フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

和ろうそく

d0093885_5284378.jpg
実は、初めて使ってみました。
和ろうそくというと、昔読んだ「赤いろうそくと人魚」というかなし~童話を思い出すんですけど、これはまったく違いまして。 

日本の方から、プレゼントで和ろうそくの詰め合わせを何種類か頂いたのです。
仏事に使うイメージでしたが、花柄を描いたもの、菜の花の黄色のかわいいもの
下の若草色で形も面白いものと色々あるんですね。
とても新鮮です。


d0093885_5362381.jpg
作り方もすごく手が掛かっています、芯(巻いた物なので太めで、中が空洞)に手で加熱して溶かした植物性の蝋をかけて太さを出していくそうです。
ううむ、素朴な疑問・・・熱くないのだろうか?
型を使う方法もあるようです。

こちらの人はどう思うか、数本友人にあげてみようかと思っています。
インテリア好きの人は興味がありそうですしね。


しかし燃えるのが早く感じました。頂いたもの(下の写真)だと一本1時間以内。(それぞれろうそくの長さなどによって差があります、もっと長くて太いものなら長持ちします)。

しかも、芯が長くなってくると炎が大きくてちらちらする。「芯切りをしてください」と説明書に書いてありました。
古いはさみで燃えてる所を何度か切ってみました。
巻き芯なので、きった燃えさしの中が空洞なのも面白いです。

ろうそくを立てたのは、祖母のものだった(大正生まれですから、昭和の始め頃のものかと)、錫の菓子器です。茶道で使ってたんでしょうね。
柿の模様が打ち出しされているようです。
実家で家の鍵入れとして二十年使い、さんざん錆びさせてしまい(汗)ましたがさすが丈夫です。
同じ作りの建水(フリルみたいな縁が面白いんです)とセットで私がフィンランドに貰ってきました。
いやしかし、磨いてもなかなか取れません、緑青が。
菓子器としては使えないのでろうそくならいいかなぁと。
祖母は許してくれるといいのですが。

もう1人の祖母はまだ健在で、今年90歳になります。
患って、ぼけてしまっていますが、身体は元気そのもの。
ストレスがないので内臓もきれいなんだそうですよ。
私達の事も覚えてくれていて、ひ孫の事も認識してくれています。
来月の里帰りで会えるので嬉しいです。
[PR]
by wa-connection | 2010-05-25 06:24 | others
d0093885_21382262.jpg

長晃枝(Cho Akie)さんの写真展のお知らせです。
この方は生粋の江戸っ子、東京でジャーナリストとしてたびモノ・食べモノをテーマに様々なメディアでご活躍中。
直接お目にかかった事はないのですが、靴家さちこさんを通じてアドバイスを頂いたりし、お世話になっています。

写真がご趣味で、その中から中国ご滞在時のものを、この度、素敵な喫茶店で展示されるのだそうです。
さすが、タイトルもううんとうなるひねり具合。
お茶を一服、福が来る・・・なんて想像してしまいました。

音楽を聞きながら写真も鑑賞できて、コーヒーも飲める!
考えるだけでうっとり。

お近くの方、中国に興味がおありの方、足を運んでみてくださいね!
私は物理的な距離が今回邪魔してまして参れませんが、、、残念。


以下詳細です。

長晃枝 -Akie Cho- 写真展
一葉來福 ~中国で出会った茶のある暮らし~

2010年5月22日(土)~ 6月5日(土)
場所:珈琲と紅茶とバロック音楽 「平均律」

〒152-0004東京都目黒区鷹番3-7-5 2F
tel/fax 03-3716-6537
http://www.heikinritsu-cafe.com

営業時間 月曜日 12:00-18:00
火-金曜日 12:00-22:30
土曜日 12:00-21:00
日祭日 13:00-21:00
東横線学芸大学駅 西口より徒歩0分

d0093885_21334262.jpg

※長さんに許可をいただいて、こちらに宣伝させていただいています。
[PR]
by wa-connection | 2010-05-12 21:40 | others

最近のゴハン

d0093885_18475217.jpg
ゴハンの話が最近途切れておりました。
でも毎日3回以上食べてます!(この年でそんなに食べなくともいいのですが)

まずは夫の作ったとある日のランチ。
クリームベースのサーモンスープです。クリームと言っても、あっさり仕立てですごく食べ易いんです。
この大きなお皿(Harri Koskinen Omaシリーズ)でおかわりしちゃいましたよ・・・
魚スープの付け合せには黒パン系と決まっておりますが、この日はライ麦パンが息子たちにバクバク食べられてしまい足りなくなって、硬パン(Hapankorppu)も出しました。勿論、+バター。


d0093885_18122133.jpg
こちらは、2月の写真なんですけど、例のカワメンタイの卵をあっさり出汁としょうがで煮付けたもの。
正月用に実家から送ってもらった奈良漬も。

炊き立てご飯を備前焼の茶碗に入れたらもうそれだけで幸せでしたがな・・・
備前焼きは、この藁の跡がついたものがいいですよねぇ。ざらざらした手触りも。
若い頃はあまりいいなと思わなかったんですが、ハイ、単に良さがわかってなかっただけです。
すみません。

実家から以前貰ってきたものですが、こっそり使っています。絶対子どもには触らせたりできないです!
実は少し縁に欠けた部分が出来てしまって。

この日は、子どもも、夫もまだいない昼だったので、こっそり1人で食べたんでした。


d0093885_1816770.jpg
これはメーデー(Vappu)のランチ。
今年は予定がキャンセルになって家族だけで過ごしたんですけど、以前も夫が作ってくれたメニューです。
ギリシャサラダ(フェタ・チーズた~~っぷり)とエスカルゴをハーブとタマネギで炒めたものをクリームで和えたものが、バター生地で焼いた三角形のパイの中に詰めてあります。今回で3,4回目位ですかね?
年に一度位しか食べないので、新しいメニューでなくとも、毎回おいし~♪と言って食べています。

これとシャンパン(Mumm Cordon Rouge Brut)。
”黄色い貴婦人”は泡が多めで私にはきついので(ま、味覚がお子ちゃまなんです)ちょっと苦手になってきてこちらにしてもらいました。飲み易くておいしかったです。(それだけ?なんちゅー安直な感想)
私、アルコールに関しては結構弱いので、ちょっと情け無いんですけど、、。

あと、ついにヘルシンキに行った時に、どのランキングでも一位になっている(注:あくまでランキングです。)例のあそこにランチ・デビューしてきましたよ。

気取りすぎの感じはしました。
まずレストランからサーブされる小さなスナックが、アイスクリームコーン型のとても小さなもので中にチーズが。これは美味しかった。
スターターはシュリンプサラダ。きれいな盛り付けでしたけどなんだかサプライズに欠けました。
メインは、、、もう忘れた・・ってことはそれ程ではなかったのでしょうか。
単に記憶力が悪いだけか・・・
デザートは、角皿にきれいに分散させて盛ってあったフルーツ、フェンコリ(さっぱりした野菜でデザートで出されたのは初めてでした)、ホワイトチョコソース、ムースなど。

内装はモノトーン。
ウェイターさんはちょっと恰幅のいいタイプの私より少し若い位かと思われる人で、サービスは慣れていましたがグラスワインを注ぐとき、コルクしたまま注ごうとして本人あちゃ~って言ってましたよ。
(ブルゴーニュワインです。どこのドメーヌか勿論私は覚えてません!)

しかもトイレの便座四角いし・・・(汗)トイレの内装黒と赤だし・・・

電話してから行ったんですけど、ちゃんと予約はしておくべきなんですけどね。
ただこの日も、予定がつかめなくて事前に出来なかったのは私の段取りの悪さですが。


全体をこの一度だけで判断するとしたら、サヴォイのほうが良いと思います。
サービスも温かくこちらが居心地悪くなるような事はないし、有名なマルスキのメニューも歴史が感じられて楽しいし(美味しい)、なんと紅茶のサービスが素晴らしいんですよ。ダージリン、アッサム、など葉摘みの時期なども選べて。
ここには一回しか行った事がありませんが、夫が紅茶を選んで、私はコーヒーにしましたが紅茶にすればよかったと思うほど上手な淹れ方で。

一点だけ残念だったのは、10名で食べに行ったんですが(夫の仕事関係で)残りの人たちを待っている間エスプラナディが見渡せるテラスに出たら、風除けのテント内にはまだクリスマスの電飾が残っていた事・・・(汗) でもカモメが横をスイスイ飛んでいて景色も最高でした。

次に記念日に夫婦で行くとしたらサヴォイだねと話しております。
いつのことだかわかりませんが、、、
私が●0歳になったときかな?

昨日の母の日は、レストランで、義妹たちと一緒にボリンジャー飲みますた。グラス3杯目でもう真っ赤でしたよ、やれやれ。ビュッフェスタイルなのですが、コールド・ディッシュのテーブルがすきでつい盛りすぎ(おい)、メインもまだあるのに、、、
おなか一杯で苦しかったです。
でもケーキも食べましたよ、ほほ。
[PR]
by wa-connection | 2010-05-10 18:54 | finnish food

誕生会終了

d0093885_485839.jpg
3月始めに次男が5歳に、そして5月5日に長男が8歳になりまして、我が家の子どもたちの誕生会は今年も無事に終わりました。いやー疲れた。
いえね、次男はまだ自宅でやったんですよ。お友達は7人位で。
あとGod parentsの家族も招いて、家でのパーティ。

長男も、誕生日に自宅で私達だけでお祝いしました。去年はおじいちゃんおばあちゃん(フィンランドの)も来てくれたのにねー、なんて話がでてちょっと泣けそうになりましたが。
日本の祖父母からインド人もびっくりの掛け算のボードや、野球ゲーム、私が頼んでおいたLaQの400ピース入りなどを貰いました。あとドラム教本。
私達からは、点灯する地球儀と、LEGOのStarWars Starfighterという箱がすごく大きなもの。実際組み立てるとそんなに大きくないんですけどね・・・。これを一番喜んでましたね。
あとDSiのBatmanゲーム。
うち、DSをクリスマスに買いましたが、週に一回しかやらせてません。何か粗相があったらそれもなしって事で。(笑)
好きなゴハンとデザートを作ってあげるよ、といったらまた「三色そぼろ丼」と「köyhätritarit」(フレンチトーストみたいなものですが、トーストではなくあまいバンズを使います)でした、そんな質素でいいのか、君は!
ま、喜んでたんでいいとしましょう。

今回8歳の誕生会は、地元で人気のボーリング場お誕生日会パッケージ。
こちらは11人呼べます。今回は次男が参加したので、残り10名をクラスメートや近所の子達,従兄妹などを招待。
費用は日本円で1万3千円位かかりますが、ここのスタッフがす~べ~て~仕切ってくれます。
(ボーリングの説明、名前の入力のヘルプ、ゲームが終わってからスコアのヒモをそれぞれに渡し、最初にピザ等の軽食+飲み物、そしてその後ケーキにろうそくを立て持ってきて皆で立って「ハッピーバースデー」(同じ歌だけどフィンランド語バージョン)を歌う・・・。
プレゼント交換前に、ボーリング場の古くなったピンを思い出に、とくれて、参加者皆が名前をサイン(これいいなと思いましたね。)。
2時間なんですけど、15分位余るので、受付そばにある子ども遊び場のボール・プール(マクドナルドなどにもある、プラスチックボールが一杯入ったもの)などで遊ばせる。



d0093885_418513.jpg
私はまぁ見てるだけ、写真とる、危ないなと思ったら間に入る(浮かれすぎて興奮する事もあるので)、食事時のマナーをうるさくチェックする煙たい親として。

これまで呼ばれた男の子の誕生日会では、もう女の子を呼んでる友達は皆無だったので、何か言われたりしないかなぁと勝手に心配してたんですが、長男は一歳下のフィンランドの従姉妹とすごく仲がいいので絶対お互い呼ぶ事になってます。
それで女の子1人じゃ寂しいだろうって言うんで、これまでも呼んでいたお向かいのクラスメートでもある双子(男女)を呼んで、あと気に入ってるらしい女の子も1人呼んでましたよ。
しっかりタイプのかなりかわいい子でした(母親チェ~ック)。しかもウルトラミニ履いてましたよ、7歳でこの脚線美か、と思いましたねぇ、いやーやられた。 旦那は後でそれを聞いて大喜び。息子の代からまともになるってほんとだね!なんて。(自分はそういうかわいいクラスメートが全然いなかったんだそうで)

ま、でも他の男の子も女の子がいるって事にそう大騒ぎするでもなく(ませた子二人ほどが、「お前コウイチの何なの?」と従姉妹に聞いて赤面させてましたけど。「従姉妹よ」と胸張って答えてましたよ)楽しく終了してました。

写真は、次男がピンに自分で名前を書いているところ。ミミズみたいな字ですけど、書けるようになって偉いね~。(アルファベットで)次男は、人生初のボーリング。スコアは68位でしたかね、よくがんばりましたよ。
長男のクラスメートのマセがき君達二人が、スコア100超えでした。
従姉妹も、ここは10回目とかで、スコアはまあいいとして慣れたもんです。
親達もお金使いますねぇ、、(あ、うちもですね、、汗)。


d0093885_4443732.jpg
次男、初トライです。ごらんのように、子供の誕生会の場合、ガーターにならない工夫がしてあります(笑)
私もこれでやらせてもらったら180近くいけるかも・・・?

プレゼントですが、すごくいいものたくさんもらっちゃってどうしようかと思いましたよ・・・長男はもう大喜び。
普段子どもに誕生会用に選ばせるのは12ユーロ前後なんですけど(カードも高いんで忙しい時以外は手作りします、ハイ。)
気に入ってる女の子からは22ユーロもするレゴのPowerMinersのキャラクター、他の子も結構15ユーロ越えが多くて、焦りました。そう、自分もしょっちゅう買いに行くので、大体この年頃の子供のおもちゃ、値段が分かりますね(悲)
今後は予算上限、引き上げなくてはならないのだろうか?
ううむ・・・でも年に10回位(多い子は色んな子に呼ばれて20回以上あるみたいで)、息子二人分で15回以上ですか、250ユーロ位かかるのかー。
セール期間をうまく利用せねば。
近所のお母さんは、セールの時にまとめ買いして、男子用、女子用と全て同じプレゼントで揃えておくそうです。ここも子どもが3人で年間40回以上呼ばれるとかで。
月に3回は誰かの誕生会に招かれる計算ですから、それ位のほうがいいんでしょうね。
いやはや、うちはまだ少ない方です。

ちなみに、7歳になった従姉妹が、同じボーリング場で2週間前に誕生会があったんですけど、彼女にはGwenStefaniの人形(Brazみたいなの)が30ユーロ→値下げでなんと11ユーロ!!だったので、これをあげたんですけど、他の子からは結構色鉛筆とか、塗り絵帳などが多くてがっかりしたんだとか。で、息子からのお人形は喜んでたらしいですよ。よ、よかった。
義妹が、鉛筆などは自分でも買えるからねぇって。うちは一人の男の子が、フェルトペンセット+色鉛筆セット+マグカップをくれて、丁度フェルトペンが全滅になりそうだったので(私は)嬉しかったです、はい。
難しいですね、プレゼント選び。


さてさて、もうすぐ一年生も終了で、長い夏休みになります。
クリスマスのときの初・通知表は、態度面も含めてありがたいことに全部優をもらって、入学前は普通学級は無理かもと言われたのに、手前味噌ですが、ほんとによく頑張ったと思います。(夫が毎日毎日、宿題やテストに向けての復習などをみてくれてました、有難う、夫よ)

息子の親友は、学業面は全て優だけど態度面でかなり悪かったとかで・・罵り言葉もバッチリ全部使える、かなりの生意気君ですよ。おもちゃも何でもかんでも持ってるし、父親の自転車が21段変速だとか自慢するし(かわいいねぇ)、ゲームもPS,XBox,Wiiと欲しいだけ買い与えられてるし、かなわない事はないと勘違いしてますわ・・・親がこうしなさい、と言ってもまったくどこ吹く風。親もそこでびしっと叱れないみたいで、、モノで釣ったって子どもはすぐ見抜くんですね、どうせ後になったらもらえるんだと思ってる。まぁ、私も人の振り見て我が振りをなおさねば(汗)。
でも、こういう子と、ぼーっとしたうちの息子(彼のペースについていってるんだろうか?)という二人が仲良くなったりして面白いです、友情ってのも。ケミカルですかねー。

それにしてもあと8年は義務教育が残ってるよ(笑)更に続けるならまだまだ続くよ(笑)
まだ、一年生みたいに残りも楽しめるといいですけどね。3年生から、英語も始まるし授業数も増えて段々厳しくなってきます。

それにしても、この誕生会でも、今度8月に小学校に上がる子が二人いて、1年生達がからかうんですよ、「10たす8たす7ひく4はなんだ~?」とかね。
いじわるでしょう?
あとお向かいの双子もすごく優秀で、「300-500は?」と誰かが叫んで、すぐ「マイナス200!」と答えてました。知人のお子さんでもすごく賢くて、同い年なのにまったく違うと感じるほどの場合もあります。マイナスの答えを聞いても、息子、判ってなかったと思います。ごめんよ。

でも私や夫はこう考えるようにしてます、そんなの時が来ればできるようになるさ、と。
いえいえ、できるお子さんは素晴らしいと思うんですよ。うちの子はちっと時間がかかるんです。
私のほうが、つい周りに流されて焦り易いんで気をつけなきゃいけないんですけどね。

また、日本だと公文などやってて、一年生だろうが二桁の掛け算なんかもスラスラの子も結構いそうですけど(汗)

自分のペースで理解を深めていってもらいたいと思います。
宿題をみるとき、なんでわかんないんだろう、って思っちゃいけないんですけど、この辺でイライラするのをなんとかコントロールしなければ。母が未熟です。

ともあれ、無事に誕生会は終わりまして、お友達が普通にいるのも分かって、ほんとうに安心しました。
(このことでもいっつも夫にたしなめられてます、はい)

来週に長男は、柔道の試験があります。
これも2年続いて、まぁ頑張ってる方かなと思います。結構好きみたいですよ。
長男の段階では、帯は白で、ワザや言葉をしっかり習得した段階で端っこに赤いリボンを1本ずつ縫い付けていくことになってます。
今回は3本目のリボンのテスト。

足技、腰技、などの言葉から、それぞれの決め技になる、大腰、浮き腰、大外刈りなどをこれまで練習でやってます。これも夫がちゃんと毎回送迎して、練習中もそばで見て、後で家で復習できるように見てくれてます。
私と一緒で、息子がよく自分の世界にトリップしてるんで、夫が観てくれて助かりますわ・・・。
同じグループの子は、8割が3年生か4年生ぐらいで、黄色い帯の子も少しいます。
赤いリボン3本貰ったら、次は黄色い帯に進む段階なので、秋にそのテストを受けたらどうかな、と先生には言われているようで。

ポリの柔道サークルは、全国レベルの選手の人も数人居て結構盛んなようです。
黒帯の人が指導に来ると、やっぱり空気がピシッとしますね(笑)

という訳で、私はせめて言葉の意味を、字を書いてフィンランド語と日本語両方で分かるように、長男と練習です。

日曜日は「母の日」です。(アメリカから来た習慣なので、日本と同じ。)
義弟家族と8名で、母の日ランチに出かける予定です。やった、作らなくていいぞ!
スーツ、はいるかなー最近食べ放題にゴハンやデザートを楽しんでたもので・・(汗)

長々と失礼しました。
[PR]
by wa-connection | 2010-05-08 05:03 | kids