フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0093885_1826345.jpg

(教科書の表紙扉にスウェーデン語で北欧地図が)
我が家の長男が7年生(中学1年相当)になりました。
フィンランドは義務教育が1〜9年生で昔から日本と同じように小学校と中学校になっているのですが、学校教育法上は9年一貫ということになり、物理的な校舎などの条件さえ許せば9年間分全員が同じ敷地内で学ぶというところが増えています。
ただ現実自治体財政上難しい場合もまだまだありますので小学校(Alakoulu)と中学校(yläkoulu)と昔ながらの方式のところも数百校以上あります。
さらにスペースがないからという理由でうちの長男のように1〜5年生まで小さい学校で、6年生で中心部に近い学校に移り6〜9年をそこで過ごすといった変則的な場合もありますし村の学校はどんどん閉鎖されているとはいえ複式学級も健在です。

d0093885_18265319.jpg

(教科書:"textbok"とワークブック:"övningsbok")
さて今日は外国語の授業について。
フィンランドについて少しでもご存知の方は、フィンランドが公式には二か国語(スウェーデン語とフィンランド語)ある事も知っておいででしょう。
外国語教育は小学校3年生から始まるところが多く必須科目で外国語Iと言いますが(これまた自治体、学校で力を入れて一年からというケースも多々あり、シュタイナー校では一年生から英語スウェーデン語なんてこともあり)、多くの生徒が英語を選択するという状況になっています。
息子達も5カ国語の選択肢からフランス語の希望を出してみたものの人数が足りず予想通り英語へ。
次のチャンスは5年生で外国語IIが選択授業として可能。ただこれも中心部の学校でないと実現はなかなか厳しいようです。その日の最後の授業に設定され自分の学校からその授業が開催される学校へ移動して受講といった風になります。
というわけで長男は英語のみでここまで来ました。
d0093885_18272665.jpg

(定番、数、時間)

7年生でもう一つの母国語(Toinen kotimainenkieli)ということで今のところまだ必須科目でスウェーデン語が始まります。
私はもう興味津々で。
夫は「またスウェーデン語みなきゃいけないのか、もうやってらんねぇ」状態です。フィンランド語系のフィンランド人で特に男性に多い気がするこの「スウェーデン語イヤイヤ病」どっかでみたような。。。
いやーまるで日本人が「英語なんて使わないし学校でやらなくていい!」と拒否反応示すのとそっくりじゃないですか!?
スウェーデン語系フィンランド人はもうほとんどフィンランド語ができる人が多いですし使わないといえばそうです。
それに数百年スウェーデンの王様に支配されあたかも緩衝国のように使われ、スウェーデンの代わりに兵隊を出して戦い、税金を取られ、いまだに一部経済界エリート達はスウェーデン語系フィンランド人がまだがっちり根を張って富を握っています。スウェーデンに旅行すればどうも軽く見られるわ「フィンランドなんて同じようなもんだから興味無いんだよね。だから言葉を勉強する気にならない」と面と向かって言われたりするわ(フィンランド人の夫を持つと知っていて私にそういう人もこれまで何人もいました。フィンランド人と結婚している人でもそう言う人がいます。)、むかっ腹が立つのもまぁ無理ないよなと納得いく歴史背景です。


d0093885_22274460.jpg

例外的な扱いは北欧ミステリ界のラーシュ・ケプレルの「ヨーナ・リンナ」シリーズでしょうか。フィンランド人の刑事ヨーナ・リンナがスウェーデンの警察で大活躍するんですよ。スピード感あり手に汗握る展開で毎回楽しんでいるのですが『催眠』『契約』『交霊』とハヤカワさんから邦訳されていますので是非お勧めします。やっと大筋が佳境に入ってきたのですが、そこに切り込む「サンドマン(2012)」がまだ邦訳が出てないんですよね〜フィンランド語で読もうかと。←スウェーデン語で読めないから・・・(振り出しに戻る)

まぁ外国人の私にしてみればせっかく隣なんだし出来たらメリットはあるし(ノルウェー、デンマーク、古語に近いアイスランド語も少しは解することができるようになる)食指は動いていた訳です。
仕事でも5回ぐらい行ってその度に英語で全て済ませるのが段々悔しくもあり。これがまたスウェーデン人英語がフィンランド人よりもっと上手なんですよ。

でも彼らの中に入り込むのはまぁ予想通りそう簡単ではないそうですが。
以前会議で喋った在住28年のアメリカ人医師が教えてくれましたっけ。在住日本人で活躍されているライターの方や、ヘレンハルメ美穂さんや久山葉子さんといった翻訳家の方々とお知り合いになる機会を得ましたが根を張って皆さんとても頑張っていらっしゃいます。

さて、こちらでフィンランド語の本を読んでいてもスウェーデン語の歌やら童謡、詩やら出てくる訳です。
特に100年前の人たちの交流なんて知識人はほとんどスウェーデン語系ばかりで彼らの社会を知らないとフィンランドの歴史もなかなか開けてこない部分や文献も読みこなせないので、おし!とこの際長男と一から始めることにしました。
あー有言実行にしないとな〜。

前フリがここまで長ったらしくてすみません。
ここまでの画像は息子が学校から貸与されている教科書とワークブック。ワークブックは貰えます。
スウェーデン語に苦手意識を持つ親が殆どで子もそういう影響を受けることをよく知っていて教科書制作側は様々な努力をしていることがうかがわれます。

d0093885_1828182.jpg

まず手書き文字があって、それを教科書全体を通じて書いたのはスウェーデン語系フィンランド人ラッパーで現在はストックホルム在住のJesse(イェッセ)P。彼の曲がそのまま最初の頃の宿題にも出されていました。↓音源も授業で聞かせてもらえる様ですね。

d0093885_18302153.jpg

問題は「クラスでペアを組んで話し合いつつ今まで見たことがあるような知っている単語に丸をつける」というわけでバスとかSandとかホテルとか、外来語が結構分かった模様。
finnはフィンランドのことだと思ったんだろうけど、文の構造上の語なので間違ってますけど。


最初の方には簡単にスウェーデンについて説明があり、スウェーデン語のメリットも説明されています。
d0093885_06505875.jpg
「Never say never!(Älä koskaan sano ei koskaan)」というところではスウェーデン語系なんて絶対要らないって言うもんじゃないよ、将来コックやダンサーとしてストックホルムで仕事でも得るかもしれない。またはホッケー選手としてヨンショーピンに行くことになるかもしれない。PasiPuistolaは実際そうなった。→Pasiのインタビューp.29を読んでごらん。

などと興味を持てるような工夫があちこちに。いややるな、先生たち!

d0093885_18304796.jpg

そしてこちらは児童文学者大御所対決!
長靴下のピッピやエミール、名探偵カッレ君、その他数多くの名作を生み出したアストリッド・リンドグレン。
そしてムーミンを書いたトーベ・ヤンッソン。
d0093885_1831571.jpg

ページ下にムーミンの使うスウェーデン語(フィンランドのスウェーデン語)とバンセの使うスウェーデン語系(スウェーデンの人気クマちゃんキャラでもって、本国のスウェーデン語)が比較されています。
ほんとだ、微妙に、いやそこそこ違う!

「私はスケートをする」
Jag skrinnar.(Finland Swedish)
Jag åker skridskor.(Swedish)
Minä luistelen.(Finnish)

なるほど〜難しそう。
息子についていけるかな、、母も頑張ってみようと思うのであります!
取りあえず10月のヨーテボリ出張には習得は絶対間に合わないですが。
挨拶とかもう少し頑張っておこうかと。

やっぱり地図でデンマークのシンボルは人魚姫とレゴなのね、に
↓...宜しければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

[PR]
by wa-connection | 2015-08-19 18:32 | education
d0093885_05532381.jpg
Lahtiに初めて来ております。
ポリから電車乗り換えること2回(タンペレ、リーヒマキ、そしてラハティ到着)3時間半でした。

6月のミッドナイトゴルフの時にサービスエリアだけLahtiに止まったんですけど、それはカウントしないことにして今回がまともな滞在なわけです。
仕事でミニゴルフ世界大会総会の通訳に来ました。
このお仕事は実は2回目。
しかも前回は2003年、ドイツのスパで知られるBad Münder。
在フィンの当時在住20年近い大先輩たちから紹介されたお仕事で、
12年前で、フィンランドから出た初めての海外出張でした。
しかも長男が1歳ぐらいで、姑や夫に「行ってらっしゃい!」と背中を押されてハノーヴァーまで飛行機で、そこからDBで電車に乗り、、とスマホもない時代でネットからチケットを何とかドイツ人の友人の力を借りて購入したことを思い出します。
(チケット購入の方で英語版が整備されていなかった)
数十か国が参加する大会で、使用言語は当時役員にドイツ語圏の人が多かったこともあり、ドイツ語&英語。
ブースにドイツ語を英語に訳す人が入り、私は誰かがドイツ語で話した場合はそれをヘッドフォンから聞いてお客さんに訳すという二段階を経た同時通訳でなかなか骨が折れました。

同時に非常に貴重な経験をさせていただきました。
お客様ご夫婦ともとても楽しい出会いで仕事の醍醐味は報酬ではなく、実は出会いが同じぐらい大きな比重を占めるのだと思った体験の一つです。
その2年後の世界大会では、オーストリア開催でしたが、次男が生まれて半年でとても出られる状態ではなく、知人を紹介し、その後近郊の国で開催がなかったのとお客様も会議に出られておらずご縁が遠ざかっていました。

引っ張りますが、もう少し。
この6月ごろに、今年の大会がなんとフィンランドはラハティ開催ということで、携帯電話番号とメールアドレスが変わっていた私をインターネットで検索し、隣町の柔道部で3度ほどやった文化紹介の生け花や茶道の写真から辿り、柔道部にメールを出して下さったり、郵送でお手紙を送ってくださったりして再び縁が繋がりました。
そして昨日一日早く伺い、夕飯をご一緒して積もる話をいろいろ伺いました。12年も経つと、こちらも子供たちが大きくなりお客様にもお孫さんが。いやはや、時はあっという間に流れるものです。
d0093885_13450478.jpg
お客様は日本ミニゴルフ協会の方で、本業は建築家、能ある鷹は爪を隠すの典型。
奥さまは日本画家の佐藤緋呂子さんで、当時も旅先の風景を小さなスケッチブックにいつも描かれていました。ドイツで見せてもらった風景の数々。
どうしてこんなに柔らかくて優しい風景に写し取れるのかと写真よりずっと楽しいなと感動したものです。
d0093885_05544309.jpg
緋呂子さんの描く女性がまた素敵で、見るたび生命力と躍動感を感じていたのを今回久しぶりにご本人にお会いして思い出しました。
d0093885_05564517.jpg
お会いしていない間にスケッチとエッセイを出されていて、今回それを頂きました。
そしてご夫妻の出身地秋田県の作家で芥川賞を受賞した石川達三さんの復刊本カバーにも緋呂子さんの絵が。

仕事が一段落したらこれらも大事に目で味わって読みたいと思います。

お土産で食べ物もですけど、本が一番うれしいですね。
(いやどっちも捨てがたい・・・)

肝心のお仕事ですが、12年前はドイツやスウェーデンやスイスの人たちの名前が聞き取りにくく、またスポーツ組織独特の構造や関連団体の略称、テクニカル・ルール、法令、など非常に苦労したのですが、今回は事前に資料も頂いて一応90ページ弱全部目を通すことができ、とても助かりました。
時代は変わって使用言語は英語のみとなり、その点でもとても楽になりました。

やはりドイツ語訛り、スイス語訛りの英語は慣れるまで数分かかりましたが(汗)朝食の時喋って顔つなぎしておいてよかった。

会長さんとフィンランドの代表で役員をしている人も「あ~何となく覚えてる!(私も31歳と若かったので老けたなと思われたことでしょう(汗)へぇ12年も経ってまた雇ってもらったの、良かったねぇ」、と。
別のスイスの人とは初めてしゃべりましたが、バド・ムンダーの時も通訳って女子学生だったんじゃないの?とかまたお世辞を・・・もう子持ちだったしそんな年じゃありませんでしたよ。。。でも有難う。あ、フィンランドは社会人学生も多いですし40代の仲間も学位また取りに戻ったりしてますけどね!
d0093885_13513952.jpg
というわけで会議も無事終了し、来年の横浜みなとみらい21でのアジア大会の宣伝もし、(横浜市のYouTubeでのPR動画結構いいのがたくさんあります!)
消耗しましたが、ほっとしました。
d0093885_05592018.jpg
写真は昨日の夜、ホテルの自転車を無理言って借りて、市内をぶらりサイクリング。朝~22時までだそう。週末は特に鍵をかけても盗まれるから、とのこと。
なのでどこにも寄らずに漕いで回るだけだから、と。
私の前に使った人が190㎝級だったみたいでサドルが一番上まで上げられてて足が届きませんでしたよ、、きこきこ下げる。
d0093885_13535810.jpg
ラハティは坂道も多く景色が綺麗です。
スキージャンプ開催地(画像にも遠くに見えます)で知られますが、建築物ではヘルシンキ中央駅を設計したエリエール・サーリネンが市役所を手がけています。トップの画像は正面扉のアルコーブ天井。とても綺麗です。
d0093885_06011219.jpg

d0093885_14075283.jpg
その市役所前にトーベ・ヤンソンの父、彫刻家ヴィクトル・ヤンソンのもう一つの「自由の像」があります。
有名な方はタンペレにある大きなものですが、こちらがもう一つの内戦後、戦勝記念の裸体男性像。ヴィクトルが好んだのは柔らかい線を持つ子どもや女性だったので、これは本当に日々の糧を稼ぐという意味で引き受けた仕事だったのですが、女性像やエスプラナディ公園の魚とあそぶ子どもの像の方がやはり自由気ままに愛しげなラインでいいなと感じました。
d0093885_21225910.jpg
トーベをモデルにしたヘルシンキにある「Convolvuls(コンヴォルブルス:セイヨウヒルガオ)」は父がトーベに指示したように天にまっすぐ伸びすぎていて(笑)そこまで好きではないのですが。
公園通りの反対側にはこれまた対照的な労働者の銅像がありましたよ、よくあるフィンランドの構図。

日曜は会議後、世界大会の練習風景を見せてもらいました。
d0093885_13562573.jpg
ホテルから徒歩10分ほどの場所にフェルトコースとエタニート・コースの二種が。
d0093885_13571868.jpg
パターの練習用だったミニゴルフがスウェーデンに入って発達したので、スウェーデンが非常に強いそうです。フェルトコースはスウェーデン発祥だそうですし、スウェーデンチームの練習を見ていても素人からしてもとても上手だなと感心しました。あとはドイツ語圏勢ですね。基本は各レーン合計18レーン、ほぼホールインワンしていかないと上位にはなれないようです。難しい・・・
d0093885_17230893.jpg
日本は女子が毎回上位に絡む闘いをしているそうですよ、男女ともに応援したいですね!
あ、フィンランドもね。(まるでとってつけたような言い方・・・)

二年後は世界大会はクロアチアで開催です。
以上自画自賛日記終わり、失礼しました~。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by wa-connection | 2015-08-17 05:51 | work
d0093885_243677.jpg

8月に、ポリのママさん仲間(私たち三人とも外国人)と久々にモーニング女子会。
(健康的だな!)

チェコ人のGさん、ブラジル人のPさんと私はそれぞれ子ども達が年齢も割と近く、悩みやらくだらない(ただし笑えること!)話ができる貴重な仲間たちです。
知り合ったのはおそらく多文化センターの子連れの集まりか何かだったかと思います。
外国人同士、共通の話題やフィンランド語の環境で自分の母国語を話しながらの子育てなど共有できるのもとても楽しいものです。

皆アラフォーでもあり、ポリに住んで10年ちょっとと時期もほぼ似通ってます。

Gさんはフィンランドで介護士の資格を取り、現在短期契約をつなぎながらシフト勤務でばりばり働いてます。
Pさんは3年ほど前にレトロ・デザインのテキスタイルからフェミニンな小物、洋服などを作る会社を始め、副業で通訳や文化紹介などもしています。

彼女はなんせ旦那さんと出会う前はマドリッドでモデル、サンバダンサーもやっていたほどなのでスタイルがすごい。背も高いけど、足の長さが私なんかと全然違います!昔のポートフォリオブック見せてもらったらもううっとりするくらい。旦那さんが一目ぼれしたの分かるなぁ、、

そして私、何でも屋ですが、手先が不器用なのでPさんみたいなことは絶対無理。針を指に刺すか、ミシンで布じゃなくて自分を布に縫い付けるタイプことでしょう。ですからこうした職人的なことができる方々、本当に脱帽です。
二人とも仕事や勉強で、フィンランド語が上手になって、毎回とても刺激を受けています。

夏休み中も会おうと言っていたのに、なかなかお互いの都合が合わずやっと朝食タイムでべらべらと2時間のお喋り。Pさんが色々旦那さんとの悩みで1・5時間ぐらい炸裂。
でも分かるよねぇと間に口を挟みながら共感しつつ話を聞いて。

そしてモーニングでも足りずにコーヒーお代わり(大体こういう時は1ユーロでもう一杯飲める)してもまだ話足りず、、、運動もしたいよね!
の話に。

「ポールダンス」の話になる。やってみたいよねぇ、、、二人。

ストリップなどで出てくるイメージある人いるかもしれませんが、これれっきとしたエクササイズで、しかもかなりハードですよ、水平技なんか特にね。画像で見るともうなんでこれで静止できるの?ってなポーズがたくさん。
全身筋肉ですよ。

私はちょっと体型に合わないのでやめときます・・・というかこれ以上肩や腕の筋肉つけたくないんですよ。
二の腕の筋肉を触らせてあげたら二人とも柔道と剣道でこんなになるの!?と目が点。
剣道はまだまだなので、私の場合柔道たった2年ですね、、男ならよかったのにと思う筋肉の付きやすさなので。毎日腕立て20回とか三転倒立とか家でも頑張ってやってたらこうなって。
今じゃそれに霜降りですけど太さは戻らないのです。

・・・で話を逸らす。
「最近、走ってる?」
Gさんは私よりもう少し走れるタイプ。8-10kmよく去年も走ってた。
3人の子持ちなのに痩せてビキニも着られるようになったぐらいです。

うぉ-見習わなければ!(水着じゃなく努力と体型)
でもシフト勤務して、代謝が落ちてるみたいで体重が減らない、と言ってます。
私も減りませんよ!
シフト勤務してないのに。
でもたまに根を詰めて仕事をすると外が白々明るいですけど。

ジョギングは7月は5㎞が数回。それ以上はいけていません。
Pさんは走るのはまだあまり。自転車はあちこちよく行ってます。
何か一緒にしたいね、ということで、ランを提案。

カフェを出たところでPさん、突然目をキラキラさせて「ハーフマラソンどう?」
Gさん「ストックホルムなんていいんじゃない?」
私「えっ?・・ええ~!?(オロオロ・・・夫たちからOKもらえるかな・・・)」←付いていけてない。

でも段々乗り気になってきて、カフェの外でみんなでハイテンション。
約束のハイファイブ!("Give me five!"="Anna vitonen!"とフィンランド語でも言います。指5本ですからね)

素朴な疑問。
私「みんな走るペースが違うだろうけど、どうすんの?」
Gさん「え?それぞれ自分のペースで走るんだよね?」 ←あんた仲間見捨てるって言ったね、今?
Pさん「ところでさ、ハーフマラソンってどれくらいの距離なの?」

爆笑!

Pさん、おもしろいよ!
本気で知らなかったらしいです。
42.195㎞の半分ですから、21㎞ちょいですね。

急にPさん、後ずさる。
そこを二人でなだめる。
まずは3㎞、5㎞、8㎞、10㎞と行けば大丈夫よ!

Gさん「ところでストックホルムのハーフっていつ?」

・・・知らない。

帰宅後調べたら9月半ば開催の模様。
すみません、計画性まったくないですねぇ。
ということで、私たちには1年1か月あるわけです。

夫にお伺いをたてましたところ「お土産ガッツリ買ってこい!」
はい、OKです。

9月に壮行会を兼ねてまたモーニング女子会でもします。
あ、9月は結構忙しいんだった。10月かな。

SNSでもエクササイズをしたことが互い通知されるアプリ幾らでもありますしね。
こうして公言しておけば実行するしかないってもんですよ。

というわけで引っ張りましたが、来年9月、女子3名ストックホルムに行きまっす!

ぐっふっふ、今から買い物が楽しみ。今までストックホルムは乗換とか仕事がおおくて、一度シリアラインで
半日観光を夫の一族+子供連れで行ったことしかなかったので。
走ってから足ガクガクじゃないかと思いますが、まぁそういうことには体は動くものですよね。

この話がでてから、ジョギング多少頑張ってまして、7~8㎞で毎回走ってます。
寒くなる前に10kmは越えておきたいですが、、
でも翌日膝がきしむんですよね、年だなぁ。

そして私よ、夜アイスはやめましょう。 ←自制心まったくなし。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by wa-connection | 2015-08-14 02:33 | others

アメフト観戦 Jenkkifutis

この夏の初体験その2。
d0093885_21373882.jpg

アメリカン・フットボールを人生初、観戦しました。

なんとポリにいる日本人駐在員の方がポリのアメフトチームBearsでプレーしているのです。
チーム最年長だそうですが、キッカーとしても大活躍、ガンガン得点しておいででした、それもそのはず、
若いころは日本代表チームに所属していたそうで、いやはや、まったくシャッポを脱いだ次第であります。
Wさんは背番号11番。
d0093885_21481880.jpg


アメフトについてまったく分かっていなかったため、にわか勉強したのですが、Wさんにも色々話をきくとこれがほんとに男のロマン!緻密な頭脳プレーを要求され、単なるフィジカルなゲームに終わらない実に多様性に富むものでした。

試合の進め方も自分の役割を数十パターン記憶しておかないといけないそうなので物覚えの悪い私は無理だな・・・

下はWさんのゴールシーン。キックされたボールが高々とゴールポストの間を通過してますね。
d0093885_21445097.jpg


いや、肉弾戦も見れましたけど、ほっそりのランナータイプから、がっちりでおなか回りもついてるプレーヤーまで選手の役割で体型も違ってて、開始から2時間近くホームゲームを観戦しましたが、面白かったです。
実況もユーモアたっぷりにマイクで入っていて(ルールを把握してないのは私たちだけではなかった・・・)「今3回目のダウンで、、全部で10ヤード進まなくてはならないので、、」など分かりやすかったです。

プロテクターの数も種類も多そうです。アイスホッケーと同じぐらいでしょうかね?
d0093885_21435442.jpg


タッチダウンってやつも見ましたよ!
d0093885_21565182.jpg


Pori Bearsは以前人数が不足して3次リーグに落ちてしまったそうなのですが、実は今シーズン快進撃中で、8月末に地元にてプレーオフの可能性がありと。また応援に行かなくては!

子供たちも以前Wさんにボールを持ってきてもらって庭でパスの練習とかさせてもらったのでした。
球形じゃないので投げ方も面白いし、ボールがはねた後、動きが読めませんね・・・

とても面白かったです。
日本でチャンスある方はぜひ!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by wa-connection | 2015-08-02 21:58 | life in Pori
もう8月です!
d0093885_17265359.jpg


写真はこの季節森の中にたわわに?実るビルベリーのパイ。
出会ったころからの夫の十八番です。たぶん合計30回は食べたのではないかと思われまする。
シーズン中2~3回作ると計算すると。
バニラソースか、アイスクリームを添えていただきます。

日本の店頭で見かける栽培用のブルーベリーはもっと木も数メートル規模で、大粒で色がインディゴに近い紺色ですが、野生の、ブルーベリーの原種といわれるこのビルベリー(mustikka)はアントシアニンがもうこれでもかというぐらい豊富に含まれているので色も黒に近い紺色で、さらに小粒だったりします。
(日本でマーケティング会社にいた頃、元某メジャー産地の国ブルーベリー協会がクライアントの一つだった。あそこでの仕事が一番多様で面白かったですかね、なんといっても食べ物系が多くて!)

d0093885_18555686.jpg

ここ3週間ほどさぼり気味のジョギングに小雨の中少しだけ行きました。
森の中もうが自然の恵みでいっぱいです。
これ全部ビルベリー。

d0093885_18564391.jpg

走ってる途中に喉が乾いたらこういうの少しつまんだりして。すると指先が紫になるんですけど。

気温はとーっても涼しくて、現在ポリは13度でございます。
そして雨模様・・・いやもう慣れましたよ。
大体毎日、全天候型の服装で出かけますし、ポケッタブル(折り畳んで小さくなる)防水ウィンドブレーカーは入ってるし折り畳み傘もバッグに入ってるし万全です!(強気)

d0093885_18582086.jpg

今朝。
次男の仲良しの男の子が昨日泊りに来て、朝食のテーブルもとってもにぎやかだったのでテラスに避難。
熱々のコーヒーを保温ステンレスボトルに入れ+毛糸のソックス履いて万全。昨日買ったイチゴやブルーベリーの残りをシリアルにかけて、ソラマメのグラノーラも。

そして新聞。
あ~小鳥のさえずりとともに贅沢なひと時!

さむくて15分後中に入りました・・・
でもいいんです、暑いの苦手なのでこっちの方が。

7月はお客さんが毎週のようにあって、忙しかったですがでも本当に楽しかったです。
お土産もいろんな方から頂きました、ゴチになります!

記事数件の締め切りに相変わらず追われております。(汗)
ご連絡滞っているお客様お待たせして申し訳ありません。
地道に一件ずつ・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by wa-connection | 2015-08-01 19:08 | finnish food