フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

刺繍

d0093885_5483886.jpg


これ、私がやったんじゃありませんよ。
長男が、6歳の時Esikoulu(preschool)で作ってきた作品です。
22本の色糸が入ってます。

すごい!と感心しました。
当時のグループで、何でもできる一人の男の子と、うちの子がはまって最後のパターンまで仕上げたようで、女の子でも(という言い方をしてはいかんですが)4本ぐらいの色糸でもういやだ~と投げ出した子もいたそうで(私みたいだ・・・)。

長男も、とても誇らしげでした。

で、何度も「これじょうず?お母さんはどの模様が好き? 簡単だったんだよ」と自慢してくる。
未だに自慢します。もう半年以上前の事ですが。

親ばかな私達は、息子の部屋にこれを簡単な額に入れて飾ってやりました。

こういうのが得意なら、将来手先の器用さが要求される仕事もいいねぇ、と励ましてます。
今も学校で工作の時間は好きらしいですけどね。
小学校では、最初の頃に羊毛をお湯で濡らして形を作るフェルトで、赤いハート型のキーホルダー作ってきました。

私としては、本人が好きなのは全く構わないのですが、
クラスの男の子達に、「こいつ女みてぇ~」などと言われないかどうかハラハラしました。
何も言わないけど、大丈夫だったのかな。
あんまりその日の出来事を話してくるタイプでもないんですよね。

さて、「男らしさ」は男女平等が進んでも、結構残る概念ですね。

女の子がかっこよく、強くなるのはいいねぇ!と賞賛を受けても、男が編み物や人形遊びをする事に抵抗を感じるなんてこと、ありませんか?
荒っぽい遊びは男の子っぽくて、細やかなお絵かきなどは女の子!?
また男の子が字が汚いのはいいけど逆はちょっと・・とか。

私も長髪の男の子は・・・と下のブログにも書きましたが、「こうあるべき」像は小さい頃から結構積み重なって崩すのはかなり難しいですね。

うちの子達は基本的にはオトコでして、走り回ったり飛んだりはねたり身体を使うことが大好きで、車など車輪モノには弱いのなんの。で、長男のこういう器用というか昔は女性のものとされていたところで得意らしきものを発見して、自分の中の偏見にも気付いたんでした。
[PR]
by wa-connection | 2009-10-30 05:55 | kids
d0093885_23193644.jpg

長男は6歳からちびっこ柔道を始めてました。
と言っても、週一時間のうち、半分は遊びや身体を動かす事が目的。
最初と最後は礼もしますが、どうもしゃちほこばってる子のほうが多いですね(笑)

段なんてレベルじゃないので、
級(帯の色が黄色とか緑とか色々変化する)、更にその下の段階で、白い帯の端っこに赤い細いリボンを縫い付けていきます。長男は赤いリボンが今2本。

今年8月(新年度)から、ジュニアに上がりました。
インストラクターのVesaさん(20年このクラブでやっているしっかりした指導者)と若い女性(20歳以下の70kg級で銀をとった人)がいるのですが、規律もちびっこの時と段違いで、やっぱり見ていてすがすがしいですね。
ワザもこないだは大外刈りだとかやってましたよ。
袈裟固めとかも、、頑張ってくれ。

規律ですけど、二人で組んで練習をする時に、パートナーが見つけられない子が15人中8人位いたんですよ。そこで「腕立て伏せ20回!」と激が飛びました(笑)いいねぇ、普通の学校でもこれ位できたらもっと子どもたちもまともになるでしょうに。言葉遣いが悪い場合なども、スポーツの世界ではこうした腕立て伏せなどの「罰」はよく聞きます。
知り合いのジム・トレーナー(女性)は、地元のアイスホッケー選手たちを指導してますが、思わず彼らもXXX!とかいけない言葉が出るそうで、「ハイ、腕立てふせ!」と指導するんだそうで。

それにしても、男の子の髪の毛が最近風になびくぐらい長髪の子が多くて、気持ち悪い。
小学校を見ても、美しいカールした髪をなびかせて男の子達がサッカーしたり。スーパーの入り口にも2,3年生位の男の子達5,6名がたむろしてましたが、皆髪の毛長くて顔だけ見たら女の子だった・・・、うぇぇ。
床屋さん行けば?と思ってしまう私は古いんでしょうね。。。

ジュニア柔道の子でも、ウルフカットみたいなのとか、脱色とか変な髪形の子結構います。チューインガム噛みながら畳の部分まで歩いてきたり。座り込んで携帯で遊んでたり。ラップ風の変なメタルの飾りがついた野球帽が一部で人気みたいですが、ダサいことこの上ないと思うんだけどなぁ・・・
ふざけんな!!といいたくてむずむず・・・。

でも、半分位はまともな短髪ですっきりした格好で、建物の中に入ったらちゃんと帽子を脱ぐ子「も」います。
親に言われてからする子が殆どだけど。(うちのも含め)

こゆ事書くと反感買いそうですな・・・。

秋休みの前に、長男の通う小学校で「Talent kisa(Talent competition)」があったんですよ。
特に私達は何も子どもに言わずに送り出したんですけど、できることを披露する場だったんでしょね、
あの英国の番組みたいに。同じクラスの女の子がピアノを弾いてたと昨日教えてくれました。

分かり易い披露する才能が有るタイプではないので(刺繍が得意とか、習字が夏に日本で一生懸命やってた習い事とか)手も挙げられなかったようですが、事前に柔道の技を誰かにかけてみたら?とか言ってあげればよかったかなぁ。
・・・と後になって思ったのでした。
元々、長男には闘争心があまり無いようだし、シャイだし、人前に出るのは難しいだろうけど。

長々と失礼しました。
[PR]
by wa-connection | 2009-10-27 23:35 | kids

Tiramisù (pull me up)

このあいだティラミスを作りました。
まわりに元気をあげたくて。イタリア語ではティラミスは元気付けてと言う感じの意味もあるようで。
d0093885_512275.jpg


でもウェストまわりが元気を貰ってしまいました・・・。
息子たちにも大人気でしたが。作ってる最中のボールとゴムベラを舐めたいが為に並んで待ってましたよ、二人して・・・。

先週、先々週と数日ほど、夜中にマイナス気温になったりして、紅葉はほんとに綺麗でした。
ラップランドなどにいけなかったけれど、庭や近隣で十分楽しめました。
d0093885_5172750.jpg

カエデもきれいでした。雑木林だったので、椎の木だかの葉っぱも混じって。
d0093885_6101890.jpg


追記:
秋休みは、カナリア諸島は諸事情によりキャンセルになりまして、中ごろにTurkuのスパ(っていっても、子連れで非常に疲れた)へ一泊しました。子どもが遊べるように、滑り台とか遊具とかがある浅いプール、中くらいのプール(滝のように水が落ちたり、Oの形をした水流があるプールでそこかしこに洞窟風になってたり)、そして屋外の温水プールと3つほど。赤ちゃんがたくさんいたので、浅いプールはそりゃ汚い水質だったんじゃないかと思います(笑)子どもたち皆そこで潜ってましたが。次男なんて水飲んでましたが、うぇ~。
運よく、おなかは下したりしてませんでしたけど。
往復4時間はギリギリ持たせられた感じ。
帰ってきて、翌日すぐヘルシンキへ一泊の旅。

次男は久々に補習校の場所で行われているひよこ組に参加。ミニ運動会ですごく楽しかったようですよ。
工作で、間違えて他のこの画用紙使って、他のこの落ち葉も使ってたのを既に作った後に気付いた私。
ごめんなさい、、、。
事前に言われていた、落ち葉もっていくのも忘れました、道路にたくさん落ちてたのに。

長男は父親と街中でイロイロ買い物。冬物のジャケットも3年目のものがツンツルテンだったので新品を購入。
はぁ~子供服の値段も馬鹿になりませんな。次男には全てお古じゃ!(しばらく間が空くと新品だと思い込んでくれるのでよかった)ストックマンでは生シイタケや美味しいパン、チーズ、サラミなど買って幸せ気分。
で、一泊したとはいえ往復8時間がまたちと疲れました・・・。

そしてあっという間に9日間の秋休み終了。

溜まっていた新聞を読もうとか悠長な事考えてましたが、忙しく終わりましたとさ。
[PR]
by wa-connection | 2009-10-27 05:18 | life in Pori

9月半ばに、行けないから、と知人から券を2枚いただいて夫婦で行って参りました。
ポリ市劇場の雰囲気ある中で、ミュージカル。
役者さんたちはいつもの人たち。(歌もうまい人が多いんです!)

素晴らしかったです。
音楽、ダンス、ロシア時代の小さな村、コミュニティに暮らすユダヤ人社会の古くからの伝統・慣習と揺れ動く時代背景。ロシア人との軋轢。
しのびよるユダヤ人迫害。
家族愛と、貧乏子沢山の家族を父親の権威と慣習で従わせようとしながらも、愛する妻や娘たちの為になるようにと計らっていく父親。
父親の歌は圧巻でした。私達が観たのはフィンランド語ですが、You Tubeで見つけた部分を貼り付けます。宜しければご一緒に体感してみてください。

伝統(tradition~~♪ フィンランド語では「Perinteet~~」で同じリズム。)も忘れられない。


もし金持ちだったら・・・(If I were a rich man…)

ロックです♪

次の盛り上がりは長女の結婚式、
Sunrise(sunrise sunset...の歌詞は、フィンランド語ではNousee päivä, laskee päivä..となってました)ジーンときます。


そして「ボトル・ダンス」ですね!
これ、もう身体がゾクゾクしました!次男と一緒にピアノ弾いて頭におもちゃ載せて踊りました(すみません、のりやすくて)。



全体を通して、泣ける部分が何度も。
ハンカチ忘れて苦労しました。

ユダヤ人であるということ、民族の誇り、周りと交われない慣習や文化、その血の濃さ、脈々と受け継がれてきたもの、エネルギッシュな性質、そしてそして、
これほどの迫害を受けつつも、しぶとく、力強く生き続けて世界各地で根を張って富と名声を得ているグループ・・・(フィンランドにも何人もユダヤ系の有名人がいます。女性好きが多いですかね、やっぱり。 (笑))
言葉になりません。日本人ではぜったいに真似の出来ない(真似をすべきかどうかは別の話です)力強さ、しぶとさですね。

結婚式の部分でも、歌と音楽を愛して身体を動かさずにいられない、熱いものを感じました。
彼らと付き合うには、相当の個性というか毒がないととても張り合えません。
少なくとも私は薄すぎて負けます、はい。(知り合いが何人かいたんですけど、いやもうすごいのなんの・・・たまに静かなユダヤ人の人もいますけど、珍しいですな)


最前列で、迫力も満点でしたよ。
日本では森繁久弥さんがロングラン興行だとか。
面白そうですね。

そういえば、オペラについてもまだ書いてませんね、私。
あと”Julie & Julia”これフィンランドにいる人は今公開中ですので絶対お薦め!上のリンクをクリックすると、予告編が見られます!

ブログ書き溜め公開実施中です。
私本と、ブログでストレス解消してますな。
[PR]
by wa-connection | 2009-10-19 05:47 | life in Pori

誕生日

先週、夫と母の誕生日がありました。

母にも料理を作って上げられたらいいんですけど、いつも里帰り時は作ってもらってばかり。
(というか一度も料理していない気がしますが・・・汗)

しかし、そばにいるので、今回夫にはサービスしました。
朝Morning Breakfastをもって行きまして、
d0093885_613528.jpg

トレイに子供たちと書いたカードもつけて。シャンパンのミニ・ボトルもつけて。

d0093885_6151023.jpg

その後、プレゼントもあげまして(一つは、特大泡だて器。あのガシャガシャ手でかき混ぜるなつかしのやつです。丁度“Julie & Julia”というメリル・ストリープが Julia Childという女性TV料理家の役をやった映画で、日本では12月公開らしい)を見た直後だったもので、ついキッチン雑貨店で購入。
もう一つは、お手頃価格だったEva Soloのオリーブオイル・サーバー。垂れない工夫がしてあって、小さいので来客時に醤油差しにも使えそうだなと。

そして、
d0093885_6161545.jpg

昼ごはんをちょっと豪勢に。
スターターは、これも“Julie & Julia”で出てきたおいしそうだったブルスケッタ。
フライパンで、たっぷりのオリーブオイルでパンを揚げました。(高カロリーだけど、自分で言いますが、簡単でおいしかった…)
d0093885_6174474.jpg

メインには鴨なんて使いたかったですけど、鳥のもも肉で材料費はお安うございましてよ、奥様。
(オリーブオイルた~~っぷり、白ワイン、塩コショウ、ニンニク、マッシュルーム、タマネギ、トマト数個でできますし。4人分たっぷり作って15ユーロかかってないんじゃないかな)

付け合せはルッコラとトマトと紫タマネギのサラダにパルミジャーノ・レッジャーノを卸したのをたっぷり。

オーブン料理で、最近大活躍なのが、このIittalaのToolシリーズによるキャセロール。金属は熱伝導がやっぱりいいのか、料理のできばえもぐんと良くなりました。
これまではArabiaの陶製のものを良く使ってたんですが(ルッコラのサラダボールになってるのも耐熱皿)、これからはこのIittala一辺倒になりそうです。
4人家族で結構食べますんでね、うち・・・。

結構なもてなしをしまして、夫は大喜び。
実は、私、今年の婚約記念日と結婚記念日忘れまして(汗)前も書きましたっけ。
夫の名前の日はゴルフでして(冷や汗)、なんだか日本の世のお父さんみたいなことしてたので、ちょこちょこ
嫌味を言われてたんですよ。
でもなんとかなったかな、ほっ。

来月は父の日が待ってます。

秋は忙しい・・・

とにかく家族(日本の家族も、こっちのほうも)皆、元気で出来るだけ大きな病気をせず、長生きできますように。
[PR]
by wa-connection | 2009-10-18 06:20

次男よ、やったね

d0093885_5221027.jpg

次男4歳半。
自転車の補助輪が取れましたよ~、おめでとう!

まぁ普通5歳でも6歳でもいいんですけど、うち、ご近所がね・・・
スーパー・アクティブ・スポーツ一家ですからね(ご主人が元サッカー選手)。
一歳の女の子にアイス・スケート靴はかせて、こけずに歩けたのよ!と近所に自慢するぐらいで仰天しましたがな。
自転車も、上の子には当時3歳前で既に補助輪とらせようと、家族で風邪引いて熱があるのに家の前の道路を走らせたりしてたし。

というわけで、サッカーは勿論、水泳、陸上、(格闘技はどうも抵抗があるらしいけど)大体の事は習わせてきてます。で、上の男の子もスポーツ万能。
(息子の近所ではいまんとこ一番の友達です)
という事で、それにつられて隣近所も。
子供たちも、出来ない子をちょっとばかにしたりする風潮もあって・・・。
まぁ子供の世界もシビアですからね。

長男の事も、サッカーをやるとき、「あいつ抜くの簡単だよな」とか。
自転車競走でも、うちの子が3段変速つきの自転車貰って(この年頃は20インチの自転車なのに、24インチのをわざわざ選んで、変速使いこなせてない)ちょっと遅いので、別の隣の子が「俺なんかアホな変速なんてなくても勝てるぜ!」と余裕で勝って叫んだり。そういうのが本人にも私にも(たまたまそばにいた)聞こえるんで、ああかわいそーだなと。
母親はついつい感情で生きてるもんで、やきもきしてしまうわけです。

ということで、次男に話し戻りまして、自転車。
できたら、今年のうちに補助輪が外れたらいいなぁと思ってました。
でも、夏過ぎからもういいやとどうでもよくなってました。

先週やってみたら、あらできた。
まだ自分で最初にこぎ出すのは難しいのですが、ハンドルを支えてあげるとできます。
16インチの長男の昔の自転車にも試しに今日乗せてみたら、それもできていました。
でもサドルが高すぎて自分ではまたがれないし、こけたら高さがあるから痛いだろうし、当分12インチをのりまわしてもらいます。来年、誰かに上げようね。(Osshiちゃん、青い自転車来年の春か夏に差し上げますが、いりませんか~?)

面白かったのが、次男が補助輪が取れて家の前を走っていた翌日。


お向かいさん、じぶんとこの3歳の女の子の補助輪も外して練習させてましたよ、家族総出で。
なんだか、あちらももう出来そうな雰囲気でしたよ。

絶対近いうちにやるぞ~と旦那と話していたので予想通りの展開に吹き出してしまいました。

なんだかなぁ、競争心って・・・。

競争心、対抗心かな?があると色々な事に挑戦して頑張れるんですけどね。そればかりだといつか疲れることもあるんじゃないかなとは思います。(自分のことぽいっと棚に上げて言いますが)
[PR]
by wa-connection | 2009-10-17 22:14 | kids

ごちそうさま

d0093885_2031298.jpg

虫さん、食べかけの葉は全部最後まで食べましょうね。(子どもに言っているのと同じ事を言いたくなってみた)

d0093885_2032579.jpg

もう2,3年同じ道のことを載せていますが、やっぱり好きなので今年も。近所の小川沿いにある小道なのですが、紅葉を見ながらジョギングもオツなものです。
ここは木屑が敷き詰めてあり、散歩する人、犬を連れた人、子供たち、ノルディック・ウォーキングの年配の方々~30代の人たち、一人で黙々とジョギングに励む人(私はたまーに)、ベビーカーを押す親子、と様々です。

以前ハリネズミもどまんなかをちょこまか歩いていました。
私が2m後ろまで近づいても全く気付かず(笑)
で、私の気配に振り向いてから、いきなりくるりんと丸まりましたよ。カメラが無くって残念。
でもそっとしてあげたのはかえってよかったかな。


先週はまだ最後のラズベリーを小道の脇の薮(やぶ)でみつけました。
頑張るねぇ。
d0093885_20302743.jpg

これは別のベリー。Taikinamarjaだったかと思います。
赤スグリに似てますけど、葉がやや小さめ。味がないんですよ。
毒ではないけど食用ではないという。


さて、フィンランドでは10月後半に全国で時期をずらしつつ秋休みがあります。
来月、舅が70歳になるお祝いということで、姑たち、私達、義弟家族と3家族計10名にて
来週末から一週間、初・カナリア諸島なんですけど、水着を着られるコンディションかというと・・・
おなかのマッカラが(汗)だってご飯が美味しくて・・・。

おなかの周りの贅肉をフィンランドでは腹のソーセージと呼びまする。

でも着るぞ。


明日は7km位ゆっくり走るぞ!有言実行じゃ。
カナリア諸島は、フィンランド人にとっては、日本人にとってのハワイのようです。でも私にとっては異国情緒たっぷり、かな?リゾート地だから観光よりは寝そべってのんびり、なようです。
ドイツ人もうるさいと聞きますが、別の言葉だから聞こえてもシャットアウトできるし。

近郊にゴルフ場があるようで、気になる。すごく気になる。
一ヵ月半クラブを握ってないけれど。



その前にやること(仕事)をやっていかなければ。
[PR]
by wa-connection | 2009-10-07 23:40 | life in Pori

omput

d0093885_233075.jpg

りんごの事をフィンランド語ではomena(オメナ)といいますが、略称がompu(オンプ)。
かわいいですよね。

最近、秋雨(あきさめ)というのか、しとしと降り続いたり、晴れ間が出たと思って喜んで寝ていたら夜中に結構な量の雨が降ったりで、なかなか落ち葉の”カサコソ”が楽しめません。(←林の中で大量の落ち葉があると走り抜けたくなる人。すみません、子供っぽくて)

d0093885_3314616.jpg

庭のりんごちゃんたちも終わりが近づいてきました。
2,3日前、夜中がマイナス7度ほどになって、ちょっと心配です。後30個位木に残ってるんですけど、ゆすって落として家の中に入れたほうが傷まないかなぁとか。

後1回位ジャムを作って、今日は夫がフランス風のリンゴパイを焼くと言ってるので、普通にかじって食べる分も残して今年は終わりでしょうかね。

d0093885_2353284.jpg

ルバーブも最後の収穫。夫がジャムにしました。
地面に近かった葉が温度差があったのか、赤くなっていました。
へぇ~、ルバーブも紅葉みたいなことになるのかと面白かったです。

d0093885_3332736.jpg

こちらはこの間しょぼい生け花に使ったサンゴミズキ。更に赤みが深まってます。

庭の果樹たちもろもろ、来年も実をつけてね~。
待てよ、今年不作だったスモモが来年できるとしたら、ベリー類、スモモ、リンゴと果物系保存食作りで秋は結構忙しそうだなぁ。
もし仕事がなかったらそっちに専念するか!

自然の恵み、ありがたく戴いてます。
・・・あ、もう自然ネタは食傷気味ですか?
もうしばらくお付き合い下さい、なんたってそろそろ冬タイヤに履き替える時期で、霜もおり始めて一気に植物がだめになりますから。で、暗くなって・・・うう。
[PR]
by wa-connection | 2009-10-04 23:00 | life in Pori