フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の過ごし方 in Pori

d0093885_4351769.jpg

里帰りから戻ってから毎日イチゴ三昧です。デニッシュに載ってたり、リットル単位で生食したり。
そうそう、イチゴはフィンランド産と一口に言っても種類が色々ありますのでご注意を!小粒がいいんだよねーとか簡単な話じゃないんですよー!
d0093885_4353211.jpg

洗わず食べます。なので殺虫剤とか使ってない農家のテントから。冷蔵庫に入れちゃうと甘みが感じられないので買って来たら2時間ぐらいで食べ切り。
d0093885_4353514.jpg

1リットル3.5ユーロぐらいが最盛期。
豊作だと3ユーロぐらいまで下がります。
Polka、Salsa、Frida、Haniといつも買いに行く農家のイチゴだけでも4ー5種並んでます。
生食、冷凍、加工用と適したものがそれぞれ有るんです!!
私達がそのまま食べるのに一番気に入ってるのはポルカ。甘いです。
大きいのも十分甘いので大きめを選んで貰って買っています。
ヘルシンキの市場の人に観光の方も聞いてみてください、エストニアの色々なベリーを偽って売ってる店もありますからね。。。

d0093885_4351933.jpg

そしてポリの夏の風物詩、SuomalainenKlubiのランチビュッフェ。ここは母屋側ではなく昔馬小屋だった建物を改築した裏の方。名前もTalli(馬小屋)。
カジュアルで気楽に行けます。


d0093885_435213.jpg

サーモン、ニシン、サラダなど。スープとパンを先に。
最後はコーヒーか紅茶で。

d0093885_4352353.jpg

d0093885_4352591.jpg

そしてポリが全国に誇る遠浅で綺麗なビーチ、Yyteriにも3回ぐらい子どもたちを連れて。
屋外プールには週3回ぐらいずつ連れて行って。
もうこどもたち、小麦色もいいところです。

d0093885_4352743.jpg

日本から戻ってからは、ゴルフ再開して、週1回子供達と9ホールを回ってます。彼らはこれに加えて週一でジュニアのゴルフサークルでゆるーく練習してます。Hcp54のままですけどね。
写真は次男がボールを洗ってるところ。見えないのでベンチによじ登って。

d0093885_4353066.jpg

そしてもう今月暑いので毎週のように作ってる冷やし中華。
フィンランド在住Twitter仲間でもかなりの頻度で見かけますね、重曹パスタで中華麺風にして冷やし中華ですよ。
具は錦糸卵、ハム、きゅうり、トマトに加えて椎茸甘辛炒めとナスの味噌炒めも乗っけてます。
でないとボリューム出なくて男児達足りないとブーイングなので・・・
麺も6人分茹でますよ、みんなおかわりするのでね。(大食い一家)
Cookpadのレシピ様さま、ごまだれ手作りで頂きます。
はーさっぱり。

8月半ばから学校では新年度が始まります。宿題もなく10週間遊び倒した我が息子達よ、大丈夫か?
母も子らと一緒に休みボケが治りません。
もう色々秋の仕事の調整が有るのですが・・・脳みそが不活性化したまま一ヶ月経つとダメですね。。。そろそろエンジンかけますので、もうしばらくスローペース、お許し下さいませ。
↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-07-30 04:15 | life in Pori
お友達のさりちゃんが、一年の京都の老舗料亭「菊乃井」での修行からフィンランドに帰国、5月からTurku近くのParainen(パライネン、スウェーデン語でパルガス)で小さなレストランを開店して2か月、やっとお邪魔することができました。
d0093885_5551567.jpg


ちょうど私たちが行く5日前の金曜日、全国で読まれているHelsingin Sanomat紙の週末ついてくる別冊「Nyt(Nowという意味)」の「休暇中のレストラン紹介トゥルク周辺編」特集でみごと紹介されていたTATA TAKEAWAY。
d0093885_5553022.jpg

d0093885_5553210.jpg


その紹介の仕方が、小さいながらも、Turkuにある「KARU IZAKAYA」というフィンランド人経営の居酒屋というレストラン(フィンランド人がやるエスニックって、ちょっと残念な感じ多いんですよ)が「まぁまぁだけど、ガツンと感動させられるわけではない」と記者が書いた後続けて、「日本(料理)といえば、ガツンと来るのはトゥルクではなく、パライネンにあるTATA TAKEAWAYだ。フィンランドに移住した日本人のサリ・スロッテはSaaristotieのそばにTATA TAKEAWAYをオープンした。出身地京都にある有名な菊乃井で修業した腕前は、料理で味わうことができる。ちなみにここでも寿司が注文できる」

といった風にかなり好意的に紹介され、その日から客足が何倍にも膨れ上がり、さりさんは寿司ロボットと化したとか。

フィンランド人は日本料理というと寿司しか思いつかない人が多いんですよねぇ。(私もこの点会う人ごとに日本料理は寿司だけじゃ、てんぷらだけじゃないんだ!と力説してるんですけど、まったく浸透せず・・・かなり諦めが入ってますが)

料亭で修業した人に寿司作らせるのは非常にしのびないですが、お客さんが食べたいものをつくるのも一つの方針だということでした。健気だなぁ。

しかし私たちははるばるお寿司をお願いしに行ったのではなく、もうシェフお任せメニュー!食べ盛りの息子たちがいたためがっつり満腹メニューをわざわざ考えてくれて幸せなご飯が食べられました。

この日のランチは牛丼とお寿司。

夕方4時に4名で予約を入れ、
d0093885_5553547.jpg


まずは前菜に、海藻サラダとブロッコリーとイチゴの白和え。

ねりごまがはいったこんなクリーミーな白和えは初めて!

ああ、幸せ。

d0093885_5552865.jpg

そしてとんかつとKuhaという白身の魚のフライ。タルタルソース付。
衣がサクサクしてる・・・家でやってまずこんな風にできないです。

そして牛丼も量を減らして出してくれました。
銀色の塗りのお椀が素敵。
d0093885_5551961.jpg


牛肉は霜降りだとランチ価格(9ユーロ)には出せないので、赤身を良く煮込んであるそう。脂身がなくてもほろほろして美味しかった・・・

おみそ汁がまた絶品で。うちの子たち今までうちのおみそ汁が一番だと言っておりましたが、長男が横から「お母さんこういうおみそ汁作って」とリクエスト来た~!
しっかりコツを伺いました。できるかどうかは別にして。

そして悪いなと思いつつもお寿司も頂いて。
d0093885_555259.jpg


綺麗な太巻き、裏巻き、そしてサーモンなどを。
やっぱり作りたてを食べるのが一番ですね。あれだけ食べているのに完食しました。

そしてほうじ茶を頂きつつ、デザートですよ(涙)
d0093885_555239.jpg


寒天にあんこにイチゴに。(だったと思う)

はーもう天国。

私たちが4時に入店してからも、ひっきりなしに入口にお客さんが。

さりちゃん「お寿司は一時間待ちです!」言い続け。
d0093885_5553792.jpg

HS紙の記事と同じ日に地元のスウェーデン語フリーペーパーにも紹介記事が掲載されたそうで二重の喜び、いや仕事量が恐ろしいことになってました。

d0093885_55521100.jpg

4時過ぎに旦那さんSさんがお仕事を終えてさっそうと登場。

注文を取り、スウェーデン語系のお客に寿司とはなにか、お箸難しかったら手でいいですよ、ほうじちゃ飲みますか(緑茶をローストしたものでね・・)もの慣れた調子で説明しておる。
毎日やっているんだろうなぁと感心しました。
電話も良くかかってくる。寿司お持ち帰りしたい人も多いようです。

d0093885_5551741.jpg

お父さんがたまたま今こちらに滞在中で、(昨年もポップアップ・レストランをやっておいでだった)お手伝いされているのが大きな手助けとなっているのが見受けられました。

来月以降、人手がないなか、どうやってやっていくか、大変だろうけど体を壊さず続けていってください。

近かったら夫と交代でお手伝いに伺うのに。(私たちじゃ足手まといになる確率が高
いけど!)

というわけで皆さん、Turku方面へ車で行かれる方はParainenへもぜひ。
d0093885_555368.jpg


可愛らしい石造りの教会(写真は鐘楼)と
d0093885_555646.jpg

d0093885_555810.jpg

d0093885_5551184.jpg


小さな旧市街と水路がある島です。
d0093885_5551336.jpg




↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-07-21 05:31 | finland in general

里帰り2014 熊本4泊の巻

d0093885_23561550.jpg

今回、夫と長男にとっては初めての九州上陸、「さくら」に乗って大阪から出発!
(次男は私と一緒に高校時代の親友が福岡に旦那さんの転勤で住んでいた時、会いに行ったので一応二回目。博多ラーメンと大宰府天満宮は制覇しました、暑い夏だった・・・)

九州は面白い電車も多いとの事で期待していたのですが、滞在時期が平日だったので
SLとかあれこれの特急全部運休・・・残念。でも新幹線、さくらは高級感あってよかったですよ!内装もシックで。

到着日は熊本城近くのビジネスホテルにチェックイン後、近辺をぶらぶらと。
d0093885_23561728.jpg
ホテルそばの神社。その向かいに美味しそうなワインとチーズのお店。生ハムも...近くに住んでたら通うのに!!

便利がいいと教わった通町筋のホテルだったので、繁華街にも近く、小道が入り組んだ裏通りにおされなブティックや専門店が所狭しと!いや熊本、おされのレベルも高かったです。
お店の人に言わせると、デパートがあまり頑張ってないから小売店が力入れるしかないと。鶴屋ともう一件しかないとのことですが、私の地元福山も(人口は熊本市の半分以下だけど)そんなものですけどね。
d0093885_23562715.jpg

本屋さんは必須。かっぱが目印の金龍堂まるぶん店さん。
いいとこでした。必死にお財布の紐を引き締める。でないとどさどさ買ってしまいそうだった。
d0093885_23562975.jpg

W杯でしたねー・・・

初日は、歩き回って、クーポンを頂いた場所に行こうと思ったのですが、そこがイタリアン風居酒屋で日本初日の夜はやっぱ和食っぽいところだよね!と通りがかりにみつけたYokobachi(8を横にした、古民家改築した居酒屋)さんへ。
d0093885_23562220.jpg

d0093885_23562539.jpg


もう大当たりでしたよ!
翌日お友達にも初日にそこ見つけるなんてラッキーですね、と言われました。夫は俺の嗅覚がいいんだと自慢。はいはい。
d0093885_23563138.jpg

d0093885_23563421.jpg



刺身、とろイワシ、からし蓮根、馬刺し、里芋コロッケ、・・・全部美味しかった。
私は数年ぶりにハイボール頼んじゃいました。夕方6時入店で子連れでもそれほど浮きませんでした、はい。
d0093885_23563664.jpg

d0093885_23563834.jpg

d0093885_23564168.jpg

d0093885_23564489.jpg


翌日、大雨ながら熊本市動物園へ。
アフリカゾウ、ライオン、サイ、かば、トラ、ホッキョクグマ、ペンギンからおさるから色々楽しみました。(子供たちも)アフリカゾウ日本で見たの初めてかも・・・

そして雨が更に激しくなる中熊本城へ。
d0093885_23564648.jpg


d0093885_139599.jpg

ふなっしーも一口城主なんですね。ガードマンさんが見せてくださいました。一口1万円からだったかな。

日本三大名城なんですねぇ。そして加藤清正の事は覚えていましたが、細川元首相のご先祖もゆかりのお城というのは夫に指摘されて知りました(恥)すごく馬鹿にされた・・・
頬当御門から入って階段を上り、天守閣まで、様々な展示物を楽しみつつ(子どもたちは当然鉄砲や刀、鎧関連で釘付け)あがり、また降りました。
d0093885_1394546.jpg

d0093885_1401311.jpg

4時までだったら抹茶をふるまう休憩所があったのに、降りてからにしようと思ったら既に終了していて、段取り悪さを痛感。


使い捨て傘とレインコートかぶってもびしょ濡れになりました。

夜は夫と息子たちに熊本ラーメンを食べに行ってもらって、私はお友達と「こだま」にて居酒屋女子会。
d0093885_23564948.jpg

d0093885_23565366.jpg

d0093885_2356556.jpg


タコの刺身(梅肉和え)から天ぷらからゴマ豆腐から美味しかった・・・鰹節と出汁で食べるサラダが実に巨大でした。
この時点で帰国時に引いた夏風邪から完全復活して食べるものすべてが美味しいのなんの。
d0093885_23565748.jpg

太平燕をお昼に案内して頂いた中華屋さんで。
翌日は昼にお友達にさらに図々しく町案内を頼みまして、古い町並みを案内してもらいました。
肥後てまり歌のタヌキの像の前で。
d0093885_2357089.jpg

d0093885_2357296.jpg


そして良さげな履物問屋さんを見つけてしまい、旅行最初の散財。
d0093885_2357578.jpg

d0093885_2357889.jpg

d0093885_23571048.jpg


ゴマ竹を張った京都でつくられた下駄。
ツボは基本赤でしたね、このお店のものは。この色を替えるとおしゃれなんですよね、緑とか茶系とか着物の色と合わせたりすると更にシックで。
d0093885_23571236.jpg


こっちの網代のも惹かれたんですけど・・。
こじゃれた食べ物屋さんなんかで履物脱ぐ時におしゃれよ~~と言われたけど、フィンランドでレストランに着物着ていくときがまず無いけど、しかも履物脱ぐときそういう場合まずないけど、まぁいいか。
d0093885_23571486.jpg

d0093885_23571687.jpg

d0093885_23571916.jpg


そしてからし蓮根の元祖のお店でお土産にも一本購入。

さて、夜にはお友達(家族)に会いに行きました。外国人の旦那さん同士もやっと対面することができました。
面白かった・日本語もうぺらっぺらの研究者さんだし・・友人一家の息子さん、やんちゃでかわいくて今後が楽しみ。9歳の次男と精神年齢が近いので、「何歳だとおもう?」と聞いたら「4歳じゃない?」と言われてましたよ。
次男よ、君はもう少し成長した方がいいんでないかい?

翌日は天気を見て天草か阿蘇か迷って、阿蘇へ。小雨ふるなか、レンタカーを借りて出発。
d0093885_23574630.jpg

d0093885_23574796.jpg


小さめ普通車でカーナビ付いてるし、とても運転しやすかったです。丸一日借りて5千円ちょっとですよ?
フィンランドじゃ考えられない数字です。
夫、感心することしきり。

熊本市内から40分ほど運転して、山麓へ。
d0093885_23574911.jpg

d0093885_23575141.jpg

d0093885_23575384.jpg


カルデラとか草千里とか・・・・霧が深くて全く見えましぇん。ちーん・・・
でもくねくね道路面白かったけど。
ロープウェイに乗ろうと思って山頂付近まで車で行きましたが、ロープウェイ止まってました、ちーん・・・
d0093885_23575689.jpg


そこで熊本名物いきなり団子(おいしい)食べて、家族で火山テーマのプリクラ撮って、下山。
絵本博物館に5分寄って、次に養蜂場によって、それから日帰り温泉ということで、「火の山温泉どんどこ」へ。
d0093885_23573466.jpg

d0093885_23573728.jpg


いやー外湯も内湯も気持ちよかった。
そしてあがったあとの自動販売機の飲むヨーグルトも地元の牛乳を使ったものでさっぱり!
そしてご飯へ。
d0093885_23574059.jpg

d0093885_23574298.jpg

d0093885_23574413.jpg


高菜飯とだご汁でしょう、ということでいくつか(用意周到なお友達がホテルに預けてくれたガイドブックから)お店を調べて阿蘇料理「ひめ路」さんへ。
子どもたちは赤牛のステーキとだご汁。私たちは高菜飯とだご汁と肥後牛の定食を。
そして子どもたちは阿蘇サイダー。阿蘇神社付近の水(名水で有名だそう)で作られているとか。
もうおなか一杯。(出も勿体ないから食べる)美味しかった、苦しい・・・
d0093885_23572255.jpg

d0093885_23572716.jpg

d0093885_23572827.jpg

d0093885_23573299.jpg


そして阿蘇神社へ。
綺麗に手入れされた神でしたよ。
d0093885_1411251.jpg

そしてまたドライブしてガソリン満タンにして車をお返し。
事故なくてよかった・・・

ミスドで軽く(ドーナツ3個は軽いのか?)夕食にして就寝。

熊本は以上。
水前寺公園とかいろいろ、さらに天草方面に足を延ばせなかったので(他の温泉も)また絶対来ます!!


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-07-13 23:25 | trip

里帰り編その1

3週間半行っておりましたが、里帰りからフィンランドに戻りました。
d0093885_12363448.jpg

今回もわがまま言って夫婦でデートさせてもらいました。妹と両親が子供達見てくれました。
写真は薬膳料理を出す福山市の「高木」さんのごま豆腐揚げ出し。ここお茶室もあるんですよね。次回はカウンターで食べたいと思います。
ああでも面白そうな隠れ家っぽいところがたくさんあったので次はそういうところに行きたい。
d0093885_1237491.jpg


d0093885_12484461.jpg

d0093885_12484598.jpg


でもって今回もうかがいました、福山のジャズスポットとしてはずしてはいけないDUOさんに。夜9時過ぎからミュージシャンの方々が三々五々集まるので、子供は連れて行けないのが残念ですが、ジャズってそういうの多いんですけどね・・・激写しちゃったこのテノールの方はストラップが首に負担がかからないタイプので長男に見せたら喜んでました。こんなの欲しい!←君首が痛くなるほど練習してないじゃん・・・

d0093885_12363836.jpg

オーナーが亡くなられて一年になるそうで、昨年伺った時はまだご存命でいらしたのですが娘さんがお店を取り仕切っておいででした。この日は翌日がびんごビッグバンドフェスティバルhttp://www.geocities.jp/duo_tonsan/bingobigbandfestival.html
で、出演される方もちらほらと。
楽しかったですよ!2時間ほどスタンダードを聴いて楽しんでしつれいしました。終電(23時)逃したのでタクシーで帰宅。

d0093885_1236409.jpg

そして妹家族も巻き込んで翌日フェスティバルに行って来ました。次男と姪っ子はまだあまり落ち着かない年齢なので期待はしていませんでしたが、長男が12時の開演から5時間座りこんで謹聴しておりましたですよ。
小学生から、高校生の始めて3ヶ月というクラブ活動のバンド、ベテラン勢の安定した演奏まで幅広いプログラムで満足できました。私が福山を離れてから始まったこのフェスティバル、今まで一度も行ったことがなかったのが悔やまれます。Duoのオーナーがずっと支えて来られたイベント、今後もまだ盛り上がりそうです。子供達は普段あまり目にしない楽器も紹介されて興味持ってました。バスクラリネットとかね・・・トロンボーンの方も前夜Duoで演奏されてました。

d0093885_12364262.jpg

そして広島焼きを食べ。(吉甲さん、美味しかったです!)

d0093885_12364430.jpg

こんなものを見つけて夫が狂喜し。すごいネーミングだ・・・

d0093885_12364677.jpg

焼き肉で、肉と野菜に舌鼓を打ち。

d0093885_12364855.jpg

子等が狂喜するゲーセンに行き。


d0093885_12364913.jpg

花火で来たる暑い夏に思いを馳せ(嘘です。蚊に刺されつつ必死)線香花火は情緒たっぷりでしたが。

d0093885_12365280.jpg

d0093885_12365599.jpg

母は股関節の手術をしたんですが、昨年に続けてもう片方もやったので、今回は治りが遅く大変そうでした。というのに退院後ハンギング幾つも作ってて・・・何もせずにいるということができない人なのでそりゃ回復遅れますよ・・・。コリウスなどが可愛かった。ハンギングは寄せ植えとはちがうので植えればいいってもんじゃないんですよね。
それぞれの成長を考えて数ヶ月後どういう風になるかイメージして配置を考えるんだとか。私はこういうの出来ませんが。

d0093885_12365746.jpg

妹と姪っ子と一緒に夜店にも子供達と行けたし。
d0093885_123767.jpg


d0093885_12365924.jpg

母と妹とランチにも行けたし。

d0093885_1237116.jpg

子供達をプールや大きな公園にも連れて行ったし。芝生スペースでサッカーもさせて。父68歳頑張ってくれました・・・

d0093885_1237841.jpg

福山の「ゴルフパートナー」にて。
ゴルフ打ちっぱなしにも4回ぐらい連れて行って。平日9時半まで、子ども100分打ち放題で700円ぐらいですよ!フィンランドで考えられない。というかまぁ、平日こっちでも行く時間ないけど・・・レディスも同じくらいでお安い。まぁまだまだ女性少ないんでしょうな。男性は一階部分で1時間打ち放題700円、二階で600円ぐらいでした。安いわ~。
プロのレッスンも受けたかったのですが、時間なく。試打コーナーもヘッドスピードとか出るモニターがあり、子らに人気でした。私はちゃんと当たった1wで198ヤードしか飛ばなかったんでダメダメです。
それよりグリーン回りが相変わらず課題ですが。

d0093885_12371140.jpg

そしてル・ロックルの美味しいケーキも食べて。

d0093885_12371471.jpg

子供たちを3日間スイミングスクールにも入れて。(全然テクニックがなってないとはっきり言われたですよ。日本はレベル高いね~)
書道にも3回行かせてもらって。(次男、筆圧が弱すぎ・・もう一回幼稚園んぐらいの線をぐるぐる引く本やるか?)
姪っ子が宿題をする間陰山式問題集とかワークブックを一緒にやり。
夜は子供達はおやつにフルーチェを作り。一緒に牛乳屋食パンなどをスーパーに3人で手をつないで買いに行き。
おつりでアイスクリームというのがご褒美なんですけどね。。。
妹には本当に面倒をかけました。
という訳で盛りだくさんだった滞在もあっという間におわりました。

次回は熊本編。これがまた楽しかったのです。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-07-09 11:50 | others
翻訳ミステリー大賞シンジケートにて、月替わり翻訳者エッセイを担当されたヘレンハルメ美穂さんの「ほっこりしない北欧案内」対談に参加する機会を頂きました。

翻訳ミステリー大賞とは…
こちらの巻頭言をご覧ください。


この対談は4月に我が家に美穂さんにおいでいただき、事前にやり取りした内容を踏まえて(時に夫も乱入し、私の足りない言葉を補足し)お話ししたものをもとに、ぎりぎりの6月後半まで美穂さんがお忙しいというのに何度も私が修正依頼をし(すみません・・・)、私の知っている限りのフィンランドとミステリー事情をお伝えしたものです。
まだまだ未熟者ゆえに、知らないミステリー作家、作品もあまたある中、またしても実に生意気なことをしたものだとも思いますが、フィンランドに移住して13年、もっと裾野を広げていきたいという目標もあり、お引き受けしました。
どうかご笑覧頂ければ幸いです。感じ方・ご意見は様々でしょうし間違いがありましたらばご批判はもちろん甘んじてお受けいたします。

スウェーデン在住の(デンマークにかなり近いのでそちら事情にもお詳しい)ヘレンハルメさんは『ミレニアム』シリーズ、ラーシュ・ケプレル作品、そして最近翻訳ミステリー大賞を受賞した話題作『三秒間の死角(上・下)』などなど既に多くの出版翻訳で知られた方で、ここで書けない色々な面白いお話を聞くことができました。もっと夜更かししたかったのですが寄る年波には勝てず…なんちて。翌日も予定が詰まっていたので夜更かしできなかったのが本当に残念。
 そして隣国でありながらあまり知らないでいたデンマークとノルウェーの方々と美穂さんの対談がとても面白かった!ああ、なるほどな、という点有り、やっぱり違うなこりゃ、という点有り。近いという認識があると知らず知らずのうちに類似性を求めるものですが、まさに典型。近くて遠い、いや遠くて近い、どっちやねん、なスカンジナビアの国々。
これからもミステリなど読みつつ(だって好きだもん)知っていきたいと思うのでした。

よろしければ、以下リンクから読むことができますのでお時間がおありの方はどうぞ。

(※両方とも長文です)
「ほっこりしない北欧案内 フィンランド編 前編」(セルボ参加)


「ほっこりしない北欧案内 フィンランド編 後編」(同上)
たとえばなぜ日本だと女性につけられる「アキ」や「ミカ」(ミッコもこの派生形)が男性の名前なのか?をお話しています。意外とご存じない方が多いんですが。


ノルウェー編(ノルウェー夢ネット主催の青木順子さんが登場)
前編

後編

ノルウェー夢ネット
観光から言語から文化から・・・情報量がすばらしいです。

デンマーク編(ウィンザー庸子さんとブッフベル綾香さん)


さて、6月半ばから日本里帰り中でしたが、あと二日でフィンランドに戻ります。
4日間男三人より早めに帰り、母との時間を増やしたかったけど自分が夏風邪引いてまったくそんなことできませんでした。親不孝娘40代になってもしっかり継続でもう一生修正できないんじゃないだろうか。今回も妹には世話になりました。できた妹を持って幸せです。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-07-04 00:58 | work