フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

見学の許可を得てフィンランドのオルキルオト原発エリア内にある最終処分場建設予定地の現時点での「地下調査施設(将来最終処分場になる)」オンカロに入れると思っていたら前日に緊急保守作業が入り、それが一週間続く為に来た方は結局地下450mの所に入る事は出来ませんでした。
それが目的でわざわざ来られたのに果たせない事になり、先方にとっては仕事にならないことに。

ポシヴァ社広報によると、今後調査の為の建設作業の色々なプロセスが更に増えるので中に潜る許可はますます出にくくなるかもとのこと。来週ドイツ大使も見学予定だったけれどもそれもキャンセルになったと金曜日に話したときに聞きました。

訪問前日の昼過ぎ、緊急保守作業(レスキュー用ゴンドラの)が必要とポシヴァに連絡が入り、すぐポシヴァ社から私に連絡が。
残念ながら見学不可能になった旨、代替案を受け入れ更に急遽依頼し(普通無理ですが)建設中でゴタゴタしているオルキルオト3号機の内部も組み込んでもらえました。

結果的にはお客の目的がおじゃんになった事で、仕方ない事とはいえ、非常に後味の悪い仕事になってしまいました。

発電所のような視察コーディネートの際、見学許可が運よく出たとしても、不測の事態により事情が変わる可能性もあるのです、、、身をもって体験しました。体験したくはなかったですが。

ご想像いただけるかもしれませんが、原子力発電所は許可申請プロセスなど手続きが面倒なうえ、急な依頼は受け付けてもらえないこと、安全が最優先でありマスコミであっても政治家であっても偉い人であってもダメなものはダメで、撮影もオンカロのゲート付近や原子炉建屋付近、内部は通常不可です。
原子炉建屋付近でも、詳細が分かる写真は撮らせて貰えません。特にゲート付近は監視カメラがあるので、カメラの位置を公表したくないそうでゲート付近は先方も特に神経質です。


車両から降りる許可がなかなか出ないので動き回って撮ることや、監視カメラ設置の場所もセキュリティのため撮影不可です。

これは建設現場で安全訓練を受けていない者(ヘルメット、安全靴、基準に沿った服装など装備も必要ですが)は歩き回れない規制があるためです。

そうそう、賄賂なんて以ての外、ここではそんな事提案しようもんならこっちの手が後ろに回ります。(アジアに長い人は袖の下でうまくいくなんていう経験もおありでしょうが、北欧では無理です)

2日前に確認し地下に入る許可はちゃんと問題ないと伝えたあとでの急遽変更・・・苦い思いで一杯です。

これまでも日本のメディアにも数十回以上オルキルオトやオンカロについては書かれているのでもう十分かもしれませんが。それでもまだ何も知らない、へーそんなところがあるんだ、という方も多くおられるのも事実ですが。

起こった事はもう逆立ちしても元には戻らないので、改善するところはしていきます。



ちなみに、展示されていた岩石類の名前、リストアップしました。
このサタクンタ地方の岩盤を構成する岩石は、

縞状片麻岩
サタクンタ砂岩
花崗岩
輝緑岩 ←これがオンカロを掘っている辺りの岩の名前。これも訳すとき分からなかったので失態。

など。
[PR]
by wa-connection | 2012-03-31 18:34 | work

Posiva社取材記事

(写真はクリックすると大きいものがご覧いただけます)
d0093885_19115198.jpg

3月はじめに、オルキルオト原発エリアに建設予定の使用済み核燃料最終処分場の調査建設のため設立されたポシヴァ社を取材してきました。

その時の記事をe-coolさんに掲載していただきましたのでご興味がおありの方は以下のリンクからご覧下さい。

「「自国から核廃棄物を出さない、入れない」という決定に基づき世界に先駆けて始まった
最終核燃料保存施設オンカロのプロジェクト」


上の写真はヴィジター・センターから撮影した建設中のオルキルオト3号機(左)一号機(右)の風景。
(ヴィジターセンターはオルキルオト原発エリア内にある施設で予約なしでだれでも入れます。
併設展示もいつでも見る事が出来ます)

正直これが正解なのか誰も分からないとは思います。
日本でも強固な岩盤がある地域を見つけること自体、更にその自治体が受け入れるかどうか、難しいと思います。
でも今まで生み出し続けた廃棄物を外国の立場の弱い国に丸投げするのも理不尽すぎます。
(原発がぼっとん便所と同じだという表現、ネットで見ますがまさに溜まり続ける、そのままです)

私はこの記事は先方から得た情報をニュートラルにまとめて書きました。
勉強がまだまだ足りないのですが、色々な意見、専門家の話も読んでいくつもりです。

来週は日本の記者の方に同行してオンカロも見学させてもらう事になりそうです。
[PR]
by wa-connection | 2012-03-19 19:23 | work

雪融け

d0093885_5172651.jpg

前回の更新から2ヶ月経ってしまいました。
私達は元気に暮らしています。
有難い事に、こどもたちも大体元気で、風邪ぐらいしか引いていません。
これは考えてみると本当にラッキーな事なんです。
子どもだって腫瘍ができたり、リウマチをと診断されたり、成長ホルモンを摂取するよう薦められたり健康に関わることだけでも様々な心配を親達は抱えてるわけです。
細かい事をおいておけば(アトピーだとか)元気にイタズラしたり喧嘩したり疲れたりおなかがすいたりご飯を食べたり、幸せな生活を送っています。
ちなみに私、一年間風邪知らずで過ごせました、いぇい!別の症状は色々あったんですけどね、前述の子どものアトピーですが私も蕁麻疹だったり乾燥で痒みが有ったりするのでアレルギー薬は必要に応じて使ってます。ま、こんなの大したこと無いです。

前置きが長くなりました。
フィンランドも太陽が顔を出す時間がどんどん長くなり(紫外線も要注意!)雪がみるみるうちにとけていきます。
庭の芝生はまだ雪に覆われていますが、道路はそろそろ自転車が乗れる場所も増えてきました。
春だなぁ!(いやまだ夜はまだマイナス気温ですが)
昨日近所のスキー場でダウンヒルをしてきましたが、そろそろ最後かと思われます。


d0093885_5351322.jpg

先週夫の所属する剣道部に日本から機動隊所属で七段の先生がおいででして、ご飯を一度召し上がっていただきました。その日に半日市内観光をということでReposaari(レポサーリ)の地元の名所Kallo(要するに海辺にある大きな一枚岩)へ。レポサーリは昔は独立した自治体だったんですが、合併で20年前位だったかな、、、(うろ覚え)ポリに併合されました。

d0093885_5525959.jpg



その帰りにYyteri(イューテリ)のビーチにも寄りました。
そろそろ海に張っていた氷も割れて流氷になりそうですね。

私達の仕事もおかげさまで途切れることなく頂いております。
仕事部屋が散らかりっぱなしでまさに混沌としております、はい。仕事机の引き出しは開けたくありません、、、

そして次男は今月始めに7歳になりました。
ボーリング場で誕生日会をし、日本のおじいちゃんおばあちゃんからは小学校用のリュックサックを貰い、ペンケースや筆記用具も貰い(ワンピース)ああいよいよだなぁと親はちょっとだけおセンチになりました。
5月は長男が10歳になります、信じられない、あの赤ん坊が、、、
このほうがショックというか感慨というか感情の波に揉まれそうです。
心の準備をしておかねば。
[PR]
by wa-connection | 2012-03-19 06:00 | life in Pori