フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2014年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

勢いづいて第三弾です。
d0093885_133912.jpg

本日、Alexander Stubb (アレクサンデル・ストゥッブ)氏が国民連合党代表選に立候補致しましたよ、2時間ちょっと前のほやほやニュースです。

彼はTwitter利用度がかーなーりー高いのですが、そこでのつぶやき:

A hectic day. Announced my decision to run
for Chairman of #Kokoomus. Decision came
from the bottom of my heart, and feels bloody good. 

だそうです。人に言われたんじゃなく自分からよっしゃ
やってみよう!と思ったってことですな。「気分は最高」だそうで。

さぁどうなるでしょう。AlexはEU選挙も候補ですが、まず順当に当確でしょう。
内政がまだどうか、という点を有権者がどう評価するかですね。

d0093885_1263018.jpg

WTCについてのコラム。
When World Trade beame sexy again.
というタイトルが、日本の政治家にはぱっと出せないでしょうね、きっと。


ちなみに、政治ネタその1,2で書き忘れた「フィンランドの政治界でこの人忘れちゃだめよ」の”歩く冗談”、Paavo Väyrynenについても絶対近いうちに書きたいと思いますので乞うご期待!
(だれも期待しないかなぁ、、政治ネタって、、、)



↓宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-04-30 01:18 | finland in general
久しぶりの政治ネタです。(注:長文です)

ずっと書こうと思いつつ仕事と日常に追われておりました(以上言い訳終わり)。

↓現首相ユルキ・カタイネン(42歳)。(c)Kokoomus
d0093885_23164632.jpg


フィンランドでは現在連立政権内閣でコトが進められております。この虹色内閣になったのは2011年総選挙でKansallinen Kokoomus(国民連合党)が他の政党を辛くも抑え久しぶりのトップとなった時ですが組閣に2か月を要しました。それまでの与党SDP(社会民主党)、中央党(Keskusta)が票を失い、かわりに右翼に近い移民排斥カラーを標榜する真のフィンランド人(Perussuomalaiset)がぐぐっとこちらでも支持率を上げてきたのですが、このPerusが内閣に参加しては思うような政治ができないということで野に下ったため、連合党と社会民主党の二大政党が手を結び、足りない部分をマイナー政党軍団(スウェーデン国民党、キリスト教民主党、緑の党、左翼連合)で補ったわけです。大臣職も首相が国民連合党のJyrki Katainen(ユルキ・カタイネン、シティボーイの格好をしているが実は東部のSiirinjärviという田舎出身、弱冠31歳で党首になって10年、最初は更けて見せようとひげ生やしたりしたけど不評、最近42歳で落着きが出てきました。地に足ついてるぜ路線ですが、軟派な哲学者&コンサルPekkaHimanen(ストールがトレードhttp://cl.store.uniqlo.com/v.p?0c2ciXRv8cl1G・マーク)から薄っぺらい「フィンランド将来のヴィジョン」だとかを競争入札せず注文したりしてそんないい加減な!と騒ぎになったりしてたまにやらかす。ひげそりあとは青いが、声は低めバリトンでかなりセクシー)。

↓財務大臣 ユッタ・ウルピライネン(39歳)
d0093885_2318259.jpg

(c)Jutta Urpilainen, SDP
財務大臣がSDPのJutta Urpilainen(ユッタ・ウルピライネン:元教員、ピアノ得意、EUで海千山千財務省軍団のじい様達とやりあってるからか態度も外見もたくましくなってきて怖い。実はゴールドのチェーンネックレスとか関西系アクセ好き?夏のストライプジャケット率高し←どうでもいいですね、すいません)、もう一つの要職外務大臣はErkki Tuomioja(エルッキ・トゥオミオヤ:骨の髄からアカ、外相何回やってるか本人も覚えてないんじゃないかと思うタルヤ・ハロネンの元BF、お父さんはKokoomusのバリバリ政治家だったが真っ赤っかの赤だった鉄の女、劇作家、政治家、YLEのトップも勤めた祖母Hella Wuorijokiの系統を選びSDPでもかなり左寄り、鷹派、トレードマークはくたびれたリュックサック.すみません、画像が見たい方は名前で検索してください・・・)

↓アレクサンデル・ストゥッブ(46歳)
d0093885_23194825.jpg

そして前職外務大臣でこの3年通商・欧州大臣のAlekander Stubb(アレクサンデル・ストゥッブ:前外相のIlkka Kanervaが女好きのために起こしたスキャンダル辞任でEU議員をやっていたアレックスが急きょ外相に大抜擢、白い歯では東幹久に負けないトレードマークとトライアスロンで鍛えたスポーティな外見、英国人弁護士の妻とはスイス留学時代に知り合いちゃっかり略奪愛。さかのぼって小中学校は最初フィンランド語の普通の学校に行っていたが兄弟がスウェーデン語学校に行きスウェーデン語を学んでいるのを見て自分も利益があると察知すると転校。親はHIFKアイスホッケーチームの立役者で若い頃から家に有名選手がしょっちゅう出入りする環境で自分もホッケーをやっていたが一流になれる見込みがないと分かるとさっさと見切りをつけてゴルフに熱中、高校でアメリカ南部にゴルフ留学、大学も米国のカレッジに入り大学チームでゴルフ代表、フィンランドでも国代表チームメンバーだったがここでもトップは難しいと分かると当時勉強中だった米国カレッジで読んだEUに関する本に感銘を受け「これだ!」と次の標的を定めスイスとロンドンに留学、博士号を取って当時フィンランドでもEU加盟でどうするかてんやわんやだったのにつけこみあれよあれよと言う間にEU専門家の座に昇り詰めるという実に要領良い人生を送ってきた。Twitterなどソーシャルメディア活用率は内閣随一。世渡りがうますぎてある意味ちょっと嫌味であるといえば言えなくもない)。

文化・スポーツ大臣に左翼連合Paavo Arhinmäki (パーヴォ・アルヒンマキ:兵役行か、ベジタリアン、路線は赤+緑、熱烈なサッカーファン、特にチェルシーFC、文化大臣だけどクラッシック音楽やオペラは寝てしまうので招待受けたプレミア上演をすっぽかしてエストニアのバスケット対抗試合を観戦したのがばれちゃったりしてる。画像はここから見られます。)、

前・雇用経済大臣、 ユリ・ハカミエス
d0093885_2333576.jpg

産業の点で重要な雇用経済大臣は組閣時はKOKのJyri Hakamies(ユリ・ハカミエス:防衛大臣時に米国訪問で第一の脅威は「ロシア、ロシア、ロシアだ」、という名言を残した人。その後、フィンランド国内メディアがわっと湧いたので前言撤回したのが残念。そして一年前に大臣職を捨てて雇用者連合EKのトップに華麗なる?転身を果たす)だったのですが、下の人に変わりました。

↓ヤン・ヴァパーヴオリ(49歳)
d0093885_23334028.jpg

彼の後任に同じく第一党のJan Vapaavuori(ヤン・ヴァパーヴオリ)が経済大臣に、労働大臣は影の薄いSDPのLauri Ihalainenに分担してます。

↓ヴィッレ・ニーニスト(38歳)
d0093885_23362520.jpg

緑の党はVille Niinistö(ヴィッレ・ニーニスト:現職大統領サウリ・ニーニスト甥っ子、同じくTurkuとなりのSalo出身。離婚した元奥さんはなんとスウェーデンの緑の党代表でした。やっぱり双方の国を行ったり来たりは大変だったようで、妻がスウェーデンで代表を辞めた後、今度は彼がフィンランドで緑の党代表に選出されるということになりました。その後8年間続いた婚姻解消。学齢未満の子ども達、しょっちゅう二国を行ったり来たり大変だろうけどまっすぐ育てよ~←大きなお世話です、すんません。) 他にもぽろっといっちゃった発言が多いキリスト教民主党のPäivi Rasanenとか、かなりお坊ちゃまな外見の防衛大臣、スウェーデン国民党のカール・ハグルンドとか、結構なキャラ立ち内閣なので全部お伝えしたいんですが割愛します。

ここまでが背景です。
その2で現内閣のごたごたを書きます。3月からいろいろあったのです!


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
↑宜しければクリックをお願いします。
[PR]
by wa-connection | 2014-04-28 20:41
(かなりの長文です!!)
さて、一つ前の記事ではフィンランドの現政権の顔ぶれについてご説明しました。

Kokoomusの政治家はメディア素材が用意されているのですが他の党はバラバラですのですべての大臣級の写真など掲載していません、偏りご容赦ください。私も大臣全員を覚えているわけではなくこの人何やってたっけ、という存在も(汗)・・・影が薄い人ってどうしても記憶に残らないものでして。

今年に入ってからも組閣から懸案だった2015-2018年の予算枠をケンケンガクガクやっていたわけですが、虹色なだけにこの内閣、何をやるにもまとまりがありませんし、どの党も自分とこの利権がらみや支持者層が反対しそうなことに首をたてに振らない・・・のはどこも一緒でしょうか。
財政赤字は恒常的な上に、景気も右肩上がりからは程遠く、NOKIAは衰退する一方、倒産、リストラも増えています。赤字財政自治体もわんさか、国内だけでも問題は山積みなのに去年もギリシャだのに経済援助したりしてるもんですから懐はマイナスです。
細かい数字は省きますが(ご希望があれば書きます)毎年あれやこれやの税金を控除したり、増税したりと足し算引き算でやりくりに忙しいのが政府のお仕事ですが、今年争点になったのは左翼系には譲れない児童手当てです。
児童手当とはフィンランド国内在住の子ども(誕生月翌月~17歳までの間)の保護者に毎月支払われ、現在第一子は107.19ユーロ/月となっています。第二子以降115.13ユーロ、146.91ユーロ、と額が上がります。今回、第一子の育児手当が7%カットすると政府が発表しましたので、7.29ユーロ減額、年間87.5ユーロ、本日レートで円換算約12300円減額となります。ちょっときついですねぇ。カフェランチを8-9回我慢するのと同じか、、または子どもの服やスニーカーを一回買う分ぐらい。

d0093885_5262124.jpg

Source:mtv news. © mtv (記者、カメラマン記載なし)
Video http://www.nelonen.fi/uutiset/videot-ja-uutislahetykset/1601064-arhinmaki-vasemmistoliitto-rakentaa-reilumpaa-vaihtoehtoa-hallituksen-politiikalle
これが夜にまとまった後、なんと左翼連合代表サッカー好きのパーヴォがついに決断、「我々はぁ~人民によるぅ~人民のためのぉ~政策をぉ~実現するためにぃ~内閣から降りるのであります!」とは多分言ってないですが、はい、戦線離脱で敵陣(野党)へ投降、そして大臣職も返上。晴れて野党復帰。野次も飛ばせるというものです!
(でもね、実際復帰初日は3年間慣れた内閣の高い壇上を見上げて、「俺なんでここにいるんだっけ?」という感じでしたよ、アルヒンマキ氏は。すぐは気持ちが切り替えられなかったようですね、これまでは内閣を弁護してたわけですから。

左翼連合が内閣に入った目的は所得格差の縮小、そして低収入家庭(失業者、高齢者、学生なども)の保護、青少年の文化への補助金増額を目指していました。まぁ、文化の面ではどの分野がどこがどれくらいパイ(補助金)を貰うかは難しいところですし、音楽ならクラッシック音楽が衰退してる割に補助金受けすぎだとかロックやメタル音楽の人たちは殆どもらえない!という批判もあるのですが。
運輸大臣Merja Kyllönen も道連れです。いっぱいだったスケジュール帳の予定が全て帳消し、翌朝その辞任後の気持ちを詩を詠んだそうですよ。
野党で理想のために現実路線で提案を続けてほしいものです。
アル中で昼からぶらぶらしてばかりなのに失業手当とかガッツリもらってる人たちは何とかしてほしいですが。

パーヴォはソチ五輪で夜に飲み過ぎてヘロヘロで翌日のロシア側との会議だめにしたりしましたからね、しっかりしてよ~。

しかし「あんたらさっき話し合った時合意したやん!」とは残された内閣メンバーの熱い思いであったでありましょう。何のために譲歩しまくって数ヶ月も残業して野党にさんざん叩かれてここまでやってきてん?(と関西弁ではきっと言っていませんが、ユルキはきっとサヴォ地方方言で、ユッタはポホヤンマー方言でこみあげる思いをぶつけたかもしれません)インタビューではクールに「出ていくものを引き留めるつもりはない」と言い放ってましたけどね。
↓Jyrki青白い怒りの炎燃やすの図
d0093885_5273525.jpg

取材 Heli Suominen, 撮影 Terhi Liimu (source: Nelonen.fi ©HS).
http://www.nelonen.fi/uutiset/videot-ja-uutislahetykset/1601107-katainen-vasynyt-hallitus-jatkaa-normaaliin-tapaan 

というわけで虹色内閣の色が一色減り5政党とました。
現在はKok, SDP, RKP, Vihr, KDPにより来年の総選挙まで持ち越す見込みです。
左翼連合が離脱して二日ほどはすわ総選挙か?という向きもありましたが。

穴が開いた二大臣の席は自治相のHenna Vilkkunenが運輸省兼務(ヘンナ・ヴィルックネン:すっきりした美人型でショートカットが似合う人ですが大臣職ももう2期目ですかね、高校卒業後乗馬好きが高じてデンマークに行ったりして、高等教育を改めて受けたのは地方議員になってからだったと思います。首相のユルキとは政党のジュニア部時代から仲が良い(そう、政治に興味がある若者は各政党の若人が集う部門で若いうちからネットワークを築いておくんですねぇ)。ただし、この内閣になって自治体合併で揉めに揉めると分かっていたポストを割り当てられ心身ともにかなり消耗してるはずです)。EU選挙で当選したら大臣職も多少また入れ替えをするものと思われています。

そして文化・スポーツ相は誰だっけな・・・(また出た)ググりました。前・住宅・コミュニケーション相であったSDPのPia Viitanen(ピーア・ヴィータネン)。国会議員20年目タンペレ出身のこの人に兼務で割り当てられました。

この内閣も3年間良く持ったものだというのが大勢の見方だと思います。
というのも、エネルギー政策の点で、フィンランドは内閣に爆弾を抱えてるようなものでしたからね。緑の党が内閣にいて2010年の(福島震災以前です)政府決定及び国会投票にて、フィンランドに新規で二基原子力発電所を建設する(産業の需要を補うため)という決定が下され、オルキルオトとピュハヨキに予定されているわけです。(原子力事情の記事にも書いたことがあります)
そしてピュハヨキのフェンノヴォヴィマ社の原発計画は、当初の予定だった東芝かAREVAの原子炉という国会で承認された原則決定からかけはなれた、ロシアのロスアトム社が出資及び原子炉提供をするという方向に日々動きつつあり、不確実性がどんどん増しています。
フィンランド政府としては、ロスアトムが原子炉メーカーとなるのはまだ許せても、フェンノヴォイマの大口株主となることまでは避けたい考え。
ということで、原子力エネルギー法に記載されていない(こういう事態が想定されていなかったので当然ですが)再審査をする方向で現在政府が協議しています。
ただ、緑の党は「再審査なんかするか!そしたら俺たちは出ていくぜ!」という剣幕なので、夏前にこの原発関連の話でまた紛糾するかもしれない可能性が指摘されていました。

で、3月末の左翼連合の下野に話が戻るんですが、緑の党と一緒に離脱したんじゃ影が薄くなりますからね、この予算協議の時点でスポットライトを浴びちゃおうかなっと、と左翼は一抜けたんではないかと分析されています。しっかり目立ってましたけど、一週間ぐらいでしたね、話題だったのは。

d0093885_5291733.jpg

Source:©YLE

なぜかというと、首相ユルキ・固い年、じゃないカタイネンが自ら爆弾投下しましたよ、「僕もう10年党代表やってもういっかな~、って思ってるから夏の党大会以降続投しないもんね」と4月5日(土)、国民連合党のEU選挙関連イベントで仲間たちの前で発表。会場は一瞬静まり返ったようです。

次はどうするの?という記者質問に、国際的な仕事に興味がある、色々可能性を試してみたい、と明言。恐らく近々席が空くEU委員会の委員長またはその周辺のポストを指していると思われます。ユルキ・カタイネンは以前財務相もやって首相と欧州のお偉方ともがっちり絆を深めてきたので可能性は高いでしょう。
嫌になったとかそういう事じゃなく前進したい、そして後進に道を譲りフレッシュな風を吹かせてほしいってところらしいですな。
ところで、党大会はどこも夏、6月前後に全国各地で開催されるのですが、これに向けて即座に始まる水面下の党代表出馬レース。でもこの日は誰も表明しませんでした。その晩すでに巷では候補者が4名ぐらいに絞られていました。

一人は現経済大臣のJan Vapaavuori(49)。
党の中でも更に保守派で現在の中道より右寄りになるとみられていますが、現在のところ彼が最も有力視されています。
次は先月運輸大臣職も兼務になったHenna Vilkkunen。
d0093885_19333014.jpg

ただ、ちょっとインパクトに欠けるかと思われます。彼女はEU選挙党公認候補者でもあります。
そして国民の人気者白い歯のAlex Stubb。ただ彼もEU選挙に出馬するんですよね、つくづく外が好きな人です。内政はちょっと得意分野じゃないんじゃないかな、という見方が大勢を占めます。内政も大変ですからね、警察やら道路やら社会福祉やらメンドクサイ、大変なことばかりですよ、ほんとに。で、ここがちょっと複雑ですがアレックスも欧州委員長に食指が動いているはずですので、ユルキがそっちに行くとなると利害の衝突は避けられませんね。表立ってまだ何も言っていませんが、今日TwitterでVappu(メーデー)までに党代表レースに出馬するかどうか決める、と書いていました。Vapaavuoriも昨夜Twitterで出馬表明です。そして最後はトゥルク地方議員から国政に出てきた(このパターンがとても多いです)
d0093885_5311314.jpg

Petteri Orpo(ペッテリ・オルポ)氏。
©Kokoomus, Petteri Orpo

彼は国会議員二期目(2007年~)で議会の院内会派代表を務めています。2011年に議員に再選されてから何かと彼の名前を耳にするようになり、知名度も全国レベルで上がってきたといったところ。ただまだ大臣職は経験していないですし、今回の代表選に出てもまだ選ばれることはないのではないかといわれています。国民連合党代表ということは、首相になるということですから。
さて、これが連合党内部の話でした。このままいけば順当に対抗馬無しでヤンが首相でしょう。
追記:4/23 Petteri Orpo氏は出馬しないと表明しました。

次に最後のSDPお家騒動の話です。
ユッタちゃんも30代前半で、選挙で大負けして前代表の首領(ドン)ヘイナルオマが涙ぐんだ選挙番組後、新風をということで傾きかけた大型船(SDP)を立て直す大役を仰せつかり、内外からの批判を受けながらも踏ん張ってきたわけですが、SDPも党大会でまた代表選出があり、対抗馬が現れました。これがでっかいおじさんAntti Rinne(彼のサイトはこちら)で、様々な労働組合で役職をつとめてきた筋金入りの労働者の代表です。蟹工船読んでんじゃないかと疑いたくなるぐらいです。・・・彼がもし選ばれるとなれば、SDPは現在の中道左派からさらにぐぐっと左寄りになることでしょう。ということは彼が財務大臣になるとまた色々変化があるというか揉めそうですねぇ。
二人とも既に国内の党支部をいろいろ回る党内選挙キャンペーンを始めています。

不確実要素が満載の、現在のフィンランド内閣情勢でした。
ムーディーズがフィンランドのランクを下げたのはひょっとしてこの所為か?(違います、財政赤字の対症療法的な対応がちょいヘタレだからだだと思われます)

国民連合党はJan Vapaavuoriが選ばれても大きな違いはありませんが、SDPは波乱含みですね。Fennovoimaの原発の行方も目を離せません。ウクライナ情勢が不安定なままだとさらにロシア資本を受け入れるのは心情的にも政治的にもよろしくないので現在の4割前後の出資でとどめたいはずです。4月になってKスーパー系列子会社が株所有から手を引くと発表しまた揺れているのですが・・・。

駄文をここまで読んでくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
↑宜しければクリックをお願いします。ブログ村に参加していたのこの数年すっかり忘れていました…(汗)またバナーを貼って行こうかと。
[PR]
by wa-connection | 2014-04-23 05:34 | finland in general
d0093885_4424820.jpg
そろそろジョギングを定期的に開始しようかと。
というのも、Tampereで5月後半に開催されるLikkojen lenkki(※)に申し込んだからなのです。

※女子のジョギングイベントが各地で有るのですが、これもその一つ。手軽に取り組めるように、と短い距離は3.6kmから、長いのは9.5mまで、ランとウォーキング部門に分かれてます

日本人数名で参加の予定ですが、足手まといにならないようがむばりたいとおもいます、はい。
といっても、私10㎞走るのに72分かかってるんですよ、普通に故障もなく調子がいい時で。
普段は5㎞でもああめんどくさいなぁとか言ってる口ですから。
そもそも、走るなんてこと20代までの私なら考えられなかったですけどね。

でもマラソン、ハーフマラソン、トライアスロンなどにはまる周囲の同年代(なぜか40歳前後でこういうの始める人多い)をよそに、適度なところで止まっています。
出る前は嫌だなぁと思ってても、少しでも引き締まったりとか体重キープできると嬉しいものです。
↓今日のルート。
d0093885_4463342.jpg

しかし今日はGPSの調子が悪かったのか、実際の距離より多い計測距離が途中で出たので(普段3km時点で5.6㎞とか表示されてた)
あとでルートを拡大して見てみたら、こんな走り方してる。
d0093885_4492916.jpg

いえいえ、してません、まっすぐ道路に沿ってはしってます。

たまに携帯電話で計測してるとこういうこともあるんですが、なので途中でメーターストップして調整しました、多分6kmちょい走ったハズ。

でも2ー3月に痩せた4kg、全部戻ったんですけどね、恐るべし、デスクワーク集中月間。
どなたか私に外に出るお仕事を!3~4日間で出張タイプだとなお、忙しくて食べる暇もないので
体重コントロールできて有難いです。
(え?贅沢・・・ですよね)

下の写真はイースターに作ったスペイン風料理、なすを炒めてくりぬいて、卵やパン粉をまぜてまた詰め直してオーブンで焼いたもの。オリーブオイルたっぷり。エビのガーリックオイル炒めとか。こういうの食べてるとまぁ痩せることはあまり・・・
d0093885_4503112.jpg


今月末からまたどつぼの数週間が始まりそうな予感です。強制的に運動しないと危ないのですが、そういうときに30分で300kcal消費できるいつでもどこでも大体できるジョギングは有難いものです。
他のどんな種目も定期的な練習とやる気、向上心が必須ですから焦りばかりが募るんですよね。

d0093885_4442015.jpg

今日川べりを走った時、いつもは母の日ごろに咲くValkovuokko Wood anemone, ヤブイチゲ)がもう日当りのいい場所で咲きほこっていました。3週間早いなぁ・・・暖冬で雪が殆ど無かったからこれは母の日にはこれはもらえないですね、きっと。(うちの子たちそういう気遣いまったくしないタイプだけど)タンポポは大量につんできてくれるが・・・

小鳥たちのさえずりもとてもかわいらしかった。
実際は、「また人間が来たよ、逃げて!」だと思います、ごめんね。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
↑宜しければクリックをお願いします。
[PR]
by wa-connection | 2014-04-20 04:50 | life in Pori
d0093885_1948492.jpg

ポリVSラウマのアイスホッケーは永遠のライバルなんですけど、今年は我がポリは早々に夏休みに入ったんものですから(爆)ラウマのルッコを密かに応援してました。
先週末土曜に死闘を繰り広げタンペレのTapparaが悲願優勝をかけて二年連続決勝進出。
Lukkoはもうボロボロだったと思いますが、月曜日の三位決定戦、力を振り絞ってブロンズ色のメダルをSaiPaからもぎ取りました。

決定打はやはりこの人、Ville Vahalahti。
d0093885_1948730.jpg


シーズン中の最多得点記録その他レコード複数、文句なしにチームのエースです。TPS出身ですけどね。

Lukkoは二年前も銅メダル取ってるんですよね。コンスタントに上位に食い込むのはすごいなと思います。Tapparaもですが。
ポリなんてやるときゃやるけどそのタイミング巡って来るのが・・・10年に一度か・・・!?(ぼそっ)

これでRaumaも落ち着きますな。

ちなみに原発の町が近いのもあって、オルキルオト原発を運用するTVOがLukkoの最大のスポンサーです。上の集合写真のユニフォームにも写ってますね。

個人的には先週末はマスターズが気になっておりました。ブッバが逃げ切りましたねぇ。ゴルフそろそろ練習始めないとな。
(時間が、、、)


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
↑宜しければクリックをお願いします。ブログ村に参加していたのこの数年すっかり忘れていました…(汗)またバナーを貼って行こうかと。
[PR]
by wa-connection | 2014-04-16 19:37 | finland in general
d0093885_0501028.jpg

平日はスープとかパスタでパッと作ることができるものが多いんですが、
今日はカルボナーラ。
(ソフィア・ローレンの料理本を以前プレゼントしたのでそこから)

パンツェッタをじっくり炒めてあるので燻製の香り~。
茹でたパスタに混ぜます。
d0093885_0501356.jpg


その後卵の黄身5個分をさっと絡めて出来上がり。

20代の初めまで、カルボナーラなんてクリームが入ってるもんだと信じてたもんなぁ・・・
あれは偽物だったのだ。
d0093885_0501545.jpg



仕上げにおろしたペコリーノを。

おいしゅうございました。
(あんまり美味そうに見えないのは私の写真のせい)
[PR]
by wa-connection | 2014-04-15 00:48 | food in general

復活祭

d0093885_173183.jpg

さて時期はイースターであります。

フィンランドでは(特に子どもが居る家庭ですかね)各家庭でイースターの前にこの種を蒔いてヒヨコや卵のマスコットなどを飾ります。他にも黄色い水仙の花やネコヤナギが定番でしょうか。
昨日の日曜日はPalmusunnutai(しゅろの主日)で、フィンランド東部を中心に子どもたちが魔女などの扮装をして家々をまわりおまじないをとなえ、お菓子やチョコを貰うのですが、西部ではあまりありません。
というわけでうちもお菓子買い置きしなかったんですが、誰もピンポンしに来なかったので良かった。。。
ポリがあるサタクンタ地方では代わりにクリスマスの終わりにLoppiainen(公現祭)で子ども達が歌を歌ってNuuttipukit(Knut goat, ヌットゥ)に扮装しお菓子やらをもらいに練り歩くので復活祭にはやらないですね。
どのみち復活祭はロシア正教などでより大きいイベントですから東部の方がその伝統の影響受けていると思われます。


さてさて、今朝から4日間5年生の長男の学年が4泊5日の合宿に出掛けました。ユバスキュラに近い場所です。
子どもがこんなに長い間不在なのは初めて。次男は居るので毎日大変なのは変わらないんですけどね。私に似て集中力無いタイプなんで。(汗)

長男が帰ってくる頃には蒔いた種も目が出てるかな。
[PR]
by wa-connection | 2014-04-14 16:58
d0093885_4231755.png

Yllä oleva on kuvakaappaus YLE:n kotisivulta, valokuva (c) Tomi Hänninen YLE
上はYLEサイトからのスクリーンショットです。画像著作権:トミ・ハンニネン

去年は地元がウン十年ぶりの優勝で皆で発狂した春でしたが、いやー、今シーズンは沈みました。
活躍した選手はNHLに行ったりKHLに行ったり・・・新規選手獲得がうまくいかなかったり、高い契約金を払った外国人選手が期待外れだったり・・・そして監督Pekka Virtaがうまくはまらない残念な結果でわがポリのチームÄssätは早々シーズン終了・・・ちーん。

そんななか、この4年程コンスタントにプレーオフに残るご近所RaumaのLukko、今年も残ってます。
去年はタンペレのTapparaにセミファイナルで敗れ、Tappara VS Ässätの死闘を繰り広げた結果、ポリにトロフィーが来たのでした。いまだにTappara監督の死にそうに青ざめた二位のコメント覚えてますわ。
LukkoとTapparaは現在5戦終えて2対3。先に4勝した方が決勝に進みます。
そしてこれまですべて延長戦で勝ち点を得ているという。
両チームとも得点王はVille(ヴィッレ)という1978年生まれの経験豊かな選手。

明日は萌えますね、Raumaでの一戦。

私たちは明日ヘルシンキなのでネットでLIVEで得点結果をフォローしておきましょう。
両方とも頑張って~、といいたいところなのですが、RaumaのLukkoはポリよりさらに日照りが長いらしく、なんと前回優勝は1963年ですよ!一次リーグ始まって間もないころじゃないの、それって??
コンスタントにいい成績上げてるのになんでなんでしょうね。

一説には、ポリの方がチームを応援する熱さがあるとかないとか。
アイヤンスオ(äijänsuo)のアイスホッケー・ホールはRTKやTVOがスポンサーしてポリと比べ物にならないとても設備の整ったところなんですけど。

去年ぐらいから応援団が盛り上がり始めて、その名もRaumam Boja(すごくベタなラウマ方言です、標準語ならRauman pojat:ラウマボーイズ)ががっつり応援してるらしいですが。

今年(も)首都圏のホッケーチーム、ふるいませんでしたね。。。自分とこを棚に上げて言わせて頂きまするが。しかも来季からヘルシンキのJokeritは国外リーグKHL(Kontinental Hockey League.ロシアその他の国による2008年設立のリーグ)でプレーですよ・・・。

ちなみにもう一方のセミファイナルはSaiPaとOulun Kärpätで既にオウルのチームが決勝進出を決めております。
チケットも今日から販売らしいですよ。SaiPaも残念だったね。。。

ポリは来年から期待してください、以前も監督をつとめたRokiが海外から帰ってきます!
Pekka Rautakallioですよ! 彼自身も1970年代後半に名ディフェンスでしたが、数年前監督をやっていたときはチーム上層部とうまくいかなかったとか。スポーツってどこでも色々ありますな。
[PR]
by wa-connection | 2014-04-11 04:25 | finland in general

ラジオ取材と講演終わり

d0093885_2222401.jpg

今日は地元ラジオ局Radio Poriにちょっと喋ってきました。

民放ですがここのラジオ局とは13年住んでて実は初めて。
写真は学生インターンで働いているイーナさん。トゥルク高等専門学校でジャーナリズム専攻の2年目だそうですよ、自分の専門でインターンができてラッキー、とのこと。来年はこのラジオ局でのインターンの経験を活かして卒論を書く予定だそうです。
若さはつらつで将来が楽しみな感じでした!


d0093885_22264266.jpg

昨日は3月に依頼があった翻訳というお仕事と日本でのムーミンブームについて講演をして来ました。
参加者が全然いなかったらどうしようと思っていましたが、他界した夫の両親の親友が来てくれたり、日本料理教室を開いた時の知り合い夫婦がフランス語のレッスンを途中で抜けてまで来てくれたり、夫の会社の人の娘さん(マイレア財団で働くヘビーな”文化ユーザー”)が来てくれたり、そしてムーミンのディープなファン、退職してお時間がある年配のご婦人方など30名弱ご参加くださいました。
良かった・・・(安堵)

人前でしゃべる機会は色々とあるのですが、今回は音声再生がうまくいかなくてちょっと動揺した部分があったりして、アンチョコ作ったのに資料の下に隠れて2,3ポイントを話し忘れたりとか、8割のできでしょうか。
勿論100%準備したら大体アウトプットは8割になるので、やはり120%ぐらい準備すべきなのだと思います。
あとトラブルを想定して裏の手というか、ダメな時のオプションも用意しておくことも含まれますが。

今月はもう一つ、長くフィンランドに住む外国人として、というゲストスピーカーに呼ばれましたけど、もう家族との時間もないしちゃんと仕事に専念したいのでお断りしました。
教育大臣が司会をするセミナーだったみたいですけど、もう出てばっかりで同じ顔や声ばかり聴くよりはニューフェースがいた方が絶対新鮮ですし、私以外に活躍している外国人はたくさんいますしね。

もっと精進しなければ。
[PR]
by wa-connection | 2014-04-09 22:23 | work
d0093885_21393385.jpg

悲喜こもごものニュースがあった一週間でした。
知人の訃報を知った後に、こちらの友人に会って生後3か月の小さなちいさな女の子に癒されたり。

d0093885_2222656.jpg

人生だなぁ。
皆時期こそ違えど登場すればいつかは舞台から退場する時が来るのだなぁ。
大団円で無くて構わないから、ひっそり退がりたい、けれども私の事だからきっと悪あがきして無様なことになるのだろうと思いますが。

写真は昨年夏の湖のほとりから。
空が高いです。今の時期は快晴でも空の表情は全く違いますね。
あと2か月で夏。
[PR]
by wa-connection | 2014-04-07 22:00 | life in Pori