フィンランドで開業している私達のビジネス、ライフ・スタイル ブログです。 This is about our business and life in Pori, Finland.


by wa-connection

アイスランドその2 Iceland(2)

アイスランドと言えばこれ、の名所の一つ、ブルーラグーンに行ってきました!

(地熱発電所からの排水熱を有効利用しているもので天然温泉ではありません。)
レイキャビク中心地からおよそバスで50分、空港からはもっと近いので直接来る人も多いようで、長時間のフライト後ならそれもよさそうですね。

d0093885_5364252.jpg

日本の旅行者の口コミを読んでみると、ぬるい、入場料が高い、と文句を言われている方が多いような気がして覚悟していったのですが、いやいやそんなことはないですよ!北欧の物価にしたら普通だしサービスはいいし。
日本の温泉はそれは熱いしお風呂に入った気になりますが、ここはスパ。
平均して三十八度、そして「烏の行水」じゃなくゆったりずーっと出たり入ったりすれば良いし、真ん中あたりにはかなり熱くてやけどしそうな場所もあり、(子ども達がここは熱い~と文句・・・)場所を移動すればOK。
ブルーがかったミルク色とでも言うんでしょうか、綺麗な色でした。
d0093885_5364933.jpg

底は見えないけど割と平坦だし、けがもしません。高齢者はデッキが濡れて滑りやすいので骨折する人もチラホラいるとの事。子ども達にも走らないよう厳重注意しておきました。

打たせ湯、スチームサウナ、普通のサウナ、回廊タイプ、(屋内にも一つゆっくりつかることができるスペースも)とあります。

皮膚に良いというSilica(ケイ素)泥パックも数カ所箱に用意されていて柄付きのひしゃくのような(古い)ものですくって顔に塗って10分ぐらいしてからそのままお湯で洗い流して下さいとありました。
子ども達も楽しげにやっていたようです。
「ようです」というのは、私は最初の一時間はマッサージコースでゆったりリラ~ックスさせてもらっていたからでした。
夫よありがとう・・・
これがですね、水中(お湯につかりながら)マッサージしてもらうんですよ、奥さん!
片隅にあるクリニックコーナー(仕切られている)で受けられます。
d0093885_7134517.jpg

最高でした。足全体のマッサージと背中+首筋の二つをセットにしてもらったんですが、水中にベッドがあって足のマッサージはそこで。後半水中に寝たまま(マットレスの上)移動してぷかぷか浮いてSilica成分をぬった後に洗い流してもらって。青い空を見上げて満喫しました。次の背中マッサージは、詰まっていたところをぐいぐい流してくれて肩が凝っていたのですごく効きました。普通背中のマッサージはうつ伏せでやると思うんですが、最初うつぶせでやったあと、水中にゆっくり降ろされて、あおむけで浮きながら片手で支えられつつもう片方の手をまわして背筋を上から下まで左右リンパの流れが良くなるようマッサージ。
時々体の向きが変わって水流も感じられてゆったり。頭には浮き枕が当てられます。体にかけられたタオルが冷える前にお湯に沈めてくれてまたあったまって。
顔もマッサージされてもうお任せ状態。
私が担当してもらったのはグンミさん、元々ゴッドハンドという意味のようでさもありなん、というべきか。

最後は数分間浮いたままでゆっくり覚醒、といった感じ。

絶対おすすめです!サイトから予約できますので事前予約が無難。夏はもっと混むらしいですし入場も並ばないといけないそうですが晩秋でもありちょうど良い具合でした。

(マッサージ:女性の場合ワンピースタイプの水着だと難しいんじゃないかと思いました。ビキニタイプならさっと後ろで外してくれるので正解です)男性はほとんどいなかったけどやはり恥ずかしいんでしょうかね。

真ん中のバーではプールに入りながらソフトドリンク、ビール、ワインなど楽しめます。子ども達はアイスランド名物Skyr(ヨーグルトのようなもう少し濃厚なもの)とイチゴのシェイクのようなものを美味しそうに頂きました。

入場料でもらえるブレスレットが、ロッカールームの鍵にもなり、飲み物を買うのにもブレスレットでチャージがされますのでお金もち運びせず楽です。

隣接ホテル、レストランもあります。

みんなスマホやらカメラやら持ち込んで撮ってましたよ、落としたりしないのかしら、、、
私は最後に着替えた後もういちど携帯で2,3枚だけ写真を撮りました。
日本人女子も二人いたと思います!(話していたので分かった)
そうそう、泊まっているホテルからバスタオルを持参すると貸タオル分節約になります。
子ども達は往復バス代無料でした、そして入場料も13歳未満はただ!
助かる~。大人1名33ユーロ。
色々パッケージもあるようです。

スタッフも常に目を配っていてとても親切でした。

d0093885_5365495.jpg

さて、3時間の滞在を終えてレイキャビクに戻りました。

小腹がすいたので、ビル・クリントンも立ち寄った有名ホットドッグ店で買い食い。
380クローネ。(382円)マスタードはマイルド、フライドオニオンがさくさくして美味しい。

d0093885_537359.jpg

あとは中心地でぶらぶらウィンドーショッピングを。
なかなか面白いグラフィティ(落書き)が多いですねぇ。

d0093885_5371257.jpg

d0093885_5371965.jpg

ネクタイの結び方いろいろ。
[PR]
by wa-connection | 2013-10-26 05:35 | trip