フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

フィンランドの父の日

d0093885_2185428.jpg

今日の晩御飯。
お友達がお土産にくれた塩麹で昨日あまったスズキの仲間の白身魚を晩から漬けて、照り焼き風に焼きました。柔らかかった、、
そしてもう一品の主食、Twitterで毎晩在住フィンの日本人の皆さんがおいしそうな料理の話しをするんですが、(夜にキケン極まりない話題です)その中の一人のお友達に影響されてチキン南蛮。
魚があまること考えてなかったのでバランスが変ですが、あとひじきと味噌汁でした。
チキン南蛮は子ども達に大うけで鶏もも肉1パックじゃ足りませんでしたよ。
結果的に魚もあってよかったのかな。
でも盛り付けもなんもあったもんじゃない、白髪ねぎぐらいすればよかった。
大根も買い忘れたのでした。本当は茄子の生姜焼きや柿なますしたかったたけど、あれこれ変わって冷蔵庫にはなすとリーク(西洋ねぎ)といったものがあまってます。
まぁあさってのご飯作りに使いましょう。

デザートは何かケーキでもと思ったら、夫が久しぶりにぜんざいが食べたいと言うので簡単です、はい。

さて夫は長男が生まれて10回目の父の日を迎えました。
子ども達が学校のKuvaamataito(美術)の時間に作ったカードやプレゼントを渡してましたよ。
上の子は鍋つかみ。
前も書いたかもしれませんが、11月第二日曜は、北欧各国で父の日となっています。
母の日は5月第二日曜でアメリカから始まったものがこちらでもそのまま導入。

父の日は、非公式に1970年代ごろから北欧でも祝うようになりましたが、これはスウェーデンのビジネスマン達が、「11月ってさー何も行事が無くて寂しいよね、じゃ父の日こっちにすっか!」(こういう喋り方だったかどうか知りませんが)と晩秋にしたのが始まり。お店の売上にも貢献しますしね。と公式にカレンダーに国旗掲揚の日として記載されたのは1987年から。祝日なのでお店も多くが閉まっています、前日までに全て買い込まないといけないのは母の日と一緒で不便じゃ・・・

さて、新聞に載っていたので、久しぶりに「父親」に関する統計を。

フィンランド人の父親の平均寿命は76歳超え。 

父親休暇(paternity leave)は1978年から導入。

2009年出生の子どもの父親のうち、正式に結婚していた人の割合は約58%。
市民婚であった男性は32.5%。
ただのお付き合いの間柄で子どもが生まれた男性は9.5%。
(既婚者って6割弱なんだ、少ないような、市民婚が一般化してきているのでこんなものかとも思ったり)

2011年、養子縁組で父親になった人は465名。 
ちなみに、この国では国内、ロシア、アジア、南アメリカ、アフリカから養子を迎える人もちらほらいます。同性愛カップルも養子縁組OKです。独身女性も養子を迎えられます。

フィンランドで父親になる平均年齢は30才。初産年齢は男性より3歳ほど若いので27歳ちょいぐらいとのこと。確かに20代で上の子を産んでいるお母さん、回りを見ても多いような。そして3人子持ちが結構近所でスタンダード、いやうちは二人で十分です。

フィンランドで、統計によると「父親」は約127万人。550万人弱の人口でおお、と思いますね、まぁ孫がいる人も父親と考えるとなるほど、、かな。

教育大国のイメージがあるフィンランドですが、以下は意外。
父親の1/4が義務教育までしか修了していない。(7歳から9年間)
これは職業専門学校や、高校を中退したのも義務教育までと見なされるのでしょうね。手に職つけたほうがいいぞ父ちゃん!

悲しい統計データはこれ。

フィンランドの母子/父子家庭の割合は6対1。
女性に子どもがついていくほうが多いんですね、そして父権はなかなか母親と同等と認めてもらえないという悲しいケースが沢山あります。母親がアル中で暴力的でも、ソーシャルワーカー達が父親が親権を持つ事を認めないといったことですが。ソーシャルワーカーは圧倒的大多数が女性ですからその影響はあるのでは。

そして次。

学齢未満の子どもの父親の三人に一人が、アルコール依存の傾向がある。

これ、なんとかならないものでしょうか。

うち、子どもたちが昨日、今日と雨で外に出ていないためエネルギー発散できずそれはもう「ほたえまくり」。方言入ってますが、、、カミナリ4回位落としましたよ、せっかく父の日で夫もにこやかに過ごしたかったろうに。
d0093885_237796.jpg

長男が美術で作った鍋つかみ。
前半風邪で二日間休んで、金曜の美術の時間一時間しか無かったようで、きちんとした性格の割りに珍しく縫い目が雑(笑)なのもご愛嬌です。
[PR]
by wa-connection | 2012-11-12 02:38 | finland in general