フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

一昨日書いたこの本ですが、二日で一気にいきました。
あー若者向けではあるけれども、恋い焦がれる気持ち、癒えない傷、それぞれが決まった台詞を言っているかのような”演じられる”家族、巻き込まれる犯罪、狂信的カルト、名誉欲、あたりがキーワードでしょうか。
うん、おもしろかった。

次は日本語でお借りしている在フィンランドのアメリカ人作家が書いたラップランドはレヴィを舞台にした刑事物、「極夜」。
これはフィンランド語で出てないですよ、オリジナルが英語です。
なので翻訳も英語→日本語となってます。
[PR]
by wa-connection | 2013-08-29 00:46 | finland in general

ユバスキュラ、初訪問!

d0093885_16285795.jpg

在住13年目にしてやっとユバスキュラ訪問がかないました。

お仕事でお客さまに今回ポリや近隣の町で学校視察やインタビュー同行していたのですが、ユバスキュラは教育関連でフィンランドでも有名なので外せません。
音楽教育でも音楽学校、ユバスキュラ大学、JAMK(ユバスキュラ高等専門学校)と緊密な協力体制を築いています。
d0093885_16285935.jpg


いやー勉強になりました。
ユバスキュラ大学、ユバスキュラ高等専門学校は隣接しているので訪問も徒歩でいくことができ楽でした。
今回は、Twitter仲間にも初顔合わせで大学のカフェテリアでお会いすることができたし。
音楽関連のつながりでしたよ、一人はピアニスト(まだ育児休業中で本格的復帰はもう少し先だとのこと)の関西人Kさん、そしてAll Aboutなど各媒体に執筆などいろいろされているヴィオラ弾きのこばやしあやなさん、そして彼女の妹さん(就職活動終了してちょうどフィンランド旅行中だった)。
来たばかりの交換留学生の人ともおしゃべりできて面白かったです。
私の年齢のほぼ半分の人たちですよ・・・現役の学生さんって。

待ちあわせはAlvar Aalto設計のここ。
d0093885_16291158.jpg

d0093885_16291386.jpg


ご飯は安かったです。はい。お味はまぁどこもこんな感じでしょう。
ユバスキュラ大は今年設立150周年で多様なイベントも開催されているそうですね。
雰囲気が色々と楽しそうだった。キャンパスも森の中に建物が配置されているようで移動が楽しい。
真冬の雪の中は大変でしょうけど。

ユバスキュラ大の図書館にも短時間ながら行きました。
d0093885_1629847.jpg


光が入ってきれい。アカテーミネンにも通じる雰囲気か?(素人意見です)

そしてJAMKへ。
d0093885_1629540.jpg


長男の最初のドラムの先生、ここで2年目なんだよなぁ。
インタビューした先生に聞いたら、Tommi知ってるわよ!と。

そして同じくTwitterで知り合ったKajaani在住のNiiranen久富真由実さんの展示会が多文化センターGloriaで。これは行くしかないでしょう、とお客様も一緒に強制連行。
やっと彼女の作品と対面することができました。
無限の時間で失われた記憶、というテーマで各作品がロビーに展示されていました。
中でも私がガツンとやられた気がしたのはこちら、伸びる鼻。
d0093885_1629248.jpg


見栄っ張りで自分を守るためなら小さな嘘でもつい、ついてしまいたくなる我ながら小物よのぅ、という自分を表しているようで・・・(爆)


日帰りのタイトなスケジュールでしたが、また行きたいなと思わせる町でした。
コーヒー豆の焙煎場も行けなかったしな、、、
d0093885_16291540.jpg

d0093885_16291610.jpg


と「世界の車窓から」を頭の中で妄想しながら22時にポリに帰宅したのでありました。

もっと自分の仕事の分野を深めて頑張らないと、とも思った日でしたよ。
秋か来年春にYKI(フィンランド語の能力テスト)やっぱり受けるかな・・・
[PR]
by wa-connection | 2013-08-27 16:22 | work
d0093885_3384685.jpg

今読んでる作家のスリラー。
「白雪姫三部作(Lumikki trilogia)」です。主人公の名前がLumikkiで、lumikkiはフィンランド語で白雪姫の意味なのです。
すごい親ですな、娘にこういう名前付けるとは。
1「血のように赤く」(2013、3月)
2「雪のように白く」(2013,8月)
3「黒檀のように黒く」(2014、春予定)

実は若者向けですが(ヤングアダルト)、面白いんだなこれが!読みやすいし。
説明的な文体ですが、出版社の宣伝用文句には「フィンランドのリスベス・サランデル(スウェーデン発のミリオン・セラー「ミレニアム」三部作の主人公)誕生!」という売り文句の高校生。
確かにキャラ的にはリスベスのミニチュア版と言えなくもない。
ミレニアム、里帰りで一作目を読んで、フィンランドに戻ってから2,3を図書館で借りて読みました。
夫は呆れておりましたが・・・(いわくもっと為になるもの読めば?と)

Salla Simukkaは10代の本を読む女子たちに結構人気なので図書館で9人待ちの末借りる事ができました。みんな夏休み終わって学校が始まって親に勉強しろって言われたりしながらこっそり一晩で読んだりしてるんだろうな。予約してから一週間ちょっとでしたから、みなさん読んだらすぐ返却してるんですね。

第一部は仕事がらみで6月に読んだのですが一気にはまっちゃってのめり込みそうになって困りました。
タンペレが舞台なので行ったことがある、住んでいる人にはわーここ知ってる!とか色々面白いかも。
Tammelan toriとかCoffeehouseとか二作目には思い出の中にムーミン博物館も出てきますよ。

この二作目は主人公旅行中につきプラハが舞台。
半年ごとに出してますよ、すごいペースだな、、
サッラ・シムッカは前作でフィンランド児童文学の賞も受賞してる筆達者で、いかにも学校の成績(も)すごく良かったんだろうなと思わせる秀才な感じの作家です。
インタビューでの応答もキレがあります。
この三部作は世界中で版権が獲得されている模様。
エージェントのサイト(作者のブログ記事、フィンランド語)
さー二作目を読んじゃおう、ワクワクです。
[PR]
by wa-connection | 2013-08-27 03:30 | finland in general
d0093885_21484220.jpg

ご存知Hietalahti(ヒエタラハティ)の蚤の市は青空の下賑わいますが、今年からヘルシンキ港のそばにある屋内マーケットが工事中でお店がこっちに臨時移転しています。これがなかなか雰囲気あるんですよ!
Hietalahden kauppahalli サイト(英語版)

d0093885_21482769.jpg

ドアフェチの私としては外せません。
d0093885_21483221.jpg

中の様子。観光客はまだそこまで来てないと。中心地ストックマン前からトラム6番で4駅ぐらいですかね。

d0093885_21483534.jpg

ここロズルンド肉屋さん。併設キッチンでグリルしてます。人気は各種バーガー。
一番お手頃なRoslundBurgerが12.5ユーロからとお安く無いですがお味は格別。しっかりスパイスも効いてます。
長いピックで刺されてバーガーが番号札順に出来上がるのです。
バンズは甘みがあってカリッと焼けていてこれもおいしい。
一度に6個チーズ乗っけて焼いておる。
この日は夏日で外気は26度ぐらいあったので、厨房のお兄さんたちは更に汗だくでした。
d0093885_21484079.jpg

二階部分が飲食スペースになってるのがいいですね!
一番最初の画像で市場の建物の円形部分が写ってますが、そのスペースです。
それぞれのお店のお客用に場所が確保されています。反対側の端にも同じような二階部分があります。
お水、カトラリーは二階に備え付けられています。
もともとの屋内市場では市役所博物館課が建物保存の観点からこうしたリノベーションに大反対して、飲食スペースはできない模様。ううむ、、、どっちがいいのやら。保全は大事ですが、利用者としてはこういう変化はとても有り難いと思いますが。

d0093885_21484447.jpg


この場所での居心地がいいので、幾つかのショップはこっちに残ることも検討しているらしいですよ。

他に魚屋さんエリクソン、スープ屋さんが反対側の端っこ(ここがランチなら一番お手頃かも)、チーズショップ、、、ギリシャ料理でファラフェルも食べられるし、まぁロバーツ・コーヒーも真ん中にあります。
ヘルシンキで中心部以外でお昼が食べたくて、、という時ぜひ屋内市場をお試しあれ。
ここのバーガーはがっつりお肉を食べた気になれます。あーおいしかった。
[PR]
by wa-connection | 2013-08-23 21:29 | finnish food
d0093885_294478.jpg

月曜日はうちに居たので、ずっと気になっていた庭に落ちているりんごを生食用(10分の1)と虫食い有りに分けました。もう既に100個ぐらい腐ったりダメにして庭仕事ゴミ箱に廃棄だったので今度こそ庭の幸を有効利用せねば、と昨日は皮を剥いて刻んだ1キロ(小さめりんごなので芯やら皮やら虫食い部分で1/3は使えないのだ)をレモン汁加えてグツグツ10分ぐらい煮て、シナモンと砂糖半量加えて数分中火で沸騰させて完成。
一番時間がかかるのはりんごを洗って皮剥いて刻むところ。
はーあと10回ぐらいやることになりそうです。夫はパイ作りにはりんごを使いますがうちはジュースにはしないので、、。
家にいる日はしばらくこればかり。
さー頑張ろう。
[PR]
by wa-connection | 2013-08-21 02:03 | life in Pori
※追記:スマイル・ジャパン、二日目のTuusulaでの試合では、負けたけれども、2-1だったそうですよ、課題の攻め込みと防御、うまくいき始めたんじゃないでしょうか?
当日、夫の「がんばれ!」の声援もリンクに響き渡っておりました。
だって誰も何も言わないからね・・・・SMリーグと全然雰囲気が違うわ~。

d0093885_417458.jpg

初めて日本代表チームスマイルジャパンの(しかも女子の!)試合を観ました!
d0093885_4175035.jpg

苫小牧のあとドイツ合宿したそうで、フィンランド女子代表チームと今日はKirkkonummiで、明日はTuusulaのHyryläで同じように試合だそうです。
在住の方、今フィンランドにいらっしゃる方ぜひ!

d0093885_4175399.jpg

1ピリはどちらも様子見でしたが先制され2-0。
d0093885_4175533.jpg

2ピリからどんどん日本が良くなって、おおこれはいけるんでは?という場面何度も有りました。
d0093885_4175792.jpg

残念ながら4-1で終わりましたが、ゴーリーの彼女がとっても良いセーブを何回も見せてくれて盛り上がりました!あれがなければ7、8点入れられていたのではないかと。

ゲームのベストプレーヤーは青木選手が。
d0093885_418115.jpg

最後の挨拶、、スマイルジャパンはすぐにヘルメット外してきちんと挨拶してましたがフィンランドはだらけとるがな!マナーをもっときちんとしたらどうかと。

日本人の応援が少なくもっと早めの宣伝があればもう少し日本人も多かったのではないかと。
現地日本人と日本のメディア同じぐらいでしたよ、北海道テレビさん、NHK北海道放送局、、各社いらしてますた。

この試合のこと教えてくれたお友達に感謝!
子供達は女子のゲーム観戦初めてで代表チームのをみるのももちろん初めて。男子と違ってフェアプレイでフィジカルなコンタクトも少なめで(笑)また違ったホッケーを楽しめました。
現在世界ランキング11位、もっといけるとおもいます!
[PR]
by wa-connection | 2013-08-03 23:49 | ice hockey