フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

某所での通訳終了

終日通訳の日でございました。
びっくりしたのがビジターセンターで私たちが会議室が開くのを待っていて、ドアが開いたら長男のゴッドファーザーが最初の日本からの団体さんの通訳で同行していたこと。
(一応同業者です)あそこで鉢合わせするのは初めてでした。

d0093885_5553130.jpg

今日は本来はマスコミ関係取材日なのですが、いろんな人たちの混成団でしたね。
在欧州の写真家、アメリカ人芸術家兼ジャーナリスト、スウェーデン人の記者そして我々。というわけで終日英語でした。
全員はオンカロに入れないので、一部の方だけ地下420mに。私は珍しく潜らない方の方々に付き添って途中ビジターセンターにて待機して居ました。その後、また合流して3号機の建設現場やVLJトンネルにも行ったんですけどね。

d0093885_5553635.jpg

でその間一時間半ぐらいあったのでポシヴァの担当者がせっかくだからHavaintopolku(観察の小径)に行ってらっしゃいよ、と言ってくれ、私も今まで時間が無くて一部しか回っていなかったコースをお客様達と1kmほど歩いて来ました。前日と打って変わって好天で青空の下、ビルベリーとリンゴンベリー、トウヒに白樺などが生い茂る乾燥した森の小径の要所要所に生息する動植物の看板を見つつ散策。
岩盤の氷河による侵食やズレなども。Grooveと書いてあってお客さんの一人がスマホで調べて下さったのが「びびり」何すかそれ!振動かな、、
ああ寒かったです。

d0093885_555399.jpg

展示に夏以降加わったオンカロ模型。

d0093885_5554160.jpg

そして朝のコーヒー、ランチを含め今日もたらふく食べさせて貰いました。最後のコーヒータイムにミニサイズのカルヤラ・パイとハロウィンのケーキ。
ケーキは奥歯が疼く甘さでした、、、(オレンジ色の部分最後残した)。
d0093885_5554427.jpg

そしてそして、お客様に頂いたお土産がこれ!(こっちがめちゃくちゃ嬉しかったです!)
有り難うございました。
とっても楽しいお仕事でした。

またポシヴァの人が、貴子が来てくれて安心して訳してもらえると言ってくれ、先日も毎年訪問される団体を受け入れたけれど、通訳の人が原発用語なれてないみたいで・・・、だから先方の担当者にかけあってポリに住んでる良い通訳がいるからって連絡しておくからね、とまで言ってくれ、いや通訳冥利に尽きます。

とはいいつつ幅が広すぎてまだまだカバーしきれていない部分は数多く有ります。
今日は「ホウ素」という単語をやっときちんと覚えました。中性子吸着性質があるので原子炉の事故で燃料棒メルトスルーなどあってもうダメになる前にホウ素を混ぜた液体を使うと。
Boranて言ってたけど、まてよ?
ホウ酸水(boric acid solution)のことか。ぱっと結びつかなかったところが知識になってなかったんだなとがっくり。
原子炉内の冷却水のホウ酸水濃度が核反応の割合に関わるのだった、そういえば。重大事故でもこれ使うんですな。ホウ酸水も英語で複数名称がありますけれども。

ああもう眠くなって来ました、明日も早いのでお休みなさい。

来週はまたかなり難しい通訳です。今日のはほとんど用語準備しなくていい内容でしたから。
後三日、、、化学用語がたくさん出てきそう。ナトリウムに水酸化セシウム、水素、酸、塩素、、、脇汗またかきそうだなー。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-10-31 05:36 | work

ラウマ観光中

d0093885_2220150.jpg

お客様たちとラウマへ半日観光へ。
風が強く雨も降り出し生憎のお天気でラウマの大聖堂へ雨宿り。
ここは1500年代に建てられたカトリック修道院にルーツがあるフィンランドでも最も古い石造りの教会の一つだそう。
上の写真はこの教会でも最も古い部分を祭壇から外しまずは博物館に保管されていたものをまた教会に戻し、洗礼式を行う際のスペースを教会内の左側に設けてそこに設置されているとか。
何度もここには来ていますが、じっくり見たことはなかったです。
雨のおかげで大きな革表紙のゲストブックにみんなで記帳もさせてもらえましたし、
後ろの部屋も見せていただけて詳しい説明もしてもらえました。元牧師の女性が親切に教えてくれました。

d0093885_22201155.jpg

これは古い洗礼式の水盤(蓋つき)。一つの信仰と書かれています。
底には鳩の絵が彫られていました。

d0093885_22201645.jpg

教会の祭壇天井にあるフレスコ画。新教の教会になる前のカトリック時代に描かれているのでマリアが生きたまま昇天する様が描かれていると。(新約聖書ではない記述)

d0093885_22202064.jpg

教会内に座っている銅像。
毎回ギョッとするんですよ。心臓に悪い...Kerttu Horila女史の作品。

ポリの中心地にあるこのMaire(マイレ)像も彼女の作品です。
d0093885_22202367.jpg


お昼ご飯美味しくGotoで頂きました。
d0093885_22202528.jpg

豚のフィレ&ソース・オランデーゼにディジョン・マスタードを混ぜたマッシュ。

d0093885_22202732.jpg

デザートはオーツ麦のパンナコッタにリンゴ。
ミルクプリンのような優しい風味でしたよ。

ただいま帰りのバス車内中、眠いです。昨夜夜中3時間目が覚めてしまったのが効きます。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-10-29 22:05 | work
d0093885_3164547.jpg

Lotta Svärd(ロッタ・スヴァールド)とは、フィンランドで内戦後、また戦争の機運高まっていた1920年代に女性達が「男性たちだけでなく、私たちも国のために何かをしたい」と立ち上がり国防活動をサポートするために組織された団体です。
d0093885_4143594.jpg

元々は白衛軍内部の女性たちが集会などで飲み物や食べ物を振る舞っていたグループが発祥といわれています。(フィンランドが二つに分かれて戦った内戦では、ロシア共産党寄りの労働者層から成る赤衛軍とフィンランド独立を目指す政治家、軍人、工場経営者、都市部市民から成る白衛軍が対立)
d0093885_642829.jpg


国民的詩人ルーネベリ(J.L.Runeberg)の詩集
d0093885_558360.jpg

Lottaの名称はこの詩から取られました。
d0093885_55862.jpg

詩の最初の部分。
通称「ロッタ」(一般的な女性名。スヴァールドはスウェーデン語で「剣」の意味)と呼ばれていますが、1921年に生まれ、敗戦後に組織活動を禁止され1944年11月23日に解散となりました。
この20年あまりの間に最初は後方支援それも特に食糧配給に力を入れていましたがそのうち活動を拡大し、寄付呼びかけや事務、武器や機器の購入、入手に保守まで、そして前線後方での医療、領海/領空監視、照空隊に、広報活動、と実に幅広い活動を行っています。(ただし自らロッタ達が武器を持つことは有りませんでした)

10月に地元Pori市図書館にてロッタについての巡回展示があり、夫に是非行って勉強してこいといわれ、お話も伺ってきました。
d0093885_3133740.jpg

私が行った日に案内をして下さったのは、Leila Wester さん。彼女自身はロッタではなかったそうですが、戦争疎開児として戦地となった東部カルヤラ地方からスウエーデンに疎開させられた経験をもっているとのこと。存命のロッタたちで一番若い人は87歳だそうですから、経験者も減ってきているのでしょうね。
ロッタになるには成人していなくてはならず、幅広い年齢層の人たちが活動していましたが、もっと若い世代でPikkulotat(小さなロッタ達)部隊もいました。
彼女達は保護者が許せば参加することができ、下はなんと8歳から!上は16歳までの少女達が活動していました。

冬戦争(1939−1940年)には、ロッタ達のおかげで12000〜24000人の男性が前線に出られたといいます。
第二次世界大戦時には、ロッタ協会には24万人の会員がいたとか。かなり大きな組織です。
大人のロッタ達も、小さなロッタ達も、定期的に様々な講習、研修を受けました。
スポーツからリーダー研修まで分野はさまざま。

前述のロッタたちの仕事は幅広いものでしたが、もっともつらい仕事は戦士した兵士達の遺体処理であったといわれています。(遺体をきれいに洗ってやり、できるだけ見られる形にととのえ遺族のもとに送り届ける)どれほど辛い事だったかと私には想像すら難しいです。
戦線に近い仕事は、照空部隊ですね、戦闘機の標的にされる訳ですから非常に危険な仕事です。
展示には、会員証、手紙、集合写真、そして有名なロッタの腕章やバッジなどがあります。
d0093885_4394964.jpg


上からロッタのバッジ、そしてスポーツ振興(クロスカントリースキーやスケート)、研修修了バッジ、鉤十字内に数字があるのはロッタ10周年、20周年記念バッジ、などなど。

お祝いの席で着られたというウールの制服、そして普段の制服(より丈夫な生地)は案内役のLeilaさんが着ていました。襟元に付けられるのが青い鉤十字のバッジです。

写真の腕章はサタクンタ地方の自治体Luvia(ルヴィア)のもの。手刺繍したんでしょうね。
d0093885_4295230.jpg



よく誤解されるのですが、ナチスドイツの鉤十字、フィンランド語でいうところのHakaristi(swastika)は大昔のヒンズー教の幸運のシンボルをもとに意匠されたもので、日本のお寺などの地図記号で用いられる卍とは向きが違います。ロッタたちのシンボルは鉤十字の向きこそ同じですが、青を基調とし、水平になっており、ナチスの斜め45度のマークとは違いますのでご注意を。
このシンボルはフィンランド空軍も前世紀に用いており、スウエーデン貴族エリック・フォン・ローゼン(Erik Fon Rosen)が1918年にフィンランドに送ったフィンランドの白軍に対し最初の飛行機を贈ったのですがその飛行機に描かれていた彼個人の幸運のシンボルをもとにしています。
d0093885_4252457.jpg

(Copyright: Lotta svärd säätiö)
ロッタの紋章には鉤十字の周囲を4つのバラが囲むように配置されています。
展示でお話を聞いている間にも年配の方々が足を止めては母親や親戚でロッタだった人たちの思い出を語っていて人の流れは途切れる事はありません。

夫の家族には白衛軍カラー一色ではあっても、女性陣にロッタはいなかったとか。(自営業や農家で小さな子ども達がいて夫の祖母、曾祖母、伯母達は活動参加する時間がなかったのだろうと言っております)なんと小さなロッタ達の集合写真に長男のゴッドファーザーのお母さん(ポリで小さい頃過ごしていた)を発見!名簿があって分かりました。
d0093885_4252352.jpg


日本にも二十年以上牧師の妻として住まれた方で、現在80代後半でまだご健勝です。お元気で長生きしていただきたいものです。

ロッタ・スヴァールド協会は解散させられましたが、こうした団体の常で、名前を変え、活動内容を変え、実は地道に存続し続けていました。そして元々の活動を忘れない様、ロッタ達の活動の歴史を若い世代に周知していこうと現在の名前になったのは実に2004年。つまりは1900年代後半でもまだそういう雰囲気ではなかったという事です。
ヘルシンキから一時間の場所Tuusulaにロッタ・スヴァールド博物館があります。

レイラさんによると、若い人たちがまったくロッタたちの事を知らないのが本当に悲しい。この図書館の展示でも足を止めるのは高齢者、若くて中年の人たちばかり、と嘆いていました。もしフィンランドに観光される機会があり、ヘルシンキから一時間足を伸ばすことができたら、ぜひ画家Pekka Halonen (ペッカ・ハロネン)ゆかりの地(http://www.halosenniemi.fi/)でもありLotta museo ロッタ博物館(http://www.lottamuseo.fi/)がある場所にも足を運ばれてはいかがでしょうか。

私たちは来年夏に行ってみようと考えています。

ロッタ・スヴァールドの伝統を守る組織は地方に数カ所あり、ポリにも支部があります。フィンランド語名はLottaperinne Pori ryです。400名の会員がいるとか。

下は おまけに、「ロッタ達のパン」についての記事。
パン一つとっても、戦地での輸送や雑嚢にいれて持ち運ぶことができ、しっかり乾燥していて湿気に耐え、さらに不規則な食生活で歯がぼろぼろになっている兵隊達でも食べられるものでなくてはならなかったそうです。
d0093885_4395184.jpg


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-10-27 04:22 | finland in general
d0093885_19495221.jpg


自転車でポリの西部に用事を済ませに行って帰り際、義理の両親、夫の祖父母、曾祖父母の三代のお墓参りに。
上の写真はカッパラの墓地の中にあり、ポリの名所でもある、ユセリウスの霊廟。1900年頃に産業界の大物ユセリウスの11歳の娘Sigridが結核で死亡、それを悲しんで建てられた新ゴシック建築のものです。
内部にはフィンランドを代表する画家であるポリ出身のアクセリ・ガッレン-カッレラが描いた壁面がぐるりと。
この近くに夫の曾祖父達のお墓があるのでいつもご挨拶しながら霊廟も見上げるのでありました。

自転車は月曜日は18kmぐらいこいで夜は剣道も行って、もう帰って堂々とドーナツ二個食べましたよ。

d0093885_19494567.jpg

そして昨日も秋晴れ美しい日でジョギングに。
久しぶりに8km台走りました。落ち葉が雪のように舞う中カサコソと森の中をいくのはとても気持ちよかったです。


d0093885_19494817.jpg


夜は"Gone Girl"というデヴィッド・フィンチャーのスリラー映画新作を夫と観てまいりました。

d0093885_19495082.jpg

映画の前にちゃっかり手作りアイス屋さんへ行ってお喋り。
左が夫の頼んだチョコラータ・カルダ(イタリアのホットチョコレート)。
私は挽きたての豆でコーヒーとチョコアイスをワッフルで。


映画は「女の恐さ」がテーマでした、いやはや同性ながら恐ろしい。

しばらく寝られなくて頭に焼き付いていた映像を振り払うのに本を読みましたよ。
ここしばらくバタバタしてましたので息抜きできて良かったです。
今日は一日中雨で運動もできませんし、溜まったデスクワークに専念中です。



↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2014-10-08 19:36