フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0093885_10354028.jpg

今日は人生初めて剣道の試合というものに出てきましたよ。

というのも地元のポリ市で有段者未満レベルの試合、つまり級カップがあったからです。団体戦の頭数が足りないから、takako出てみない?と言われ、そっかじゃーやってみるかと深く考えずに一週間前に申し込んで出てみたのでした。。。夫にほんとに行くの?どこ打たれるかわからないよ?わかってる?と言われ恐怖しつつも参加。

そして予想通りボロボロの負け試合でした〜!
d0093885_10354657.jpg

これは決勝オウルとロシアのチームの副将戦と大将戦。
d0093885_10354782.jpg


夫に三日間難しいことするな!
お前一番小さいから自分を大きく見せろ、
前のめりになるな、
肩はリラックス、束の握りも中指から三本でしっかりと雑巾をしぼるように!
始めの合図ですぐ面うちに行け、
といろいろ復習。

試合なんてルールすら知りませんでしたから日本剣道連盟のサイトで二日前に読みました。
何が反則かもやっと学びましたよ、、、

稽古にはこの週の水曜しか行けず、5段と6段のコーチには引き技を使おうと考えるな、相手が面を打った後すぐ追いかけてふりむいたとこ打て!
とか抜き胴とか付け焼き刃で教わりましたが身につくはずもなく、一本も取れずに終わったのでありました。

もともと頭数合わせなのは分かってましたし、1、2、3級の仲間たちに比べ全く期待されて居なかったのでそういうプレッシャーは無かったのですが。(ちなみに大将自身が大風邪で欠席、ヘルシンキに住むペルーの男性が次峰として参加してくれました)

昨日なんて夫と庭で練習してみてもう泣きそう。さらにロシアからも2チームが来たと聞いてびびりまくり。さぞでっかい髭面でごついイゴールだのピョートルだのがいるんだろう(←偏見)と涙ちょちょぎれそうでした。

実際は小柄な女性も三人いるチームだったのですが。

初戦、北部のOulu(オウル)の北風と。
私の場合では中堅で190cmぐらいあるロン毛を赤く染めた細身の男性でした。
最初から攻めてみるも全く当たらず二本面を取られて終了。いやもう出ばな面なんか通じないし。彼は1ー3級の試合に出ていたようです。

チームとしては2勝2敗1引き分けで引き分け。

二戦目はTampere(タンペレ)と。
またも男性(というか女子は武道で多くはないですね)。中肉中背の中年。
いやーまた負けました。面ばかり取られてます。
うう、防げてないんですねぇ、、

だんだんこの辺で貢献まったくできてないの悔しくなって涙が出そう。というかじんわり出てます。鼻水付き(誰も聞いちゃおらんがな)こういう時手ぬぐいは便利ですな!

二戦目は2勝3敗で負け。

三戦目、ロシアのチーム。

大将副将が女性。私の相手は175cmぐらいの細身の男性。
必死にやりましたが面と小手を取られ、はい、全部の試合終了。

あー全部負けたなー、と審判控え席を見たらうちの部の六段のカリ(次男のゴッドファーザーでもあります)がよし!と親指を立ててきた。ということは結果はダメだけどやり方は間違ってないってことかな、、、

ロシア人との最後の試合も気合だけはがんばって出してきました。どの試合も時間いっぱいまではいかないまでも2分ちょっと粘ったかなと思います。10秒で試合終了というハメには陥りませんでした、ほっ。有段者相手だとそうなりますが。

結果、ポリの団体は入賞しませんでした。

d0093885_10354422.jpg


土曜日のジュニア部門でうちの中学生の子が昨日三位入賞などあってよかったなぁと。
ちなみに日本人の先生二名(植松先生と京大の宮坂先生が学生さん達とスウェーデン研修中だったそうで)が級カップに来て下さっていました。
d0093885_10354254.jpg


私は初めての試合で、嬉しいことにもう一人のタンペレの小柄な子と一緒に敢闘賞を貰いました。他のクラブからの審判があの日本人がガッツあったんじゃない?と推してくれたそうで。隣の試合場でもTakakoの声ガンガン聞こえたよーと審判をやってた仲間が言ってくれました。おほほ、夫と結婚して声も大きくなったのかしら、、
でもまだお腹から出てないと夫に言われますが。

「誰でも初めての時は色々やらかすしいい思い出になったんじゃない?次の試合は一本取れるように考えていかないと」とカリがすでに次の試合の事を言い始めたのでひぃぃ!と引きましたが(そんなに子ども持ちであっちこっち合宿やら試合やらでられません!)先鋒だったリクは一級だったと思いますが個人戦より楽しめたといっていました。
高校生で大人のカテゴリに参加していたオスカリも昨日の個人戦より落ち着いてできたし二戦勝てたのが収穫と。タンペレチームにもちゃんと勝ってたなぁ。
なるほど、個人戦出てたらどうだったかなぁ、、、少しは今日の役にたっただろうか。

そうそう有段者の人たちは審判としての勉強の機会として初段になったばかりの仲間も副審をしたりしていましたよ。あと我が部には年内日本人の強力な助っ人がいるのです。首都圏で高校の先生(で剣道三段)をしているYさんがポリに研修で来ているので部のみなもとても喜んでいます。Yさんも他の有段者と一緒に審判をしていました。

以上、この年でまたも新しい体験を楽しんで参りました。
もっと上手になってからまた近くであれば挑戦したいです。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-09-29 10:28 | life in Pori
d0093885_6214368.jpg

春にフィンランドの電力会社二社が原発新規建設について得たそれぞれの原則決定に対し内容変更許可と期限延長を申し出ていました。

資料は雇用経済省に提出され、6月以降発足した首相交代後の改造内閣にて決定される予定でした。
そして9月半ばの今週16日(月)、雇用経済相であるJan Vapaavuori(ヤン・ヴァパーヴオリ)が爆弾発言。
d0093885_6214718.jpg


北部ピュハヨキに予定されているFennovoima社の原発には内容変更を認める方向で政府に提案する、そしてもう一か所、既存原発であるオルキルオト原発を運営するTVO社が出した建設許可申請の期限延長依頼(3号機が遅れに遅れていて同時期に2基もの原発建設をする資金確保が難しいため4号機建設を遅らせたいという主旨)を却下する方針とのこと。
ただし、前者の内容変更許可に関しては来年夏までにフィンランド国内所有率を60%に引き上げる、という条件付きです。

Fennovoima社はこれまで(以前の記事リンク)も書いてきたように、最初は東芝とArevaの二社で最終交渉に入ったのち、Arevaが脱落。東芝が優先交渉権を得ましたが、その後最大であったドイツ系E-Onが出資者から退きました。(ここは例えばスウェーデンの原発もFortumと共同で所有していますが)理由は福島事故後、原子力を取り巻く状況が不安定なため。
ドイツは実際持続可能なエネルギー供給に政策の舵を切っています。
その後小規模の出資者がぼろぼろと脱落。春にはフィンランドの二大小売り業大手であるKeskoグループも「やっぱやーめた」と発表しました。
Fennovoima側は、「出資してくれるって約束したじゃん!約束は約束だかんね」とあわてていました。
(注:9月の記事によると、Keskoは結局法的に今更出資取りやめはできないようです。)

そして出資者を求める話がなかなかうまくいかなかったからか、9月9日に上層部をほぼ刷新。
以下Fennovoima社のニュースリリース(英語)。
 

結果的には、去年からFennovoimaオーナーであるSF社上層部が全国各地を“お願い”行脚した結果、各地自治体系電力会社なども含め9月前になんとか51%強がフィンランドのオーナーで占められているというギリギリの状況でした。そしてこの1年以上微妙な不安感をもたらしてきているのが、東芝が提案していた1600MW(160万キロワット)級の大型原子炉よりより小さく、(つまりはそこまでお金がかからない)中型炉を提案するロシア国営企業のロスアトム社が原子炉メーカーとして浮上、製造するだけでなく、Fennovoimaに出資しましょう、と窮地に付け込む形でどんどん存在感を増していました。現在、正確にはFennovoimaの所有企業はフィンランドの電力株式会社であるSFが66%、露Rosatomの子会社であるRAOS社の株保有率は現在34%。政府の今日の決定では前述のように来年夏までの猶予期間中にフィンランド国内の企業などの保有率が最低6割にあげること、というものです。9月15日にヴァンターの電力会社が株所有率を1%弱増やすという連絡をし、現在SFは54%がフィンランド国内のオーナーで占められていると16日に雇用経済省にいそいそと報告。内容変更というのは、2010年(福島原発事故の前に国会で議決)の原則決定から、内容が変わって原子炉のタイプも変わって所有者も比率も変わってきてるけど、僕らこのまま続行していいよね?ということですね。

ちなみに、Rosatomの子会社であるRAOSには、世界中に有名な(この業界では、ですけど)フィンランドの原子力規制庁にあたるSTUKの元所長、ユッカ・ラークソネン氏が2012年から転身しております。STUK所長もこの3年ぐらいで3人変わっていますからね。ラークソネン氏の後任は非常に辣腕で言葉のキレもいい所長でしたがやはりそこを買われてかIAEAにスカウトされていきましたし、現在の代理として所長を務めているのは40代前半の若手エンジニアです。2月に日本に行って記者クラブでも講演してましたね、大雪の頃でしたっけ。

対するTVO社は、先日出たArevaの予測で建設中の三号機の商業運用開始を2018年としたことで、5年間と言っていた延長期間を3年半と訂正していました。
彼らの言い分は、
しょうがないじゃん、プロトタイプ、世界初でもっとも安全ってフランス人が調子いいこと言ってさ、ぼくら人が良いからそれ鵜呑みにしちゃったんだよね。そしたら時間管理もプロジェクト管理もなっちゃいないったら。パイプ注文しといて工期的にもう設置しないといけないのに部品足りないからダミーで間を埋め合わせして後で届いてからダミーを取り外してほんとの部品また交換するとかいう効率悪すぎな奴らなんだもん、しかも現場作業員用の仮設トイレすら設置するの忘れてたんだぜ?同情してほしいし、3千億円級のプロジェクト同時進行できないし、延長しなきゃしょうがないよね?いいよね?ぼくらArevaと喧嘩中(費用負担に関し国際裁判で係争中)でお金も最後はどっちが負担するかわかんないんだよね、最初32億ユーロっていってたけど、倍以上かかりそうなんだ。数字大きすぎてもう僕いやんなっちゃうけど、次のも作らないとだし・・・。でもこっちは将来の原発のトイレ(オンカロ)はちゃんと地下400メートルのとこに作りつつあるんだよ。すごいでしょ?でもフェンノヴォイマのやつらにはトイレ使わせないもんね。

ということですかね・・・

TVOの3号機の建設プロジェクトに関しては、大臣は「フィンランド産業市場最悪の体たらく」となんとも冷たい切り捨て方で延長は認められない、というのが雇用経済省の見解となり、このままでは4号機のプロジェクトは実現が困難との見込みです
実はハード側は9割出来上がってはいて、送電線にも接続されていますが、原発運用の心臓部であるオートメーションがまだドイツでテスト段階。テストが無事終了後、フィンランドでインストール、さらに試験運用することになっています。

周囲でも、Fennovoimaは危なそうだけど、TVOは延長認められるんじゃないかと考えている人が多かったように思います。
TVO側もそうだったでしょう。ですから16日の雇用経済省の発表はエネルギー産業界全体でそれこそ青天の霹靂でした。

Pori市、Rauma市の市長、原発の町Eurajokiの町長も相次いで遺憾の意を表明。
d0093885_183004.jpg


そして一方でウクライナ情勢に対して、EU議会の次の動き(提案であり、強制ではありませんが)が今日くだされました。対露のエネルギー・プロジェクトを凍結させる、というものです。これまで農産物だとか、結局影響の少ないものから始めてきたわけですがガスの「ガ」の字も出てこなかった訳ですよ。

以前も大寒波のときにウクライナ行きのガスパイプを止めて、暖房が使えず高齢者が多く凍死したこともあったと記憶していますが、ヨーロッパもガスは止められたくなかった模様。

停戦中でもいつ情勢が変化するか分かったものじゃありませんし、ここにきてやはり効き目があるのはエネルギー、という風に厳しい風潮になりつつあるようです。その数日前のフィンランドの雇用経済省の見解は、EU議会でも注目を浴び、ロシア資本の企業との協力は望ましくないという声も聞かれました。

そして3月の左翼連合が連立与党から離脱して半年、待ってましたよ!予測通りでしたよ!
d0093885_6214597.jpg


緑の党が、18日木曜の閣議決定でFennvoimaに好意的な決定を下すのであれば野に下ると。
そんなのどっちかにGoサインが出るの、おそらく腹の中では皆分かってたことじゃん・・・
きっと宣伝のプロと今週初めからミーティングして記者会見のスピーチ内容と搭乗の仕方リハーサルしてたことでしょう。
16時の記者会見にはちょっと遅れて緑のヘルメットと緑の自転車Jopoで登場。
ガチですなぁ。
そして、ニーニスト大統領の甥っ子である緑の党代表Ville Niinistö(38歳バツイチ奥さんはスウェーデン緑の党の元代表)氏は晴れて野党に返り咲き、半年後の総選挙に着々と備えております。
なんせ前回の総選挙は、連立与党のひとつとしてGoサインを二つの原発に出したことでかなりの支持者を失いましたからね。当時の党代表はAnni Sinnemäkiでしたが。色々言い訳してましたからねー。
というわけで、政界も揺れております。
カタイネン首相誕生時には6つの虹色の政党だったのが、半年前に左翼連合が抜け、そして今緑の党が抜けて4つの政党から成る内閣となりました。国会ではぎりぎり過半数を維持しています。(議席差2ですよ!)
ということは、重要な評決を取るときに、おちおち関係政党は外遊なんてしていられないわけですよね。
数が足りないんですから。来年までこの内閣がもつかどうか、も多少不透明になってきました。
どうする、アレックス?トライアスロンやってる場合じゃないんじゃないかと。多分彼は最近長めのジョギングすら行く暇がないはずで、スポーツ・オタクとしてはかなりストレス溜まってると思います
よ。

話がそれました。
そして本日9月18日午後閣議決定で、雇用経済省の提案通りになりました。連立与党内でも政党内で賛成、反対派分かれていましたが首相の政党国民連合党では大臣がすべてFennovoimaに対し賛成に投票。SDPでは分裂していました。(フィンランド政府のサイトから。英語版)

d0093885_6485170.jpg

つい先ほど22時ごろのニュースでは、ヴァパーヴオリ大臣はTVOにもちょっとだけ可能性はある、と言っています。
ただ、TVOがこちらが求めている情報をすぐ提供してくれればいいが、この半年そういう連絡はなかった、とコメントしています。(フィンランド語版ニュースリンク)


なんだか、両方とものプロジェクトをとん挫させたいんじゃないかという気すらしますね。
産業が衰退しサービス業依存が進むこと、大規模工場が閉鎖されたり景気の悪化でコストの安い国に移転すること、これはこれまで継続してきた傾向ですが、ウクライナ情勢で、もしRosatomが関わるFennovoimaのプロジェクトをとん挫させたらロシアが対ロ経済制裁と受け取り、最悪の場合輸出入の損害だけでなく関係が急激に悪化してしまうことを恐れ、そのため許可だけは出しておいて条件が満たされなかったから後で却下という路線を狙っているのかどうか・・・裏でいろんな取引が行われているようにも思えます。

ちなみにFennovoimaはいまだに使用済み核燃料の最終処分に関して動いていませんが、今回のこのTVOの4号機の計画がだめになるとすると、ONKALOには4号機のスペースが確保されている訳で、将来的に新しいFennovoimaの原発の廃棄物もONKALOに、という可能性も無きにしも非ず、ですね。

以上がここ一週間ほどの原子力事情の動きでした。



↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-09-19 06:10 | finnish news

秋の恵み

d0093885_1915121.jpg

ポリの市場にていつも買う野菜のお店の品揃え。根菜増えて来ました。。。

d0093885_19151880.jpg

先月末から結構雨続きだったんですが、一転9月半ばまで好天続きで、森も乾燥したのかポリ付近でキノコがあまり出回りません。朝露は降りてるんですけどね。
やっと昨日買ってきたSuppilovahvero(スッピロヴァフヴェロ、和名はありません。ろうとの形をしているのでフィンランド語でこの名前が)で昨日は夫が野菜と炒めてハーブソルトとバターで味付けしたのをホイル包みで炭火焼きしてました。
d0093885_19154132.jpg

お客様があったので夫が庭のリンゴでパイを。これは第一段階でこの後黄身と砂糖の卵生地をかけてもう一度オーブンで焼くと砂糖がいい感じに焦げてできあがりです。
ビールもプシュっといって、サウナに入ってとっても楽しい晩でした。

d0093885_19155876.jpg

d0093885_1916888.jpg


さてただいままたヘルシンキに行くバスの中。
外見はこういう派手な格安バスです。
夜中に日帰りします。片道一時間の街にお客様と待ち合わせして移動しますが、ヘルシンキ滞在1時間は新記録かも、、、(汗)

帰りはヘルシンキまで戻らずそこから電車です。


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-09-17 18:52 | finland in general
d0093885_19555411.jpg

@河出書房新社
長かったです、やっと今月になってAmazonさんなどで予約開始になっています。

いやもうTwitterでもこの話ばかりですみません。他に言えるものが無いってことかな・・・ぐはぁっ。
Amazonのリンクはこちらから。
(中見もできます)

河出さんのサイトはこちら


ということで、カッコつけて言いますと書籍翻訳とか出版翻訳とかいうやつです。
実際は私なんてまったくかっこよくなくて地道な作業を泣きながらでしたが。
それでもまだ直したほうがよかったんじゃないかというところがどんどん思い出されてしょうがないという・・・

いやね、前の出版のときは2009年で靴家幸子さんにお声掛けいただいて4か月夜なべ睡眠時間平均3時間でやって、でもあんまり、すんごく売れた訳でなかったのですよ。(現在中古では400円ぐらいでお求めいただけるようです、ぐはっ2)

夫からもあんなに大変だったのに換算したら普通のアルバイトにも・・(以下割愛)じゃないか!ということで「ああいうお仕事は今後手を出さないこと」ということになってまして。
4年たった去年夏に、夫のロンドン大時代の同級生で翻訳家の方からのつてで今回、生誕百年を迎えたトーベ・ヤンソン評伝(注:伝記)の翻訳のお話に繋がりました。
ええ、人間喉元過ぎると忘れるものです。

共訳者は現在日本在住の五十嵐淳さんです。フィンランド語教師、文学にまつわる紹介・執筆など活発に活動されています。それでなくても超多忙でいらっしゃるのにお引き受けくださったとか。
私が序章~5章まで、トーベの中年期までの三分の二を、そして五十嵐さんが6章以降の三分の一を担当されています。

トーベ・ヤンソン(本当の発音で言うとトゥーベ・ヤンッソンがカタカナでは近いですが)は1930〜1940年代に多感な青春や恋愛をし、若手として注目を浴びた時期を過ごしていますから戦前、戦後を中心にフィンランドの歴史的背景にまつわる内容も多く、今まで表面的、断片的にしか知らなかったフィンランドの歴史を知るに当たり、とてもいい勉強になりました。

そして今まで見聞きしてきた文学や音楽や様々なフィンランドの文化著名人がトーベ・ヤンソンを通じて横に繋がりました。まだ存命中の俳優Lasse Pöysti, 彼の元妻であるBirgitta Ulfsson, フィンランドに欧州のモダン・アートを知らしめ、自由芸術学校を設立し、Artek共同設立者のMaire Gllichsen, Tapiovaara一族...
そして当時の演劇、文学、音楽、美術、風刺・・トーベ・ヤンソンを通じて、フィンランドの歴史の、ほんの一端でも知ることができた貴重な9か月でした。
d0093885_2082345.jpg


8月9日のトーベ生誕記念日には大回顧展開催中(9月初めに大盛況の中、終了)であったアテネウム美術館で記念講演があり、トーベの友人であった前述スウェーデン人女優Birgitta Ulfsson(ビルギッタ・ウルフッソン)女史が二回にわたりトーベの作詞した歌を伴奏つきで披露し、その合間にこの評伝著者であり、同時に回顧展のメイン・キュレーターであったトゥーラ・カルヤライネン女史が講演をしてくれました。
d0093885_2081869.jpg


前も掲載しましたが、講演後に挨拶に行って、書き込み赤線(鉛筆とフリクションのペンだけど)いれまくりの本にサインを頂きましたよ。
d0093885_208863.jpg

(フィンランド語で「貴子へ、2014年8月9日」と書いてあります)

オーランド諸島のアーカイブにまで元恋人の家族関係確認に電話とメールもしましたっけ。(スウェーデン語できないので英語だけど)引用・参考文献も20冊ぐらい、そのうち9割7分確認しました。スウェーデン語のはネット翻訳や知人を頼りつつ内容確認。著者にも翻訳にあたり質問などもさせて頂きました。

翻訳会社の担当者の方にも最初の訳文から初校、再校、と膨大なメールやりとりを重ねプロの校正・編集の方々の下調べ、裏の取り方の徹底した様には舌を巻きました。
もう死ぬまで東に足を向けて寝られない状態です。
(今考えてみたらベッドの方向が“西”枕なのでちょっとずらさねば!)

一番負担を掛けたのはやはり夫と子ども達ですが。

この評伝邦訳とあわせて、来月からはトーベ・ヤンソン回顧展が横浜そごう美術館を皮切りに日本でも横浜、帯広、新潟、北九州、大阪と5箇所巡回します。
広島はいかないんだよなぁ・・ムーミン展は来たけれど・・(ぼそっ)
回顧展リンクはこちらから。


今年はトーベ・ヤンソン・イヤーということで、雑誌から書籍から絵本からグッズから・・・これでもかと色々な関連商品、書籍新装版など出ています。
この評伝にまでムーミン・ファンその他の方のお財布はもつのだろうか?と勝手な心配をしてしまう私はいや夢がないですな。

フィンランドではトーベ・ヤンソン書簡集が来週にかけて出るようです。
私は図書館で予約者二番目なので月末には回ってくるでしょう。

もしよろしければ冒頭の邦訳、書店や展示会で手に取ってご覧ください。
このような機会を頂き、大変光栄でした。
ご感想、ご批評、お待ちしております。
↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-09-12 20:04 | work

再度ヘルシンキに

d0093885_18344329.jpg

はい、またヘルシンキです。
そりゃもうとっても楽しいお仕事でした。これはお気に入りカフェで帰りのバスの前に一息。
d0093885_18343428.jpg

仕事内容は触れられないので食べ物ネタで恐縮ですが、昨日ヘルシンキに着いて遅いお昼をAyaさんの野菜天ぷらうどんで。時間が前後してすんません。

d0093885_18355576.jpg

カフェのカウンターに「チップあげると次のカルマにいいですよ!」てな感じでしょうか。
しなかったけど(←おい)。

次は来週水曜日にまた来ます。
木曜だったらKokoにジャズライブ聴きに行けたかもしれなかったんだけどなぁ〜。
贅沢は言えません。


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-09-12 18:12

あっという間に9月

d0093885_352293.jpg

週末剣道部部員募集イベントがありました。
d0093885_3523798.jpg

地稽古終わって面を取るメンバーたち。20人ぐらいきましたかね、数人入部してくれるといいのですがz
d0093885_3524589.jpg

居合道の紹介。
d0093885_3525093.jpg

試し切りもありました!
いつかやってみたいものです。もっと上手になってから(涙)。
やって見た人の感想では真剣は重い、とのこと。
d0093885_353376.jpg

月曜に数週間ぶりの稽古に。1時間半、引き面、そして小手の練習。
掛かり稽古20秒連続を順番に。
結構疲れますね、、
中秋の名月を見ながら帰宅(注:前を見て運転しましょー)。

d0093885_353942.jpg

今朝は6:30のバスでヘルシンキに終日通訳などアテンドで出る予定だったので日本から頂きもののふりかけ付きノリ(実は賞味期限今年1月だった。だいじょぶ!フィンランド乾燥してるから!←#海外生活あるあるというタグで登録したい)鮭おにぎりを持参で。

d0093885_3531251.jpg

仕事もしましたが2時間でミステリ半分読んじゃった。実は夏から借りてて積ん読だったんですが薄くて軽いので今日持って来てみました。
フィンランドのミステリ古典にも数えられると裏表紙にある、いわばフィンランド版『そして誰もいなくなった』です。今帰路であと1時間半、わークライマックスどうなるんだ!非常に読みやすい。休日に嫌なデカ長に演習と称してさびれたいわくつきの屋敷に連れて来られた刑事達7名。
だんだん数が減って行って皆が疑心暗鬼に・・・
というもの。

教えて下さった海外ミステリ通Dokutaさん有難うございました!!
d0093885_3531592.jpg

往路、激安バスOnnibus初利用。荷物多くなければ今後も絶対使います!ポリ〜ヘルシンキなんと片道8ユーロ!!
電源ありWifiありですよ奥さん!
写真はオタニエミ通過中。

d0093885_3531778.jpg


帰路は20時発の電車で。新しいDuetというレストラン車両二階。画像は一階です。
車掌さんに聞いたら、このタイプは4月に導入されたそう。この車両の座席を予約したのは今回が初めてでした、なんだか食堂車仕様ですがハンバーガー買ってしまったしこういうとこあまり美味しくないのでまぁいいや、、


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-09-10 03:38 | life in Pori