フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

Globe Hope reflector (heijastin)

d0093885_23545270.jpg

フィンランド発Globe Hopeというブランドがあります。

今はデザインも家具もエコがキーワード。
もう一つ、SECCOも有名ですね。廃品などをリサイクルし、新たな製品として生まれ変わらせています。

GlobeHopeは、スウェーデン軍のパラシュートやら、今までも様々な素材を使ってバッグやシャツなどの衣類、小物などを発表してきました。
私は今まで色々見ていても買ったことはないのですが、今回ここの商品を初めて購入。
それが上の写真のものです。

北欧では秋冬、日が短くなると16時過ぎから薄暗くなります。1月半ば位までずっとその状態なので、反射板は必須です。これで命が助かるんですよ、大袈裟な話ではなく!通勤通学時は間違いなく暗いんですもん。
そして、皆さん、秋冬のコートで、明るい色のもの、ありますか?
殆どがダークカラーじゃありませんか?

私も例に漏れず、黒が多いし、ダークグレーとこげ茶が一着ずつあったかな、、という程度。
そこで、色んなタイプの反射板(heijastin)の出番。
子どもの防寒服にはもれなくついているのですが、大人が問題。
道路を歩いていると、真っ黒に見えます。
私も晩秋は、まだ反射板を自分用に出していなくて、子どものそばから離れないように(命綱か・・!?)歩いた事もあるほど。

あとは、私もアウトドアなど、夕方に子どもと庭にいる時には、反射ベストを着ています。
蛍光グリーンの化繊のベストで、道路工事の人がよくこういうの着てますんで、ご想像になれるかと思います。
かっこ悪いなどと言ってる場合じゃないんですよ・・。

自転車用(点滅にもなる)ライトも買いました。

この上のタイプは、ジャケットの袖に付けるもので、割とカジュアルな服に合うかなと思って買ってみました、はい。
さっそくダークグレーのダッフルコートにつけてます。
12ユーロなり。やすくはないけど、気に入りました。
[PR]
by wa-connection | 2009-11-09 00:02 | environmental issue