フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

衆院選挙終了

終わりましたね、そして政権交代ですね。
この4年間(つつがなく終わればですけど)で政治が変わるほど甘くは無いと思いますが、
勢いがついていた民主党、層の薄さをカバーできるんでしょうか。
世代交代はやはり必要です。80歳の政治家は、(例外はあるとはいえ)やはり気力・体力的に難しいですよ。
40代が若造という世界も人間国宝や「匠」の世界でもないでしょうに。

フィンランドの財務相は37歳。彼は30代前半で要職への就任でした。
欧州蔵相会議ではベテランたちにチクチク言われたようでしたけれど、
党首も兼任、辣腕だと思います。
ちょっと決定したばかりの慌ただしい付加価値税増税と食料品税の17%からの大幅ダウン、ー>その後一定期間後に1%アップ、というのは連立与党内での妥協で、納得いきませんけど、、、、。

おっと話は日本の衆院選でした。
今回、実はわたし選挙権、行使しませんでした。
あちゃーーーー。

郵送できたのに、行動を起すのが遅くて間に合わなかったのです。
在外公館での投票にも行けなかったし。
なんと言う勿体無いことを、、、この政権交代のオモロイ時にのがしてしもたんでしょうか。

来年、参院選ではしっかり一票入れたいと思います。
ちゃんとニュースも追っておかなきゃね。
NHKの速報で、ちびまるこちゃんが放送中止になって久しぶりに臨場感ある特番を見ることができました。
横で子ども達がうるさいのなんの。。。
たまには母にもテレビの生放送見せろ~!!

フィンランドの新聞も一週間以上溜まってます。
[PR]
by wa-connection | 2009-08-31 05:21 | others
大好きな地元のフリーペーパー「ふくやまリビング新聞」に、靴家さちこさんとの共著を紹介していただくに当たり、コラム「白夜を楽しむ夏」を掲載していただきました。

里帰り中に書いたもので、その際に編集長をなさっている素敵な女性にもスターバックスでお目にかかったのでした。(スタバの無いフィンランド在住者にとってはかなりポイント高し!です。)


そして、次男が3週間弱、通わせていただいた幼稚園の同級生のお母さんがたまたまコラムをご覧になって、メールをくださいました。世の中、便利ですね、本当に!


今年は、書く仕事は昨年の半分ほどです(まぁ本でエネルギーを使い果たしたともいえます)。
結局それほど創造性がないんでしょう。
表現したい!焼け付くような思いも今空っぽですので、もっと充電、インプットが必要ですね。

別の仕事でもエネルギーをシューシューと吸い取られております。
次回それについて書きます。
[PR]
by wa-connection | 2009-08-31 04:54 | work
d0093885_1412114.jpg

やっと出来上がりました。
2009年8月27日発売です。

私は3軒のロケハン、靴家さちこさんが4軒のロケハン、撮影・取材・執筆7軒は私担当です。
ショップあたり1ページではありますが、世界各国145のショップの外観、ウィンドウディスプレイが紹介されており、一般書店販売ですが、専門誌の扱いになります。
大きな書店ではご覧になれます。

納得のいかない出来上がりの写真をたくさん生産してしまい、帰りを急ぐあまり人とぶつかってカメラバッグを落とし、背面液晶が割れて里帰り時に修理する羽目になるなど(1万円で済んでよかった・・・)作業中色々ありました。レンズたちが無事でよかったぁ、、。

という事で、デジ一はメイン、サブと二台体制になりました。
いざという時使い物にならなかったら恐ろしいですしね。

勉強がまったく足りません。
E-3、使いこなせてません。

プロで写真だけで「食ってる」ヒトタチ、すごいなぁ。
[PR]
by wa-connection | 2009-08-29 01:48 | work
d0093885_7365784.jpg


大好きなスツールです。
何年か前に、夫からクリスマスプレゼントで貰ったもの。座面は白樺パネル張りで、基本モデルよりやや厚め。
時々この曲げ木のところをうっとり眺めている怪しい所有者です。

煮詰まってます。
で、例によって例のごとくブログを更新してます。

三件進行中・・・一つは先がまだ見えないのでやや焦りを感じます。
いやいや、踏ん張りどきだ。
[PR]
by wa-connection | 2009-08-26 07:42 | finnish design
d0093885_14523075.jpg

この市の一年生は、週の授業数19時間前後、
体育
国語
算数
絵画
工作
音楽
宗教
環境/自然科学
・・・

うえの算数の宿題は3日目位のとき。

数字の「1と0」を書く練習の復習で、
宿題はページ右下の薄いブルーの地の色です。
さらに、時間が有る人は次の見開きページに自由課題として
すこ~しひねった問題をやることができます。
授業中「余裕のヨッちゃん」な生徒は、これら選択問題も授業中にやっていいとか。
さらにそれもやっちゃう子には、先生がコピーした問題をあげる事になっているそう。

息子のいる1年A組は16名。(学年ごと、学校ごと、自治体ごとにかなり差が有ります。)
その中で、国語でいうと

ある生徒はアルファベット数文字を認識できた。
 ↑
 ↓
ある生徒は20秒以内でページに書いてある文章をスラスラと読み上げる事ができた。

これだけの差があるとか。
先生も大変です。

息子は、「Rの発音がちょっと弱い」という部分にチェックが入ったプリントを貰ってきました。
ほかにはS、T、などの文字もチェック対象となるようでした。
チェックは、担任ではなく特殊支援教育の訓練を受けた教師が担当しています。

乳歯の生えかわりなどで、空気が抜けて発音がうまく行かない子もいるので
その場合は2ヶ月位間を置くよう。シャイな子で先生と旨うまく会話できない場合も、
時間を置いて再確認となるらしいです。

息子は前から(私に似て)Rが弱いんですよね。私も一緒に練習しようかな。


よくいわれるのは、いま読み書きが出来なくてもクリスマスまで(前半の学期終了まで)に読めるようになれば普通、という事。
これは色んな所で聞きました。
こういってもらえるとほっとしますね。

息子、この日の算数の宿題は簡単だよ~といいつつやってました。
一昨日の火曜日夜に、クラスごとの保護者会があり、先生が一週間の様子を説明してくれました。
まだ時間割に慣れるのが主目的だったようですね。宿題も一日一問程度。
2週間目、火曜日の保護者会の日に宿題無しだったのを埋め合わせるかのように、
水曜日の宿題算数、国語の教科書、国語のワークブックと3冊の本を重たそうに家にもって帰ってきました。
(宿題のない教科書は全て学校に置いて帰ります)

さすがに昨日の宿題は多いと感じた様子。
(私が算数で始めて、宿題の1問に加えて残っていた選択問題のページもやらせていたので、その後に夫が国語をそばでみてやって、だんだん集中力が切れてきたらしい・・・)

学期終了までに、算数と国語では4回の理解度をはかる小テストがあるようです。
『満点を取りたかったら選択問題のページをやらせてあげて下さいね~そこから出しますから』
と先生。

なんというか冗談でも親を煽るような、ちょっと競争社会チックな発言だな、と感じましたが、
どうでしょう?

クラス16名の両親たち(3名を覗いて全て夫婦で参加していた・・・)が小さな教室に集まって、熱気をかんじました。
うちは自営業でスケジュールあわせやすかったと思いますけど、日本でまず両親がここまで揃う事は難しかろうと思いました。
お向かいさんは、旦那さんが丁度出張で不在でお母さんだけ出席してましたけど、あまりにたくさんの連絡事項があって旦那に全部伝えられるか心配!と言っていましたっけ。

今月末から、個別面談があります(保護者と教師のみ)。楽しみなようなドキドキなような。
(毎回言ってますね)
[PR]
by wa-connection | 2009-08-20 15:19 | kids
d0093885_1834271.jpg

今年は、6月末から一ヶ月里帰りしたので、フィンランドの夏を逃したかなぁと思っていたのですが、杞憂に終わりました。
8月、いいです!
日没も何度か綺麗なのをみることができました。
写真は22時頃のもの。

湖の水も一ヶ月太陽で温められて泳ぎ易い温度だし、食べ物は自然の旬のものが市場にあふれ目移りするほど。イチゴも最後の収穫を2週間ほど十分楽しめました。ブルーベリー、ラズベリー、スグリ類も楽しみ、
キノコもそろそろいい感じに売られています。

湖の魚も何度も食べました。舅、夕方になるとそわそわして網をかけたくて仕方がない。
夫を連れ出して二人で夕刻網を仕掛け、名前を書いたブイを残してきます。
翌朝ボートで観に行き、
d0093885_18384577.jpg

たくさん捕れましたよ・・・三日位続くとさすがに肉が恋しくなります(笑)
写真はKuhaとAhven。

d0093885_1841161.jpg

d0093885_1851828.jpg

鱗つきでそのまま燻製に。
鱗が皮を保護し、水分の蒸発を防いで、それはもうしっとり、いぶした風味が最高のお味でございました。


舅が湖畔で魚を捌いている間(鱗を落としたり鰭や尾の処理をしたり)、カモメたちがすぐ寄ってきます。
ヒレなど放り投げると急降下してきます。

d0093885_353494.jpg

さて、小学一年生、なんとか頑張ってます。まだ休憩時間や登校時、緊張気味。
宿題も二日目から出ました。一問だけですけどね。
[PR]
by wa-connection | 2009-08-17 19:00 | life in Pori
※末尾に追記をしました。
d0093885_59226.jpg

夫がミニ・パンケーキを焼いてくれました。

というのも、明日から長男が小学生になるからです。
最後の夏休みの今日、長男が何を食べたいかリクエストを聞いて、
予想はしてましたが、、

「三色どんぶり(そぼろ丼)」ですよ。一番簡単で、ほっとしました・・。(もっと凝ったものも作った事もあるのに、忙しい時に作るこれが好物って、ちょっと複雑!?)
で、お父さんには、パンケーキをリクエスト。

クリームたっぷり、シロップたっぷり、イチゴジャムと庭のベリー(赤、黒スグリ、グーズベリー)をかけてぺろりとみんなで平らげました。

そうそう、自治体によって新学期の開始は異なります。例えば、Espooは一週間後。昨日月曜に始まった所も6箇所ほどありました。
更に説明しますと、
フィンランドは、7歳になる年に就学します。つまり、今月一年生となる全国の5万数千人の子ども達は、2009年1月~12月のあいだに7歳になります。
なかには、飛び級や留年をする子もそこそこいるので、6歳や8歳も混じります。

フィンランドでの小学校に上がる、というのはやはり親も心配なようで、短縮勤務にしたり、最初の半年間休職したりする親も数多くいます。(または二人目、三人目を作って育児休暇中に上の子達が就学するので、家で早く帰宅する子どもを迎えてあげる、とか)

始業式などは特にありません。

近所なので、学校まで歩いて5分弱。
最後の夏休みの今日、ご近所ママさん3人で公園にあつまり、子どもに着せる服装、靴、リュックや筆箱、鉛筆の話から、子どもは学校でトイレに行きたがらない事(笑われるから)、体育の授業に女の子がパンツを笑うので着替えなくなっちゃったもうすぐ2年生になる男の子のお母さんの話、イジメがあったときの先生の対応がどんなだったか、携帯電話はどうするか、など聞きました。
お向かいは、家に有線電話すらないので、結局一番安い携帯を双子二人に買ったそう。

母親たちが話に夢中ななか、3人、3人、3人、2人(うちだけ子ども二人)計11人の子ども達、公園で様々な遊びを展開してます。
息子とクラスメートになるできる双子の片割れと、新二年生、新3年生の男の子が「4かける5たす3はいくつだ~」と掛け算のはいった計算を新一年の男の子に出して、ブランコをこぎながらその子は「ちょっと待って、考えるから」と余裕しゃくしゃく。
息子は輪に入りたいけど、入れてもらえない。

この3人は、旅行も一緒にしたり、泊まりあったりで仲が緊密なんですけどね。
うちは近所で一緒に旅行なんて!と断って三年、結果こういう風に子供たちの輪ができてます。
続いての新1年と新2年の男の子の話題が、

新1「友達って何人いんの?」
新2「クラスが14人いて~、そのうち3人は外して~、まぁ、あいつらも別に悪いヤツラじゃなかったけど~」
続けて
新2「5人かな」
新1「僕もう4人いるよ。(双子の片割れ)を入れて5人」

息子、まだ同じクラスになる子でだれもそこまで知りません。

私はこの春頃まで、一生懸命この男の子達と遊ばせようとしてきました。
サッカーもそこまで好きじゃないのに仲間に入れさせたり。
でも里帰りする前位から、憑き物がちょっと落ちたかな、もう合わないならどうでもいいじゃん、と思ってます。
サッカーがみんな好きならやらせればいいじゃん、うちの子は好きなことで得意なことがあるんだから、とちょっとだけ開き直れたかもしれません。子どもには悪いことしました。息子も、できたらこの子達と遊びたいようなんですけどね。
でもね、無理しなくていいよ。レゴを作るのが好きならそれも勿論いいんだから。
(外遊びは必要だけど)

ちなみに上に書いた新2年生の男の子、以前書いた死んだリスの話をしていた子です。
成績はクラス一番だそうです。
1年生が終わって、ノートの落書きをたまたま母親が見ていたら、女性性器の落書きがあったとか。
日本での、温泉マークみたいなものですかねぇ。
新3年生のクラスには悪いと評判の子がいて(高校生の兄貴がいる)色々見聞きするらしく、カメラ付携帯(3年生は殆どカメラ付携帯を持っているとか・・・この学校では)で女の子のお尻を撮影して怒られたりとか。
遊びやおふざけのレベルが違ってきましたね。
新3年生の男の子のお母さんが、「あの子達に聞いてきて、家でもDi●doとかS●ermaとか言うのよ」と苦笑いしてました。
うーん。。。


私達の頃は、上に大きい兄弟がいる子が、小学校4年ごろで黒板にそういうマークを書いてましたっけ。
こういうことも、確実に早まってますね・・・。知人の小学2年生は、森の中で女の子とチューしたらしいです。

うちの子達も、女の子には興味はあるみたい。かわいい子を見ると視線でおっかけてるらしいです(夫談)
赤ちゃんがどこから来るか、もこの間サウナで議論になりました(困)
今度聞かれたら、もう少しちゃんと話そうと思います。大人の身体にも自分の身体(おもにだいじなとこですが)興味津々。

「お母さんはおなかにタマゴがあって、お父さんが種を持っていて、それがくっついて赤ちゃんになる」

程度の事は前はなした事があるんですが、段々具体的になってくるんですよね、質問が。
タマゴはどこから来るのか。これはまだいい。細胞分裂ですから。
種がどこから出て、どうやってタマゴに出会うのか、ですかね。

You know, flowers and bees...なんて通じないしねぇ。


さて、学校開始前日の今晩、夜の読み聞かせの時に、全く季節はずれの「さむがりやのサンタクロース(Father Christmas)」を読んで、マンガ形式になっている絵本なので子ども達ゲラゲラ笑ってました。
夫は稽古に行っていて私が二人の寝かしつけ。

長男、意外と緊張してないようです。
新しい服とコットンパンツ、ペンケース入りリュックに一応パンツの着替えも入れておきました・・・。

最初の週は、親が送り迎えをする(近い場合は歩いて)事が多いのですが、

長男「最後の横断歩道のところまででいいよ」
私「明日、お父さんが送るけど、他の子もみんなお父さんか送って校舎まで連れて行くと思うよ」と言ったら、

長男「あ、じゃあ学校まで送っていいよ」

だそうです。
これから9年、山あり谷ありだろうけど、応援してるからね。

追記:コメントを書いているうちに、離婚、再婚家庭について書いた部分がありますが、私は離婚や再婚に関して決定的な偏見は持っていないつもりです。ですがコメントを読まれて気を悪くなさる方がおられたとしたらすみません。結婚をしていれば離婚する可能性は誰にでもあるわけです。その後に再婚される方、それだけの方に会えたということで、これも素晴らしいと思います。
離婚していなくても壊れている家庭もありますし。
以上。
[PR]
by wa-connection | 2009-08-11 05:32 | kids
d0093885_5585529.jpg

今は昔・・・○年前ですが、結婚式と披露宴の来客向けにギフト・(希望)リストを作成しました。

イイッタラのタンブラーグラス(Aino Aaltoの)や、ハックマンのカトラリー類、ちょっと趣向を変えてヴィレロイ&ヴォッホのフルコース用プレート・セットなど戴きまして。
(ずーっとしまいこんであります)

そして当時、デザインで選んだものの一つがこれ。
イイッタラの赤ワイングラスです。
50ccサイズで、デザインはケルットゥ・ヌルミネン。
現在は廃番となっています。

とってもきれいなんですけどねぇ。

・・・ワインを飲むには向いてないような(汗)
しかしビールにもちょっとどうかな!?
デザートワイン用などサイズも色々有りましたっけ。

同じく結婚祝いで、スペイン在住友人夫婦から、デカンタとオーソドックスな赤ワイングラスのセットを貰い、もっぱらそれを使っています。
夫はRiedelのワイングラスに惚れ込んでしまって地元のショップを通じて購入以来、Riedelちゃん一辺倒。
(機械じゃなく職人さんが吹いたグラス。口当たりの感触がまた全然違います)足は細く長く、底面は普通のグラスより大きく、安定度もしっかり。
逆にRiedelはバーなどで見かける逆さにつるすグラスホルダーには収まらないようで。

で、私はというと・・・自分のRiedelを割ってしまいました(涙)2年前です。
結構高いので買い直せません。

というわけで以来、Iittalaのこのグラスは飾りになっております。
先日、久しぶりに出してあげました。
食器だって拗ねるかもしれないし、なんてね。

足の色は、グリーンやグレーなどありますが、このクリアブルーがやっぱり好きです。
[PR]
by wa-connection | 2009-08-10 05:59 | finnish design
d0093885_7105551.jpg

夫が夏はBBQ男に変貌するもので、ほぼ2日置きにテラスでジュウジュウいわせております。

そして夏はビールがおいしいものでついランチから一本あけたりしてしまいます。

この日は、
マリネしたチキン(バルサミコとかスパイスとか色々入ってました)+リンゴのザジキ・ソース(リンゴのすりおろしと酸味のあるクリームとカレーパウダーをミックス)。
茄子のスライスを焼いて、トマトとバジルとモッツァレラのソースを載せたもの
にジャスミンライス、サラダ
とコロナ・・・。

見た目より時間と手が掛かっているので、子ども達をキッチンとテラス(グリルがある)で見張るのがちょっと大変でした。

子ども達も興津々なんですよねぇ。
料理に興味があるのはいいけど、危ないのなんの。

コロナの時はライムスライスをビンに押し込むのは子どもがやりたがるので彼らの担当です。(笑)
飲むのは10年後ね。(きっとそれより前に味わうんだろうなぁ)
[PR]
by wa-connection | 2009-08-04 07:16 | finnish food

auringonlasku (sunset)

d0093885_4452361.jpg

下は日中の空。雨降りの前日なのでちょっと不穏な雲行き!?
d0093885_4581436.jpg


一ヶ月ぶりにコテージに泊まってきました。

ご飯の支度をして
(夫はサウナに薪をくべて)
ボート遊びして
石を投げたり、走ったり、野イチゴを摘んだり
ご飯を食べてから
皆でサッカーをして
夫婦でバドミントンをして(私が勝った!めずらしい) 息子たちがかわりばんこに応援してくれました。
またご飯を食べて
夜8時過ぎにサウナに入って
湖に裸でドボンと飛び込んで(次男、まだこわいので足だけばしゃばしゃ。長男は初めて
自分で飛び込んで、自分で数メートル泳げました!すごく喜んでました。足のつかない、自然の流れがあるところで泳げるのは、また格別だと思うのです。魚がたまに足に当たったり・・・プールと違いますもんね)

さて、夜食の甘いバンズを食べて
歯磨きをして・・

寝る所に移動中、22時前でしょうか、もうすぐ日が沈む所でした。
夏至から一ヶ月以上経ったので、もう夜中前に日が沈むんですねぇ。
久しぶりだったのでしばらく見とれてました。

夫の昔読み溜めたいろんな漫画(バットマンとか、タンタンとか、アステリクスとかのコミックが山の様にあるので)子どもにBatmanを読み聞かせ?しようとしたら、、、
私も次男も最初の数ページだけでスコーンと寝てしまいました。気付いたら小鳥がさえずっている朝7時。


さて、明後日はゴルフ・コンペです。
50cm以下のパットOKのコンペなのでHcpは変動しませんが、とにかく楽しむぞ~!
(女一人で参加なので迷惑なのかもしれませんが、しぶとく行きます、はい)
[PR]
by wa-connection | 2009-08-01 04:49 | finland in general