フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

恵みの秋 antoisa syksy

d0093885_459254.jpg
いやー、天高く、馬も私も肥ゆる秋であります。

森に出かけるまでも無く、うちで「早くもいで~、おいしいよ、甘いよ、さくさくだよ~」と7月終わりからベリー類(赤スグリ、白スグリ、黒スグリ、グーズベリーの合計6本)が一斉にわめきだし、リンゴたちがその横から「私達もつかえてるんだからさっさとしてくれないと」とプレッシャーをかけてくる。
今年は庭の果物類全てが豊作でした。

我が家はいわゆる普通の一軒家に普通サイズの庭なんですが、リンゴの木は引っ越した当初はまだ若木で、それから2,3年たつまで実を付けませんでした。最初の一個がなったときの感動!をまだ瑞々しく覚えているほどです。
と思っていたら、次男も生まれ、子育てとちょびっとの仕事と家のことを、夫と切り盛りするのに追われている間に、あれよあれよと立派に庭の木々も育ってしまい、昨年からはこりゃどうしたもんか、、と悩むほどの豊作。

ベリージュースですが、こちらで一般的な、大きな鍋で煮詰めて作るジュースはまだ面倒くさそうでやりたくない私。
夫はベーキング好きなので、せっせと
6月 ルバーブのパイ、ルバーブのジュース、ルバーブのジャム
7月後半  ブルーベリー(これは市場で買ってくる)パイ 連続3回ぐらい
8月からルバーブがそろそろ終わりだと思うとまたジャム、ジュース作り。
     ルバーブに飽きたと言って、早なりのリンゴでパイを焼く。形を変え、レシピを変え・・・

といった具合。しかし、ご想像のように、パイなんて、殆どバターと砂糖と小麦粉ですよ。リンゴも2,3個しか使いませんがな。
という訳で、昨年から私はリンゴジャム作りを始めたのでした。
毎回、1キロのリンゴ(皮を剥いて芯を取り除いた後、1キロ計量)、500g弱の砂糖、絞りレモン一個分、シナモン少々で大体ジャムビン3~5個ぐらいの分量ができます。
おかげさまで押し付けるように差し上げる相手の評判も一応、いい、、らしい。

しかし、自宅で出来るリンゴのこと、小さいのやいびつなのが結構多く、パイにも難しいので、皮むき+刻むのが一番の重労働。
20個位をちまちま剥いて、さくさく刻んでおります。肩も凝ります。でも嬉しいんですよね、これぞ手作りの魔力。


d0093885_5163854.jpg
この写真はプラムですが、今年は、初めてグーズベリーのジャムも作りました。写真の赤いのがそれ。夫は最初一口食べて、「あまー!(恐怖)」と言っておりましたが、すぐに慣れて、ワインとチーズを楽しむ時もこのグーズベリー・ジャムを出してきます。リンゴジャムは、上白糖なので、ちょっとつまらないらしい。もっぱら、ヨーグルトやヴィーリといった乳製品と頂いております。
おみやげとしても活用。
今年は既に3回リンゴジャムを作りました。

更に、最後のフルーツ、プラムも今年は大豊作・・・どうしよう、と途方に暮れるぐらいできまして、ひたすら生食しておりましたが(おかげでお通じ非常にいいです、、、すみません)、もう限界。先週ヘルシンキに週末出かけて、帰ってきたらプラムの木の周りに青紫色の絨毯が出来てましたよ、、、(プラムが秋雨でぽとぽと芝生に落ちて) 無事なものを全て拾って2キロ。これもジャムに致しました。
だって、パイって言う感じでもないしな、、、
もう冷蔵庫も結構一杯で、夫からは「ジャム作り禁止令」発令中です。

リンゴは、車での移動時にも格好の間食となります。
お行儀悪いですけどね、子供の送迎なんかも結構有り、買い物にも出たり入ったりしますんで、私は庭のリンゴを枝からもいで、車に持ち込み、運転中にさくさく食べております。ん~健康的!

あと、2週間ほどで、リンゴも全て落ちてきて終わりそうです。保存食として、自宅用にも作って置かないと。


d0093885_5211145.jpgこちらはプラムを煮詰める所。砂糖どばどば入りました~。


d0093885_5194755.jpg
最後は、昔のクリスマスプレゼントの定番でもあった、手編みの毛糸の靴下。フィンランド語だと、「柔らかいパッケージ」という感じで、ああおばあちゃんが靴下(とか手袋とか、、)編んでくれたんだ、とすぐわかるプレゼント、というイメージもあるように思います。

今年、知り合いのLahjaさんが作ってくれました。もう定年退職して時間が大分自由になるようで、秋は森に出かけてはキノコ狩り、リンゴンベリー摘み、と人生を楽しんでいる様子。
最初は息子達に毎年ソックスを編んでくれていたのですが、最近私達にも編んでくれるようになりました、イェイ!この色合いにガツンとやられましたよ。
私は特に右の二色の組み合わせがいいな~なんて。どれも素敵ですけどね。
大事に履かせていただきます。

近況:ヘルシンキに行った週末、フィスカルス村に初めて行って来ました、ハート鷲掴みされましたよ!また是非行きたいです。
仕事がいい感じで舞い込んできています。これで静かだった夏を挽回したい所。おかげ様で夏は満喫できましたけどね!月曜日は、働く女性のバッグの中身見せてください~という取材です。
少なくとも単焦点レンズは要らないな。。。だってボケてる写真だったらこれは意味がないもの。。。
[PR]
by wa-connection | 2010-09-19 05:23 | life in Pori