増えた分の子ども達の応対だの料理も準備するだけの気力が無いんですよ~!

今週は注文したクリスマス・カードが届いて、公私共に書き始めなければいけないんですが、新たに4-5日実働日分の仕事を受けて、海外発送分のカードがまだまだ手に付きません。

日ごろ感じている罪悪感をつらつらはきだしてみました。

でも来週は地元の年下の友人をお茶に呼んでます。(旦那が丁度居ないし!居ると一々「へぇ~そうなの?」と口をはさんできてウルサイので)

夫婦がお互い、適度に相手に自由時間を提供するのは、とてもいいことだと思うのです。
勿論、始終離れてしまってもいっしょに居る意味がないでしょうが、うちのように公私同じだと息抜きは必要です!(力説)
[PR]
by wa-connection | 2008-12-04 06:14 | others
d0093885_20252329.jpg

仕事もずっとクリスマスづいております。

出身地のフリーペーパーにクリスマスの過ごし方(カップルの過ごし方も含めて)半ページ~1ページ弱の記事を書かせていただきました。

高校生ぐらいからよく目を通していた情報紙でしたので、お仕事をいただけることになった時はうれしかったです。
家族のもとへも、これまでの執筆記事にくらべて10倍の反響があったそうで、さすが地元紙、と嬉しかったのでした。
最初は福山リビング新聞で、次に広島、東広島の方へも転載していただく事になり結果的に3紙掲載です。

これも楽しい仕事でした。
来週は中学校の取材です。教室の授業風景撮らせてもらいます。

クリスマス休暇前で、学校の先生たちも多忙、今週は独立記念日の式典が各く学校や園でもあり、みなさん結構殺気立ってます・・・。(子どもたちにきちんとした格好をしてきてくださいと親へプリントを持たせたり、国歌の練習をしたり、司会役の子ども達はシナリオもあるし、生徒のバンドが演奏したりもするし、来賓がいたりで大変ですよ、ホント。それに加えて普段の授業も待ってくれないですしね)
[PR]
by wa-connection | 2008-12-03 20:27 | work