フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0093885_0284414.jpg

ええ、もうやっちゃいましたよ、略してキヨブタってんですか?(清水の舞台から飛び降りる・・・)
Yleisen kielitutkinto(略してYKI) 一般語学資格試験というのがフィンランドでありまして、
これはフィンランド語、スウェーデン語に加え全部で9カ国語、そのうち8カ国語(フィンランド語、スウェーデン語、英語、サーメ語、フランス語、ドイツ語・・・)で3段階レベルで受験が可能とのことです。
イタリア語のみ2レベルでの実施だそうです。
結論から言いますとタイトルの通り、申し込みしちゃいました。
しかも上級。

初級、中級、上級と3つにわかれていまして、それぞれで
読解力、リスニング、筆記、会話とみっちり。
私が移住したころ、移民向け語学コースはポリで当時開催されていたもので1コース3か月、そこでYKIの話なんてひとっことも出なかったんですよねぇ。
13年前ですかね(時の流れを感じる)。
今では、移民向け語学コースも長期になって、試験対策からなにから色々指導してもらえるようでちょっとうらやましい。

初めてこういう試験があると聞いたのは5年ぐらい前でしょうか。
介護士のコースで勉強を始めたチェコ人の友達が、今度これをうけると言っていて、私は顔中「???」
でした。

そのころは毎日の生活に必死で来る仕事をなんとかやりとげて子供たちを保育所と学校に送り届けて午前中2時間仕事できたら万々歳、あとは夜に睡眠時間を削って、、でした。
今もあまり変わってないところが悲しいですが。
でも諦めというか慣れてきたところはありますね。
これは子供たちが学校生活が続く限り変わらないというのがね。
(あと7,8年?)

で、時は流れ、力試しに去年も受けてみようかと思いつつ高いよなぁ、忙しいなぁ、で逃したのでした。
在住14年目で言葉を使う仕事をしていて今更初級、中級もないだろうとこういうところでたまに無謀さが出るので、いきなりの上級チャレンジです。

Ouluのカトさんのブログを先日読んだら落とし穴があちこちにありそう。
上級はポリでは開催されないので、大きい都市にいかなくてはなりません。
ヘルシンキやタンペレは申し込みも多いのか既に一か月前でいっぱい。
空いているところを探したら受験地はTurkuになりました。

担当者に問い合わせをして返事が来たのが休暇中のアルプス。
「今日中に印刷してスキャンして私に返送して!」
ええ~?
田舎の村のホテルでWiFiも切れ切れなんですけど!?

しかしホテルオーナーのヨーゼフに「滑りに行っている間に一枚印刷お願いします」、と。
オッケーだと。
帰ってみたら棚に一枚紙がぺらっと。
Danke!といいつつ開いたら、ヨーゼフ、紙の印刷の縦横の向き間違っとるやん!
申込書半分しか印刷されてない。
もう一度、サウナをあっためてもらうのと一緒にお願い。

今度はうまくいきまして、書き込んで、携帯で申込書撮影して返信。

ふー。

無事受理してもらいました。
そして費用は145ユーロ。
高いよ・・・

スピーキングのテストは面接官とのやりとりが録音されるので高くなるんですよね、でもこういうのでちゃんと試してもらっているのであれば結果にも文句無いですね、マークシートじゃやっぱり正確なところ分かりかねますしね。

というわけで試験は4月です。
結果もご報告しますよ、惨~敗~とかね・・・・(暗)

申し込んでから考える。これ意味あるのかなーとか。
どこか学校に入学するとか職場から要求されてるとかそういう訳じゃないですしね。
今までもこの資格なしでうまくいってましたしね。
しかしもう遅いです。こうしてここにも書いちゃったし。
無謀なうえに自虐的と申しましょうか。

準備しないといけないのでとりあえず図書館で問題集借りてきました。
・・・で、まだ一度も開いてません。
仕事もあるし練習問題を解く時間あるのかなぁ、、、

仕事より毎日の子供たちの宿題とピアノの練習(つまりほとんど次男のせいで)でいらいらしておりますが。
ああ理を説いて分かってくれる大人相手はなんて楽なんだろう。何度も言わなくていいってなんて素晴らしいんだろう。

というわけで、どどーんと失敗して一からやり直せ、と思った方も数少ないであろう心優しい頑張りなよ、と思ってくださった方もなるようにしかならないので(←おい)
↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-26 23:38 | work

スキー休暇 番外編

d0093885_2591884.jpg

番外編です。
これは私の五年目の初心者用板。長男は2年目のツインテール・タイプ。
もっと上手になったら深い雪に入れるファットタイプも買ってもらえるかもよ!?
(私はいいや、、まずはきちんとどんなゲレンデでもスッキリとパラレルできるよう目指します。何年かかるか・・・)

d0093885_2592045.jpg

コンソメスープにパスタか団子かパンケーキ刻んだのとか何か入れる、というスタイルが多いのですが、この4日目はフライドバターボール(と英訳されてた)にコンソメを注いだスープ。
お味は天かすそのもの。

d0093885_2592255.jpg

あとで買い物に行ったらスーパーに売ってましたよ、天かす!(違)じゃなくてBakerbsen。
チロル地方は食文化が本当に面白い。

d0093885_2592518.jpg

リフトセンターのレストランにFatboyというビーズクッションがたくさん。
くつろぐうちの家族。あ、端の女子は他人です。

d0093885_259272.jpg

村にはアフター・スキーのバーが何軒も。
d0093885_2593023.jpg

そしてスキー・スクールも多いです。
ちびっ子グループもたくさん見ました。

d0093885_2593147.jpg

エルビスも寒いのかな。。。

d0093885_2593384.jpg

さすがオーストリア!(本場からは遠いけど)の美味しさだったザッハートルテ。フィンランドでこんな美味しいザッハトルテに出会った事が無いくらいです。有名な本店より小さいでしょうがこれで十分な分量で生地は軽くてチョココーティングも厚すぎずアプリコットジャムも程よく・・ああ幸せ。

下はここ数年流行っているBuffというネックウォーマー。
薄手のものからフリース生地まで色々ですが私は今回半分フリースで残りはストレッチ生地(バンダナ柄)を買って貰いました。キャップにもなり鼻まで引き揚げて使うこともでき重宝します。

d0093885_2593629.jpg


d0093885_38154.jpg


あとこれも食べました!シュニッツェル。恐れていたほど大きくなく許容範囲(おい)。サクサクで美味しゅうございました。
そしてドイツ圏といえばこれも!
d0093885_381950.jpg

アプフェル・シュトゥウーデルですよ、りんごのパイにバニラソース。中がほかほかあったかくて生地がコクがあって天に昇りました。


帰国して、恐る恐る体重計に乗ったら毎日4ー5時間滑ったおかげか旅行中の増量は無しでした、珍しく。(深い安堵のため息)あ、それ以前に一年前に比べたら3kg多いんですけどね、てへ。

今日ポリの手作りアイス屋さんのオーナー、南ドイツ出身のMartinに「ただいまー!」と挨拶がてらチョコラータ・カルダを飲みに行ったら↓
d0093885_2593730.jpg

(まだ食うんか!と思われた方、底なしの食欲に一番下でクリックをお願いします。)
これやった?とシュナップスの乾杯の真似を。
d0093885_2593914.jpg

説明会でサービスで出されたアルコール度数40度以上のもの。ただし一回で飲み干さず三回で。
グラスの持ち方はこうです。
「Prost!(乾杯)」
うー。。。私は強いのは苦手です。
何とか飲んだけど。

Martinが「オーストリア人、パーティ好きでしょ!?」アフタースキーでゲレンデ途中のバーで居座ってる人達たくさんいたでしょ?と言われる。
彼も昔は車で4時間ぐらいと近かったので何度も行ったよう。いやお楽しみのドイツ人もすごく多かったけどね。。。)
あとレモネードの話も。
これはドイツに輸入して欲しいのに無いそう。
d0093885_259427.jpg

フィンランドのPommacに近いかなー。飲みやすいハーブ入り(だそうだ)炭酸でした。

これでほぼ書き尽くしたので次回から北欧ネタに戻ります。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-23 02:27 | trip

Der Diamant Der Alpen

d0093885_1372562.jpg

風邪で寒気がするのをもう意地で最終日ゼルデンから二十分の村オーバーグルグル(Obergurgl)に滑りに行きました。
「アルプスのダイアモンド」とも称される夏はハイキングで、冬はスキーで賑わう人口400名の村です。
ゲレンデは9時からオープンでちょうどそれぐらいに到着したのでゲレンデを圧雪したあとのギザギザ(なんていうんですかこれ?)がくっきりと。ピステンがガッツリお仕事していましたよ。

人も少なめでゼルデンほど混雑や横入りが目立たないかも、、、

d0093885_1302883.jpg

ここは易し目の青色コース。

d0093885_132181.jpg

とあるリフトの女性トイレの目印にハイジが。男性の方は当然。。。
d0093885_1374730.jpg

はい、この人。

d0093885_1324113.jpg

上手な人が滑ってると雪煙も綺麗だなぁ(まだ自信喪失中)。
右側にはオフピステの跡が。
雪が一週間半降ってないんでもうやってる人も少なかったですが。

d0093885_1332418.jpg

ここではそろそろスープに飽きて伝統料理、チーズ団子(Hausgemachte nocken)にしてみました。めちゃ美味でした!肉団子より軽くてチーズたっぷりに焦がしバター。日本の方も好きではないかと。

d0093885_1353777.jpg

このバー&レストランに各国紙幣が飾ってありましたが日本の紙幣は見つけられず残念、、壁は二面見たけれどまだ他にもあったのかもしれません。
d0093885_1381865.jpg


さて無料スキーシャトルバスでゼルデンに戻り、夫は息子たちをFreizeitAreena(直訳:余暇アリーナ:にある市民プール)に。安くていいじゃないですか!ホテル代に一回フリーチケット付いてました。
その間私は郵便局とスキーパス返却(一枚当たり2.5€が戻って来ます)、買い物へ。
そうそう村に一軒グルメ食材ショップがあって前日にオーストリアの赤ワインを一本夫が買ってました。
フィンランドではAlkoで買えるのは白ワインだけなので。

d0093885_139926.jpg

ティスティングもさせてもらえる。
d0093885_140244.jpg

ハム、ソーセージ、サラミの宝庫!
買わなかったのが悔やまれる。。。

d0093885_136924.jpg

ゼルデンの街並み。
荷造りに最後の夜は暮れ、、微熱で夕食のメインはお断りしましたがスープとデザート(アイスクリームにホットストロベリー)はしっかり頂き、食事のお供にはグリューヴァイン。
小さくてもいいです、と名物ウェイターさんにお願いしたら、「いやいやグリューヴァインにはサイズは一つしかないよ!」とクローブ入りのでっかいマグを持って来てくれました。



d0093885_1405514.jpg


夜中3:30起床。4時過ぎにロビーに降りたらホテルオーナーのヨーセフさんがコーヒーと軽食を置いてくれていました。
コーヒー本当に美味しかったなぁ。
アルプスの名水でしょうか。あとオーストリアやハンガリーは歴史的にカフェ文化の中心でしたっけね。


さようならゼルデン。
またいつか来たいです。
あー仕事頑張らねば。。。

↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-22 00:33 | trip
d0093885_552962.jpg

続編です。のっけから食べ物ですがこの地域で400年近い歴史があるSonnblickという山小屋風レストラン。
これ一人分ですが子供達シェアで十分でした。オーストリアのこの辺りのパンケーキ(Kaiserschmarrn)、すごく美味しかった〜。一旦オーブンで焼いたパンケーキを切り分けてフライパンで軽く焼くとか作り方は何通りかあるようです。
d0093885_5522862.jpg

内部の様子。
d0093885_5523658.jpg

ココアに私は本場グリューヴァイン(温めた赤ワイン)を。風邪にききます。

d0093885_5524145.jpg

外観。こういうカフェ兼レストラン兼バーがゲレンデのあちこちに。昼前から飲んだくれてスキーどころじゃない
お楽しみグループもちらほら。

d0093885_552468.jpg

このレストランから村へ降りるコースは途中から中級上級が合流。

d0093885_5524944.jpg

ゼルデンのコースマップ。
結構広いです。リフトの処理能力は一時間七万人。イメージ湧かないですが混んでいてもそれなりにはけているのは数多いリフトやゴンドラのおかげかと。

d0093885_6393116.jpg

スノーパークに行く息子たちを夫が上までリフトで付き添い。私は動画撮影のため待機(笑)

d0093885_6395739.jpg

景色は綺麗なのでやはりみとれますね、でも滑ってる時は余裕がないのでもっぱらリフトやゴンドラで移動中に風景を楽しむ(笑)。

さて前回は調子いい事を書きましたが昨日4日目、次男の風邪が悪化したので半日交代で夫と出ることに。
朝は夫と長男が。昼からタッチで私も。
中級コースを攻めて見ましたが辛いのなんの。。。
一回800mほど滑り降りて足が疲れてパンパンでした。上級者コースも二三本挑戦してみたものの怖いし午後はコンディションが悪くアイスバーンそのもの(ドイツ語でしたね)。
半泣きで急斜面を降りました。4回くらいこけた気がします。

というわけで有名なワールドカップ開幕戦のコース31番は(私と次男は)断念です。
いやーまだまだダメです。

もうそういう時はちびっ子スキースクールの子ども達が自分よりずっとうまく見えてくるという(自信喪失)。

今日はまた気を取り直して行って来ましたけどね。
まぁ年なんだしほどほどにすれば、と思われた方もいやスパルタでガンガン練習すべきという方も
↓...宜しければクリックをお願いいたします。
あと一日で終了なので皆が怪我なく帰国できるようにしたいと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-20 05:32 | trip

アルプス(Sölden)滞在中!

d0093885_8245873.jpg

2度目のアルプスでスキー休暇を過ごしております。
今日でオーストリアのチロル地方西部にあるゼルデン4日目です。

毎年10月最終週にシーズン開幕のW杯が開催されるところだそうです。
(すみません、筋金入りスキーヤーにはそんなこと常識らしいんですが、、、夫に冷笑を浴びた)
昨年はツェルマット近いイタリアの村Cervinia(チェルヴィニア)で一週間、嘔吐性風邪と病み上がり(次男とホテル待機2日間したんだった)で仕事持ち込みでゼーゼー四日間滑りましたっけ。

去年はポリにも雪が少なく事前に数回練習行くべきだったんですがほとんどゼロで参戦したのも大きかったです。
d0093885_8245935.jpg

小学生の長男と次男もスキー休暇。ポリの辺りはヘルシンキと同じで第8週、タンペレは第9週と南部、中部、北部と大まかに分けて少しずつ休暇時期はずれています。自治体によっても同じ南部でも微妙にずれていたり。ラップランドは観光シーズンで書き入れ時ですから観光客の波が落ち着く三月半ばか後半あたりだったと記憶しています。


今シーズンは1月に東フィンランド、地元でも数回、一週間前に私と息子たちは一時間レッスンを受けたためか、辛いとか苦しいとかはまだありません。
d0093885_825142.jpg


もちろん全長10kmとか20kmコースを何度も滑るとかーなーりー疲れますし、何度もお互いを待つのに止まったりしますが青い空によく手入れされたゲレンデを滑りながら「ひゃっほー!」と叫んだりして。
いや私は下手ですが楽しいのです。

d0093885_825331.jpg


折しも受難節、着ぐるみ着たオーストリア人率多し。先週はカーニバルでお休みだった模様。日曜は特にお祭り気分のスキーヤーが多かったです。写真は狼と羊たちのグループ。
バナナや恐竜の格好もみましたしね(笑)

そしてご飯。
d0093885_825616.jpg

オーストリアはフィンランドと全然違うメニューがたくさん。(そしてヘビー。。。)
プレッツェルも美味しいです!
朝2時間半ぐらい氷河コースを滑った後私と夫はスープランチを。
写真はビーフブイヨンにパンケーキの細切りが入ったもの。
d0093885_8251028.jpg

こちらは初日のハンガリー風煮込みスープ。こんなに美味しいのは初めて食べたかも。
子ども達はハンバーガー半分こ。オーストリア国旗に気分上げ⤴︎の息子たち。

d0093885_8252631.jpg

最後は村に滑って降りるコースかゴンドラで。これはゴンドラで村におりた時の画像。
d0093885_8252940.jpg


こちらはくねくねめぐる林間コースを下っているところ。これはまだ幅がありますが一人しか滑れない横幅のコースも結構あり後ろからスノボの人がガリガリさせながらくると動きが読めないし突っ込んでくるしでかなり怖いです。私も二十年前ボード三年間ほどやってたんですけどね。(遠い目)その頃はスキー板がもっと長くて2回ほど試したスキーが難しかったので。今は短い板でとっつきやすいのではないでしょうか。
d0093885_8253167.jpg


そして待ちに待ったアフタースキー!
と言っても子連れ家族の我々、若い人達のようにパーティアニマルなんてもう無理。(そういや若い時も地味だったんでやってないけど)
慎ましくビール一杯を楽しむ。
この辺りで多い小麦原料のWeizenbier。(ヴァイツェンビア)
薄い色で苦みが少なく、そして炭酸がより舌に感じられてんまいです。
あとで聞いたらガス量が多いそう。道理で。(以下略)

夕食付きで(ホテルでご飯もまぁまぁ美味しそうなところ)頼んだので空腹の子どもらを連れ回して苦労せずに済みます。二人で旅行なら毎日違うところにしますが・・・

さすがヘビーです(もうわかった)。
野菜があまりない。酢漬けのものが多いといいましょうか。
朝食もサンドイッチのためにフィンランドならサラダ、トマト、きゅうり、などなど出されますがチーズ各種とサラミやハムがふんだんに。唯一缶詰フルーツサラダと果物かご、ぶどうぐらいか、、、
d0093885_8325515.jpg



初日の前菜。ブイヨンにセモリナのお団子入り。美味しい〜。

d0093885_8251682.jpg

メイン。豚さんです。あ、インゲンまめがあったんだった。でもポテトコロッケもたっぷり。
さすがの次男もギブアップ。

d0093885_8251974.jpg

デザートは「黒い森風」アイスクリームケーキ。というわけでチェリー入りでした。コーヒーもうまし。

ここではこの数ヶ月新しい映画007の撮影が行われていたようですが、ダニエル・クレイグは見かけませんでした、残念。。。
ここがツィッター仲間に教わったリンクの撮影に関するスタッフインタビューなどが読めるサイト。
http://www.007.com/spectre-announcement/

確かにこの辺の氷河コースで撮影してる!


↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-18 01:19 | trip
d0093885_3221542.jpg

なんと家族で囲碁を習ってみました。

事の発端は図書館で本の返却の時にカウンターにいたスタッフが「あのー間違ってたら悪いけどムーミン関連の本の邦訳した人じゃない?」
と聞いて来た。
(でまた一通り訂正。ムーミンじゃなくてトーベ・ヤンソンの評伝で五十嵐淳さんと共訳で、と。すごい人になると、「ドナルドダック訳した人だよね?」とくる。日本向けにフィンランドで数十年堅実な人気を誇るドナルドダックのコミックスは需要無いと思うなぁ・・・)

この人は日本語を勉強しようとしたけどひらがな、カタカナの法則性が見えないのとくねくねしたので挫折したらしい学生さんだとか。
で、「囲碁やる?」
と聞かれまして。

恥ずかしながら将棋やトランプ、百人一首(全然違うじゃん)は子どもの頃よくやったけど碁には縁がまったくありませんでした。
そういえばマージャンもやった事なくルールも知らないんですよね。
やった事ないんだよねー実は。と答えるとスタッフが重ねて、
「もし興味があったら僕が教えるよ。僕もまだまだ7級程度で大したことないけど。」
というお申し出。ちなみにこの人の彼女は日本語を勉強中だそうで、碁も少したしなむそう。

おお!
こういうご厚意は有難く受けるもんですよ。

なんだか、日本の伝統関連は住んでいたころは全く興味がなくて
茶道も着物も柔道も剣道も全部フィンランドに移住してから手を出してます。
(そしてどれも中途半端。柔道は怪我が怖いのと残念ながらポリの柔道部が武道というより
スポーツになってしまってやめたのですが。)家族にも話して全員で教わることに。
有段者があるのは知っていましたが、ルールも有名な碁名人も全く知らず(新聞に出てるのをチラ見する程度じゃ覚えるはずがない)。

もともとは中国のゲームで、中国や韓国で今では日本と同程度、もしくはより活発に知的プレーが戦われているということも知りました。

先週図書館で雁首揃えて教わってきたのですが、理路整然とした教え方でした。
成り立ち、ルールの主なところ、そして練習用碁盤で二対二で対戦。
アタリとか、シチョウになっちゃう場合とか、自殺行為とか、「眼」とか見せてもらってやってみる。
それから囲い方を見せてもらう。

難しい、、。いや一時間で分かるとは当然思ってないんですけど、基本ルールはわかってもかなり(x10)奥が深いですね。
何手も次を予想するのはまだまだ無理です。次のさえ見えてきてません、私。

級位と段位をみてみたら、子供の場合は27級だとかから上にだんだん上がっていくと。
ひぇー。
碁人口はフィンランドで活発にやっている人が千人もいるんだそうです。登録だけしている人はさらに多いようで。
結構な人数じゃないですか?

夏に碁合宿なんかもあって手筋の問題集などを皆で解いて採点されたものも見せてもらいました。40人ぐらい参加してるそうですよ。
碁オンラインなどでも初心者だって言って教えてもらうといいよ!といわれましたがまだ参加する勇気ありません~。

終わってから面白そうだと家族で話し合って、いつか練習用のセットを買おうという話になってます。
次は月末ぐらいにまた教わる予定です。彼女が帰省するので一緒にどうかと。
ぜひぜひ!
さっそくネットで色々読み漁ってしまいました。(はまりやすい)

上の写真は次男がそのリスト君に教わっているところ。次男はボードゲーム大好き人間で、バックギャモン、モノポリー、人生ゲーム、とまんべんなく興味を持ってます。将棋もやろうと言ってくる。碁もいいかもね。

また新しい楽しみができました。

↓フィンランドで囲碁をやる人がいるとはねぇ、と思われた方、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ
[PR]
by wa-connection | 2015-02-09 02:46 | life in Pori

冬はやっぱりこれ!

d0093885_20224441.jpg


やっと、やっとクロスカントリー・スキーに今朝行ってきました。

スパイクの靴で走ろうと思ってたら、夫が今はどんな形でもいいからスキーに慣れておくべきだ!と真剣な顔で言われたのでしぶしぶ従ったわけです。
いやー気持ちよかったです!
景色はいいし気温もマイナス5度くらいで空は青く絶好のクロスカントリー日和。
d0093885_20224897.jpg


シーズン初なので毎回の事ですが、腕の使い方を完全に忘れている・・・
体の近くでストックをもって腕で押す力で前進もするのですが、手に頼りすぎると筋肉痛が恐ろしいことになります。(たぶん私、明日は苦しんでます)ですので足でのキックと腕と両方をバランスよく使うのが一番いいのですが、いやもう傍から見たらジタバタしてかっこ悪かったことでしょう、はっはっは。
d0093885_20224544.jpg


距離的には3.5kmのコースを二回しか滑っていないにもかかわらず時間は52分。
いや途中で写真撮ったりしたからね、そのせいですよ?(言い訳大会)
後で気づいてあと10mいっておけば7㎞だったのにと思う処が我ながらいじましいです。

d0093885_217264.jpg

コースはこんな感じ。
これはGoogleの夏の航空写真ですけど森に囲まれた場所なのはお分かりいただけるかと思います。
左下の四角いのが夏はサッカー場として使われています。

しかしなぁ、ジョギングなら5㎞走るのに家から出て30分で帰ってシャワー&着替えしても1時間弱でコーヒーを淹れる時間もあるけれども、クロカンはやはり今日行った場所は車で往復20分+1時間ちょっと(次回は3回まわりたいから1時間20分?)で帰ってシャワーして着替えとなると2時間コースですよ。

毎日時間に追われてバタバタしていてただでさえ静かに仕事に打ち込める時間は子供たちが帰ってくる午後から夜まで全く取れないというのに、今シーズン何回行けることやら。

↓でも時間をやりくりしてシーズン中10回は行きたいと思います、に下のアイコン押してやってくださいまし。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-04 20:19 | life in Pori

Helsinkiグルメ撮影進行中

d0093885_0363248.jpg

タイトルの通り、某社さまよりご依頼いただきまして、
ヘルシンキで複数のグルメ取材を進行中です。

写真は某有名カフェの2月の定番、受難節のバンズ(Laskiais pulla)ジャム入りの方。これはアーモンド・ペースト入りが伝統ですが食べられない人やお子ちゃまはジャム入りを選ばれることが多い模様。私はどちらも好きですが、食べる日は運動しないとえらいことになりますです、はい。

この日は二日間で8件取材。

もうコーヒー飲み過ぎでカフェメニューはしばらく見たくないぐらい満喫しました。

まだまだ続きますが、第二弾で取材に行くのは2月末か3月初めかな、、

皆様にご覧いただけるのは4月以降かなと思います、またご報告しますね、に
↓エールのワンクリックをお願い申し上げまする。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by wa-connection | 2015-02-03 00:38 | work