フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

森の香りと空気@Lammi

d0093885_6422978.jpg

去年と同じく、ハメーンリンナに割りと近いLammiにある森(夫の祖父の代からの場所)に行って来ました。
往復7時間ちょい。

d0093885_645032.jpg

遠いんですが、長靴皆ではいて、アウトドア用に着こんで歩いたり転んだり間伐(トウヒと松の苗木を昨年植えたので)したり。
1時間ちょっと作業した後、持って行ったおにぎりとヘラジカのソーセージを食べてほっこり。

そして私は地衣類フェチ(自称。まぁそれ程でもないですが、見ると撮りたくなる程度です。名前も調べないし、、いい加減だな。綺麗な絨毯のような苔を見るとすりすりしたくなるだけです)
キノコや苔さんが育つためには湿気は大切です、はい。
d0093885_6462083.jpg


d0093885_6481414.jpg


d0093885_6502539.jpg

綺麗でした。
あらためてフィンランドに住んでいてよかったと思いましたよ。(お手軽な奴)

この日は、久しぶりに太陽が出て、綺麗な秋の一日でした。
そして夫の祖父母のお墓参りを済ませて帰宅しました。
[PR]
by wa-connection | 2011-11-13 06:50 | finland in general
d0093885_683229.jpg

ポリに今年4月にできたお洒落な手作りアイスクリーム屋さんがあります。
Jätskibaari Vohveli  (敢えて訳すとアイスクリームバー・ワッフル)
Websiteはまだなくて、Facebookのみだそう。

ポリの中心地のショッピングセンターIsoKarhuの一階、H&Mの向かいにあります。

若い夫婦KatjaとMartinの二人(+バイト数名)でやっていて、旦那さんはドイツ人、奥さんはこの地方出身のフィンランド人。
二人はドイツで出会ったそうですが、こちらの企業に数年勤めた後、自分たちでなにかやりたいね、という事で好きなアイス作りをイタリアでジェラートバーで現場を見せてもらったり色々しながら試行錯誤し、
4月のオープンとなった模様。
オープン3日目で初めて味わったアイスはもうフィンランドではかなり珍しい位の美味!
全て彼らのアイスクリームマシンで自宅手作り(味も時々変えてマイルドからちょっと濃いものまで試してみる)です。
そして、ワッフルコーンもその場で手焼きですよ、奥さん!

材料は基本有機栽培のもののみ。(以下のライチはそうじゃないので)

ブルーベリー(ビルベリーですかね、正確には)
リンゴンベリー
ストロベリー
ラズベリーなどのベリー系
レモン
ココナツ
マンゴー
バナナ
みかん
グレープフルーツ(赤いのってレッドでしたっけ)
ピーチ
ライチ(これは試作で季節じゃないしなかなか手に入らなくて缶詰使ったって言ってました、、、)
ピスタチオ・・・そうそうジェラート系も豊富!
ハニーアーモンド
ピーナッツ
カシューナッツ
チョコレート
ダークチョコレート
抹茶(秋の新作)
バニラ

そして今月の最新作はチーズ!
ゴートチーズとブルーチーズ作ったらしいです、私はまだ食べてませんが。

今覚えているのはこの辺でしょうか。日替わりでショーケースの品揃えも変わるんです。
あれはないの?というと冷凍庫に入れてあったりするので聞くに限ります。

写真は、ミニボール7個セットとカプチーノ。4.6ユーロだったかな、、、普通のスクープの2個分位との事でしたが、もう少しあった気もする。
「こんなに食ったのか!」と言われそうですが、はい、さすがにおなか一杯になりました。
チョコ、バニラ、リンゴンベリー、抹茶、ピスタチオ、ハニーアーモンド・・・全部覚えてないですが、そんな組み合わせしてみました。

その朝、ジョギングしたんですけどね、、5kmじゃこの為にはカロリー消費量は足りなかったですね。
コーヒーもかなり美味しいんですよ、ここの。
紅茶はオーガニックティ一種があったような。
フィン人はアイス好きですから、秋冬は少し落ち着きますけどきっと生き延びてくれると信じてます。

彼らの秋からの温かいお薦めメニューはイタリアのホットチョコ。
Cioccolata caldaです。これにね、焼きたてのワッフルコーンつけて食べると天にも昇る心地です。
d0093885_52262.jpg

あ~私、写真の撮り方に進歩が全く無いですね。(しょぼん)
まぁいいや。

抹茶アイスは、少し協力させてもらって(未開封の抹茶缶差し上げたり)ただで2回位食べさせてもらったりしましたよ!

ポリにいらっしゃる事があれば是非どうぞ。
[PR]
by wa-connection | 2011-11-13 06:35 | finnish food

今年のお仕事の推移

3月以降、1-2ヶ月はぱったりと静かで5月は世界の小学生という本制作のフィンランドでのコーディネートでヘルシンキ・ポリ・ノールマルックを駆け回った忙しい初夏でした。
夏はデンマーク一週間で久々の日本以外の外国(日本は母国だった・・・)を満喫し、夏休み2ヶ月半を楽しみました。そしてあっという間に秋そして学校と保育所の日常・・という話を前回書いたのが2ヶ月前(オイ)。

8月以降また色々なお仕事が舞い込みまして、前の記事にも少し書きましたが、
9月には東京の大学から研究者の方がおいでになり、フィンランドの高齢者介護について、一週間ヘルシンキとタンペレの訪問先のアレンジと通訳を担当させていただきました。
その資料が多岐にわたり、引き続き翻訳としてお仕事を頂いています。

恐らく自分の将来が「フィンランドで老いる」ですからね、非常に興味を持って学ばせていただいています。
東京経済大のキョトンC先生、有難うございます。

ホームヘルプサービスの多様さも(プラスもマイナスも)聞く事ができましたし、現場の人が一生懸命やっているのも伝わってきました。
施設介護もどうしようもない寝たきり老人もこちらにもたくさんいますし、
私立のサービスホーム、グループホームに入る余裕がある人はやはり恵まれているようです。



とてもユーモアある先生でして、スウェーデンにも研究で一年ほど住まれたそうですが、北欧の高齢者介護について(特に要介護認定のプロセス)比較研究されているとのこと。

二つの自治体を回ってみた感想では、やはり老後のためにお金はためておかなければならんな、というのが実感です。
福祉国であろうと、余生を送る場所は選択肢が有った方がいいじゃないですか!
そしてできるだけ健康状態を維持しつつ年を取ること、これも肝に銘じたい所です。
認知症なんかになったらもうしょうがないですけどね、ダレだってなりたくてなるわけじゃないですもの。



話がずれました。

合間に、面白いお話を他にも沢山伺いました。
ご滞在中夕食に一度もお付き合いせず、申し訳なかったのですが、別の仕事を夜にしながら
日中ご案内・通訳という形でしたのでいやぁ正直、ヘトヘトでした。
一日は友人と映画を見に行きました(告白)。
先生も時差ぼけでかなりおつらそうでしたけれども。

またフィンランドにいらっしゃるかもとのことで、ポリの現状を是非ご覧頂きたいと思います。

年末はクリスマス前から3が日前まで日本に帰っておりますのでお受けできませんが!

これが9月~現在進行中のお仕事。

そして、書く仕事、今年は不定期のような定期コラムお仕事(私のスケジュールを受け入れてくださってるありがたい出身地のフリーペーパーさん)以外は「SUMO」誌に子どもがいる家庭のお話を書いた位、、、でしたがここに来ていくつか来ています。
小学生の子どもがいる家庭、というのと、もう一つはデザイン関連。

翻訳は今年本当に多かったです。
某航空会社の定期便に加え、エンジニアリング系の企業の資料、そして前述高齢者介護の資料、更に先週見積もりを出して仲間のSamiと勝ち取ったのがシベリウス生家関連の文章。(きゃっ書いちゃった!)。
まだできていないのですが、取り掛かります。

通訳も発電所関連で一つ急なのがありました。金曜にご依頼いただき、月曜に現場、という。。。
きつかったです、その夜は放心状態でした。フィンランド語ー日本語のご依頼でしたが、当日真ん中辺りで他の参加者も発言できるからと英日に変わって、私もしどろもどろの所もムニャムニャ、、、

衰えを感じます、いやいかん、もっと英語に触れ、喋り、書かなければ!
いや書く、訳すはしていますが、はなす聞く、ですね。10倍位時間が欲しいです。

まとまりの無い記事ですみません。
もう一つ記事を書いて仕事にかかります。

今年は今抱えている仕事いくつかでもう一杯かな、、
ありがたいことです。
一年前は、業績が落ちた年でしたので、今年は多少は盛り返せました。
老後のために少し貯金ができるかも!?
その前に親に留学時の借りたお金まだ返しきれて居ない不甲斐ない不肖・娘です。
[PR]
by wa-connection | 2011-11-13 05:47 | work